インストールされている 2007 Office 製品のバージョンを確認する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 928116 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料ではインストールされている 2007 Microsoft Office 製品のバージョンを確認する方法について説明します。この資料も、オリジナル リリースのバージョン番号を提供します。

詳細

インストールされている 2007 Office 製品のバージョンを確認するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: コントロール パネルでは、Windows XP または Windows Server 2003 では、[プログラムの追加と削除] 項目を使用するか、"プログラムの Windows Vista または Windows Server 2008 を使用

Windows XP または Windows Server 2003

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、appwiz.cpl を入力し、Enter キーを押します。
  2. 2007 Office 製品がインストールされている製品の一覧から選択する] をクリックします。
  3. インストールされている製品のバージョンを表示する サポートについては、ここをクリックします] をクリックします。
インストールされている更新プログラムをサービス パックなどを検索するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、appwiz.cpl を入力し、Enter キーを押します。
  2. 表示の更新] オプションが有効になっていることを確認します。
  3. 2007 Office 製品インストールされた製品の一覧からを探します。 製品のインストールされている更新プログラム、インストールされている製品] が表示されます。

Windows Vista または Windows Server 2008

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに、appwiz.cpl を入力し、Enter キーを押します。
  2. [表示] メニューの [詳細] をクリックします。
  3. [プログラムおよび機能 の情報を確認してください。
  4. バージョン情報が表示されていない場合は、メニューを表示するのには Alt キーを押しながら V キーを押します。
  5. [詳細表示] メニューから選択します。
  6. 'チェック' バージョン情報を表示するには、バージョン の横に配置する] をクリックします。 [OK] をクリックします。
インストールされている更新プログラムをサービス パックなどを検索するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに、appwiz.cpl を入力し、Enter キーを押します。
  2. To Do リストで、左側のペインの右側は Service Pack を含むインストールされている更新プログラムの一覧を表示するのには インストールされている更新プログラムを表示] をクリックします。

方法 2: 実行可能ファイルのプロパティでバージョンを確認します。

パブリック更新プログラムおよび修正プログラム以外のサービス パックがインストールされている製品のバージョンを変更しないでください。 実行可能ファイルまたはその他のコア ファイルは、アプリケーションのバージョンを確認するのには、ファイルのプロパティを表示できます。

メモソフトウェアの更新にはプログラムの実行可能ファイルの更新バージョンが含まれていない場合は、ファイルを更新する更新プログラムで提供されるマニュアルを参照してください。次に、更新されたファイルのバージョンを確認してください。

既定では、2007 Office プログラムは、次のフォルダーにあります。
C:\Program ファイル \Microsoft Office\Office12
既定では、Mso.dll ファイルは、次のフォルダーにあります。
C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\OFFICE12
元のリリースやサービス パックの 2007 Office プログラムには、次の実行可 t ァイルの名前とバージョン番号があります。
元に戻す全体を表示する
2007 Office 製品の名前ファイル名元のバージョンSP1 バージョンSP2 バージョン
2007 Office スイートMso.dll12.0.4518.101412.0.6213.100012.0.6425.1000
Microsoft Office Access 2007Msaccess.exe12.0.4518.101412.0.6211.100012.0.6423.1000
Microsoft Office Excel 2007Excel.exe12.0.4518.101412.0.6214.100012.0.6425.1000
Microsoft Office Groove 2007Groove.exe12.0.4518.101412.0.6211.100012.0.6421.1000
Microsoft Office InfoPath 2007InfoPath.exe12.0.4518.101412.0.6214.100012.0.6413.1000
Microsoft Office OneNote 2007OneNote.exe12.0.4518.101412.0.6211.100012.0.6415.1000
Microsoft Office Outlook 2007Outlook.exe12.0.4518.101412.0.6212.100012.0.6423.1000
Microsoft Office PowerPoint 2007PowerPnt.exe12.0.4518.101412.0.6211.100012.0.6425.1000
Microsoft Office Project 2007WinProj.exe12.0.4518.101412.0.6211.100012.0.6423.1000
Microsoft Office Publisher 2007Mspub.exe12.0.4518.101412.0.6211.100012.0.6423.1000
Microsoft Office SharePoint Designer 2007Spdesign.exe12.0.4518.101412.0.6211.100012.0.6423.1000
Microsoft Office Word 2007WinWord.exe12.0.4518.101412.0.6211.100012.0.6425.1000
Microsoft Office Visio 2007VisLib.dll12.0.4518.101412.0.6211.100012.0.6423.1000
インストールされている 2007 Office 製品のバージョンを決定する実行可能ファイルを検索するのには、次の手順を実行します。

Windows XP または Windows Server 2003

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに、"%programfiles%\Microsoft Office\Office12" を入力および Enter キーを押します。
  2. 実行可能ファイルまたはコア ファイルのフォルダーに移動します。

    メモWindows の設定によっては、ファイル名の拡張子は .exe 表示されない可能性があります。
メモ Mso.dll ファイルを別のフォルダーになります。 そのファイルを検索する場合は、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに、"%programfiles%\Common Files\microsoft shared\OFFICE12" を入力および Enter キーを押します。
  2. Mso.dll ファイルのフォルダーに移動します。

Windows Vista

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに "%programfiles%\Microsoft Office\Office12" を入力し、Enter キーを押します。
  2. 実行可能ファイルまたはコア ファイルのフォルダーに移動します。

    メモWindows の設定によっては、ファイル名の拡張子は .exe 表示されない可能性があります。
メモMso.dll ファイルを別のフォルダーになります。 そのファイルを検索する場合は、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに "%programfiles%\Common Files\microsoft shared\OFFICE12" を入力し、Enter キーを押します。
  2. Mso.dll ファイルのフォルダーに移動します。

方法 3: Program_Name のバージョン情報] ダイアログ ボックスを使用します。

次の バージョン情報 Program_Name] ダイアログ ボックスの表示:
  • プログラムの名前
  • プログラムの実行可能ファイルのバージョン番号
  • Mso.dll ファイルのバージョン番号
Mso.dll ファイルには、すべての Office アプリケーションで使用される情報の大部分が含まれています。 通常、プログラムの実行可能ファイルが更新されると、Mso.dll ファイルも更新されます。 したがって、両方のバージョン番号が表示されます。

たとえば、Excel 2007 のリリース版の Office Excel のバージョン情報] ダイアログ ボックスを表示すると、次の情報が表示されます。
Microsoft Office Excel 2007 (12.0.4518.1014) 日 (12.0.4518.1014)
リボン ユーザー インターフェイスを使用するプログラムで Program_Name のバージョン情報] ダイアログ ボックスを検索するのには、次の手順を実行します。
  1. 元に戻す画像を拡大する
    Office2007FileButton
    プログラムのバージョンを確認する Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Program_Name のオプション] をクリックします。
  2. [リソース] をクリックし、[バージョン情報] をクリックします。
リボン ユーザー インターフェイスを使用していないプログラムで Program_Name のバージョン情報] ダイアログ ボックスを検索するには、[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックします。

重要
  • 修正プログラムまたは最新の Service Pack に用意されている修正プログラムが含まれているパブリック アップデートを適用することがあります。修正プログラムも Mso.dll ファイルを更新する場合があります。
  • 一部の更新プログラムは、Program_Name のバージョン情報] ダイアログ ボックスで表示されているバージョン番号を変更します。したがって、プログラムの実行可能ファイルのプロパティを確認する必要があります。

プロパティ

文書番号: 928116 - 最終更新日: 2010年5月13日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Basic 2007
  • Microsoft Office Enterprise 2007
  • Microsoft Office Home and Student 2007
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Professional Plus 2007
  • Microsoft Office Standard 2007
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office InfoPath 2007
  • Microsoft Office OneNote 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office Project Professional 2007
  • Microsoft Office Project Standard 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
  • Microsoft Office Visio Professional 2007
  • Microsoft Office Visio Standard 2007
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Excel 2010
  • Microsoft Word 2010
  • Microsoft PowerPoint 2010
  • Microsoft Publisher 2010
  • Microsoft Visio Professional 2010
  • Microsoft Visio Standard 2010
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft OneNote 2010
  • Microsoft Office Home and Business 2010
  • Microsoft Office Home and Student 2010
  • Microsoft Office Professional 2010
  • Microsoft Office Professional Plus 2010
キーワード:?
kbhowto kbexpertisebeginner kbmt KB928116 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:928116
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com