Windows vista または Windows Server 2008 で暗号化されたボリュームからデータを回復させるために、BitLocker 修復ツールを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 928201
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、BitLocker 修復ツールを使用する方法について説明します。このツールは、ハード_ディスクが破損している場合は、暗号化アクセス データのために使用できます。このツールは、ドライブと回収の回復可能なデータの重要な部分を再現できます。データの暗号化を解除するのには、回復パスワードまたは回復キーが必要です。

このコマンド ライン ツールは、次の条件に該当する場合に使用します。
  • BitLocker ドライブ暗号化を使用して、ボリュームを暗号化しました。
  • Windows Vista が起動しない、または、BitLocker 回復コンソールを起動することはできません。
  • 暗号化されたボリューム上に格納されているデータのコピーはありません。
BitLocker 修復ツール パッケージには、次のファイルが含まれます。
  • ソフトウェア ・ ライセンス ・ Terms.rtf
  • Executables\repair bde.exe
  • Executables\bderepair.dll
  • Executables\en-us\repair-bde.exe.mui

BitLocker 修復ツールを入手する方法

Windows Vista と Windows Server 2008 x 86 ベースのシステム (KB928201)

次に、x の x86 ベース システム Windows Vista または Windows Server 2008 を使用している場合を参照してください。このツールを入手するのには、Microsoft Web サイト:
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=c809bc88-b4b7-468a-8b79-b111522b6387

Windows Vista と Windows Server 2008 x 64 ベースのシステム (KB928201)

次に、x の x64 ベース システム Windows Vista または Windows Server 2008 を使用している場合を参照してください。このツールを入手するのには、Microsoft Web サイト:
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=329730f9-cb02-4176-b509-9bff008f2280

詳細

概要

BitLocker の重要な情報を格納するハード_ディスクの領域が破損する問題が発生する可能性があります。このような問題は、ハード_ディスクの障害によって発生可能性がありますまたは Windows Vista が予期せず終了するかどうか。

Windows Vista が起動しなくなることができます。

ドライブが破損している場合は、Windows Vista の起動できなく可能性があります。この状況では、コンピューターを修復する必要があります。このような状況で、回復環境を自動的に入力する一部のコンピューターが構成されています。ただし、コンピューターは、回復環境を自動的に入力する構成されていない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
Windows を起動できませんでした。最近のハードウェアまたはソフトウェアの変更が原因で可能性があります。この問題を解決するのには:

1. Windows インストール ディスクを挿入し、コンピューターを再起動します。
2. 言語の設定を選択し、「次」。
3.「コンピューターの修復] をクリックします

このディスクがあるない場合は、システム管理者またはコンピューターに問い合わせてください製造元に相談します。

ファイル: \Windows\system32\winload.exe

状態: 0xc00000001

情報: アプリケーションが存在しないか破損しているため、選択したエントリ読み込めませんでした。

Windows Vista は、ディスクを読み取ることができます。

Windows Vista を起動するために使用しないドライブに破損が発生します。このような状況では、正しい回復パスワードまたは回復キーを使用しても、破損したドライブ ロック解除できません。つまり、別のコンピューターまたは Windows Vista の別のコピー、ドライブの暗号化された内容にアクセスするのには使用できません。このシナリオでは、破損したドライブは、BitLocker ドライブ暗号化コントロール パネルの表示されません。

メモ ボリュームに破損 BitLocker に関係していません。そのため、診断し、BitLocker 修復ツールを使用する前に、ボリュームの問題を解決するには、他のツールを試すことをお勧めします。Windows Vista DVD にコンピューターを修復するオプションと共に、Windows 回復環境 (WinRE) が含まれます。Windows Vista の起動に関する問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://windowshelp.microsoft.com/Windows/en-US/Help/f768809f-ed90-415f-a83f-89b42108b3551033.mspx

BitLocker 修復ツールを使用するには

BitLocker 修復ツールを使用するには、次の手順を実行します。

手順 1: 必要な資料を収集します。

影響を受けるボリュームから暗号化されたデータを回復するために、次の項目を取得します。
  • 破損したボリュームが配置されているドライブです。これを修復するか、暗号化されたボリュームを含むドライブです。
  • 回復パスワードまたは回復キーは、暗号化されたボリュームを使用します。これは、BitLocker を有効にするときに、保存、リカバリ情報です。
  • 外部ハード_ディスク。このドライブを使用して、回復したデータを格納します。このドライブは、ドライブからデータを回復すると少なくとも同じサイズでなければなりません。

    注意 リカバリ ・ オペレーションを実行すると、外部ドライブ上のすべてのデータが削除されます。
  • USB のフラッシュ ドライブ。このストレージ ・ デバイスを使用して、BitLocker の修復のツール ファイルを保存します。このドライブの回復情報を保存することもできます。
  • Windows Vista の DVD。コマンド プロンプトを起動することができます。
メモDVD 上の Vista のエディションと Vista のコンピューターへのインストールは同じでなければなりません。

手順 2: ダウンロードして、BitLocker 修復ツールをインストールします。

ダウンロードし、使用する DVD のリカバリに適しています、Bitlocker 修復ツールをインストールします。ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします。 同意 ライセンス条項に同意します。

手順 3: BitLocker の修復のツール ファイルがリムーバブル デバイスにコピーします。

リカバリに使用されるドライブ USB フラッシュなど、インストール後に、リムーバブル デバイスのルートに以下のファイルをコピーします。
  • %windir%\system32\bderepair.dll
  • %windir%\system32\repair-bde.exe
また、EN-US、USB のフラッシュ ドライブのルートをという名前のフォルダーを作成して、次のファイルをコピーします。
%windir%\system32\en-US\repair-bde.exe.mui

手順 4: コマンド プロンプト ウィンドウを開く

  1. Windows Vista DVD を使用して、コンピューターを起動します。
  2. 適切な言語設定を選択しをクリックしてください 次へ.
  3. 下にある、 Windows をインストールします。 ページで、クリックしてください コンピューターを修復します。.
  4. クリックするオプションが表示されるまでの手順します。 回復ツールを選択します。、し コマンド プロンプト.

手順 5: のどのドライブが存在を確認します。

  1. すべての適切なドライブをコンピューターに接続されていることを確認します。これらの接続には、外部ドライブには、回復したデータをコピーして、USB のフラッシュ ドライブは、BitLocker の修復のツール ファイルがあるが含まれます。
  2. コマンド プロンプトで diskpart、し、ENTER キーを押します。
  3. Diskpart プロンプトで、入力します。 ボリュームをリスト表示、し、ENTER キーを押します。
次の項目に割り当てられているドライブ文字の id を確立するために生成される出力を使用します。
  • 破損したボリューム
  • 外付けハード ディスク
  • USB フラッシュ ドライブ
メモ Windows Vista では、暗号化されたボリュームを"RAW"と表示されます。BitLocker ボリュームについては、これは、ボリュームがロックされていることを意味します。
次の出力例は、diskpart を実行すると、生成される情報の一部を示しています。 ボリュームをリスト表示 コマンド:
DISKPART> list volume
Volume ###  Ltr  Label        Fs     Type        Size     Status     Info
----------  ---  -----------  -----  ----------  -------  ---------  -----
Volume 0     E   LR1CFRE_EN_  UDF    DVD-ROM     2584 MB  Healthy
Volume 1     F   Flash-1      FAT    Removable    243 MB  Healthy
Volume 2     C   SYSTEM       NTFS   Partition   1500 MB  Healthy
Volume 3     D                RAW    Partition     73 GB  Healthy
Volume 4     G   EMPTY VOL    NTFS   Removable    149 GB  Healthy
この例では、出力は次の項目を参照します。
  • D ドライブは、破損したボリュームです。
  • ドライブ G は、外付けのハード ディスクです。
  • ドライブ F は、USB フラッシュ ドライブです。
メモ Diskpart プロンプトを終了するには、入力します。 終了、し、ENTER キーを押します。

手順 6: BitLocker 修復ツールのファイルを検索します。

コマンド プロンプトで、BitLocker の修復のツール ファイルがあるドライブにディレクトリを変更します。たとえば、ドライブ F に変更します。

手順 7: BitLocker 修復ツールを使用してデータを復号化するのには

暗号化されたデータを復号化するには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
修復 bde InputVolume OutputVolume -RecoveryPassword NumericalPassword
このコマンドでは、次のドライブ文字とパスワードで、プレース ホルダーを置き換えます。
  • 置換 InputVolume 破損したボリュームのドライブ文字にします。
  • 置換 OutputVolume 外付けのハード ディスクのドライブ文字をします。
  • 置換 NumericalPassword 暗号化されたボリュームの回復パスワードをします。

    メモ USB 上に格納されている回復パスワードを使用する方法の詳細については、フラッシュ ・ ドライブは、「関連情報」セクションを参照してください。
たとえば、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
修復 bde d: g: RecoveryPassword 111111-111111-111111-111111-111111-111111-111111-111111

手順 8: を確認し、復号化されたデータを確認

データの復号化の操作が完了すると、実行する指示に従って、 chkdsk コマンドです。Chkdsk ツールは、ハード_ディスクのエラーを検査すると、別のコンピューターにデータを表示するのには、外付けのハード ディスクを接続できます。

BitLocker 修復ツールの回復オプション

場合によっては、「BitLocker 修復ツールを使用するには」セクション手順を使用して、破損したボリュームからデータを回復できません。 します場合によっては、データ復旧作業に関係なく、回復不能な場合があります。そのため、ハード_ディスク上のすべてのデータの定期的なバックアップを実行することをお勧めします。

BitLocker 修復ツールに Windows Vista DVD を使用するには

BitLocker 修復ツールを実行するのには、コマンド プロンプトを提供するのには、Windows Vista DVD を使用できます。コマンド プロンプトを起動する別の方法を使用することもできます。しかし、Windows Vista ベースの環境でを使用して、コマンド プロンプトを実行する必要があります。コマンド プロンプトから Microsoft Windows XP または Windows Vista を実行していないその他の環境からの起動はサポートされていません。Windows Vista を実行している別のコンピューターが使用できる場合は、破損したドライブを元のコンピューターから削除し、修復を実行するには、Windows Vista ベースのコンピューターに接続します。

外付けハード ディスクなしの BitLocker 修復ツールを使用するには

外付けハード ディスクとコピー先の場所が破損している暗号化されたボリュームからリカバリするデータを使用することをお勧めします。「BitLocker 修復ツールを使用するには」セクションで説明下手順データをリカバリする機能を強化します。これは、「BitLocker 修復ツールを使用するには」セクションの手順で、破損している暗号化されたボリュームは変更しないでくださいするためです。

外付けハード ディスクを使用せず、BitLocker 修復ツールを使用することもできます。このような修復破損ドライブの場所に Windows を起動するために使用される場合があります。ただし、あるデータ消失の危険性が高くこのような広範囲に破損しているボリューム上の修復処理を使用する場合。このような修復を実行するを使用して、 -NoOutputVolume オプションを実行すると、 修復 bde コマンドです。このオプションを使用する方法の詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

BitLocker 修復ツールとキー パッケージを使用するには

キー パッケージを使用すると、場合によっては、これによりデータが破損しているボリュームからリカバリを行うできます。実行するときこのシナリオでは、次のエラー メッセージ表示、 修復 bde 標準修復操作を実行するコマンドを指定します。
エラー: 入力音量を復号化キーに関連する重要な情報に損害を発生しました。
キー パッケージを指定するのには、- KeyPackage オプションを指定してください。ボリュームを回復できない場合があります。
キー パッケージの役割を理解するのには、そのせず、BitLocker 修復ツールの動作方法を理解することができます、 -KeyPackage オプションです。

BitLocker はボリューム上にある重要な情報の複数のコピーを散布してに対して予期しない損害を保護します。データの暗号化を解除するには、使用可能なコピーのこの重要な情報を検索するのには、ボリュームの BitLocker 修復ツールをスキャンします。重要な情報のすべてのコピーが失われると、キー パッケージとしてエクスポートされたこの重要な情報のコピーを使用する唯一の方法は、リカバリ ・ オペレーションを続行するのには、BitLocker 修復ツールです。

既に BitLocker 回復情報を Active Directory ドメイン サービスに保存する場合は、キー パッケージを Active Directory ドメイン サービス内の同じ場所に格納されます。また、ローカルの管理者権限を持つユーザーは、機能している暗号化されたドライブ上でスクリプトを実行します、キー パッケージを保存できます。

使用するのには -KeyPackage オプションをキー パッケージが利用可能であることを確認します。このキー パッケージ ファイルとして、BitLocker 修復ツールを提供する必要があります。

部分的に暗号化されたボリュームを BitLocker 修復ツールを使用するのには

部分的に暗号化されたボリュームを BitLocker 修復ツールを使用できます。このような場合、BitLocker 暗号化の処理が正常に完了しませんでしたする場合可能性があります。これを行うには、「BitLocker 修復ツールを使用するには」セクションに記載されている同じ手順を実行します。

メモ 指定すると、 -KeyPackage データが部分的に暗号化されたボリュームを BitLocker 修復ツールを修復する方法、ボリューム上のすべてのデータにリカバリする必要があります暗号化されたデータと見なされます。そのため、BitLocker 修復ツール ボリュームからのすべてのデータを復号化しようとします。指定しない場合は、 -KeyPackage オプションは、暗号化されたボリューム上のデータは、暗号化されていないボリューム上のデータの間で、BitLocker 修復ツールを識別します。

BitLocker 修復ツールのトラブルシューティングについて

エラー メッセージ 1

システムは、指定したプログラムを実行できません。
サポートされていない環境では、BitLocker 修復ツールを実行している場合このエラー メッセージが表示されます。たとえば、BitLocker 修復ツールの 32 ビット バージョンを 64 ビット環境で実行している場合は、エラー メッセージが表示されます。BitLocker 修復ツールは、サポートされている Windows Vista 環境で実行してください。

エラー メッセージ 2

開けませんでした。 Drive_letter (0x80310000)。
操作は、ボリュームを BitLocker 修復ツールを実行できない場合、このエラー メッセージが表示されます。場合によっては、 フォース オプション、ボリュームへのアクセスを得ることができます。また、このツールは、サポートされている Windows Vista 環境で実行されていることを確認します。

エラー メッセージ 3

ファイルまたはディレクトリが破損して読み取り不可能です。
ファイルとフォルダーをカタログ化のボリュームの情報が壊れているか不足しているいる場合このエラー メッセージが表示されます可能性があります。たとえば、ボリュームをフォーマット、カタログ情報が破棄されます。ただし、カタログが破損している場合にリカバリ可能なファイルの内容が残っている場合します。ボリュームに、ファイルの内容を復号化するのには、BitLocker 修復ツールを使用できます。対応するボリュームのカタログ情報がないため、利用可能な個別しかし、ファイルとフォルダー、出力音量から簡単に利用できるされません。今すぐ-復号化ボリューム完全にリカバリできるかどうかを確認するには、追加のリソースを確認してください。

関連情報

BitLocker 修復ツールの使用方法

実行すると、次の状況が生成される、 修復の bde のでしょうか。 コマンド:
Usage:

repair-bde[.exe] InputVolume
                  { OutputVolumeOrImage | {-NoOutputVolume|-nov} }
                  { {-RecoveryPassword|-rp} NumericalPassword |
                    {-RecoveryKey|-rk} PathToExternalKeyFile }
                  [{-KeyPackage|-kp} PathToKeyPackage]
                  [{-LogFile|-lf} PathToLogFile]
                  [{-?|/?}]

Description:
  Attempts to repair or decrypt a damaged BitLocker-encrypted volume using the
  supplied recovery information.

  WARNING! To avoid additional data loss, you should have a spare hard drive
  available. Use this spare drive to store decrypted output or to back up the
  contents of the damaged volume.


Parameters:
  InputVolume
                The BitLocker-encrypted volume to repair. Example: "C:".

  OutputVolumeOrImage
                Optional. The volume to store decrypted contents, or the file
                location to create an image file of the contents.
                Examples: "D:", "D:\imagefile.img".

                WARNING! All information on this output volume will be
                overwritten.

  -nov or -NoOutputVolume
                Attempt to repair a BitLocker-encrypted volume by modifying the
                boot sector to point to a valid copy of BitLocker metadata.

                WARNING! To avoid additional data loss, use a sector backup
                utility to back up the input volume before using this option.
                If you do not have such a utility available, specify an output
                volume or image instead.

  -rk  or -RecoveryKey
                Provide an external key to unlock the volume.
                Example: "F:\RecoveryKey.bek".

  -rp  or -RecoveryPassword
                Provide a numerical password to unlock the volume.
                Example: "111111-222222-333333-...".

  -kp  or -KeyPackage
                Optional. Provide a key package to unlock the volume.
                Example: "F:\ExportedKeyPackage"

            If this option is blank, the tool will look for the key package
            automatically. This option is needed only if required by the tool.

  -lf  or -LogFile
                Optional. Provide a path to a file that will store progress
                information. Example: "F:\log.txt".

  -f   or -Force
                Optional. When used, forces a volume to be dismounted even if
                it cannot be locked. This option is needed only if required by
                the tool.

  -?   or /?
                Shows this screen.

Examples:
  repair-bde C: -NoOutputVolume -rk F:\RecoveryKey.bek
  repair-bde C: D: -rp 111111-222222-[...] -lf F:\log.txt
  repair-bde C: D: -kp F:\KeyPackage -rp 111111-222222-[...]
  repair-bde C: D:\imagefile.img -kp F:\KeyPackage -rk F:\RecoveryKey.bek

プロパティ

文書番号: 928201 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 14.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB928201 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:928201
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com