文書番号: 928635
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

Windows Vista へのアップグレードを行うときに、Windows 転送ツールを使用して、Microsoft Windows ベースのコンピュータから Windows Vista ベースのコンピュータにファイルと設定を転送できます。Windows 転送ツールを使用すると、Windows Vista に転送するファイルと設定を選択できます。また、使用する転送方法を選択することもできます。

詳細

Windows 転送ツールを使用して転送できるファイルと設定を次に示します。
  • ファイルとフォルダ
  • 電子メールの設定
  • 連絡先とメッセージ
  • プログラムの設定
  • ユーザー アカウントとユーザー設定
  • インターネットの設定とお気に入り
  • 音楽
  • 画像とビデオ
ただし、Windows 転送ツールを使用してプログラム ファイルを移動することはできません。Windows 転送ツールによって移動できるのは、データとプログラムの設定のみです。プログラムの設定を Windows Vista に転送するには、Windows Vista ベースのコンピュータにそのプログラムをインストールしてから Windows 転送ツールを実行する必要があります。また、フォントやドライバなどのシステム ファイルは Windows 転送ツールによって転送されません。これらのファイルを転送するには、カスタム フォントと更新されたドライバを再度 Windows Vista にインストールする必要があります。

Windows 転送ツールでは、次のオペレーティング システムからファイルと設定を転送できます。
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) 以降のバージョンの Windows 2000
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) 以降のバージョンの Windows XP
  • Windows Vista
次のデータ転送方法を使用して、上記のオペレーティング システムから Windows Vista にファイルと設定を転送できます。
  • Windows ベースのコンピュータを Windows Vista ベースのコンピュータに接続する USB ケーブルを使用します。
  • Windows ベースのコンピュータと Windows Vista ベースのコンピュータの間のネットワーク接続を確立します。
  • USB フラッシュ ドライブや外付けハード ディスクなどのリムーバブル メディアを使用します。これらのいずれかを Windows ベースのコンピュータと Windows Vista ベースのコンピュータに接続できます。
  • Windows ベースのコンピュータの CD 書き込みドライブまたは DVD 書き込みドライブと空のメディアを使用して、ファイルと設定をディスクに書き込みます。その後、ファイルと設定を Windows Vista に転送できます。
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=56488
上記の Web サイトには、次のトピックに関する説明が記載されています。
  • Windows Vista の展開を自動化する方法
  • Windows Vista を展開するときのベスト プラクティス
  • 移行用のサンプル スクリプト
  • プログラムの互換性
  • イメージング
  • Windows Vista のリモート展開

プロパティ

文書番号: 928635 - 最終更新日: 2011年7月9日 - リビジョン: 1.1
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertisebeginner KB928635
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com