アクティブ サーバー ページを使用して Expression Web でデータベースにデータを送信する前に、フォーム上の算術演算を完了する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 928702 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Active Server Pages (ASP) ページを使用して Microsoft Expression Web でデータベースにデータを送信する前に、フォーム内の算術演算を完了する方法について説明します。

詳細

Expression Web の Web サイトですることを Web ページ内のデータを計算し、データベースにそのデータを送信します。 たとえば、自動的に値はユーザーによって入力され、その合計値をデータベースに送信に基づく合計を計算することがあります。

この種の計算を実行するいくつか方法があります。 単純な ASP ページを使用する最も簡単な方法の 1 つしてます。

計算し、合計でデータベースに送信する ASP ページを作成するには、次の手順に従います。

手順 1: Expression Web で、ASP ページを作成します。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Expression Web を開始します。
  2. [ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ ページ ] をクリックします。
  3. [ HTML ] をクリックし、 [OK] を実行します。
  4. [ ファイル ] の [ 保存 ] をクリックします。
  5. [ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスで input.asp 、入力を 保存 をクリックします。
  6. [ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ ページ ] をクリックします。
  7. [ HTML ] をクリックし、 [OK] を実行します。
  8. [ ファイル ] の [ 保存 ] をクリックします。
  9. [ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスで send.asp 、入力を 保存 をクリックします。

手順 2: Input.asp ページを変更します。

Input.asp ページの目的は、ユーザーに入力ボックスを表示して、計算する値を収集することです。 ユーザーは、入力ボックスに数値を入力してボタンをクリックします。 Input.asp により、この情報が Send.asp ページに送信されて処理されます。

Input.asp ページを修正するには、以下の手順を実行します:
  1. Expression Web を [ Input.asp ファイルをクリックします。
  2. [ ツールボックス ] セクションで、 フォーム コントロールをページにドラッグします。
  3. [ ツールボックス ] セクションで、ページに、 (テキスト) の入力 コントロールをドラッグします。
  4. テキスト ボックス] を右クリックし、をクリックして フォーム フィールドのプロパティ
  5. テキスト ボックスのプロパティ ] ダイアログ ] ボックスに 数値 を入力し、 文字の幅 ] 100 を入力して [ OK] をクリックします。
  6. [ ツールボックス ] セクションで、ページに、 (テキスト) の入力 コントロールをドラッグします。
  7. テキスト ボックス] を右クリックし、をクリックして フォーム フィールドのプロパティ
  8. テキスト ボックスのプロパティ ] ダイアログ ] ボックスに コスト を入力し、 文字の幅 ] 100 を入力して [ OK] をクリックします。
  9. フォームを右クリックし、をクリックして フォーム プロパティ
  10. [ フォームのプロパティ ] ダイアログ ボックスで 他へ送信 ] をクリックを オプション をクリックします。
  11. [ ユーザー設定フォーム ハンドラーのオプション ] ダイアログ ボックスの 操作 の種類 send.asp ボックス。
  12. [ 方法 ] ボックスの一覧 をクリックし、 [OK] 2 つの時刻。
次のページのような Input.asp ページは HTML で表示、:
<html>

<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=windows-1252">
<title>New Page 1</title>
</head>

<body>

<form method="POST" action="--WEBBOT-SELF--">
	<!--webbot bot="SaveResults" u-file="A:\_private\form_results.csv" s-format="TEXT/CSV" s-label-fields="TRUE" startspan --><input TYPE="hidden" NAME="VTI-GROUP" VALUE="0"><!--webbot bot="SaveResults" endspan i-checksum="43374" -->
	<p><input type="text" name="number" size="100"><input type="submit" value="Submit" name="B1"><input type="reset" value="Reset" name="B2"></p>
</form>
<form method="POST" action="send.asp">
	<p><input type="text" name="cost" size="100"><input type="submit" value="Submit" name="B3"><input type="reset" value="Reset" name="B4"></p>
</form>

</body>

</html>

手順 3: Send.asp ページを変更します。

Input.asp ページは、Send.asp へ計算される値を送ります。 Send.asp の計算が完了し、データベースに集計を送信.

Send.asp ページを修正するには、以下の手順を実行します:
  1. Expression Web で Send.asp ファイルをクリックします。
  2. [HTML ビューに切り替えるには、ページの下部] コード タブをクリックします。
  3. 次のコードをコピーして、ページの先頭にイニシャル"<html>"タグの上を貼り付けます。
    <%
    dim n, c, t
    n = request("number")
    c = request("cost")
    t = c*n
    %>
  4. [標準ビューに切り替えるにはページの下部] デザイン タブをクリックします。
  5. [ ツールボックス ] セクションで、 フォーム コントロールをページにドラッグします。
  6. [HTML ビューに切り替えるには、ページの下部] コード タブをクリックします。
  7. 次のコードをコピーしてその貼り付けます後すぐに、"<form method="POST"action="--WEBBOT-SELF--">"タグ。発見されて間もない迅速にご提供
    Thanks for the information. You input <%=Server.HTMLEncode(n)%> for the quantity, and  <%=Server.HTMLEncode(c)%> for the cost. If this is correct, click Submit. 
  8. [標準ビューに切り替えるにはページの下部] デザイン タブをクリックします。
  9. フォームを右クリックし、をクリックして フォーム プロパティ
  10. [ フォームのプロパティ ] ダイアログ] ボックスに、 [詳細設定] を選択します。
  11. [ 高度なフォームのプロパティ ] ダイアログ] ボックスに、 追加 を選択します。
  12. [ 名前と値の組 ] ダイアログ ボックスで、 名前 ボックスに コスト を入力して、<%=c%> 入力 [] ボックスにします。
  13. [ OK] をクリックします。
  14. [ 高度なフォームのプロパティ ] ダイアログ] ボックスに、 追加 を選択します。
  15. [ 名前と値の組 ] ダイアログ ボックスで、 名前 ボックスに 数値 を入力して、<%=n%> 入力 [] ボックスにします。
  16. [ OK] をクリックします。
  17. [ 高度なフォームのプロパティ ] ダイアログ] ボックスに、 追加 を選択します。
  18. [ 名前と値の組 ] ダイアログ ボックスで、 名前 ボックスに 合計 を入力して <%=t%> 入力 [] ボックスにします。
  19. [OK を] を 2 回クリックします。
  20. フォームのプロパティ ] ダイアログはして オプション を [ データベース (必要がある FrontPage サーバー拡張) へ のをクリックします。
  21. [ データベースへの結果の保存のオプション ] ダイアログ ボックスで [ データベースの作成 ] をクリックを表示される確認のダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。
  22. [ 保存フィールド データベースへの結果の保存のオプション ] ダイアログ] タブ。

    3 つのデータベース列が作成されるかを確認します。 これらの列は、ASP ページから、数、コスト、および合計のフォーム フィールドにマップします。
  23. [OK を] を 2 回クリックします。
  24. 両方のページを保存します。
  25. ページを発行するには、 ファイル メニューの [ サイトの発行 ] をクリックします。
  26. [ 発行先 ] ダイアログ ボックスで、サーバーの URL を入力を [OK] をクリックします。
  27. ページをテストし、値と、合計をデータベースに挿入することを確認します。

関連情報

データベースと ASP ページを FrontPage 2003 と共に使用する方法については、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
301986FrontPage 2000 でデータベース関連のトピックについて説明する「サポート技術情報」の基本資料の一覧
295192アクティブ サーバー ページとは何か
297943アクティブ サーバー ページ入門
Expression Web Web サイトを発行] の [ ヘルプ ] メニューの [の [ Microsoft 式 Web ヘルプ する方法の詳細については、Office アシスタントまたはヘルプ トピックのウィンドウの [質問] タブでまたは、アンサー ウィザードに 発行 を入力して、[ 検索 返されるトピックを表示] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 928702 - 最終更新日: 2006年12月6日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Expression Web [1.0]
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseinter kbmt KB928702 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:928702
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com