作成および Expression Web でリダイレクト ドロップダウン リスト ボックスを変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 928708 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で作成および Microsoft Expression Web でリダイレクト ドロップダウン リスト ボックスを変更する方法について説明します。

詳細

この資料で作成し、特定の URL を開くに JScript を使用するドロップダウン リスト ボックス コントロールを変更する方法について説明します。

メモ この資料ではすべての Web ブラウザーで利用できない可能性がありますあるカスタムの JScript を使用してください。 ブラウザーの互換性の詳細については、 マイクロソフト式 Web ヘルプ ヘルプ ] をクリックし、[ 検索 ] ブラウザーの互換性 を入力して [ 検索の開始 を返されるトピックを表示] をクリックします。

リダイレクトするドロップダウン リスト ボックスを作成する

マイクロソフトは提供プログラミング言語の使用方法の一例としてのみ、姿表現または暗黙に提供します。 これはに含まれますに、黙示または商品性および特定目的に対する適合性の黙示保証は一切制限はありません。 この資料ではであると見なすは、例示されているプログラミング言語を作成したりプロシージャをデバッグするためのツールと使い慣れた。 マイクロソフト サポート エンジニア、特定のプロシージャの機能の説明に役立ちます。 ただし、これらの追加機能を提供する手順を特定の要件を構築例変更は行って。
  1. Expression Web が起動され、サイトを開いてください。
  2. [ ファイル ] メニューの [ 新規 ] をポイントし、 ページ [ 新規作成 ] 作業ウィンドウで HTML 、[ OK] をクリック します。
  3. [ 表示 ] メニューの [ ページ ] をポイントし、[ コード ] をクリックします。
  4. 次のコード サンプル ページのタグ <body> と </body> タグの間を挿入します。
    <h3 align="center">Where Do You Want to Go Today?</h3>
    <center>
    <form>
      <p><select name="section" size="1" language="javascript" onChange="gotoPage(this.selectedIndex);">
      <option selected>Where do you want to go today?</option>
      <option>- - - - - - - - - - - - - - - - -</option>
      <option>Microsoft Home Page</option>
      <option>MSN Home Page</option>
      </select></p>
    </form>
    </center>
    <script language="JavaScript">
    <!--
    function gotoPage(varItem)
    {
      switch(varItem)
      {
        case 0:
          window.parent.self.status="Goes Nowhere";
          break;
        case 1:
          window.parent.self.status="Goes Nowhere";
          break;
        case 2:
          window.location="http://www.microsoft.com";
          break;
        case 3:
          window.location="http://www.msn.com";
          break;
      }
    }
    // -->
    </script>
    
    メモ このコード サンプルでは、 window.location プロパティが新しいページの読み込みを使用して。 フレームセットを使用している場合、新しいページが、現在のフレームに表示されます。 たい場合は、 window.open メソッドを使用してページを読み込み、し、[ターゲット フレームを指定ことができます。 たとえば、全画面表示で、Microsoft ホーム ページを表示する次の JScript コードを使用します。
    case 2:
          window.open("http://www.microsoft.com", target="_top");
          break;
    
    メモ エラー メッセージが表示される場合がありますか、この資料から直接の例をコピーして Expression Web に貼り付ける、ページが正しく表示されません。 山かっこ (<) と (>) が HTML コードとして表示されます。 この現象を回避するにはメモ帳で空白のドキュメントのコード サンプルを貼り付けます先。 次に、メモ帳で、ドキュメントからのサンプル コードは、Expression Web でページにコピーします。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 手順 4 からのサンプル コードをコピーします。
    2. メモ帳を起動して、新しいテキスト ドキュメントを開きます。
    3. [ 編集 ] の [ 貼り付け ] をクリックします。
    4. [ 編集 ] の [ すべて選択 ] をクリックします。
    5. [ 編集 </a0>] メニューの [ コピー ] をクリックします。
    6. Expression Web で、カーソル行に移動空白 <body> タグのすぐ下の JScript コードを挿入する位置。
    7. [ 編集 ] の [ 貼り付け ] をクリックします。
  5. [ ファイル ] の [ 保存 ] をクリックします。
  6. [ 名前を付けて保存 ] ダイアログ ボックスで、ファイル名および、ページを保存する場所を指定を 保存 をクリックします。
  7. [ ファイル ] メニューの [ ブラウザーでプレビュー ] をポイントし、ページをプレビューに使用するブラウザーをクリックします。

リダイレクトするドロップダウン リスト ボックスに URL を追加する

ドロップダウン リスト ボックスに表示された一覧に URL を追加するには以下の操作を実行する必要があります。
  • HTML コードのオプション一覧にエントリを追加します。
  • JScript コードで"switch(varItem)"セクションにエントリを追加します。
たとえば、一覧にマイクロソフト ヘルプとサポート Web サイトの項目を追加するには、以下の手順を実行します。

メモ これらの手順はことでしたしないすべてを変更するサンプル コードは、Expression Web に貼り付けられた後前提としています。
  1. Expression Web が起動され、- ドロップダウン リスト ボックスを含むページを開いてください。
  2. [ 表示 ] メニューの [ ページ ] をポイントし、[ コード ] をクリックします。
  3. 直後、次の HTML ページ上のコードおよび新しい行を作成 Enter キーを押してカーソルを置きます。
    <option>MSN Home Page</option>
  4. 新しい行の一覧にこの項目を追加する次 HTML コードを入力します。 <option> マイクロソフト ヘルプとサポート ホーム ページ </option> の
    <option>Microsoft Help and Support Home Page</option>
  5. ページで、次の JScript コードの直後後カーソルを置き、新しい行を作成 Enter キーを押してください。
    case 3:
          window.location="http://www.msn.com";
          break;
  6. 新しい行の URL を追加する Web サイトにリダイレクトする次 JScript コードを入力します。
    case 4:
          window.location="http://support.microsoft.com";
          break;	 
    
  7. [ ファイル ] の [ 保存 ] をクリックします。
  8. [ ファイル ] メニューの [ ブラウザーでプレビュー ] をポイントし、ページをプレビューに使用するブラウザーをクリックします。

ドロップダウン リスト ボックスから URL を削除します。

削除する URL をドロップダウン リスト ボックスに表示される一覧には次の操作を実行する必要があります。
  • HTML コードのオプション一覧からエントリを削除します。
  • JScript コードで"switch(varItem)"セクションからのエントリを削除します。
たとえば、一覧からマイクロソフト ヘルプとサポート Web サイトの項目を削除するには、以下の手順を実行します:
  1. Expression Web が起動され、- ドロップダウン リスト ボックスを含むページを開いてください。
  2. [ 表示 ] メニューの [ ページ ] をポイントし、[ コード ] をクリックします。
  3. 次のコードを見つけます。 <option> マイクロソフト ヘルプとサポート ホーム ページ </option> の
    <option>Microsoft Help and Support Home Page</option>
  4. 手順 3 にあるコードを選択、コードを右クリックして [ 削除 ] をクリックします。
  5. 次のコードを見つけます。
    case 4:
          window.location="http://support.microsoft.com";
          break;
  6. 手順 5 にあるコードを選択、コードを右クリックして [ 削除 ] をクリックします。
  7. [ ファイル ] の [ 保存 ] をクリックします。
  8. [ ファイル ] メニューの [ ブラウザーでプレビュー ] をポイントし、ページをプレビューに使用するブラウザーをクリックします。

プロパティ

文書番号: 928708 - 最終更新日: 2006年12月7日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Expression Web [1.0]
キーワード:?
kbhowto kbprb kbexpertiseinter kbmt KB928708 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:928708
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com