Data Protection Manager のジョブの状態のエラー メッセージが表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 928840
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft システム センター Data Protection 1 つまたは複数のファイル サーバー上のデータを保護するために Manager を構成した後で、次の現象が発生します。
  • ファイル ・ サーバには一貫しない複製物が含まれています。
  • Data Protection Manager 管理コンソールを使用すると、データ転送レートにランダムに処理が遅くなることを確認します。
  • 1 つまたは複数のファイル ・ サーバのデータ ・ レプリケーション ・ ジョブは失敗します。このような状況では、次のようなジョブの状態情報の影響を受けるファイル サーバー上で生成されます。

    ステータス メッセージ 1
    種類: 整合性チェック
    状態: 失敗しました
    説明: DPM サービスは、localhost をサーバー上の DPM ファイル エージェントと通信できませんでした。(52 の詳細を ID: 指定されたネットワーク名が使用可能 (0x80070040) なった)
    開始時刻。 開始時刻
    経過時間。 elapsedTime
    転送されたデータ: 118.51 GB (127253828784 バイト)
    データ転送速度: 464 KB/秒
    ソースの詳細: ボリュームサーバー名
    保護グループのメンバー: 7
    詳細情報
    保護グループ: ProtectionGroup
    ステータス メッセージ 2
    種類: 同期
    状態: 失敗しました
    説明: DPM サーバー上のレプリカ ボリュームサーバー名 矛盾しています。変更を適用できませんファイル ファイル パス.(109 の詳細を ID:、別のプロセスによって使用されているため、プロセス ファイルにアクセスできません (0x80070020))
    開始時刻。 開始時刻
    経過時間。 elapsedTime
    転送されたデータ: 1.79 GB (1916715024 バイト)
    データ転送速度: 100 KB/秒
    ソースの詳細: ボリュームサーバー名
    保護グループのメンバー: 7
    詳細情報
    保護グループ: ProtectionGroup
    ステータス メッセージ 3
    種類: 同期
    状態: 失敗しました
    説明: DPM サーバー上のレプリカ ボリュームサーバー名 矛盾しています。変更を適用できませんファイル ファイル パス.(109 の詳細を ID: アクセスが (0x80070005) を拒否されました)
    開始時刻。 開始時刻
    経過時間。 elapsedTime
    転送されたデータ: 1.57 GB (1691028040 バイト)
    データ転送速度: 207 KB/秒
    ソースの詳細: ボリュームサーバー名
    保護グループのメンバー: 2
    詳細情報
    保護グループ: ProtectionGroup
    ステータス メッセージ 4
    種類: 同期
    状態: 失敗しました
    説明: DPM サーバー上のレプリカ ボリュームサーバー名 矛盾しています。変更を適用できませんファイル ファイル パス.(109 の詳細を ID: 指定されたパス (0x80070003) システムが見つけることができません)
    開始時刻。 開始時刻
    経過時間。 elapsedTime
    転送されたデータ: 116.74 MB (122411432 バイト)
    データ転送速度: 221 KB/秒
    ソースの詳細: ボリュームサーバー名
    保護グループのメンバー: 2
    詳細情報
    保護グループ: ProtectionGroup
    メモ また他のジョブ ステータス エラー メッセージを受け取ることがあります。
  • Data Protection Manager の同期が失敗する可能性があります。この状況では、いずれか、次のようなステータス メッセージが表示されます。

    ステータス メッセージ 1
    説明: ため Date and Time。、同期ジョブを パスサーバー名 失敗しました。失敗したジョブの総数 = 4。次の理由で最後のジョブが失敗しました: (ID 3115) の DPM 保護グループに関連付けられているジョブの割り当てられた時間内にこのジョブを完了できませんでした。(3151 ID)。
    ステータス メッセージ 2
    種類: 同期
    状態: 失敗しました
    説明: DPM サーバー上のレプリカ パスサーバー名 矛盾しています。変更を適用できませんファイル パスとファイル名.(109 の詳細を ID: アクセスが (0x80070005) を拒否されました
    開始時刻。 Date and Time.
    経過時間。 elapsedTime
    転送されたデータ: 18.75 MB (19662648 バイト)
    データ転送速度: 83 KB/秒
    ソースの詳細: パスサーバー名
    保護グループ: 保護グループ 1

原因

ウイルス対策ソフトウェアのリアルタイム監視コンポーネントが構成されている場合に、保護ボリュームのレプリカを監視するのには、2006 年の Data Protection Manager のログ ファイルを転送するこの問題が発生可能性があります。Msdpmfsagent.exe プログラム、Data Protection Manager サーバー上でウイルス対策ソフトウェアのリアルタイム監視コンポーネントを監視する場合は、この問題が発生する可能性があります。

解決方法

Data Protection Manager 2006

この問題を解決するのには、Msdpmfsagent.exe サーバー上のプログラムの Data Protection Manager のリアルタイム監視を除外するのには、ウイルス対策プログラムを構成します。既定では、Msdpmfsagent.exe ファイル、次のフォルダーにあります。
%ProgramFiles%\Microsoft データ保護 Manager\DPM\Bin
構成する方法の詳細については、ウイルスのリアルタイム監視プロセスの名前に基づいて連絡先、ウイルス対策プログラムの製造元。
さらに、Data Protection Manager 2006年の管理コンソールを使用すると、パフォーマンスが低下する場合は、Csc.exe プロセスのリアルタイム監視を無効にします。既定では、Csc.exe ファイル次のフォルダーにあります。
%windir%\Microsoft.net\Framework\V1.1.4322\Csc.exe
メモ Csc.exe プロセスが C# コンパイラです。Csc.exe プロセスは XML メッセージが生成されると Csc.exe プロセス生成ファイルをスキャンするウイルス対策プログラムとのリアルタイムのこのプロセスを監視するための Csc.exe プロセスのリアルタイム監視 Data Protection Manager 2006年でのパフォーマンスが低下することができます。

Data Protection Manager 2007 年

この問題を解決するのには、Dpmra.exe サーバー上のプログラムの Data Protection Manager のリアルタイム監視を除外するのには、ウイルス対策プログラムを構成します。既定では、Dpmra.exe ファイル、次のフォルダーにあります。
%ProgramFiles%\Microsoft DPM\DPM\Bin

詳細

Data Protection Manager 2006年でのパフォーマンスが低下するウイルス対策ソフトウェアのリアルタイム ・ レプリカおよび転送ログ ファイルを監視します。この現象は、リアルタイムの監視プロセスは、Data Protection Manager 2006年は、ファイル サーバーと同期するたびに、転送ログをスキャンするウイルス対策プログラムが発生するために発生します。また、リアルタイムの監視プロセスは、Data Protection Manager 2006年がレプリカに変更を適用するたびに、影響を受けるすべてのファイルをスキャンするウイルス対策プログラムされます。

感染ファイルを検疫機能を使用して、ウイルスに感染したファイルを保存するのではなく、Data Protection Manager のサーバーからのファイル ・ サーバから削除するのには、ウイルス対策プログラムを構成することをお勧めします。これは、レプリカおよびシャドウ コピーのデータ破損を防ぐためです。

自動的に掃除して、感染ファイルを検疫するのには、ウイルス対策プログラムが構成されている場合は、ウイルス対策プログラムがファイルを変更します。ただし、Data Protection Manager 2006年これらファイルへの変更を検出することができません。Data Protection Manager 2006年を使用して、別のプログラムによって変更されたレプリカを同期しようとすると、レプリカとシャドウ コピーのファイルが壊れている可能性があります。感染したファイルを削除するのには、ウイルス対策プログラムを構成する方法の詳細については、プログラムのマニュアルを参照か、ウイルス対策プログラムの製造元にお問い合わせください。

ハードウェアの製造元の詳細については、次の Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/vendors/en-us
Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先情報をサード パーティを提供します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

プロパティ

文書番号: 928840 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbprb kbmt KB928840 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:928840
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com