Visual Studio 2005 Service Pack 1 リリース ノート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 928957 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

インストールとアンインストールを Visual Studio 2005 Service Pack 1 (SP1)、および Visual Studio 2005 SP1 の機能の既知の問題を掲載しています。Visual Studio 2005 SP1 に含まれている機能の変更の詳細についてを参照してください。 Visual Studio 2005 SP1 の新機能します。.

詳細

このドキュメントでは。
  • Visual Studio 2005 SP1 の入手方法
  • この Service Pack に含まれる修正内容
  • サポートされている言語とオペレーティング システム
  • インストールの要件
  • Visual Studio 2005 SP1 のサポート
  • インストールの問題-すべてのプラットフォーム
  • インストールに関する問題-Windows Vista
  • インストールに関する問題-Windows Server 2003
  • アンインストールの問題
  • 既知の問題と回避策
  • ハードウェアのメモ
  • 関連商品

Visual Studio 2005 SP1 の入手方法

Visual Studio 2005 SP1 は、次の場所に用意されています。

Visual Studio 2005年チームのスイート SP1このダウンロードは、Visual Studio 2005年標準をマイクロソフト、プロのチーム エディションの service pack をインストールします。

Visual Studio 2005 Team Foundation Server SP1

このダウンロードは、Microsoft Visual Studio 2005 Team Foundation Server のサービス パックをインストールします。

Visual Studio 2005 Express Editions の SP1このダウンロードは、Microsoft Visual Studio 2005 Express Edition 用の service pack をインストールします。

この Service Pack に含まれる修正内容

Visual Studio 2005 SP1 用の修正プログラムの一覧から利用します。 Visual Studio 2005年の Service Pack 1 の修正プログラムの一覧.

サポートされている言語とオペレーティング システム

サポートされている言語

Visual Studio 2005 SP1 更新を Visual Studio 2005年の言語のすべての製品を提供します。
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語
  • 英語 (アメリカ合衆国)
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア
  • 日本語
  • 韓国語
  • ロシア語
  • スペイン語

サポートされているオペレーティング システム

  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4
  • Windows 2000 Server SP4 の詳細
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server SP4
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows XP Professional SP2
  • Microsoft Windows XP ホームの版の SP2
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2002 SP2
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2004 SP2
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition SP2
  • Microsoft Windows Server 2003 の標準版 SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 の Enterprise Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 Web Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 の標準の x 64 Edition SP1 (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 のエンタープライズの x 64 Edition SP1 (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter x64 Edition SP1 (WOW) で
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition は、
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 は、標準の x 64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition (WOW)、
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition は、
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition (WOW)、
  • Microsoft Windows Vista

インストールの要件

  • 目的のコンピューターに、Visual Studio 2005 のサポートされている製品のいずれかのライセンスを受けたコピーがインストールされなければなりません。
  • Microsoft Windows インストーラー 3.1 以降 ターゲット コンピューターにインストールする必要があります。
  • 192 MB の RAM が必要です。256 MB 以上を推奨します。

Visual Studio 2005 SP1 のサポート

正式なサポートを通じて利用します。 マイクロソフト接続します。.
非公式なコミュニティ サポートですから、 MSDN フォーラム.

インストールの問題-すべてのプラットフォーム

サービス パックのインストール元の製品のインストールよりも時間がかかります。

Visual Studio 2005 SP1 のインストールは、元のリリース バージョンのインストールより時間がかかります。なぜなら SP1 のインストールは製品のインストールとほぼ同等であることに加え、インストール タスクが増えているためです。インストール時にどの製品がインストールされていると、コンピューターの構成によって異なります。

インストールに大きなディスク領域が必要です。

元の製品のインストールで実行に service pack をインストールするが必要です。複数の Visual Studio 製品のインストールがある場合、各サービス パックのインストールのディスク領域を必要があります。サービス パックのダウンロード ページに必要なディスク領域の推定値が表示される場合があります。

Visual Studio 2005 SP1 何をインストールしようとしています。

複数の Visual Studio 製品がコンピューターにインストールしている場合、サービス パックを複数回実行されます。複数回のインストールは開始されません。

ダイアログ ボックスは、インストール時に部分的に非します。

移動すると、この問題が発生、 構成しています. ダイアログ ボックスが画面の中心から以降のダイアログ ボックスの中央には、 構成しています. ダイアログ ボックス。場合は、 構成しています. ダイアログ ボックスが画面の上の近くに、後で表示するダイアログ ボックスを大きくは部分的に、画面に表示ことがあります。

この問題を解決するには。
  • ままに、 構成しています. ダイアログ ボックスが画面の中央
Visual Studio 2005 SP1 は、Visual Studio コンパイル後すぐにはインストールされません。
debugger サービスを終了しないと Visual Studio 2005 SP1 をインストールできません。

この問題を解決するには、次のいずれかの操作を行います。
  • 進行中のとを閉じるには、デバッガー サービスが待機のコンパイルを終了してください。これは、10 分間かかる場合があります。
  • Mspdbsrv.exe のサービスのすべてのインスタンスを終了するのには、タスク マネージャーを使用します。

Team Foundation Server の前提条件:

更新プログラムをインストールする必要があります。 サポート技術情報の記事 919156 Visual Studio 2005 SP1 をインストールする前にします。この更新プログラムは、サーバーのクライアント要求が SP1 のインストール中に処理されないようにします。

Visual Studio 2005 Team Foundation Server SP1 のインストールまたはネットワークが使用できない場合をアンインストールするが失敗します。

Visual Studio 2005 Team Foundation Server SP1 のインストールまたはアンインストールのネットワークが利用できない場合に失敗します。これは、問題は、Active Directory に依存して、カスタム アクションとなります。

シナリオ:
  1. Visual Studio 2005 Team Foundation Server のネットワーク共有からインストールします。
  2. 必要な更新プログラムをインストールします。 サポート技術情報の記事 919156.
  3. Visual Studio 2005 Team Foundation Server SP1 をローカルにコピーします。
  4. ネットワークを無効にします。
  5. ローカル パスからサービス パックをインストールします。サービス パックのインストールに失敗します。
この問題を解決するには。
  • インストールまたは service pack をアンインストールする前に、ネットワークが利用可能であるかどうかを確認します。

Visual Studio 2005 Web アプリケーションに必要なプロジェクトの削除:

Visual Studio 2005 Web アプリケーション インストールされているプロジェクトがある場合は、Visual Studio 2005 SP1 をインストールするには、次の手順を実行します。
  1. アンインストール、 Visual Studio 2005年の Web アプリケーション プロジェクト アドインします。
  2. Visual Studio 2005 SP1 をインストールします。

SQL Server Compact Edition のツールとランタイム。

Visual Studio 2005 SP1 には、デザイン時の SQL Server Compact Edition 3.1 ユーティリティの更新プログラムが含まれます。SQL Server Compact Edition ツール Visual Studio 2005 SP1 の UI ダイアログと、デバイス CAB ファイル、DataDirectory 機能では、ClickOnce のサポートをスマート デバイス開発のコンポーネントなどがあります。ダウンロードして、エンド ・ ツー ・ エンドの SQL Server ベースのデータの開発をサポートするのには、次のツールとランタイムをインストールする必要があります。

Visual Basic 2005 の使用可能なコマンド ライン コンパイラ (Vbc.exe) の修正プログラム更新。

Visual Studio 2005 SP1 は、反応性や安定性、パフォーマンスの向上を含んだ Visual Basic 2005 デザイン タイム コンパイラの改善を提供します。利用可能な修正プログラムhttp://support.microsoft.com/kb/924162 Visual Basic 2005年のコマンド ライン コンパイラ (vbc.exe) をサービス パック機能強化を提供します。

Visual Studio 2005 SP1 をインストールした後、開発および配置されたマシンをコマンド ライン コンパイラを適用、次のいずれかの場合、サービス パックの修正プログラムを取得するにこの修正プログラムをインストールします。
  • Visual Basic 2005 の ASP.NET 2.0 を使用して web サイトを開発しています。
  • Visual Basic 2005 で記述された ASP .NET 2.0 web サイトを展開しようとしています。
  • コマンド ライン コンパイラを使用して、Visual Basic 2005年のプロジェクトを IDE の外部に構築します。

リリース バージョンをインストールする前に、Visual Studio 2005年の SP1 のベータ版をアンインストールします。

Visual Studio 2005 SP1 のリリースをインストールする前に、Visual Studio 2005 SP1 のベータ版をアンインストールしてください。最初にベータ版をアンインストールしない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
アップグレードするプログラムが見つからないことがあります、ため、Windows インストーラー サービスでアップグレード修正プログラムをインストールできませんまたはアップグレード修正プログラムの別のバージョンを更新可能性があります。アップグレードするプログラムがコンピューターに存在し、正しいアップグレード修正プログラムがあることを確認します。
ベータ版をアンインストールする Windows 2000、Windows XP、Windows XP SP1、Windows Server 2003 の rtm 版から。
  1. クリックしてください。 スタート.
  2. クリックしてください。 コントロール パネル.
  3. と入力して [アプリケーションの追加と削除.
  4. サービス パックのベータ版には適用されをクリックして各製品を選択します。 [変更と削除.
Windows XP SP2 および Windows Server 2003 SP1 のベータ版をアンインストールするには。
  1. クリックしてください。 スタート.
  2. クリックしてください。 コントロール パネル.
  3. と入力して [アプリケーションの追加と削除.
  4. チェック 更新プログラムを表示します。 それがチェックされていない場合。
  5. 適用されをクリックして各製品の下に入れ子になっているサービス パックのベータ版を選択します。 削除.
Windows Vista のベータ版をアンインストールするには。
  1. クリックしてください。 スタート.
  2. クリックしてください。 コントロール パネル.
  3. クリックしてください。 プログラム.
  4. クリックしてください。 更新プログラムをインストールする表示 続いて [プログラムと機能 セクション。
  5. サービス パックのベータ版には適用されをクリックして各製品を選択します。 アンインストール.

インストールに関する問題-Windows Vista

Windows Vista でのインストールにシステム特権が必要です。

Windows Vista で Visual Studio 2005 SP1 をインストールする場合は、SP1 の実行可能ファイルを右クリックし、[選択を推奨します。 管理者として実行します。.代わりに、特権のあるコンソール ウィンドウから実行可能ファイルを起動できます。

セットアップ ダイアログ ボックスが表示されません。

ユーザー アカウント制御 (UAC) はすべてのインストールで発生を確認最初の外観を遅延させます。 セットアップ ダイアログ ボックス。1 時間以上の遅延が報告されています。

Visual Studio 2005 Service Pack 1 更新プログラム

問題を解決する Vista のプラットフォームにのみ Visual Studio 2005 SP1 では更新が解放されます。詳細についてを参照してください。 Windows Vista で Visual Studio.

インストールに関する問題-Windows Server 2003

インストールの Windows Server 2003 のエディションを Windows Server 2003 SP1 のインストールが失敗します。

エラーします。
エラー 1718年です。ファイル ファイル名 デジタル署名ポリシーによって拒否されました。
この問題は、コンピューターに Windows Server 2003 または Windows XP .msi パッケージまたは .msp パッケージが正しく署名されていることを確認するための十分な連続メモリがある場合に発生します。

この問題を解決するには。

アンインストールの問題

Visual Studio 2005 SP1 のアンインストール中に、エラー 33088 が表示されます。

このエラーは、次のシナリオで発生します。
  1. Visual Studio 2005 Team Test edition をインストールします。
  2. 分散テスト実行コント ローラーやテスト実行エージェントを分散コンポーネントをインストールします。
  3. 対応するサービス パックをインストールします。
  4. サービス パックのアンインストールが失敗します。
    エラー 33088: セットアップ パッケージに問題があります。
この問題を解決するには。
  1. [プログラムの追加と削除] を使用して、コンポーネントをアンインストールします。
  2. Visual Studio のサービス パックをアンインストールします。
  3. コンポーネントを再インストールします。

Visual Studio Team Suite 2005 SP1 改 Visual Basic Express 2005 のインストールをアンインストールします。

このエラーは、次のシナリオで発生します。
  1. Visual Studio 2005 のプロをインストールします。
  2. Visual Studio の Professional の Visual Studio 2005 SP1 をインストールします。
  3. Visual Basic Express の 2005年をインストールします。
  4. Visual Basic Express 2005 の SP1 をインストールします。
  5. Visual Studio 2005 のプロをアンインストールしてください。
  6. Visual Basic Express の実行は失敗します。これは、不足している 2 つのアセンブリがないためにです。
この問題を解決するには。
  1. Visual Basic Express 2005 を選択して再インストール、 修復 オプションです。
  2. Visual Basic Express 2005 SP1 の再インストールを選択して、 修復 オプションです。

ビジュアル Web 開発者の Express SP1 をアンインストールするに失敗します。

このエラーは、次のシナリオで発生します。
  1. Visual Web Developer Express をインストールします。
  2. ビジュアル Web 開発者の Express の SP1 をインストールします。
  3. Visual Web Developer Express をアンインストールします。
  4. Visual Web Developer Express をインストールします。
  5. ビジュアル Web 開発者の Express の SP1 をインストールします。
  6. ビジュアル Web 開発者の Express の SP1 をアンインストールします。
  7. エラーが発生します。
既知のシステムの状態に戻すには。
  1. Visual Web Developer Express をアンインストールします。
  2. Visual Web Developer Express をインストールします。
  3. ビジュアル Web 開発者の Express の SP1 をインストールします。

Visual Studio 2005年チーム スイートの SP1 のアンインストールのシンボルを削除します。

Visual Studio 2005年チーム スイートの SP1 をアンインストールするシンボル ファイルが削除され、元の Visual Studio 2005年製品のインストールを中断できます。

この問題を解決するには。
  • 製品の修復を Visual Studio 2005年のすべての不足しているファイルを置き換えます。

サイド バイ サイドのシナリオでは、Visual Studio 2005 SP1 をアンインストールするその他のサービス パックのインストールを解除できます。

2 つのエディションの Visual Studio 2005年が同じコンピューターにインストールされているし、service pack の更新が場合は、サービス パック レベルにファイル、その他のエディションのエディションのいずれかの service pack のアンインストールが戻されます。

この問題を解決するには。
  • サービス パックの他のエディションを再インストールします。

サービス パックの一部に関連付けられているサポート技術情報 (KB) 番号が正しくありません。

サービス パックの一部に関連付けられている KB 番号では、製品の追加が正しく表示されないとプログラムまたはプログラムのアンインストール、コントロール パネルを削除します。ヘルプと詳細情報] リンクを KB 数が正しくありませんにその URL が含まれている可能性があります特定の KB 資料を表示します。正しい KB 番号については、次の表を参照してください。
元に戻す全体を表示する
実際のサポート技術情報の番号サポート技術情報番号をアンインストールします。言語製品ファミリ
926601926601英語Visual Studio 2005 Team Suite
926602926602日本語Visual Studio 2005 Team Suite
926603926603繁体字中国語Visual Studio 2005 Team Suite
926604926603簡体字中国語Visual Studio 2005 Team Suite
926605926603韓国語Visual Studio 2005 Team Suite
926606926603ドイツ語Visual Studio 2005 Team Suite
926607926607フランス語Visual Studio 2005 Team Suite
926608926608イタリアVisual Studio 2005 Team Suite
926609926608スペイン語Visual Studio 2005 Team Suite
926738922996英語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926739922996日本語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926740922996繁体字中国語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926741922996簡体字中国語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926742922996韓国語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926743922996ドイツ語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926744922996フランス語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926745922996イタリアVisual Studio 2005 Team Foundation Server の
926746922996スペイン語Visual Studio 2005 Team Foundation Server の
926747918525多言語Visual Studio 2005 Express エディション
926748926748多言語Visual Studio 2005 Express エディション
926749918525多言語Visual Studio 2005 Express エディション
926750922995多言語Visual Studio 2005 Express エディション
926751926751多言語Visual Studio 2005 Express エディション
928425926601ロシア語Visual Studio 2005 Team Suite

既知の問題と回避策

Windows Vista 上の Visual Studio 2005 SP1 用の修正プログラムをインストールするためのアクセス許可をユーザーが表示されます。

Visual Studio 2005 SP1 用の修正プログラムは今後リリースされる場合は、それらをインストールするのには、アクセス許可を指定するように求められます。Windows Vista では、UI モードとサイレント モードの両方でアクセス許可が必要です。Windows Vista の修正プログラムのインストールを自動化する必要がある場合は、管理者アカウントを使用して修正プログラムをインストールする必要があります。詳細についてを参照してください。 Visual Studio 2005 Service Pack 1 更新プログラム .

64 ビットの windows 上でのデバッグ。

Visual Studio 2005 SP1 には、64 ビットの windows 上の 32 ビット アプリケーションをデバッグする場合は、いくつかのデバッガーの修正が含まれます。これらの修正プログラムの一部のみ動作、64 ビット インストールで 64 ビット アプリケーションをデバッグする場合。これは、Visual Studio 2005 SP1 の 64 ビットのデバッグ コンポーネントの多くが変更されないためにです。

64 ビット ネイティブの Visual Basic アプリケーションを 64 ビットの Windows のインストールをデバッグします。

デバッガーが部分的に修飾名 (を評価するとき、Visual Studio 2005 SP1 で Visual Basic アプリケーションは、64 ビット コンピューターでのデバッグ中には、次エラーを受信可能性があります。MyName、たとえば)、[ウォッチ] ウィンドウまたはイミディ エイト ウィンドウで。
BC 30699」MyName 宣言されていない、またはそれを含むモジュールがデバッグ セッションに読み込まれていません"。
使用してコンパイルされたアプリケーションにのみ適用されます。 すべての CPU または x64 プラットフォームの種類として。Visual Studio 2005 SP1 の PDB 形式に最適化が行われました。最適化された PDB 形式は、Visual Studio 2005 SP1 に付属する Visual Basic コンパイラでのみ使用できます。64 ビット Windows のインストールをデバッグは、リモート デバッグ コンポーネントを行われますが、これらのコンポーネントは最適化された PDB 形式を理解するように更新されていません。

この問題を解決するには。
  • 完全修飾の名前には、デバッガー ウィンドウを提供します。例を示します。 ConsoleApplication1.MyClass.MyName.

リモート デバッグ:

Visual Studio 2005年のインストールが含まれていないシステム上で Visual Studio 2005 SP1 をインストールできません。したがって、Visual Studio 2005 SP1 では、リモート デバッグ コンポーネントだけが含まれているし、Visual Studio 2005年がないコンピューターを更新できません。

この問題を解決するには、次のいずれかの操作を行います。
  • 内のコンポーネントに置き換えることで、リモート デバッグ コンポーネントを含むコンピューターに Visual Studio 2005 SP1 での変更を適用します。 C:\Program ファイル Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote Debugger\x86\.
  • 共有、 C:\Program ファイル Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote Debugger\x86\ リモート コンピューター直接共有から msvsmon.exe を実行できるように、ネットワーク ディレクトリ。
メモデバッグの修正プログラムでは、Visual Studio 2005 SP1 64 ビット コンピューターにインストールされていませんのファイル C:\Program ファイル Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote Debugger\ 変更されています。リモート システムでデバッガーの修正プログラムを適用する場合は、32 ビット システム、デバッグ コンポーネントをソースとしてを使用します。

複数 Windows 埋め込まれた CE 6.0 Sdk をインストールします。

複数 Windows 埋め込まれた CE 6.0 は、同じオペレーティング システム デザインに基づいている Sdk をインストールすると、1 つだけの SDK には、Visual Studio 2005 SP1 ネイティブ プロジェクトの作成ウィザードが表示されます。

シナリオ:
  1. Visual Studio 2005 SP1 をインストールします。
  2. 同じオペレーティング システム デザインに基づく複数の WINCE6.0 Sdk をインストールします。
  3. ネイティブ プロジェクトを新規作成し、プラットフォームは、プラットフォーム Sdk を選択する] をクリックします。SDK を 1 つだけが表示されます。

マネージ リソース エディター。

新しいイメージ、アイコン、またはテキスト ファイル、またはプロジェクト フォルダーまたはそのサブフォルダーの 1 つではない既存のファイルを追加しようとしました。 このエラー メッセージを表示するには、Visual Studio が生成されます。
読み取りまたは書き込みの保護されているメモリしようとしています。これは多くの場合、他のメモリが破損していることを示す値です。
この問題を解決するには。
  1. ビットマップなどのファイルをコピー先フォルダーにプロジェクトを移動するか (通常は、 リソース フォルダー)。
  2. ファイルからマネージ リソース エディターにドラッグします。

最近のバージョンの Qt ライブラリ ソースのコンパイル時のエラーを与えます。

VC + + のコンパイラの修正プログラムでは、特定テンプレート コードを Visual Studio 2005 SP1 ではコンパイルされないしては C2244 エラーが発生するが発生しました。Sp1 のコンパイルを行うコードは、継承されたテンプレート クラスと入れ子になった型を使用します。具体的には、このようなテンプレート コードを使用して現在のバージョンの Qt ライブラリ ソースのこの変更の影響を受けます。

問題のあるコードの最も基本的な形式は次のとおりです。
template <class T>
class A
{
public:
    typedef int N_A;
};

template <class T>
class B : public A<T>
{
public:
    typename A<T>::N_A test();
};

template <class T>
typename A<T>::N_A B<T>::test()    /* 1 */
{ 
    return 0;
}
テンプレート クラス B はテンプレート クラス A を継承します。<T>は、入れ子になった型 N_A、B<T>が:: test() を返します。Visual Studio 2005 SP1 コンパイラは C2244 エラーの行を生成すると * 1 * とします。Typedef は<T>を紹介する回避策です:: N_A B<T>との使用でその typedef B<T>で。回避策では、上記のコードを変更:</T> </T> </T> </T> </T>
template <class T>
class A
{
public:
    typedef int N_A;
};

template <class T>
class B : public A<T>
{
public:
    typedef A<T>::N_A N_B;  // typedef definition
    typename N_B test(); // use of the typedef in the return type
};

template <class T>
typename B<T>::N_B B<T>::test()    // use of the typedef in the return type
{ 
    return 0;
}

Visual Basic アプリケーションのイベントを表示する Visual Studio がクラッシュします。

クリックすると アプリケーション イベントの表示 アプリケーションでは、ApplicationEvents.vb ファイルが既に存在しない場合にクラッシュするには、Visual Studio、Visual Basic プロジェクトのプロパティ ページになります。

この問題を解決するには。
  • という名前のファイルを作成します。 ApplicationEvents.vb Visual Basic のルートでのプロジェクトし、次のテキストを挿入します。
    Namespace My
    ' The follow events are available for MyApplication:
    '
    ' Startup: Raised when the application starts, before
    ' the startup form is created.
    ' Shutdown: Raised after all application forms are closed.
    ' This event is not raised if the application terminals
    ' abnormally.
    ' UnhandledException: Raised if the application encounters
    ' an unhandled exception.
    ' StartupNextInstance: Raised when launching a single-
    ' instance application and the application is already
    ' active.
    ' NetworkAvailabilityChanged: Raised when the network
    ' connection is connected or disconnected.
    
    Partial Friend Class MyApplication
    
    End Class
    
    End Namespace
    

XML デザイナーがクラッシュするは、XML スキーマの TargetNamespace プロパティが空の場合。

XML スキーマを含む、<Include>他の XML スキーマを参照すると、XML デザイナーがクラッシュする可能性がある名前空間 (</Include>xmlns) または TargetNamespace (targetNamespace) 値によって、関連付けられているスキーマで参照される名前空間とは異なります。つまり、他のスキーマのスキーマを含める場合は、同じ名前空間を参照ください。

この問題を解決するには。
  1. ソリューション エクスプ ローラーでスキーマ ファイルを右クリックし、スキーマ エディターでを開くには [コードの表示を選択します。
  2. 設定 targetNamespacexmlns 同じ名前空間にします。

Team Foundation Server:

Team Foundation Server のセットアップの詳細については関連の問題を参照してください。 マイクロソフトの Team Foundation Server 2010 Service Pack 1.

プロファイラー ドライバーを Windows 2000 で使用できないようになります。

プロファイラー ドライバーが Windows 2000 プラットフォーム上で動作を停止します。モニターをサンプリング モードで起動しようとしてエラーが報告されます。トレース モードでモニターを起動しようとして、ドライバーを実行できない場合について警告を報告します。

この問題を解決するには。
  1. コンピューターを再起動します。
  2. これらのコマンドを実行します。
    vsperfcmd -driver:uninstall
    vsperfcmd -driver:start
  3. コンピューターをログオフ ログオンします。
  4. コンピューターにログオンします。
  5. 同様に、モニターを起動します。

CFindReplaceDialog ネイティブ スマート デバイス プロジェクトではローカライズされていません。

CFindReplaceDialog、他のデバイスのネイティブ スマート デバイスの C++ アプリケーションから呼び出されると、英語のテキストを表示します。CFindReplaceDialog 用のリソースがローカライズされていない、し、この問題の解決方法はありません。

既存の Windows Mobile SDK サンプルおよびスマート デバイスのネイティブ アプリケーションはコンパイル可能性があります。

このエラー メッセージが表示をコンパイルするには多くの既存のサンプルと Visual Studio 2005 SP1 を使用してビルドすると、ネイティブ ユーザー アプリケーションは失敗します。
エラー lnk2019 エラー: 未解決の外部シンボル __GSHandlerCheck
Pocket PC 用の Windows Mobile 5.0 SDK と、Windows Mobile 5.0 SDK はスマート フォンの両方のサンプルはこの問題の影響を受けます。

Visual Studio 2005 SP1 は Windows CE 6.0 のコンパイラで使用できるようになって、/GS と Visual Studio コンパイラを更新します。「Libcmt.lib」明示的にリンクしないでくださいまたは、/GS オフ有効にしていると、pre-Windows Embedded CE 6.0 プラットフォーム上で実行されているネイティブの C++ スマート デバイス プロジェクトにリンク ・ エラーが発生します。

この問題を解決するには。
  1. 明示的に「libcmt.lib」に対してリンクするには、追加のライブラリの一覧が含まれます。
  2. リンカー警告を有効にする (または nowarn:4099)

データ バインドのコード化された Web テストでは、Visual Studio Team Suite ソフトウェア テスト担当者にとっては失敗します。

このエラーは、コード化された、同じロード テストをさまざまなデータ ソースにバインドされている Web テストが実行されるに発生します。

シナリオ:
  1. データ バインドを使用して、さまざまなデータ ソースにバインドされている 2 つのコード化された Web テストを作成します。
  2. 2 つのテストを 1 つのロード テストに追加します。
  3. ロード テストを実行します。
エラーは、そのデータは 2 つのデータ ソースが見つからないことを示します。

この問題を解決するには。
  • これは、解決方法現時点ではありません。ここでダウンロードできる 2007 年第 1 四半期中に修正プログラムをリリースします http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=80456.

Web アプリケーションとプロジェクト

リファクタリングの ASP.NET web サイト プロジェクトでのパフォーマンスが改善されます。

ここでは、ASP.NET web サイトを含むソリューションでのリファクタリング操作の起動より実行します。

場合は、.aspx ページを読み込む必要があります決定する前に、リファクタリング操作を行います。
  • .Aspx ページが存在する場合を判断するリファクタリングされる要素構文検索を実行します。
  • 参照が現在のスコープからアクセスできるかどうかを確認します。
Web アプリケーション プロジェクトでは、検索のすべての参照の名前の変更リファクタリングとから .aspx ファイル内でサポートされていません。ただし、分離コード ファイルのリファクタリングはありません。

アプリケーションのプロジェクトの変換の問題を web:

混合 Visual C# と Visual j# のプロジェクトを含むソリューションの変換が失敗するか、空のプロジェクトを生成する可能性があります。回避策は、変換を Visual Studio の新しいインスタンスを起動することによって、各プロジェクトを個別に変換するためにです。

Web アプリケーション プロジェクトへのプロジェクトの変換をキャンセルする可能性がありますエラーが発生して、プロジェクトは、半分の変換された状態のままにします。

2003 の Visual Basic 6 の WebClass プロジェクトのアップグレードを完了するために失敗します。回避策としては、プロジェクトを閉じて再度開くし、アップグレードを再実行するには、です。

Visual Basic ファイルまたは .aspx ファイルを変換すると Web アプリケーション プロジェクトでは、デザイナー ファイルが正しく更新されません。回避策は、ファイルを手動で修正します。

Web サイト プロジェクトと Web アプリケーション プロジェクトの一般的な問題:

Web アプリケーションのプロジェクト システムで見つからない web.config ファイルは検出されません。構成情報を必要とするコントロールの追加は false ソリューション エクスプ ローラーで表示するフォルダーが発生します。回避策は、コントロールを Web アプリケーション プロジェクトに追加する前に、web.config ファイルを手動で追加します。

サブプロジェクトがルート プロジェクト内の参照コントロール、IDE がハングすることが含まれる web アプリケーション プロジェクト。

.Pdb および .xml ファイルを含む Web サイト ソリューションを TFS ソース管理に追加する場合は、.pdb ファイルと .xml ファイルが正しく追加できません可能性があります。

ウィザード内の内部、Multiview ビューを操作する場合 Visual Studio にメモリ リークが発生します。回避策は、ソリューションを保存して、Visual Studio を再起動するには、です。

全体の bin フォルダーのシャドウ コピーを作成するのには、Visual Studio Web サイトおよび Web アプリケーション プロジェクトに bin フォルダーへの変更可能性があります。このコピーとすると、Visual Studio のパフォーマンスが低下し、ディスク領域を消費できます。

同じルート名前空間の下にある異なる名前空間でページおよびユーザー コントロールに存在する場合は、デザイナーを作成して、ページ内のユーザー コントロールの宣言の名前空間の問題があるため、生成されたコードはコンパイルされません。回避策は、デザイナー ファイルから宣言を削除して、分離コード ファイルに、カードを移動するには、です。分離コード ファイルに移動して、ページを変更した場合でもが変更されません。

インストールして、サード パーティ製のブラウザーをアンインストールする原因の実行中に f5 キーを押すと、ブラウザーでの表示 Web アプリケーション プロジェクトでの作業を停止するコマンド可能性があります。次のレジストリ キーがまだ利用できるかどうかを確認してください。
[見つけて。EXE]@」「C:\\Program Files\\Internet Explorer\\iexplore.exe」「=「"パス"は"="「C:\\Program Files\\Internet Explorer;」」」
サービス パックをインストールした後、Web アプリケーション プロジェクトでは、Windows 2000 はクライアント側 ASP.NET 開発サーバーへの接続に失敗します。これは、ビルドが失敗する可能性があります、Visual Studio がハングする場合があります。この問題は、プロジェクト システムと開発用サーバーの間で競合状態の結果です。回避策は、Windows 2000 上の IIS を使用し、それによって、開発サーバーを回避するには、プロジェクトを構成します。

ページ クラスに 1 つまたは複数のオーバー ロードされたメソッドが含まれている場合は、Web アプリケーション プロジェクトでは、デザイナーでイベントをダブルクリックしてイベント ハンドラーを作成すると失敗します。Web サイト プロジェクトを使用するとこれは発生しません。

読み取り専用の共有フォルダーには、Web アプリケーション プロジェクトを発行 Visual Studio がクラッシュするが発生します。回避策は、共有が書き込み可能であるかどうかを確認します。

サード パーティ製のファイアウォール Visual Studio がクラッシュするがあります。

Web アプリケーション プロジェクトには、ctrl キーを押しながら F5 またはブラウザーで表示] を使用するたびを起動するのには、Internet Explorer の新しいインスタンスになります。

Web サイト プロジェクトを Web アプリケーション プロジェクトに適切に失敗します。

リソースのプロパティ ページから画像を追加すると誤ったエラー メッセージを表示するがあります。

WSE 3.0 のトレースは Visual Studio 2005 Web アプリケーション プロジェクトを使用して作成されたプロジェクトでは動作しません。トレース内の WSE 3.0 Web サイト プロジェクトの場合が期待どおりに動作します。

Web アプリケーション プロジェクトまたは Web サービス アプリケーションのトレース プロファイリングを有効にします。

トレースは、Visual Studio IDE からプロファイリング Web アプリケーション プロジェクトまたは Web サービス アプリケーションに対しては機能しません。ユーザー コードはレポートに表示されません。

この問題を解決するには。
  1. プロジェクトのプロパティ ページを開きます。
  2. Visual C# プロジェクトの場合は、次のように追加する、 ビルド後のイベント コマンドライン ウィンドウ:
    $(DevEnvDir) \ だ.\..\team tools\performance tools\vsinstr$(TargetPath)
  3. Visual Basic プロジェクトの場合をクリックします。 ビルド イベント 開くには ビルド イベント ダイアログ ボックス。次のように、 ビルド後のイベント コマンドライン ウィンドウ:
    $(DevEnvDir) \ だ.\..\team tools\performance tools\vsinstr$(TargetPath)
  4. いつもの IDE からプロファイリングを行います。
サンプリング プロファイルを実行する場合は、プロパティ ページからこの行を削除します。

指定されていないときに Visual Studio 2005 SP1 で Visual Studio 2003年の Web アプリケーション内でのチェック時のエラー:

このエラーは、次のシナリオで発生します。
  1. Visual Studio 2003年では、ソリューションを作成する、Web アプリケーションは、追加および、ソース管理に追加します。
  2. Visual Studio 2005 で、 ファイル メニューをクリックして と入力して ソース管理をクリックし、[選択] は Visual Studio 2003年ソリューションから。
  3. で、 移行 ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします。 終了日 ソリューションを Visual Studio 2005 に移行します。
  4. この警告は移行中に表示されます。
    次の理由で、ソリューション内の 1 つまたは複数のプロジェクトをロードできませんでした: プロジェクト ファイルまたは web 移動しました、名前変更または、コンピューター上ではありません。これらのプロジェクトは、ソリューション エクスプ ローラーで利用不可として表示されます。プロジェクトが読み込めない原因を表示するには、プロジェクト ノードを展開します。
  5. クリックしてください。 ].ソリューションが正常に移行されますが、プロジェクトは移行されませんしであること ソリューション エクスプ ローラー.
この問題を解決するには。
  1. Visual Studio 2003年をインストールします。
  2. Visual Studio 2003 でソリューションを作成します。
  3. Visual Studio 2005年をインストールします。
  4. Visual Studio 2005年でソリューションを読み込むし、保存します。
  5. Visual Studio 2005 SP1 をインストールします。
  6. 手順 4 で保存ソリューションを読み込みます。

ハードウェアのメモ

お客様が ARMV4i や ARMV4T のボード タイプの操作:

ARMV4i で作業している ARMV4T のボード型命令の Id を設定すると84017153 および 84082689 は、Visual Studio でアプリケーションを配置することはできませんか、またはデバイス上でのテストします。

この問題を解決するには。
  1. ある Microsoft.TypeMaps.8.0.xsl のバックアップ コピーを作成します。 C:\Documents ともサイト コンテンツをバックアップ Data\Microsoft\corecon\1.0\addons\.

    Microsoft.TypeMaps.8.0.xsl 後、 <QISCONTAINER>(6 行)</QISCONTAINER>、次の行を追加します。
    <QIS ID="84017153">
      <PROPERTYCONTAINER>
        <PROPERTY ID="default" Protected="true">ARMV4I</PROPERTY>
          </PROPERTYCONTAINER>
    </QIS>
    <QIS ID="84082689">
      <PROPERTYCONTAINER>
        <PROPERTY ID="default" Protected="true">ARMV4I</PROPERTY>
      </PROPERTYCONTAINER>
        </QIS>
    
  2. ファイルを保存します。

関連商品

マイクロソフトのデバイス エミュレーターのバージョン 2.0

デバイス エミュレーターをインストールされている Microsoft Visual Studio 2005 SP1 を更新しません。マイクロソフトのデバイス エミュレーターの 2.0 2007 年 1 月にリリースされます。Microsoft デバイス エミュレーター 2.0 でユーザーから高い性能とターゲット デバイスのアプリケーション開発では、最近リリースされた Windows Embedded CE 6.0 プラットフォームに便利です。詳細については、 http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=80668.

Crystal Reports は、Visual Studio 2005年サービス ・ パック 1。

Crystal Reports は、Visual Studio 2005年の Service Pack 1 ばね 2007 年にリリースされます。サービス パックは製品の既存の機能の全体的な品質を向上され、高レベルの Visual Studio 2005 SP1 および Windows Vista との互換性が維持されます。サービス パックは、お客様からのフィードバックと社内テストにより発生した問題が解決されます。ビジネス オブジェクトは、当社製品の品質を強化する方針です。詳細について、または最新の Crystal Reports が Visual Studio のサービス パックをダウンロードするを参照してください。 Crystal レポートをサービス パック.

Dotfuscator の Community Edition:

Dotfuscator Community Edition を Visual Studio 2005年のオリジナル リリース版以降に更新されています。参照してください。 プリエンプティブ ソリューション 変更について参照するのには、無料のアップデートを取得します。

? 2006 Microsoft Corporation

プロパティ

文書番号: 928957 - 最終更新日: 2012年12月23日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Architects
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Developers
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Edition for Software Testers
  • Microsoft Visual Studio 2005 Team Foundation Server
  • Microsoft Visual Studio 2005 Standard Edition
  • Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition
キーワード:?
kbhowto kbreadme kbfix kbinfo kbmt KB928957 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:928957
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com