Fscutility.exe プログラムを使用して、FSE サービスまたは SharePoint Portal Server から Exchange サーバーから切断する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 929076 - 対象製品
重要 この資料には、低レベルのセキュリティ設定を支援する方法や、コンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれています。 特定の問題を回避するには、これらの変更を加えることができます。 これらの変更を行う前に、特定の環境では、この回避策の実装に関連するリスクを評価することをお勧めします。 この回避策を実装する場合は、コンピューターを保護するために、適切な追加の手順を実行します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、FSE サービスまたは Microsoft SharePoint Portal Server から Exchange Server からの切断を Microsoft Forefront Security for Exchange または Microsoft Forefront Security for SharePoint で Fscutility.exe プログラムが使用する方法について説明します。

メモ FSE の Exchange は Exchange の以前マイクロソフト Antigen 呼び出されました。 Forefront Security for SharePoint 以前 Antigen SharePoint を呼び出しました。

詳細

警告 この回避策は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性悪意のあるユーザーやウイルスなど悪意のあるソフトウェアによる攻撃になる場合があります。 この回避策はお勧めしませんが、独自の判断でこの回避策を実装できるようにこの情報が提供されます。 この回避策は、自己の責任において実行してください。

管理者は、FSE サービスまたは SharePoint サーバーから Exchange サーバーから切断するのには、Fscutility.exe プログラムを使用できます。 FSE は、FSE サービスが Exchange サーバーまたは、SharePoint サーバーから切断後、無効になっています。

このシナリオでは、FSE がインストールされたままです。 ただし、Exchange サーバーや、SharePoint サーバーに接続をなくなったされています。 したがって、Forefront Security 着信および発信電子メール メッセージはスキャンできません。 FSE は、次のいずれかに無効にする必要があります。
  • Forefront Security に関する問題をトラブルシューティングします。
  • サーバー上で診断を実行します。
  • サーバー上のサービス パックをインストールします。
たとえば、現在までに問題が発生しているが、FSE での問題の原因かどうかがわからない場合は、Fscutility.exe プログラム Forefront Security を無効にするのには使ってできます。 その後、問題が引き続き発生するかどうかを確認するテストできます。

Fscutility.exe プログラムには、次のコマンド ライン オプションを使用できます。
  • /ステータス 現在までの Exchange サーバーや、SharePoint サーバーの状態を表示するのにには、このオプションを使用します。
  • /有効にします。 このオプションを使用して、Exchange サーバーや、SharePoint サーバー サービスが停止されている場合は、FSE を有効にします。
  • /無効にします。 このオプションを使用して、Exchange サーバーや、SharePoint サーバー サービスが停止されている場合は、Forefront Security を無効にします。
  • /削除 Microsoft FSE のレジストリ キーを削除するのには、このオプションを使用します。
  • /regmon このオプションを使用して、FSCMonitor を登録します。
  • /unregmon FSCMonitor の登録を解除するのには、このオプションを使用します。
Fscutility.exe プログラムを使用して、FSE サービスが Exchange サーバーまたは、SharePoint サーバーから切断するには、次の手順を実行します。
  1. Exchange サーバーのサービスや SharePoint サーバーのサービスおよび、FSE サービスを停止します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] をクリックして、実行] をクリックして、services.msc を入力し、[OK] をクリックします。
    2. 停止するサービスを右クリックし、[停止] をクリックします。

      メモ 次の順序での Exchange サーバー サービスを停止します。
      1. FSCController
      2. Microsoft Exchange トランスポート サービス
      3. システム アテンダント
      4. インフォメーション ストア

      メモ 次の順序で、SharePoint サーバー サービスを停止します。
      1. FSCController
      2. IIS Admin サービス
      メモ Exchange サーバーのサービスや、SharePoint サーバーのサービスを停止すると、FSE サービスは自動的に停止されます。 Exchange サーバーのサービスや、SharePoint サーバーのサービスを停止すると、FSE サービスが実行中である場合は、まだ実行されている、FSE サービスをマウスの右ボタンでクリックします。 [停止] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトを起動し、FSE を Exchange フォルダーに移動します。 既定では、FSE の Exchange フォルダー、次の場所にあります。
    プログラム ファイル (x86) \Microsoft Forefront Security\Exchange サーバー
    [Forefront Security for SharePoint] フォルダーは、次の場所のいずれかです。
    • x86
      Files\Microsoft Forefront Security\SharePoint をプログラムします。
    • x64 または IA-64
      プログラム ファイル (x86) \Microsoft Forefront Security\SharePoint
  3. コマンド プロンプトで、FSE サービスを無効にするのには、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    重要 このコマンドを実行すると、FSE サービスまたは SharePoint サーバーから Exchange サーバーから切断されます。 この期間中、Forefront Security は無効になります。 Forefront セキュリティ環境内拡張ウイルス保護機能を使用して保護されるされましていません。 現在までに、制御された環境でのみ無効にするのには、Fscutility.exe プログラムを使用することをお勧めします。 また、こと Forefront Security を無効にすると強化されたウイルス対策を維持するのには、もう 1 つの方法を使用することを確認します。

    Fscutility/disable

    このコマンドを実行した後で、[次のメッセージが表示されます。
    Microsoft Forefront Server セキュリティ VSAPI フッキング DLL が無効です。
    状態: NOT 統合 Microsoft Forefront サーバーのセキュリティ
    FSE サービスを有効にするのには、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    Fscutility/enable

    このコマンドを実行した後、[次のメッセージが表示されます。
    Microsoft Forefront Server セキュリティ VSAPI フッキング DLL が有効になっています。
    状態: Microsoft FSE を正常に統合!
  4. FSE サービスが Exchange サーバーまたは、SharePoint サーバーから切断されていること確認するには、Fscutility/status を入力し、Enter キーを押します。
  5. FSE のトラブルシューティング、診断を実行または Service Pack をインストールします。
  6. Exchange サーバー、または、停止、SharePoint サーバー サービスを再起動します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [スタート] をクリックして、実行] をクリックして、services.msc を入力し、[OK] をクリックします。
    2. Exchange サーバー サービスまたは開始するのには、目的の SharePoint サーバー サービスを右クリックし、[スタート] をクリックします。

      Exchange サーバーのサービスや、SharePoint サーバーのサービスを開始すると、FSE サービスを再起動して確認します。 Exchange サーバー サービスを再起動すると、FSE サービスが自動的に再起動する必要があります。 FSE サービスが再起動しない場合は、FSE サービスを右クリックし、[スタート] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 929076 - 最終更新日: 2009年9月29日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Forefront Security for Exchange
  • Forefront Security for SharePoint
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt fpe2010sweptdoesnotapply KB929076 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:929076
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com