グループ ポリシー オブジェクト エディターを使用して、Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラー上で GPO を表示すると、SYSVOL のグループ ポリシー フォルダーのモーフィングパスのフォルダーが表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 929266
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラーでは、モーフィングパスのフォルダー内の次のパスが表示されます。
  • %WINDIR%\SYSVOL\Sysvol\<fqdn></fqdn>\Policies\{Policy_GUID}\MACHINE
  • %WINDIR%\SYSVOL\Sysvol\<fqdn></fqdn>\Policies\\{Policy_GUID}\USER
メモ <fqdn></fqdn> 完全修飾ドメイン名 (FQDN) を表します。モーフィングパスのフォルダー名を FolderName_NTFRS_ に持つフォルダーです。<xxxxxxxx></xxxxxxxx> パターンです。このフォルダーには、 <xxxxxxxx></xxxxxxxx> 8 つのランダムな 16 進数値を表します。

この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) を使用して、ドメイン コント ローラー グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を復元します。この GPO には、 [コンピューターの構成 設定または、 [ユーザーの構成 設定は未定義です。次に、2 つの異なるドメイン コント ローラー上で未定義の GPO の設定を表示するのにはグループ ポリシー オブジェクト エディターを使用します。
  • グループ ポリシー オブジェクト エディターを使用して、ドメイン コント ローラー上で GPO を作成します。この GPO には、 [コンピューターの構成 設定または、 [ユーザーの構成 設定は未定義です。次に、2 つの異なるドメイン コント ローラー上で未定義の GPO の設定を表示するのにはグループ ポリシー オブジェクト エディターを使用します。

原因

GPMC でのみバックアップおよび定義されている構成を復元します。ある GPO をリストアするときに、 [ユーザーの構成 設定に定義された、対応するフォルダーに [コンピューターの構成 設定が削除されます。次に、表示すると、 [コンピューターの構成 フォルダーが使用できない場合は、グループ ポリシー オブジェクト エディターで GPO の設定は、対応するフォルダー再作成されます。

1 つのドメイン コント ローラー上で GPO を復元し、2 つの異なるドメイン コント ローラーをすべて 1 つのファイル レプリケーション サービス (FRS) 間隔内で GPO を表示する場合は、モーフィングパスのフォルダーは、SYSVOL のグループ ポリシー フォルダーに表示されます。

回避策

この問題を回避するには、以下の推奨事項を実行します。
  • 1 の推奨事項

    グループ ポリシー オブジェクト エディター ツールとして FRS レプリケーションをテストするのには使用していません。
  • 推奨する対応策 2

    特定ドメイン コント ローラー上で GPO 管理タスクを実行します。など、プライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) エミュレーター上では GPO 管理タスクを実行します。

    ただし、一部のシナリオでは、問題がログオンしてローカル Gpo を管理するのには、PDC エミュレーターが必要があります。このような状況では、次の手順を実行します。
    1. PDC エミュレーター上でターミナル サービスを構成します。
    2. PDC にログオン、ターミナル サーバー セッションでのエミュレーター。
  • 推奨する対応策 3

    一部のシナリオでは、PDC エミュレーター上でフォロー アップする GPO 管理タスクを実行できません。このような状況では、すぐに、GPMC では、新しい GPO を作成した後、GPO グループ ポリシー オブジェクト エディターで表示できます。または場合は、GPMC で GPO を復元した後から GPO を参照することができます。リモート コンピューターから GPO を表示する前にこの手順が削除済みフォルダーを再作成します。
  • 4 の推奨事項

    サード パーティ製の GPO の拡張機能は、GPMC の拡張機能を認識するのには、追加の操作が必要です。たとえば、GPMC は、ベンダーの指示に従い、GPOLayout.xml ファイルを編集できます。GPMC のバックアップにサード ・ パーティ製の GPO の拡張機能を組み込む方法の詳細については、ベンダーに連絡してください。

詳細

%WINDIR%\SYSVOL\Sysvol\<fqdn>、「現象」に記載されている \Policies パスでは、接合 %WINDIR%\SYSVOL\Domain\Policies フォルダー<b00></b00></fqdn>詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
319808NTFS のアクセス許可、ドライブのルートから SYSVOL 接合点を継承します。
モーフィングパスのフォルダーを作成するのには、他のレプリケーション メンバーを操作です。 詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
328492"_Ntfrs<xxxxxxxx>"フォルダーの名前を変更します。</xxxxxxxx>
840675 構成および運用上の推奨事項については、Windows Server 2003 および Windows 2000 Server でファイル レプリケーション サービス
グループ ポリシー オブジェクト エディター Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインで、PDC エミュレーターに接続することにより、Gpo を編集するのにはリモートで使用しても問題が発生する可能性があります。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
896669Windows Server 2003 または Windows XP は、リモート ドメイン コント ローラー上で Gpo を変更するのには、実行しているコンピューターで、グループ ポリシー オブジェクト エディターを使用すると、変更を長期間有効になりません
プロセスは、GPMC の GPO に関する以下の詳細を復元してください。
  • 復元操作は、MachineStaging フォルダーとポリシー] フォルダーの下にある UserStaging フォルダーが作成されます。既定では、ポリシーのフォルダーは、次のパスにあります。
    %WINDIR%\SYSVOL\Sysvol\FQDN\Policies
  • GPMC ポリシーのバックアップ ファイル MachineStaging フォルダーと、UserStaging フォルダーに対応するフォルダー構造を使用して復元します。
  • 復元操作は、MachineOld フォルダーを UserOld フォルダー、ポリシー フォルダーに AdmOld フォルダーを作成します。
  • 復元操作が失敗した場合にロールバックが必要です。したがって、復元操作は既存のコンテンツをコンピューターのフォルダーとユーザー フォルダー UserOld フォルダー MachineOld フォルダー内でバックアップされます。
  • MachineStaging フォルダー内の UserStaging フォルダーのコンテンツを復元しましたマシン フォルダーやユーザー フォルダー内に既に存在するフォルダーが含まれている場合は、既存のフォルダーが保持されます。
  • バックアップにはフォルダーが含まれていない場合は、[MachineStaging] フォルダーまたは [UserStaging] フォルダーで、フォルダーは含まれません。したがって、[コンピューター] フォルダーまたはファイナライズ処理でのユーザー フォルダーこのフォルダーが削除されます。これにより、GPO 設定のコンテンツをせず、既存のフォルダーが既に GPMC の復元後に消えることがあります場所です。
  • 最後に、既存のファイルとフォルダーをコンピューターのフォルダーやユーザー フォルダーは上書きされます。Windows NT ファイル複製サービス (NTFRS) ファイル、NTFRS のデータベースでこれらのオブジェクトの Guid では維持されます。

    メモ ファイル Guid の NTFRS はファイルとフォルダーの両方にあります。
  • これらのすべての操作が成功した場合は、次のフォルダーが削除されます。
    • MachineOld
    • UserOld
    • MachineStaging
    • UserStaging

プロパティ

文書番号: 929266 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB929266 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:929266
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com