新しいドキュメントを作成または、複数のバージョンの Office をインストールしている場合 Windows SharePoint Services 3.0 のドキュメント ライブラリで既存のドキュメントを確認することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 929360
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ドキュメント ライブラリには、Microsoft Office に接続します。サイトを SharePoint Server 2007 または Microsoft Windows SharePoint Services の 3.0Windows Internet Explorer 7 または Microsoft Internet Explorer 6 を使用してサイトを指定します。ただし、Microsoft Office のドキュメントでは、Internet Explorer を開くにはときに(応答停止) がクラッシュします。さらに、クリックすると、 新しいドキュメントは、ボタンが動作しません。新しいドキュメントを作成することはできません。この問題は発生場合は、次の順序でしました。表示されます。
  • Microsoft Office 2003年製品をインストールするのにはコンピューターです。
  • 1 つまたは複数の 2007 Office system プログラムのインストール、コンピューターです。
  • 修復または、Office 2003 のインストールを更新します。製品です。
メモ この資料の回避策をこの問題を解決、Office 2003 と 2007 Microsoft Office システムの組み合わせとして使用しています。以前の行頭文字のポイントについて説明します。この問題が発生する可能性がありますが他のバージョンの Office では、この資料にある回避方法は解決できません、他のバージョンの問題。見ると、「Microsoft Office 2007」されない場合プログラムの追加と削除します。代わりに、スタンドアロン製品など表示可能性があります。Microsoft Project 2007、OneNote 2007 年、または式を指定します。参照してください、"詳細について「セクション」にその他の Office のバージョンについて説明した資料を参照する組み合わせ。

原因

古いバージョンの Name.dll ファイルは、登録済みのバージョンになるために発生します。Owssupp.dll ファイルを使用すると、使用できない機能を使用しようとします。このような状況を読み取ったり (が応答を停止) にクラッシュします。

解決方法

この問題を解決するには、938888 の修正プログラムをインストールします。 詳細については修正プログラム938888、Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックしてください。ナレッジ ベース:
9388882007 Office の修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 6 月 17 日
SharePoint を使用していないに表示された場合この資料では、Windows エラー報告、以下をご覧ください。Web サイト:
http://oca.microsoft.com/resredir.aspx か。SID 1476 =

回避策

この問題を回避するには、2007 Office system を修復します。これを行うにはWindows xp または Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント コントロールパネル、し 追加または削除します。プログラム.
  2. で、 追加またはプログラムを削除します。 ダイアログ ボックスSELECT Microsoft Office バージョン2007、し 変更.

    メモ この例では、 バージョン 示します、2007 Office system のバージョンをインストールします。
  3. で、 Microsoft Officeバージョン 2007 ダイアログ ボックス、クリックして修復、し 続行.
  4. クリックしてください。 閉じる 修復プロセスの場合完了します。
するにはWindows Vista ベースのコンピューターでこれを行うは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、しコントロール パネル.
  2. クリックしてください。 プログラム.
  3. クリックしてください。 [プログラムと機能.
  4. Microsoft Office を選択します。 バージョン2007 年、し 変更.

    メモ バージョン プレース ホルダーです、2007 Office system のバージョンです。
  5. Microsoft Office で バージョン2007] をクリックして 修復、し続行.
  6. クリックしてください。 閉じる 修復プロセスの場合完了します。
  7. 必要に応じて、コンピューターを再起動します。
メモ プログラムの非互換性の問題がある場合は、可能性があります。問い合わせまたはサポートに連絡します。方法についてお問い合わせは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/

詳細

Office 以外のバージョンの Microsoft Office を使用する場合2003 および 2007 Office system で、クリックして次資料番号を表示するのには資料は、マイクロソフト サポート技術。
833714 Office ドキュメントで、ドキュメント ライブラリを編集しようとするとエラー メッセージ:「がドキュメントを編集する' 必要が Windows SharePoint Services 互換のアプリケーション」
840024 既存の文書を編集したり、Windows SharePoint Services 2.0 Web サイトで、または SharePoint チーム サービスの Web サイト内のドキュメント ライブラリで新しいドキュメントを作成することはできません。
コントロールを有効にする機能などは、 ドキュメントを編集します。 Windows SharePoint Services の機能ドキュメント ライブラリに、2007 Office system および Office と共に出荷2003] をクリックします。 これらのコントロールとの統合のほとんどへのアクセスに取り付ける必要があります。Office の機能にします。

これらのコントロールが表示されます。 WindowsSharePoint Services サポート 下にあります。 Office ツール 時次の方法のいずれかを使用します。
  • 2007 Office system のカスタム インストールを実行します。または、Office 2003 システムの。
  • 追加または追加を使用して Office プログラムまたは機能を削除します。または、コントロール パネルのプログラムを削除します。

参照

同様の問題の詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
834109 以前に承認されたバージョン、ドキュメント ライブラリにチェックインするドキュメントのユーザーに表示されません。

プロパティ

文書番号: 929360 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbresolve kbmt KB929360 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:929360
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com