以前のバージョンの Outlook を使用して作成されたカスタム フォームを使用すると、Office Outlook 2007 で既知の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 929591 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料の概要既知の問題を Microsoft Office Outlook 2007 で以下の旧バージョンの Microsoft Outlook を使用して作成されたカスタム フォームを使用する場合。
  • Office Outlook 2003
  • Outlook 2002
  • Outlook 2000
  • Outlook 98
  • Outlook 97
この資料の有効範囲では通常フォーム発行するこれら以前のバージョンの Outlook メソッドを使用して作成したカスタムのフォームに制限されます。 この資料では Office Outlook 2007 の新しいフォーム領域機能を使用して作成したカスタム フォームは説明しません。

詳細

Outlook 2007 は、カスタム フォームのパスワードをサポートしません

Outlook の以前のバージョンで開発者はカスタム フォームにパスワードを割り当てることができます。 フォーム デザイン モードのパスワードなしで、フォームを開けません。 このパスワード機能は、フォームのデザイン モードに切り替えると、フォームの変更からユーザーを制限する設計されています。

Outlook 2007 はカスタム フォームでのパスワードをサポートしません。 代わりに、Outlook 2007 は、次のデザインを使用します。
  • パスワードを作成するオプションのプロパティ ページ フォームのデザイン モードではありません。
  • フォームが、以前のバージョンの Outlook ので作成された、フォームにパスワードがいない求められますパスワードの Outlook 2007 で、フォームを開くと。
  • Outlook 2007 でフォームを再発行する場合、パスワードは保持されません。
  • オブジェクト モデルの FormDescription.Password プロパティは非表示ドキュメントに記載されていません。
でフォームのデザイン モードに切り替えるユーザーを制限する場合
NoOutlookFormsDesigner
を使用してくださいポリシー キーの代わりにします。 このポリシー キーでは、フォームをフォームごとにセキュリティで保護することはできません。 ただし、このポリシー キーはパスワード保護のような機能は提供します。

NoOutlookFormsDesigner
ポリシー キーを使用するには、次の手順に従います。
  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
  2. 見つけて、次のサブキーを右クリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook
  3. 新規作成 ] をポイントして [ DWORD 値 ] をクリックします。
  4. NoOutlookFormsDesigner を入力して Enter を押します。
  5. NoOutlookFormsDesigner ] を右クリックし、 変更 を実行します。
  6. [ 値のデータ ] ボックスで、適切な値を入力を [OK] をクリックします。 次の値のいずれかを使用します。
    • 0 (または値なし)
      この値ではカスタム フォームをデザインできます。
    • 1
      この値ではユーザーのカスタム フォームをデザインすることはできません。
  7. レジストリ エディターを終了して、コンピューターを再起動します。

ユーザー設定フォームに、「電子メール エディターとして Word を使用して常に」オプション} になる可能性があります。

以前のバージョンの Outlook では、Microsoft Word を有効にカスタム フォームのエディターとしてできます。 これを行うには、 常に、電子メール エディターとして Word を使用する ] プロパティ ページ フォームのデザイン モードで選択できます。 Microsoft Office Word 2007 をインストールする以前のバージョンの Outlook を使用してもいて場合、予期しない結果が発生する可能性があります。 たとえば、Word 2007 リボンが以前のバージョンの Word を使用するツールバー ツールバーは、の代わりに表示されます。

インターネット経由でユーザー設定の 1 回限り (one-off) フォームを送信することはできません。

Outlook の以前のバージョンでユーザー設定の 1 回限り (one-off) フォームをインターネット経由で送信できます。 これを行うには、 フォームのレイアウトを送信する ] プロパティ ページ選択フォームのデザイン モードでしてください。 これを行うと、Outlook ユーザー設定フォームを基になるトランスポート ニュートラル カプセル化形式 (TNEF) 添付ファイルの一部として送信します。 メッセージ サーバーの最もインターネット ベースのメッセージの TNEF 部分を正しく処理します。 したがって、他の Outlook ユーザー受信でき、使用ユーザー設定フォームできます。

については、1 回限り (one-off) フォーム、およびインターネット経由で 1 回限り (one-off) フォームを送信する方法について、クリックして、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号。
290657フォームの定義と Outlook 2002 での 1 回限り (one-off) フォームの説明
290800インターネット経由で送信されると、カスタム フォームが受信されません。
Outlook 2007 では、受信したとき 1 回限り (one-off) フォームは保持されません。 Outlook 2007 では、受信インターネット メッセージを MIME 形式から MAPI 形式に変換をするとき Outlook 2007 はユーザー設定フォームを無視します。 これは、デザイン変更です。

フォームの Office 機能は、サポートされていません

フォームの Office 機能は、ユーザーをできフォーム開発者がフォーム上の Office ファイルを埋め込みます。 電子メール メッセージでのフォーム ページを使用できます。 フォーム ページを投稿することもできます。 以前のバージョンの Outlook では、Office のフォーム機能をサポートします。 ただし、これらのバージョンの Outlook をさまざまな方法でこの機能をサポートします。 Outlook 2007 は、この機能をサポートしません。

Outlook 2000 および Outlook の以前のバージョン

Outlook 2000 でと Outlook の以前のバージョンでこの種のフォームを作成できます。 クリックして 新規作成 このください [ ファイル ] メニューの [しする] をクリックして Office ドキュメント

Outlook 2000 および Outlook の以前のバージョンは、この種のフォームを開くと、フォームを Outlook から項目を開きます。

Outlook 2003 と Outlook 2002

この種のフォームを作成する Outlook 2003 または Outlook 2002 でことはできません。 ただし、ユーザーはこの種類のフォームで開き Outlook 2003 と Outlook 2002 の両方します。

Outlook 2007

この種のフォームを作成する Outlook 2007 でことはできません。 Outlook 2007 で Outlook アイテムには、この種のフォームを開くと、Outlook 2007 は、ホスト アプリケーションに通常 Office ファイルとしてフォームを開きます。 たとえば、Outlook アイテムには、埋め込み Microsoft Office Excel ブックを持つカスタム フォームが含まれると Outlook 2007 には Microsoft Office Excel 2007 で、ブックが表示されます。

ユーザー設定フォームのタブをリボンのコマンドのサイズを指定することはできません。

以下のシナリオを考えます。 バージョンの Outlook 2007 より前である Outlook のカスタム Outlook フォームを開発します。 そのフォームでは、カスタム フォーム タブを追加します。 このシナリオでは、カスタム タブ表示のアイテムのリボン を表示する グループ内でボタンとして、カスタム フォーム Outlook 2007 を開くと。 この現象は、リボンに表示されるボタンのサイズを指定する直接的な方法がないために発生します。

プロパティ

文書番号: 929591 - 最終更新日: 2007年2月20日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseadvanced kbmt KB929591 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:929591
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com