文書番号: 929712 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Volume Activation for Windows Vista、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、および Windows 7 に関する情報を紹介します。ボリューム ライセンスおよびボリューム アクティベーション 2.0 に関するドキュメントへのリンクも掲載しています。

キー管理サービス (KMS) キー

キー管理サービス (KMS) キーを使用すると、組織の IT 担当者が管理しているコンピューターで KMS を有効にすることができます。組織内で KMS をホストすると、Windows オペレーティングシステムを実行しているコンピューターのライセンス認証が自動的に行われます。KMS を使用するには、25 台を超えるコンピューターが相互に接続されている必要があります。ライセンス認証に KMS を使用したコンピューターは、少なくとも 180 日ごとに組織のネットワークに接続して再度認証される必要があります。現在、KMS は、Microsoft Windows Server 2003、Windows Vista、Windows 7、または Windows Server 2008 のいずれかのオペレーティング システムを実行しているローカル コンピューターで動作します。1 つの KMS キーで、6 つの KMS ホスト システムをインストールできます。ただし、ボリューム ライセンス認証サポート センターを使用すると、より多くの KMS ホスト システムを使用できます。

マルチ ライセンス認証キー (MAK)

マルチ ライセンス認証キー (MAK) では、個々のコンピューターまたはコンピューターのグループのライセンス認証を、マイクロソフトのサーバーに直接接続して行うことができます。MAK は、社内ネットワークに接続していないコンピューターに Windows をインストールする場合に使用できます。MAK では、どのボリューム エディションの Windows Vista についてもライセンス認証を行えます。また、MAK を使用して Windows をライセンス認証した後は、再認証は不要です。さらに、MAK の使用回数の制限を増やすには、専用窓口に電話をすると、その処理が行われます。この処理には、完了までに 7 営業日かかります。

詳細

OEM、通常の販売、およびボリューム ライセンスで販売されている一部の製品には、製品ライセンス認証テクノロジが含まれています。ボリューム ライセンスを使用する場合、Windows オペレーティング システムでは、ボリューム アクティベーションという新しいタイプのライセンス認証を使用する必要があります。

ボリューム アクティベーションは柔軟性の高いソリューションであり、ボリューム ライセンスを使用する場合に、Windows を実行しているコンピューターのライセンス認証をより安全かつ簡単に行えます。ボリューム アクティベーション テクノロジは、Windows Vista で導入されました。今後は、すべてのマイクロソフト製品で使用される予定です。ボリューム アクティベーションの一般的な情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/licensing/existing-customers/product-activation.aspx

Windows Vista および Windows Server 2008


以下のリンクには、Windows Vista および Windows Server 2008 のボリューム アクティベーション 2.0 の詳細が記載されています。
  • Windows Vista および Windows Server 2008 のボリューム アクティベーション 2.0

    これは、計画、展開、および運用のガイダンスを提供する、Windows Vista ボリューム アクティベーション 2.0 のドキュメントを集めています。「ボリューム アクティベーション 2.0 リファレンス ガイド」、「Server 2008 のボリューム アクティベーション」、およびその他のサポート資料が含まれています。「ボリューム アクティベーション 2.0 運用ガイド」には、ボリューム アクティベーション 2.0 の一般的な問題のトラブルシューティングに役立つ情報が含まれています。たとえば、マルチ ライセンス認証キー (MAK) 認証、キー管理サービス (KMS) 認証、機能制限モード (RFM) からの回復、非正規の状態の回復に関連する問題のトラブルシューティング情報が含まれています。このドキュメントを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb892849.aspx
  • ボリューム アクティベーション 2.0 についてよく寄せられる質問とその回答

    このガイドには、ボリューム アクティベーション 2.0 についてよく寄せられる質問とその回答が記載されています。この FAQ を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc303277.aspx
  • ボリューム アクティベーションのドキュメント

    これらのドキュメントには、ボリューム ライセンス エディションの Windows Vista および Windows Server 2008 をライセンス認証する際の、計画、展開、および運用のガイダンスが記載されています。このガイドを参照またはダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc304369.aspx
  • TechNet ウェブキャスト:Windows Vista および Windows Server 2008 のライセンス認証および検証

    これは、Windows Vista および Windows Server 2008 のライセンス認証および検証の技術概要に関するウェブキャストです。このウェブキャストを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/dd450761.aspx
  • Microsoft Solution Accelerator for Business Desktop Deployment (BDD)

    このドキュメントには、Windows Vista のボリューム アクティベーション テクノロジのセットアップ方法および管理方法に関する、背景情報およびインフラストラクチャ準備チームに対する具体的な指示が記載されています。このドキュメントを参照またはダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb490308.aspx

Windows 7 および Windows Server 2008 R2

以下のリンクには、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のボリューム アクティベーション 2.0 の詳細が記載されています。
  • Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のボリューム アクティベーション リソース
    Windows 製品のアクティベーションでこれらのリソースを使用すると、企業環境でのアクティベーション プロセスの効率的な管理方法がわかります。これらには、「Windows 7 データシートのボリューム アクティベーションの改良点」、「ボリューム アクティベーション計画ガイド」、およびその他のサポート資料が含まれています。この情報は次のマイクロソフト Web サイトから入手できます。http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd996588.aspx
  • Windows 7 および Windows Server 2008 R2 ボリューム アクティベーションのテクニカル リファレンス ガイド
    このリファレンス ガイドは、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 オペレーティング システムのボリューム アクティベーション バージョンの導入を計画している組織の情報技術 (IT) 担当者向けです。これは、「ボリューム アクティベーション計画ガイド」、「ボリューム アクティベーション導入ガイド」、および「ボリューム アクティベーション運用ガイド」の参考になります。このドキュメントを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee355153.aspx
  • ビデオ - ボリューム アクティベーションの基本
    このデモで、ボリューム アクティベーション プロセスの理解が深まり、それと同時に、Windows 7 および Windows Server 2008 が配布されます。このビデオを表示するには、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。http://technet.microsoft.com/ja-jp/dd936198.aspx

プロパティ

文書番号: 929712 - 最終更新日: 2010年4月30日 - リビジョン: 2.9
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Web Server 2008
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Web Server 2008 R2
キーワード:?
kbsetup kbhowto kbexpertiseinter kbinfo KB929712
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com