インスタンス内で、クライアント側のトレース イベントを実行するために SQL のプロファイラーを使用すると、SQL Server のインスタンスのパフォーマンスが低下

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 929728
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server 2000 または 2005 の Microsoft SQL Server のインスタンスが実行されて、コンピューターがあります。
  • プロファイラーの SQL は、SQL Server のインスタンスのクライアント側のトレース イベントを実行するために使用します。
  • プロファイラーの SQL の SQL Server のインスタンスを実行しているコンピューター上で実行または SQL のプロファイラーを別のコンピューターで実行します。
このシナリオでは、SQL Server のインスタンスのパフォーマンスが低下します。

この問題が発生すると、クエリを実行すると、次の現象発生するが master.dbo.sysprocesses システム テーブル SQL Server のインスタンスでは。
  • 複数のアクティブなサーバー プロセス Id (Spid) を表示、 0X404 (LATCH_EX) 値は、 waittype 列です。
  • 1 つ以上の Spid の表示、 プロファイラーの SQL 値は、 program_name 列です。
また、次の値のいずれかが、 waitresource クエリを実行した場合、 master.dbo.sysprocesses システム ・ テーブル。
  • その他 (16 進数のアドレス)
  • TRACE_CONTROLLER
  • TRACE_IO_SYNC
  • トレース
次の条件に該当する場合これらの値のいずれかの参照してください。
  • SQL Server 2000 Service Pack 4 (SP4) または SQL Server 2005 を使用します。
  • SQL プロファイラーでトレース操作の同期を実行するのには、SPID が待機しています。

原因

プロファイラーの SQL SQL Server 2000 または SQL Server 2005 のインスタンスを実行すると、各インスタンスのアクティブな SPID、排他ラッチ (LATCH_EX) SQL のプロファイラーにイベントを書き込む必要があります。SPID は、イベントまずローカル メモリ バッファーに書き込みます。その後、イベント SQL のプロファイラーに転送されます。SPID はローカル メモリ バッファーがいっぱいの場合は、イベントを破棄します。ローカル メモリ バッファー内のイベントは、SQL のプロファイラーに転送したら、SPID はローカル メモリ バッファーに新しいイベントを作成できます。SQL プロファイラーにイベントを書き込むほかの Spid が待機している場合は、この Spid がキューで待機します。

プロファイラーの SQL は、SQL Server のプロセスから独立したプロセスであるため、SQL のプロファイラーに各イベントを転送すると、時間がかかります。別のコンピューターに SQL のプロファイラーを実行すると、このプロセスは時間がかかります。このプロセスは、ネットワークの遅延のため、プロファイラーの SQL を実行しているコンピューターのパフォーマンスのためにかかります。したがって、SQL Server のインスタンスをゆっくり実行します。

回避策

この問題を回避するには、プロファイラーの SQL SQL Server のインスタンスのクライアント側のトレース イベントを実行するために使用しないでください。代わりに、システム ストアド プロシージャを使用して、サーバー側のトレース イベントを実行します。

次のシステム ストアド プロシージャを使用できます。
  • sp_trace_create
  • sp_trace_setevent
  • sp_trace_setfilter
  • sp_trace_setstatus
についてのこれらのシステム ストアド プロシージャ、ストアド プロシージャ SQL Server 2000 Books online または SQL Server 2005 Books online を検索します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

PSSDIAG データ収集ユーティリティは、トレース データ ファイルを収集するために使用できます。 PSSDIAG データ収集ユーティリティの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
830232PSSDIAG データ収集ユーティリティ
SQL Server 2000年および SQL Server 2005 では、waittype 列の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822101SQL Server 2000年および SQL Server 2005 の master.dbo.sysprocesses テーブル内の waittype と lastwaittype 列の説明

プロパティ

文書番号: 929728 - 最終更新日: 2011年8月8日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbsql2005engine kbmt KB929728 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:929728
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com