Windows Vista のグループ ポリシーの管理用テンプレート ファイルの中央ストアを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 929841 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、.admx および .adml ファイルを新しいを作成するのには、Windows Vista のレジストリ ベースのポリシー設定を管理するために使用する方法について説明します。この資料では中央ストアを保存するのには、ドメイン環境で Windows Vista のポリシー ファイルをレプリケートする使用する方法についても説明します。

詳細

概要

Windows Vista では、新しい形式を使用してレジストリ ベースのポリシー設定を表示します。レジストリ ベースのポリシー設定は [管理用テンプレートをグループ ポリシー オブジェクト エディターに表示されます。Windows Vista では、レジストリ ベースのポリシー設定は、.admx ファイル名の拡張子を持つ標準に準拠した XML ファイルで定義されています。.Admx ファイル形式を従来の .adm ファイルの形式に置き換えられます。.Adm ファイルの形式は、独自のマークアップ言語を使用します。

Windows Vista では、.admx ファイルおよびグループ ポリシー管理者が使用できる言語固有の .adml ファイルを管理用テンプレート ファイルが分割されます。Windows Vista に実装された、変更管理者の 2 つの異なる言語を使用して、同じポリシーのセットを構成することができます。管理者は、言語固有の .adml ファイルおよび言語に中立的な .admx ファイルを使用してポリシーを構成できます。

管理用テンプレート ファイルの保存

以前のオペレーティング システムでは、ADM フォルダーはドメイン コント ローラー上でグループ ポリシー オブジェクト (GPO) の既定の管理用テンプレート ファイルが追加されます。Gpo 内の SYSVOL フォルダーに格納されます。SYSVOL フォルダーは、他のドメイン コント ローラーと同じドメイン内に自動的に複製されます。約 2 メガバイト (MB) のハード ディスクの空き領域は、ポリシー ファイルを使用します。各ドメイン コント ローラー ポリシーの異なるバージョンを格納するため、レプリケーション トラフィックが増加します。

Windows Vista では、セントラル ストアを使用して管理用テンプレート ファイルを格納するために。Windows Vista では、Windows の以前のバージョンの GPO を ADM フォルダーは作成されません。したがって、ドメイン コント ローラーを格納したりしないの .adm ファイルの余分なコピーを複製する.

元に戻す全体を表示する
作成または、Windows Vista ベースのコンピューター上で管理されているポリシーを変更するのには、Windows の以前のバージョンを実行しているクライアントを使用すると、クライアントは [ADM] フォルダーを作成し、ファイルがレプリケートされます。
詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
816662グループ ポリシー管理用テンプレート (.adm) ファイルを管理するための推奨事項

中央ストア

.Admx ファイルの利点を活用するには、ドメイン コント ローラー上の SYSVOL フォルダーには、セントラル ストアを作成する必要があります。中央ストアでのグループ ポリシー ツールがオンになっているファイルの場所です。グループ ポリシー ツールは、中央ストアにある任意の .admx ファイルを使用します。中央ストアにファイルはドメイン内のすべてのドメイン コント ローラーに後でレプリケートされます。

.Admx および .adml ファイルを中央ストアを作成するには、PolicyDefinitions の次の場所の名前のフォルダーを作成します。
\\FQDN\SYSVOL\FQDN\policies
元に戻す全体を表示する
FQDN 完全修飾ドメイン名です。

たとえば、Test.Microsoft.com の中央ストアを作成するには、次の場所に PolicyDefinitions フォルダーを作成します。
\\Test.Microsoft.Com\SYSVOL\Test.Microsoft.Com\Policies
PolicyDefinitions フォルダーはドメイン コント ローラー上に PolicyDefinitions フォルダーを Windows Vista ベースのクライアント コンピューターからのすべてのファイルをコピーします。PolicyDefinitions フォルダーを Windows Vista ベースのコンピューターに Windows Vista と同じフォルダーに置かれます。PolicyDefinitions フォルダーを Windows Vista ベースのコンピューターで、クライアント コンピューター上ですべての .admx ファイルおよび .adml ファイルが有効になっているすべての言語を格納します。

.Adml ファイルを Windows Vista ベースのコンピューターで、言語固有のフォルダーに保存されます。.Adml ファイルの英語 (u. s.)"EN-US] という名前のフォルダーには、韓国の .adml ファイル"ko_KR"という名前のフォルダーに保存されます。その他の言語の .adml ファイルが必要な場合を英語、中央ストアに .adml ファイルが含まれているフォルダーをコピーする必要があります。.Admx および .adml ファイルをすべてコピーした場合、PolicyDefinitions フォルダーはドメイン コント ローラー上で、.admx ファイルおよび言語固有の .adml ファイルが含まれている 1 つまたは複数のフォルダーを含める必要があります。

元に戻す全体を表示する
Windows Vista ベースのコンピューターから、.admx および .adml ファイルをコピーすると、これらのファイルを Windows Vista を最新の更新プログラムがインストールされていることを確認してください。また、最新の管理用テンプレート ファイルがレプリケートされることを確認します。このアドバイスも適用可能な場合はサービス パックを適用します。

グループ ポリシーの管理

Windows Vista では、管理用テンプレート .adm 拡張子を持つは含まれません。さらに、以前のバージョンの Windows の新しい管理形式では使用できません。したがって、以前のバージョンの Windows を実行しているクライアント コンピューターは、Windows Vista に含まれている新しいポリシーを管理できません。Windows Vista、またはそれ以降のバージョンの Windows グループ ポリシーの管理を実行するために実行しているコンピューターを使用することをお勧めします。

管理用テンプレート ファイルを更新します。

ローカル コンピューターで管理用テンプレートのポリシー設定を変更する場合はグループ ポリシー Windows Vista より前のバージョンの Windows では、ドメイン内のドメイン コント ローラー上の Sysvol 共有に自動的に新しく更新されます。ADM ファイルです。それらの変更、ドメイン内の他のドメイン コント ローラーにレプリケートされます。ネットワークの負荷と記憶域要件の可能性があります。ローカル コンピューターで管理用テンプレートのポリシー設定を変更する場合は Windows Server 2008 のポリシーのグループおよび Windows Vista では、Sysvol 自動的を更新されません。ADMX か。ADML ファイルは。この動作の変更は、ネットワーク負荷およびディスク記憶域の要件を削減しての間の競合を防ぐために実装されます。ADMX ファイルおよび ADML ファイルを異なるロケール間で管理用テンプレートのポリシー設定の編集が行われたとき。Sysvol に、ローカル更新が反映されているかどうかを確認するには、手動での更新されたコピーする必要があります。ADMX か。ADML ファイル PolicyDefinitions ファイルがローカル コンピューター上の Sysvol\PolicyDefinitions フォルダーに適切なドメイン コント ローラー上で。

Windows Server 2008 の管理用テンプレート ファイルをダウンロードするを参照してください。 Windows Server 2008 用の管理用テンプレート (ADMX).

プロパティ

文書番号: 929841 - 最終更新日: 2012年9月25日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Starter
キーワード:?
kbpolicy kbexpertiseadvanced kbinfo kbhowto kbmt KB929841 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:929841
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com