EFS は、Windows Server 2003 ベースのコンピューターで EFS ファイルを暗号化しようとすると、自己署名入りの証明書を生成するから防ぐことはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 930499
重要です レジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。
  • EFS 暗号化しよう、Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピューター上のファイル。
  • EFS 証明書がローカル証明書ストアには使用できません。
  • EFS 証明書を発行する証明機関 (CA) はありません。
このシナリオでは、暗号化ファイル システム (EFS) ファイルの暗号化に自己署名証明書を生成します。

ただし、Windows Server 2003 でこの動作を無効にするオプションはありません。このシナリオでは、自己署名入りの証明書を生成するから EFS を防ぐことはできません。この設計では、EFS の実装を管理するエンタープライズ ユーザー困難です。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Windows Server 2003 Service Pack 1 または Windows Server 2003 Service Pack がインストールされて 2 が必要です。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
889100Windows Server 2003 用の最新の service pack を入手する方法

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇
Windows Server 2003 x 86 ベースのバージョンの Service Pack 1
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の要件
Cipher.exe5.2.3790.287057,3442007 年 1 月 29 日09: 52x 86SP1
Lsasrv.dll5.2.3790.2870822,2722007 年 1 月 29 日18: 31x 86SP1
W03a2409.dll5.2.3790.287027,6482007 年 1 月 29 日09: 42x 86SP1
Windows Server 2003 Service Pack 2 を搭載した x86 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の要件
Cipher.exe5.2.3790.401257,8562007 年 1 月 29 日14: 22x 86SP2
Lsasrv.dll5.2.3790.4012815,1042007 年 1 月 29 日19: 39x 86SP2
W03a3409.dll5.2.3790.40123,5842007 年 1 月 29 日10: 05x 86SP2
Windows Server 2003 Service Pack 1、Itanium ベースのバージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の要件サービスの分岐
Cipher.exe5.2.3790.2870125,4402007 年 1 月 29 日05: 15IA-64SP1該当なし
Lsasrv.dll5.2.3790.28702,161,6642007 年 1 月 29 日05: 15IA-64SP1該当なし
W03a2409.dll5.2.3790.287026,6242007 年 1 月 29 日05: 15IA-64SP1該当なし
Wcipher.exe5.2.3790.287057,3442007 年 1 月 29 日05: 15x 86SP1WOW
Ww03a2409.dll5.2.3790.287027,6482007 年 1 月 29 日05: 15x 86SP1WOW
Windows Server 2003 Service Pack 2 は、Itanium ベース バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の要件サービスの分岐
Cipher.exe5.2.3790.4012126,9762007 年 1 月 29 日05: 15IA-64SP2該当なし
Lsasrv.dll5.2.3790.40122,162,6882007 年 1 月 29 日05: 15IA-64SP2該当なし
W03a3409.dll5.2.3790.40102,5602007 年 1 月 29 日05: 15IA-64SP2該当なし
Wcipher.exe5.2.3790.401257,8562007 年 1 月 29 日05: 15x 86SP2WOW
Ww03a3409.dll5.2.3790.40123,5842007 年 1 月 29 日05: 15x 86SP2WOW
Windows Server 2003、x64 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の要件サービスの分岐
Cipher.exe5.2.3790.287069,6322007 年 1 月 29 日05: 15x64SP1該当なし
Lsasrv.dll5.2.3790.28701,566,7202007 年 1 月 29 日05: 15x64SP1該当なし
W03a2409.dll5.2.3790.287028,1602007 年 1 月 29 日05: 15x64SP1該当なし
Wcipher.exe5.2.3790.287057,3442007 年 1 月 29 日05: 15x 86SP1WOW
Ww03a2409.dll5.2.3790.287027,6482007 年 1 月 29 日05: 15x 86SP1WOW
Windows Server 2003 Service Pack 2 x 64 ベース版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の要件サービスの分岐
Cipher.exe5.2.3790.401270,6562007 年 1 月 29 日05: 17x64SP2該当なし
Lsasrv.dll5.2.3790.40121,567,2322007 年 1 月 29 日05: 17x64SP2該当なし
W03a3409.dll5.2.3790.40104,0962007 年 1 月 29 日05: 17x64SP2該当なし
Wcipher.exe5.2.3790.401257,8562007 年 1 月 29 日05: 17x 86SP2WOW
Ww03a3409.dll5.2.3790.40123,5842007 年 1 月 29 日05: 17x 86SP2WOW

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この修正プログラムをインストールした後、自己署名入りの証明書を生成するから EFS を防ぐことができます。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

警告 重大な問題、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用して、または別の方法を使用して変更すると発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリを変更します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\EFS
  3. で、 編集 メニューのポイント 新しい、し DWORD 値.
  4. 種類 EfsOptions、し、ENTER キーを押します。
  5. ダブルクリック EfsOptions、タイプ 0 で、 [値のデータ ボックスとクリック [OK].
  6. レジストリ エディターを終了します。
メモ EFS 自己署名入りの証明書を生成するを再度有効にするには、設定、 EfsOptions 4 の値のレジストリ エントリです。

方法 2

カスタム管理用の新しいポリシーを定義するテンプレートを作成します。新しいポリシーは、このオプションを一元管理できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. メモ帳を起動します。
  2. コピーし、次のテキストをメモ帳に貼り付けます。
    CLASS MACHINE 
    CATEGORY "System" 
    CATEGORY "Public Key Policies"
    POLICY "Encrypted File System" 
    KEYNAME "Software\Policies\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\EFS"
    PART "Allow EFS to generate self-signed certificate when a Certificate Authority is not available" CHECKBOX 
    VALUENAME "EfsOptions"
    VALUEON NUMERIC 4
    VALUEOFF NUMERIC 0
    END PART 
    END POLICY 
    END CATEGORY 
    END CATEGORY
  3. Efscustom.adm の次のフォルダーにテキスト ファイルを保存します。
    %windir%\Inf\
  4. メモ帳を終了します。
  5. グループ ポリシー オブジェクト エディターを開きます。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ gpedit.msc を使用して、し [OK].
  6. コンソール ツリーを検索します。 コンピューターの構成 \ 管理用テンプレート.
  7. で、 アクション メニューのポイント すべてのタスク]、し テンプレートの追加と削除.
  8. クリックしてください。 追加.
  9. オンにし、 Efscustom.adm 手順 3 で作成し、クリックするファイル ファイルを開く.
  10. クリックしてください。 閉じる.
  11. 探し [、次のポリシーを開きます。
    コンピューターの構成 \ 管理用の Templates\System\Public キーの Polices\Encrypted ファイル システム
  12. EFS が自己署名入りの証明書が生成されないようにするをクリックして、オフにするのには EFS が証明機関が使用できない場合、自己署名入りの証明書を生成するようにします。 チェック ボックスします。

関連情報

Microsoft Windows XP で同じの現象の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
912761Windows XP ベースのコンピューターで EFS ファイルを暗号化しようとすると暗号化ファイル システム (EFS) とは、自己署名入りの証明書に生成します。
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 930499 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseinter kbhotfixserver kbwinserv2003postsp2fix kbautohotfix kbmt KB930499 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:930499
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com