SoftGrid クライアントでアプリケーションを起動しようとするとエラー メッセージ:"エラー コード: xxxxxx-xxxxxx0A-20000194"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 930614 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft SoftGrid クライアントでアプリケーションを起動しようとします。ただし、試行は成功せずし、次のようなエラー メッセージが表示されます。
SoftGrid クライアントを起動できませんでした。 <application_name></application_name>.
システムのデータ ストアで要求されたパッケージが見つかりませんでした、または、サーバー上でこのパッケージに関連するファイルが見つかりませんでした。システムに次のエラー コードを報告してください。管理者。
エラー コード: xxxxxx xxxxxx0A 20000194
次のようなエントリが SoftGrid クライアント ログ ファイル (Sftlog.txt) が表示されます。

SoftGrid クライアントがストリームの URL に接続できませんでした '<protocol></protocol>://<server_name></server_name>:<port></port>/<path></path>/<file name=""></file>.sft' (FS 状態: xxxxxx0A 20000194)。
クライアントが、SoftGrid サーバー (rc xxxxxx0A-20000194) に接続できませんでした。

次のようなエントリが SoftGrid 仮想アプリケーション サーバー ログ ファイル (Sft server.log) が表示されます。

"を 44808 できません。 <provider_policy></provider_policy>."
「開く 44811 できません。 <path></path>\<file name=""></file>.sft"。

原因

この現象は場合に発生することができます。 またはの次の条件に当てはまります。
  • SoftGrid 管理コンソールに追加されていません、SoftGrid 対応のアプリケーションを起動しようとしています。
  • .Osd ファイルで指定されるは .sft ファイル内のコンテンツのディレクトリ構造は存在しません。
  • パスまたは指定した .sft ファイル名、 Softricity ファイルの相対パスです。 エントリは無効です。
  • .Osd ファイルで指定されたプロバイダー ポリシーは存在しません。

解決方法

「原因」に記載されている各原因の解決策は次の情報を提供します。
  • SoftGrid 管理コンソールに追加されていません、SoftGrid 対応のアプリケーションを起動しようとしています。

    2 つの条件の下では、SoftGrid 管理コンソールに追加されていません、SoftGrid 対応のアプリケーションを正常に起動しようされます。
    • SoftGrid 対応のアプリケーションの .osd ファイルをダブルクリックします。
    • SoftGrid クライアントの構成から削除されています、SoftGrid 対応のアプリケーションのショートカットをダブルクリックします。

      SoftGrid クライアントの構成から、SoftGrid 対応のアプリケーションを削除すると、ショートカットは削除されません。SoftGrid クライアントの管理にはアプリケーションを追加すると、ショートカットを別の場所に手動でコピーする場合、ショートカットは削除されません。アプリケーションに後である場合、SoftGrid クライアントの管理が別の場所の認識していないし、ショートカットは削除されません。
  • .Osd ファイルで指定されるは .sft ファイル内のコンテンツのディレクトリ構造が存在しません。

    .Sft ファイル内のコンテンツのディレクトリ構造は存在しません。.Sft ファイルの .osd ファイルの CODEBASE 要素の HREF 属性で指定します。

    次のシナリオを検討してください。次の例に示すように .osd ファイルを構成します。
    HREF="rtsp://%SFT_SOFTGRIDSERVER%:554/Softricity/sft_ea70.v1.sft"
    次の例に示すように、コンテンツのディレクトリを構成します。
    [ファイル名の Files\Softricity\SoftGrid Server\content
    このシナリオでは、Microsoft SoftGrid アプリケーション起動できません、 sft_ea70.v1.sft Softricity サブディレクトリには、次のコンテンツのディレクトリ パスは、ファイルは存在しません。
    [ファイル名の Files\Softricity\SoftGrid Server\content\Softricity
    .
  • パスまたは「Softricity ファイルの相対パス」を指定した .sft ファイル名が正しくありません。

    Softricity ファイルの相対パスです。 のみ、コンテンツのディレクトリと .sft ファイル名のサブディレクトリを含める必要があります。たとえば、.sft ファイル名であります。 example.sft 内に存在する、 サンプル アプリケーション コンテンツのディレクトリのサブディレクトリ。タイプの Files\Softricity\SoftGrid Server\content、コンテンツのディレクトリである場合、 Softricity ファイルの相対パスです。 Applications\example.sft の例です。\\SERVERNAME\content は、コンテンツのディレクトリである場合、 Softricity ファイルの相対パスです。 例の Applications\example.sft のままです。

    相対パスにはのみがコンテンツ ディレクトリと .sft ファイル名のサブディレクトリが含まれていることを確認するには、次の手順を実行します。 手順。
    1. 管理ツールから SoftGrid 管理コンソールを起動します。
    2. 展開 SoftGrid システム<server_name> </server_name>パッケージ <package version="" of="" the="" application="" that="" does="" not="" start=""> </package>.
    3. 起動せず、アプリケーションのパッケージ バージョンをダブルクリックします。
    4. いることを確認、 Softricity ファイルの相対パスです。 サブディレクトリ コンテンツのディレクトリと .sft ファイル名にはだけが含まれます。
  • .Osd ファイルで指定されたプロバイダー ポリシーは存在しません

    プロバイダー ポリシーは、 ?ユーザー = 指定が存在しません。このプロバイダーのポリシーが .osd ファイルの CODEBASE 要素の HREF 属性で指定されて

    次のシナリオを検討してください。既定プロバイダーおよび匿名というカスタム プロバイダー ポリシーなどの複数のプロバイダー ポリシー SoftGrid 環境を持っています。さらに、匿名のプロバイダー ポリシーを使用して、.osd ファイルを構成する必要があります。このシナリオでは。.Osd ファイルの CODEBASE 要素の HREF 属性を次の例のように必要があります。
    HREF="rtsp://%SFT_SOFTGRIDSERVER%:554/Softricity/sft_ea70.v1.sft?顧客匿名"
    プロバイダー ポリシーの名前、次かどうか ?ユーザー = 存在しない、Microsoft SoftGrid アプリケーションを開始できません。
使用条件の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/tou/

プロパティ

文書番号: 930614 - 最終更新日: 2012年7月9日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SoftGrid for Terminal Services
  • Microsoft SoftGrid for Windows Desktops
キーワード:?
kbexpertiseinter kbtshoot kbmt KB930614 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:930614
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com