Windows Vista ベースのコンピュータまたは Windows Server 2008 ベースのコンピュータで、更新済みのプロセッサ情報がデバイス マネージャに表示されない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 930861 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows Vista ベースのコンピュータまたは Windows Server 2008 ベースのコンピュータのプロセッサ (CPU) を、類似したモデルのプロセッサに物理的に交換した後、デバイス マネージャの [プロセッサ] の下に古いプロセッサの情報が引き続き表示されることがあります。Windows Vista の場合、コントロール パネルの [システムとメンテナンス] の [ウェルカム センター] には、更新済みのプロセッサ情報が正しく表示されます。

原因

この問題は、新しいプロセッサが取り付けられたことがシステムで検出されないことが原因で発生します。

デバイス マネージャでは、レジストリ文字列を読み取ってプロセッサ情報を表示します。このレジストリ文字列は、プロセッサ ドライバのインストール時に、プロセッサによって設定されます。新しいプロセッサが取り付けられたことがシステムで検出されないため、システムでは新しいプロセッサ ドライバがインストールされません。したがって、レジストリ文字列は更新されず、デバイス マネージャでは以前のプロセッサのレジストリ文字列情報が読み取られます。

この問題は、プロセッサを以前のプロセッサに類似した別のプロセッサに物理的に交換した場合に、プロセッサ ドライバのクラス インストーラがシステムで起動されない可能性があることが原因で発生します。この問題が発生すると、デバイス マネージャの [プロセッサ] の下に表示されるプロセッサの説明が更新されないことがあります。これは表面的な問題であるため、コンピュータのパフォーマンスには影響を与えません。

解決方法

デバイス マネージャの [プロセッサ] の下に表示されるプロセッサの説明を更新して、正しいプロセッサが表示されるようにするには、次のいずれかの方法を実行します。

方法 1 : プロセッサを削除する

デバイス マネージャを使用してプロセッサを削除した後、コンピュータを再起動します。コンピュータが再起動されると、システムでプロセッサが検出され、ドライバが再インストールされます。プロセッサを削除するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに Devmgmt.msc と入力して、[Devmgmt.msc] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  2. デバイス マネージャで、[プロセッサ] を展開します。
  3. 表示されている各プロセッサを右クリックし、[削除]、[OK] の順にクリックします。

    : [プロセッサ] に複数のプロセッサが表示されている場合は、すべてのプロセッサを削除するまで、コンピュータを再起動するオプションをキャンセルしてください。
  4. すべてのプロセッサを削除した後、コンピュータを再起動します。
  5. コンピュータが再起動されると、プロセッサ ドライバが再インストールされます。コンピュータでのプロセッサ ドライバのインストール完了後に、コンピュータの再起動を求めるメッセージが表示された場合は、もう一度再起動します。コンピュータの再起動後、デバイス マネージャの [プロセッサ] の下に正しいプロセッサの情報が表示されます。

方法 2 : プロセッサ ドライバを再インストールする

デバイス マネージャを使用してプロセッサ ドライバを再インストールした後、コンピュータを再起動します。 これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[検索の開始] ボックスに Devmgmt.msc と入力して、[Devmgmt.msc] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  2. デバイス マネージャで、[プロセッサ] を展開し、表示されている 1 番目のプロセッサをダブルクリックします。
  3. [ドライバ] タブをクリックします。
  4. [ドライバの更新] をクリックします。
  5. [コンピュータを参照してドライバ ソフトウェアを検索します] をクリックします。
  6. [コンピュータ上のデバイス ドライバの一覧から選択します] をクリックします。
  7. [モデル] の下で、プロセッサの製造元の名前が含まれているプロセッサをクリックします。たとえば、Intel、AMD、VIA、またはそれ以外の製造元に対応するプロセッサをクリックします。[次へ] をクリックします。
  8. [閉じる] をクリックします。
  9. [プロセッサ] の下に表示されている各プロセッサについて、手順 2. 〜 8. を繰り返します。
  10. コンピュータを再起動します。コンピュータの再起動後、デバイス マネージャの [プロセッサ] の下に正しいプロセッサの情報が表示されます。

詳細

この情報は、プロセッサを類似したプロセッサに物理的に交換した場合にのみ適用されます。マザーボードも一緒に交換した場合には、この情報は適用されません。

Windows Vista でプロセッサの種類やバージョンを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスにウェルカム センターと入力して、[プログラム] ボックスの一覧で [ウェルカム センター] をクリックします。管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。
  2. [ウェルカム センター] の上部で、組み込まれているプロセッサの種類に関する情報を確認します。
Sysprep ツールを使用してオペレーティング システムのイメージを複数のコンピュータに展開する予定がある場合は、コマンド プロンプトで Sysprep /generalize と入力し、Enter キーを押します。このコマンドにより、システム固有の情報が削除されます。たとえば、一意なセキュリティ ID (SID) およびその他のハードウェア固有の設定がイメージから削除されます。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
302577 Sysprep ツールを使用して Windows XP の展開を自動化する方法

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 930861 - 最終更新日: 2008年9月29日 - リビジョン: 5.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
キーワード:?
kbnofix kbbug kbtshoot kbexpertiseinter KB930861
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com