デバッグの診断 1.1 ツールが利用可能になりました

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 931370
?
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Debug Diagnostics 1.1 ツールの可用性と機能について説明します。さらに、この資料を分析し、アプリケーションの問題を解決するには、Debug Diagnostics 1.1 ツールを使用する方法を説明します。

はじめに

Debug Diagnostics 1.1 ツールは、Win32 ユーザー モードのプロセスでのパフォーマンスの問題を解決するために設計されています。たとえば、Debug Diagnostics 1.1 ツール、応答を停止 (ハング) やクラッシュ、パフォーマンスの低下、メモリ リークまたはメモリの断片化の問題があるアプリケーションの問題を解決できます。Debug Diagnostics 1.1 ツールでは、Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) のアプリケーション、Web データ アクセス コンポーネント、Microsoft COM + アプリケーション、および関連するマイクロソフトのテクノロジ用のスクリプトのデバッグも含まれています。

デバッグの診断ツール (DebugDiag) バージョン 1.2 が使用可能になりました。デバッグの診断ツールのバージョン 1.2 を取得するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
デバッグの診断ツールのバージョン 1.2
Diagnostics 1.0 のデバッグ ツールは、IIS 診断の Toolkit 1.0 の一部として、またはスタンドアロンのツールとして利用可能です。

詳細

Debug Diagnostics 1.1 ツールは、拡張可能なオブジェクト モデルを提供するのに Microsoft コンポーネント オブジェクト モデル (COM) オブジェクトを使用します。Debug Diagnostics 1.1 ツールには、スクリプト ホストと組み込みレポート フレームワークが含まれます。

Debug Diagnostics 1.1 ツールのコンポーネント

デバッグ サービス

デバッグ サービス (Dbghost.exe) は、次の操作を実行します。
  • ホストに接続し、ホストで実行中のプロセスをデタッチします。
  • パフォーマンス モニター データを収集します。
  • サーバーに接続し、 HttpStatusCode列挙体を使用して、サーバーの状態を確認します。この操作では、HTTP ping とも呼ばれます。
  • 実行中のプロセスでメモリ リークの監視
  • デバッグ セッションの状態情報の収集
  • 各定義済みのルールの状態を示しています。

デバッガー ホスト

デバッガー ホスト (Dbghost.exe) は、Windows シンボリック デバッガー エンジン (Dbgeng.dll) をホストします。デバッガー ホスト Windows シンボリック デバッガー エンジンにプロセスをアタッチし、メモリ ダンプを生成します。デバッガー ホストはメモリ ダンプを分析するのに使用されるプライマリ モジュールもホストします。

デバッガーのホストは、デバッグ診断サービス (Dbgsvc.exe) に依存しません。

ユーザー インターフェイス

Debug Diagnostics 1.1 ツールのユーザー インターフェイス (Debugdiag.exe および Debugdiaganalysisonly.exe) は、メモリ ダンプを分析するために使用するインタ フェース制御スクリプトの作成を自動化し、実行中のプロセスのステータスを表示です。これらのプロセスには、サービスが含まれます。

Debug Diagnostics 1.1 ツールには、3 つのビューが含まれます。
  • ルール
    ウィザードを使用して、デバッガー ホストでコントロールのスクリプトを作成するのには
  • 高度な分析
    ダンプ ファイルの 1 つまたは複数のメモリ上の選択した解析スクリプトを実行します。
  • プロセス
    プロセスとスクリプトの実行のステータスを表示します。

Debug Diagnostics 1.1 ツールを使用する方法

Debug Diagnostics 1.1 ツールを開始する前に、発生している問題の種類を識別する必要があります。たとえば、アプリケーションが応答を停止、クラッシュ、パフォーマンスの低下、またはメモリ リークが発生かどうかを決定します。問題の種類を確認した後、適切なデータを収集するには、Debug Diagnostics 1.1 ツールを構成できます。次に、決定し、問題の原因を解決するには、データを使用できます。

プロセスのクラッシュをデバッグします。

通常、プロセスのクラッシュは、プロセスまたはプロセス内で実行されているコードで未処理の例外が、プロセスを終了したことを示します。プロセスのクラッシュをデバッグするには、プロセスのクラッシュ ルールを作成します。Debug Diagnostics 1.1 ツールは、特定のプロセスに添付できます。Debug Diagnostics 1.1 ツールは、処理の例外や、プロセスが予期せず終了するカスタム ブレークポイントを監視します。クラッシュが発生すると、ルールで指定されているフォルダーには、メモリ ダンプ ファイルが作成されます。

クラッシュ ルールを作成する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
919789デバッグの診断ツールを使用してが予期せず停止する IIS プロセスのトラブルシューティングを行う方法

プロセスが応答を停止またはパフォーマンス低下の問題をデバッグします。

次の方法のいずれかを使用します。
方法 1: ハング ルールを作成します。
ハングの監視機能は、IIS プロセスのパフォーマンスの問題のトラブルシューティングを行うに設計されています。たとえば、Web アプリケーション内のページが読み込みに予想よりも長い時間が問題のトラブルシューティングを行うにハング ルールを作成することができますまたはまったく読み込まれません。

ハング ルールを作成し、プロセスを監視するための URL を指定すると、ping の間隔と応答のタイムアウト値も指定する必要があります。Debug Diagnostics 1.1 ツール要求はサーバーに構成された間隔で送信します。構成されたタイムアウトする前に、サーバーが応答しない場合は、指定されたプロセスのメモリ ダンプ ファイルが生成されます。

ハング ルールを作成する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
919791デバッグの診断ツールを使用して、iis プロセスの高い CPU 使用率のトラブルシューティング方法
方法 2: プロセスのメモリ ダンプ ファイルを手動で作成します。
プロセスが応答を停止またはパフォーマンスの低下と、メモリ ダンプ ファイルを手動で作成できます。プロセスのメモリ ダンプ ファイルを手動で作成するには、プロセス内を右クリックし、 プロセス ビューをクリックし. フル Userdump を作成します。.

デバッグのメモリまたはハンドルの使用量

次の方法のいずれかを使用します。
方法 1: リーク ルールを作成します。
プロセスに対してリーク ルールを作成すると、Leaktrack.dll ファイル、プロセス メモリの使用状況を追跡し、ハンドルに注入されます。メモリ リーク ルールやハンドル リーク ルールを構成すると、時間やメモリの使用量を基にメモリ ダンプ ファイルを生成するには、Debug Diagnostics 1.1 ツールを構成できます。
方法 2: メモリ ダンプ ファイルを手動で作成します。
これを行うには、プロセス内を右クリックし、 プロセス ビューをクリックし. リークの監視.プロセスが問題のサイズを増加すると、プロセスを右クリックしをクリックしてください フル Userdump を作成します。.

メモリとハンドル リーク ルールを作成するには、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックする方法の詳細については。
919790IIS プロセスでメモリ リークをトラブルシューティングするのには、IIS のデバッグの診断ツールを使用する方法

メモリ ダンプ ファイルを分析します。

Debug Diagnostics 1.1 ツールは、メモリ ダンプ ファイルを分析し、分析を含むレポート ファイルを生成できます。さらに、レポート ファイルには、特定された問題を解決するには、推奨事項が含まれます。

Debug Diagnostics 1.1 ツールは、プロセスのダンプ ファイルを分析するのに分析スクリプトを使用します。次の解析用スクリプトは、最も頻繁に使用されます。
  • クラッシュとハング アナライザー
    クラッシュ/ハング スクリプト、クラッシュが検出された場合は、例外情報をダンプ ファイルを分析します。クラッシュ/ハングのスクリプトも、ハング状態になることがわかっている問題のダンプ ファイルを分析します。このスクリプトには、IIS、Microsoft データ アクセス コンポーネント、COM +、および、プロセスに関連付けられている Windows ソケットの情報が含まれています。
  • メモリ圧迫のアナライザー
    メモリ不足解析用スクリプトは、プロセスのメモリ使用状況を分析して、Leaktrack.dll ファイルによって収集されたデータが表示されます。

プロパティ

文書番号: 931370 - 最終更新日: 2012年5月7日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbwebserver kbmt KB931370 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:931370
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com