スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネントを含む SQL Server 2005 の統合サービス パッケージを実行することができない場合があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 931846
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft SQL Server 2005 では、スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネントを含む SQL Server 2005 の統合サービス (SSIS) パッケージを実行できない場合があります。さらに、スクリプトを編集しようとすると、スクリプトは正しく動作せず。この問題は、次のオペレーティング システムのいずれかを実行しているコンピューターで発生します。
  • Windows Vista
  • Microsoft がありましたが、Windows オペレーティング システムです。NET Framework 2.0 の修正プログラム インストール 2.0.50727.832 の構築より
これらのコンポーネントと相互運用する方法の概要については、「関連情報」セクションを参照してください。

たとえば、次の条件に該当する場合この問題が発生します。
  • SSIS 開発ツールは、Windows Vista ベースのコンピューターにインストールします。また、されている Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューターで、SSIS の開発ツールをインストールします。NET Framework への修正プログラム インストール 2.0.50727.832 の構築より遅れています。
  • SQL Server ビジネス インテリジェンス開発 Studio を使用して作成または SSIS パッケージを編集します。
  • SSIS パッケージには、スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネントを編集したり、作成してください。
  • コンピューターまたは同様の構成を持つ他のコンピューター上でパッケージを実行しようとしました。
次の使用例では、スクリプトの変更を保存しようとすると、スクリプト エディター正しく機能しない可能性があります。 またはエラー メッセージを生成可能性があります。さらに、SSIS エンジン スクリプトが含まれているパッケージを実行できない場合があります。ただしを実行するか、同じパッケージには、Windows Vista が実行されていないまたはがありませんが、コンピューターが正常に編集できないことがありますが。NET Framework 2.0 への修正プログラム インストール 2.0.50727.832 の構築より遅れています。

この問題が発生すると、次の現象が発生する可能性があります。
  • 既存の SSIS パッケージを実行しようとすると、実行が失敗する可能性がありますとスクリプト タスクが含まれています、次のエラー メッセージが表示されます。
    スクリプト ファイルの読み込みに失敗しました
  • スクリプト コンポーネントを含む既存の SSIS パッケージを実行しようとすると、実行"NullReferenceException"エラー メッセージで失敗します。
  • 新しいスクリプトを作成するか、マイクロソフトの Visual Studio のアプリケーション (VSA) スクリプト環境を閉じた後に、既存のスクリプトを編集すると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
    タスクとコンポーネントはスクリプトをプリコンパイルするように構成されてがバイナリ コードが見つかりません
  • スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネントでは、コードにブレークポイントを設定します。スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネントをデバッグすると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
    スクリプト ファイルの読み込みに失敗しました
    警告: 0x8001902
    型 'System.Runtime.InteropServices.COMException' の例外が Microsoft.VisualBasic.Vsa.dll で発生しましたが、ユーザーのコードでは処理されませんでした。
    追加情報: {A138CF39-2CAE-42C2-ADB3-022658D79F2F} の CLSID を持つコンポーネントの COM クラス ファクトリを取得、次のエラーのために失敗しました: 80040154。
    メモ この問題を解決するには場合に、以下の Knowledge Base の資料に記載されている修正プログラムのインストールのバージョンの。NET Framework 2.0 2.0.50727.832 の構築より前です。
    928208 FIX アプリケーション Visual Basic の実行時に、Visual Studio を使用してカスタム アプリケーション マクロをコンパイルする、またはマクロを実行できない場合があります。
メモ SQL Server 2005 Service Pack 1 (SP1) がインストールされているかどうかに関係なく、このような現象が発生します。

原因

最近の変更では、共通言語ランタイム (CLR) ワークステーション ランタイム (Mscorwks.dll) のためのマイクロソフトのビルドで発生します。NET Framework 2.0 2.0.50727.832 より。変更は、VSA と SSIS を使用して、Microsoft Visual Basic のランタイム エンジン (Vsavb7rt.dll) のバイナリ互換性に関する問題について説明します。この問題が正しく、マクロのコンパイル中に生成からのアセンブリをできなくなります。この問題は、コンパイルされたスクリプトを実行するのにが含まれている既存のパッケージが発生します。

VSA の特定デザイン時の操作も影響を受けます。たとえば、コンパイラは VSA をデザイン時に使用すると、一般的な中間言語 (CIL) を生成できないことがあります。

解決方法

この問題を解決するには、お客様のニーズに基づき、以下の方法のいずれかを使用します。

メモ 次のメソッドは、SSIS を実行しているコンピューターで適用できる修正プログラムについて説明します。各これらの修正プログラムと同じ機能を提供することに注意してください。唯一の違いは、特定の SQL Server 2005 のバージョンに応じて各修正プログラム パッケージ化されていることです。

方法 1

メモ この問題を解決するのにはこのメソッドを使用することをお勧めします。

SQL Server 2005 の Service Pack 2 (SP2) をインストールします。 SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法

方法 2

メモ 次の条件に該当する場合、このメソッドを使用します。
  • SQL Server 2005 SP2 をインストールするのにはしません。
  • SQL Server 2005 SP1 をインストールします。
  • SQL Server 2005 SP1 に基づくは、修正プログラムを適用していません。
  • SQL Server 2005 の現在のビルド 2047年です。
次の Microsoft Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを適用します。
932555 FIX SQL Server 2005 ビルド 2047年で SSIS パッケージを実行すると、スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネント正しく動作可能性がありますいません。

方法 3

メモ 次の条件に該当する場合、このメソッドを使用します。
  • SQL Server 2005 SP2 をインストールするのにはしません。
  • SQL Server 2005 SP1 をインストールします。
  • SQL Server 2005 SP1 を基に、修正プログラムを適用します。
  • SQL Server 2005 の現在のビルド 2047 より後です。
次の Microsoft Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを適用します。
931593 FIX ビルド 2153年以降 SQL Server 2005 で SSIS パッケージを実行すると、スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネント正しく動作可能性がありますいません。

方法 4

メモ 次の条件に該当する場合、このメソッドを使用します。
  • SQL Server 2005 SP2 をインストールするのにはしません。
  • SQL Server 2005 のリリース バージョン実行しています。
  • SQL Server 2005 のリリース バージョンに基づいている、修正プログラムを適用していません。
  • 現在の SQL Server 2005 ビルド 1399年です。
次の Microsoft Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを適用します。
932556 FIX ビルド 1500年およびそれ以降のビルド SQL Server 2005 で SSIS パッケージを実行すると、スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネント正しく動作可能性がありますいません。

方法 5

メモ 次の条件に該当する場合、このメソッドを使用します。
  • SQL Server 2005 SP2 をインストールするのにはしません。
  • SQL Server 2005 のリリース バージョン実行しています。
  • SQL Server 2005 を基に、修正プログラムを適用しています。
  • 現在の SQL Server 2005 ビルド 1399 より後です。
次の Microsoft Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを適用します。
932557 FIX SQL Server 2005 ビルド 1399年に SSIS パッケージを実行すると、スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネント正しく動作可能性がありますいません。
これらのメソッドのいずれかを使用するの Knowledge Base の次の資料に記載されている問題が発生する続行可能性があります。
928208 FIX アプリケーション Visual Basic の実行時に、Visual Studio を使用してカスタム アプリケーション マクロをコンパイルする、またはマクロを実行できない場合があります。
ここでは、Microsoft Knowledge Base 資料 928208 の場合に記載されている修正プログラムのバージョンを適用をします。NET Framework 2.0 2.0.50727.832 の構築より前です。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

さまざまなオペレーティング システムとハードウェア ・ プラットフォームと場合に発生がします。NET Framework 2.0 の修正プログラムがインストールされます。このような場合の詳細については、ここに記載されている修正プログラムを適用可能性のある問題のやすくの説明を次に示します。

説明 1

次の要件を満たすすべてのコンピューターは、影響を受けずに動作を続行します。
  • Windows オペレーティング システムが Windows Vista を実行しているコンピューター
  • コンピューターにします。NET Framework 2.0 の修正プログラム 2.0.50727.832 の構築よりも後でインストールされていません
さらに、SSIS パッケージが正常に実行されます。

説明 2

スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネントが含まれていないすべての SSIS パッケージが正しく実行されます。

説明 3

コードをプリコンパイルしませんを選択した場合は、正しく実行するのには、スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネントが含まれている SSIS パッケージを続行します。

メモ このシナリオは、64 ビット プラットフォームでは不可能です。64 ビット プラットフォームでは、JIT に基づいてコードをコンパイルするコンパイラ ツールはありません。

説明 4

既定では。NET Framework 2.0 の修正プログラムは、Windows Vista を実行している任意のコンピューター上のオペレーティング システムと共にインストールされます。この資料に記載されている修正プログラムをインストールすることによってこの問題を解決することができます。

説明 5

64 ビット プラットフォームでは、スクリプト タスクまたはスクリプト コンポーネントが含まれているすべての SSIS パッケージを実行できません。この資料に記載されている修正プログラムをインストールすることによってこの問題を解決することができます。唯一の回避策がコンピューター上のすべてのスクリプトを手動で再コンパイルするには。NET Framework 2.0 の修正プログラムをインストールします。この手順は、CIL コードが生成され、同じバージョンの VSA のによって消費されることを保証します。このため、バイナリの互換性はありません。

説明 6

Windows Vista 以外の Windows オペレーティング システムを実行しているすべてのコンピューターで、SSIS インフラストラクチャが実行されない、スクリプトを再コンパイルしようとします。これは true である場合でも。NET Framework 2.0 の修正プログラムがインストールされていません。ほとんどの場合、手動での介入なしに実行するのには、SSIS パッケージを続行します。再コンパイルのオーバーヘッドのためには、非常に小規模なパフォーマンス低下があります。低下は 1% 未満です。SQL Server 2005 SP2、SSIS 修正プログラムをインストールすると、パッケージは CIL コードを実行するのには、継続的な障害がある場合にバイナリ互換性の問題を解決するための手順に従います。ただし、パッケージのログ ファイルとコンソールに関する問題が発生、次のエラー メッセージのいずれかまたは、次の警告メッセージのいずれかのあります。

警告メッセージ 1

プリコンパイル済みのスクリプトをロードできませんでした。スクリプトを更新されたデータを再読み込みしようとしています。詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料で、KB931846 を参照してください (http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 81885 =)

警告メッセージ 2

プリコンパイル済みのスクリプトをロードできませんでした。再コンパイルしようとしています。詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料で、KB931846 を参照してください (http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 81885 =)

警告メッセージ 3

プリコンパイル済みのスクリプトをロードできませんでした。スクリプトを更新されたデータを再読み込みしようとしています。詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料で、KB931846 を参照してください (http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 81885 =)

エラー メッセージ 1

スクリプト可能性がありますが再コンパイルまたは実行しない: {0} します。 詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料で、KB931846 を参照してください (http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 81885 =)

エラー メッセージ 2

プリコンパイル済みのスクリプトをロードできませんでした。スクリプト コンポーネントを実行しているコンピューターのスクリプトを再コンパイルできるコンパイラはありません。スクリプトを再コンパイルするには、Microsoft Knowledge Base の資料で、KB931846 を参照してください (http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 81885 =)

エラー メッセージ 3

プリコンパイル済みのスクリプトをロードできませんでした。スクリプト タスクを実行しているコンピューターのスクリプトを再コンパイルできるコンパイラはありません。スクリプトを再コンパイルするには、Microsoft Knowledge Base の資料で、KB931846 を参照してください (http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 81885 =)

SSIS と VSA の概要

SSIS 開発者が複数のスクリプト タスクを使用することができ、カスタム ワークフローと変換ロジックを有効にするのには、SSIS パッケージ内のスクリプトを変換します。これらのコンポーネントで使用される、基盤となるテクノロジーは、VSA です。開発者は実行時にスクリプトを使用してし、VSA IDE を起動、カスタム Visual Basic 2005年コード、開発者ことができます。IDE を閉じると、Visual Basic のコードは、CIL コードの形式に自動的にプリコンパイル済みです。

メモ CIL は、以前 Microsoft 中間言語 (MSIL) と呼ばれていました。

パッケージの構造とその他のパッケージの詳細には、Visual Basic のソースコードと、CIL コードの両方が保存されます。デバッグ時や展開のシナリオでは、パッケージが実行されると、パッケージには CIL コードは、VSA エンジンに送信し、実行です。

メモ この操作は表示されません。一般に、このプロトコルの対応はできません。

CIL コードをスクリプトごとにプリコンパイルされていないすることもできます。この例では、Visual Basic のソースコード パッケージにのみ保存され、CIL コードは保存されません。実行時に、VSA が CIL コードで保存されていない、ソース コードに動的にコンパイルします。その後、VSA 以前に記述されたメソッドを使用して次の CIL コードを実行します。ただし、VSA の特定のコンパイル コンポーネントは 64 ビットのコンピューターでサポートされています。したがって、自動コンパイル手順は、64 ビット環境で失敗します。この問題を回避する唯一の方法は、常に 64 ビット展開の場合はスクリプトをプリコンパイルすることいることを確認することです。

Microsoft SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアのリリース後のソフトウェア修正は、Microsoft を使用している用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 931846 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbbug kbprb kbmt KB931846 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:931846
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com