Office XML ファイル形式と、コンポーネントのパッケージ化を使用する方法、します。簡単な Excel 2007 ブックまたは単純な Word 2007 文書を作成するのには、NET Framework 3.0

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 931866
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Office XML を使用する方法についてを説明しますファイル形式と、マイクロソフトからのコンポーネントのパッケージ化します。NET Framework 3.0単純な Microsoft Office の Excel 2007 ブックや、単純な Microsoft Office を作成するにはWord 2007 の文書です。

詳細

ここで紹介するコード例を新規の Excel を作成します。ブックまたは Excel 2007、または Word 2007 を自動化することも、"Hello World"というテキストを含む新しい Word 文書を使用します。

クライアントの要件

  • Microsoft Visual Studio 2005年または Microsoft Visual C#2005
  • します。NET Framework 3.0
  • Visual Studio 2005年の拡張で、します。NET Framework3.0
  • Excel 2007 または Word2007

ステップ バイ ステップの例

Windows ベースのアプリケーションを作成します。

  1. Visual Studio 2005年または Visual C# 2005年を起動します。
  2. 新しいの Visual C# Windows アプリケーションを作成します。
  3. Windowsbase.dll アセンブリへの参照を追加します。

    メモ Windowsbase.dll への参照が表示されない場合は、 .NET タブは、 参照を追加します。 ダイアログ ボックスをクリックして、 参照 検索タブで、C:\Program Files\Reference assemblies\Microsoft\Framework\v3.0 フォルダーをしをクリックして、 WindowsBase.dll.
  4. Visual Studio をクリックします。コード で、 ビュー [コード] ビューを切り替えるには、[メニュー] をクリックします。
  5. 次のディレクティブを追加、 Form1 クラスです。
    	
    	using System.Xml;
    	using System.IO;
    	using System.IO.Packaging;
    
    

Excel ブックを作成するコードを追加します。

  1. Visual Studio をクリックします。デザイナー で、 ビュー メニューのフォームのデザイン ビューに切り替えるには。
  2. 追加します。 ボタン Windows フォームに制御します。設定は、 テキストボタンのプロパティ Excel ブックを作成します。.
  3. ダブルクリック、 ボタン コントロールを生成するのにはbutton1_Click イベント ハンドラーです。
  4. 次のコード例を追加、button1_Click イベント ハンドラーです。新しいイベント ハンドラーのコードを次のコード例のようになります。
    	private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
            {
                //Create the XML documents.
                XmlDocument workbookDoc = null;
                workbookDoc = CreateExcelXML("workbook");
    
                XmlDocument worksheetDoc = null;
                worksheetDoc = CreateExcelXML("worksheet");
    
                XmlDocument sharedstringsDoc = null;
                sharedstringsDoc = CreateExcelXML("sharedstrings");
    
                //Create the Excel package.
                Package xlPackage = null;
                xlPackage = CreateExcelWorkbookPackage("HelloWorld.xlsx");
    
                //Add the parts to the Excel package.
                if (xlPackage != null)
                {
                    //Add the workbook part.
                    AddExcelPart(xlPackage, "workbook", workbookDoc);
    
                    //Add the worksheet part.
                    AddExcelPart(xlPackage, "worksheet", worksheetDoc);
    
                    //Add the sharedstrings part.
                    AddExcelPart(xlPackage, "sharedstrings", sharedstringsDoc);
    
                }
    
                //Save the changes, and then close the package.
                if (xlPackage != null)
                {
                    xlPackage.Flush();
                    xlPackage.Close();
                }
    
                MessageBox.Show("Successfully created Excel workbook");
            }
    
  5. 次のコード例を追加、 Form1 クラスです。このコード例を作成し、XML コンポーネントを挿入、Excel のワークシートが含まれています。
    	  private XmlDocument CreateExcelXML(string partType)
            {
                switch (partType)
                {
                    case "workbook":
                        //Create a new XML document for the workbook.
                        XmlDocument workbookDoc = new XmlDocument();
    
                        //Obtain a reference to the root node, and then add
                        //the XML declaration.
                        XmlElement wbRoot = workbookDoc.DocumentElement;
                        XmlDeclaration wbxmldecl = 
    					workbookDoc.CreateXmlDeclaration
    					("1.0", "UTF-8", "yes");
                        workbookDoc.InsertBefore(wbxmldecl, wbRoot);
    
                        //Create and append the workbook node
                        //to the document.
                        XmlElement workBook = 
    					workbookDoc.CreateElement("workbook");
                        workBook.SetAttribute("xmlns",
                            "http://schemas.openxmlformats.org/" +
                            "spreadsheetml/2006/main");
                        workBook.SetAttribute("xmlns:r",
                            "http://schemas.openxmlformats.org/officeDocument/" +
                            "2006/relationships");
                        workbookDoc.AppendChild(workBook);
    
                        //Create and append the sheets node to the 
                        //workBook node.
                        XmlElement sheets = workbookDoc.CreateElement("sheets");
                        workBook.AppendChild(sheets);
    
    
                        //Create and append the sheet node to the 
                        //sheets node.
                        XmlElement sheet = workbookDoc.CreateElement("sheet");
                        sheet.SetAttribute("name", "Sheet1");
                        sheet.SetAttribute("sheetId", "1");
      sheet.SetAttribute("id",
    				"http://schemas.openxmlformats.org/" +
    				"officeDocument/2006/relationships","rId1");
                        sheets.AppendChild(sheet);
    
                        return workbookDoc;
    
                    case "worksheet":
                        //Create a new XML document for the worksheet.
                        XmlDocument worksheetDoc = new XmlDocument();
    
                        //Get a reference to the root node, and then add
                        //the XML declaration.
                        XmlElement wsRoot = worksheetDoc.DocumentElement;
                        XmlDeclaration wsxmldecl = 
                            worksheetDoc.CreateXmlDeclaration("1.0", 
    "UTF-8", "yes");
                        worksheetDoc.InsertBefore(wsxmldecl, wsRoot);
    
    
                        //Create and append the worksheet node
                        //to the document.
                        XmlElement workSheet = 
    					worksheetDoc.CreateElement("worksheet");
                        workSheet.SetAttribute("xmlns",
                            "http://schemas.openxmlformats.org/" +
                            "spreadsheetml/2006/main");
                        workSheet.SetAttribute("xmlns:r",
                            "http://schemas.openxmlformats.org/" +
                            "officeDocument/2006/relationships");
                        worksheetDoc.AppendChild(workSheet);
                                           
                        //Create and add the sheetData node.
                        XmlElement sheetData = 
    					worksheetDoc.CreateElement("sheetData");
                        workSheet.AppendChild(sheetData);
    
                        //Create and add the row node. 
                        XmlElement rNode = worksheetDoc.CreateElement("row");
                        rNode.SetAttribute("r", (1).ToString());
                        rNode.SetAttribute("spans", "1:1");
                        sheetData.AppendChild(rNode);
    
                        //Create and add the column node.
                        XmlElement cNode = worksheetDoc.CreateElement("c");
                        cNode.SetAttribute("r", "A1");
                        cNode.SetAttribute("t", "s");
                        rNode.AppendChild(cNode);
    
                        //Add the "Hello World" text to the worksheet.
                        XmlElement vNode = worksheetDoc.CreateElement("v");
                        vNode.InnerText = "0";
                        cNode.AppendChild(vNode);
    
                        return worksheetDoc;
                        
                    case "sharedstrings":
                        //Create a new XML document for the sharedStrings.
                        XmlDocument sharedStringsDoc = new XmlDocument();
    
                        //Get a reference to the root node, and then add
                        //the XML declaration.
                        XmlElement ssRoot = sharedStringsDoc.DocumentElement;
                        XmlDeclaration ssxmldecl =
                            sharedStringsDoc.CreateXmlDeclaration("1.0", 
    "UTF-8", "yes");
                        sharedStringsDoc.InsertBefore(ssxmldecl, ssRoot);
    
                        //Create and append the sst node.
                        XmlElement sstNode = 
    					sharedStringsDoc.CreateElement("sst");
                        sstNode.SetAttribute("xmlns", 
    					"http://schemas.openxmlformats.org/" +
                            "spreadsheetml/2006/main");
                        sstNode.SetAttribute("count", "1");
                        sstNode.SetAttribute("uniqueCount", "1");
                        sharedStringsDoc.AppendChild(sstNode);
    
                        //Create and append the si node.
                        XmlElement siNode = sharedStringsDoc.CreateElement("si");
                        sstNode.AppendChild(siNode);
    
                        //Create and append the t node.
                        XmlElement tNode = sharedStringsDoc.CreateElement("t");
                        tNode.InnerText = "Hello World";
                        siNode.AppendChild(tNode);
    
                        return sharedStringsDoc;   
             
                    default:
                        return null;
                }
            }
    
            private Package CreateExcelWorkbookPackage(string fileName)
            {
                //Create a new Excel workbook package on the
                //desktop of the user by using the specified name.
                string desktopDir = System.Environment.GetFolderPath(
                            Environment.SpecialFolder.DesktopDirectory);
    
                Package xlPackage = Package.Open(desktopDir + "\\" + fileName,
                        FileMode.Create, FileAccess.ReadWrite);
    
                return xlPackage;
    
            }
    
            private void AddExcelPart(Package fPackage, string part, 
    XmlDocument xDoc)
            {
                switch (part)
                { 
                    case "workbook":
                        string nsWorkbook = "application/vnd.openxmlformats-" +
                                "officedocument.spreadsheetml.sheet.main+xml";
                        string workbookRelationshipType = 
    "http://schemas.openxmlformats.org/" +                            "officeDocument/2006/relationships/" +
    "officeDocument";
                        Uri workBookUri = PackUriHelper.CreatePartUri(new 
                                Uri("xl/workbook.xml",UriKind.Relative));
    
                        //Create the workbook part.
                        PackagePart wbPart =
                                fPackage.CreatePart(workBookUri, nsWorkbook);
    
                        //Write the workbook XML to the workbook part.
                        Stream workbookStream = 
                                wbPart.GetStream(FileMode.Create, 
    					FileAccess.Write);
                        xDoc.Save(workbookStream);
    
                        //Create the relationship for the workbook part.
                        fPackage.CreateRelationship(workBookUri,
                            TargetMode.Internal,
    workbookRelationshipType,"rId1");
    
                        break;
    
                    case "worksheet":
                        string nsWorksheet = "application/vnd.openxmlformats-" +
                                "officedocument.spreadsheetml.worksheet+xml";
                        string worksheetRelationshipType = 
    				"http://schemas.openxmlformats.org/" +
                            "officeDocument/2006/relationships/worksheet";
                        Uri workSheetUri = PackUriHelper.CreatePartUri(new
                              Uri("xl/worksheets/sheet1.xml",UriKind.Relative));
    
                        //Create the workbook part.
                        PackagePart wsPart =
                                fPackage.CreatePart(workSheetUri, nsWorksheet);
    
                        //Write the workbook XML to the workbook part.
                        Stream worksheetStream =
                                  wsPart.GetStream(FileMode.Create, 
    					FileAccess.Write);
                        xDoc.Save(worksheetStream);
    
                        //Create the relationship for the workbook part.
                        Uri wsworkbookPartUri = PackUriHelper.CreatePartUri(new 
                                Uri("xl/workbook.xml",UriKind.Relative));
                        PackagePart wsworkbookPart = 
    					fPackage.GetPart(wsworkbookPartUri);
                        wsworkbookPart.CreateRelationship(workSheetUri,
                                  TargetMode.Internal, 
    worksheetRelationshipType,"rId1");
                        
                        break;
    
                    case "sharedstrings":
                        string nsSharedStrings = 
    				"application/vnd.openxmlformats-officedocument" +
                            ".spreadsheetml.sharedStrings+xml";
                        string sharedStringsRelationshipType = 
    "http://schemas.openxmlformats.org" +                            "/officeDocument/2006/relationships/sharedStrings";
                        Uri sharedStringsUri = PackUriHelper.CreatePartUri(new
                              Uri("xl/sharedStrings.xml", UriKind.Relative));
    
                        //Create the workbook part.
                        PackagePart sharedStringsPart =                          						fPackage.CreatePart(sharedStringsUri,
    nsSharedStrings);
    
                        //Write the workbook XML to the workbook part.
                        Stream sharedStringsStream =
                                sharedStringsPart.GetStream(FileMode.Create,
    FileAccess.Write);
                        xDoc.Save(sharedStringsStream);
    
                        //Create the relationship for the workbook part.
                        Uri ssworkbookPartUri = PackUriHelper.CreatePartUri(new
                                Uri("xl/workbook.xml", UriKind.Relative));
                        PackagePart ssworkbookPart = 
    					fPackage.GetPart(ssworkbookPartUri);
                        ssworkbookPart.CreateRelationship(sharedStringsUri,
                                TargetMode.Internal, 
    					sharedStringsRelationshipType,"rId2");
    
                        break;
                }
            }
    
  6. プロジェクトを保存します。

Word 文書を作成するコードを追加します。

  1. Visual Studio をクリックします。デザイナー で、 ビュー メニューのフォームのデザイン ビューに切り替えるには。
  2. 別を追加します。 ボタン Windows フォームに制御します。設定は、テキスト ボタンのプロパティ Word 文書を作成します。.
  3. ダブルクリック、 ボタン コントロールを生成するのにはbutton2_Click イベント ハンドラーです。
  4. コードを追加して、button2_Click イベント ハンドラーを次のコード例のようになりますように。
    	private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
            {
                //Create the XML for the Word document.
                XmlDocument xDoc = null;
                xDoc = CreateDocumentXML("Hello World");
    
                //Create the Word document package.
                if (xDoc != null)
                {
                    bool hResult = CreateWordDocumentPackage("HelloWorld.docx",
    			 xDoc);
    
                    if (hResult == true)
                    {
                        MessageBox.Show("Successfully created Word document");
                    }
                }
            }
            
    
  5. 次のコード例を追加、 Form1 クラスです。このコード例を作成し、その単語を含む XML コンポーネントを挿入します。ドキュメント。
    	private XmlDocument CreateDocumentXML(string docText)
            {
                string nsWordML =
                      "http://schemas.openxmlformats.org/wordprocessingml" +
                      "/2006/main";
                
                //Create a new XML document.
                XmlDocument xDoc = new XmlDocument();
    
                //Create and add the document node.
                XmlElement docNode =
                   xDoc.CreateElement("w:document", nsWordML);
                xDoc.AppendChild(docNode);
    
                //Create and add the body node to the 
                //document node.
                XmlElement bodyNode = 
                    xDoc.CreateElement("w:body", nsWordML);
                docNode.AppendChild(bodyNode);
    
                //Create and add the wp node to the docNode.
                XmlElement wpNode =
                   xDoc.CreateElement("w:p", nsWordML);
                bodyNode.AppendChild(wpNode);
    
                //Create and add the wr node to the wpNode.
                XmlElement wrNode =
                   xDoc.CreateElement("w:r", nsWordML);
                wpNode.AppendChild(wrNode);
    
                //Create and add the wt node to the wrNode.
                XmlElement wtNode =
                   (XmlElement)xDoc.CreateNode(XmlNodeType.Element,
                   "w", "t", nsWordML);
                wrNode.AppendChild(wtNode);
    
                //Add the supplied text to the wtNode.
                wtNode.InnerText = docText;
    
                return xDoc;
            }
    
           private bool CreateWordDocumentPackage(string fileName, 
    XmlDocument xDoc)
            {
                try
                {
                    string docContentType = "application/vnd.openxmlformats-" +
                            "officedocument.wordprocessingml." +
                            "document.main+xml";
                    
                    string docRelationshipType = 
    				"http://schemas.openxmlformats.org" +
                            "/officeDocument/2006/relationships/" +
                            "officeDocument";
    
                    //Create a new package file on the desktop of the user by using
                    //the supplied file name.
                    string desktopDir = System.Environment.GetFolderPath(
                            Environment.SpecialFolder.DesktopDirectory);
    
                    Package pkg = Package.Open(desktopDir + "\\" + fileName, 
                          FileMode.Create, FileAccess.ReadWrite);
                    
                                
                    //Create a Uri for the document part.
                    Uri docPartURI = PackUriHelper.CreatePartUri(
                           new Uri("/word/document.xml", 
                           UriKind.Relative));
    
                    //Create the document part.
                    PackagePart pkgPart = 
    				pkg.CreatePart(docPartURI,docContentType);
    
                    //Add the data from XMLDocument to the document part.
                    Stream partStream = pkgPart.GetStream(
                        FileMode.Create, FileAccess.Write);
                       
                    xDoc.Save(partStream);
    
                    //Create a relationship between the document part
                    //and the package.
                    PackageRelationship pkgRelationship = 
                            pkg.CreateRelationship(docPartURI,
                            TargetMode.Internal,docRelationshipType, "rId1");
                    
                    
                    //Flush the changes, and then close the package.
                    pkg.Flush();
                    pkg.Close();
                    
                    return true;
    
                }
                catch (Exception ex)
                {
                    //Display a message to the user the indicates that an error
                    //occurred, and then return a result of false.
                    MessageBox.Show("An error occurred creating the document." +
                        " " + ex.Message,"Error Creating Document",
                        MessageBoxButtons.OK,MessageBoxIcon.Error);
                    return false;
                }
            }
    
  6. Visual Studio 2005 年にをクリックします。 デバッグを開始します。 で、 デバッグ メニューです。
  7. クリックしてください。 Excel ブックを作成します。.メッセージ ボックス示していますが、ブックが正常に作成されているが表示されます、HelloWorld.xlsx ファイルがデスクトップに作成されます。
  8. Excel 2007 でブックを開きます。通知Excel 2007 で、ブックを開く、 シート 1 ワークシートが含まれています、テキスト"Hello World"です。
  9. クリックしてください。 Word 文書を作成します。.メッセージ ボックス示していますが、ドキュメントが正常に作成されているが表示されます、HelloWorld.docx ファイルをデスクトップ上に作成します。
  10. Word 2007 の文書を開きます。通知ドキュメント内の単語を開くし、ドキュメントが含まれています。"Hello World"というテキストを使用します。

プロパティ

文書番号: 931866 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseinter kbmt KB931866 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:931866
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com