マイクロソフトの App-V (SoftGrid) シーケンスの Microsoft Office プログラムでは、Microsoft Windows 2000、Windows XP または Windows Server 2003 を使用するときに発生する可能性の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 931914
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

(SoftGrid) の App-V の Microsoft Windows 2000、Windows XP または Windows Server 2003 を実行しているコンピューター上の Microsoft Office プログラムのシーケンスを使用しようとすると、1 つ以上の次の問題が発生する可能性があります。
  • 問題 1: 管理者処理ウィザードの [ アプリケーションの起動画面を使用して、Microsoft Office プログラムを起動しようとすると、Office プログラムがクラッシュします。 Office アプリケーションと、App-V (SoftGrid) クライアント、シーケンサーで launced 場合。 イベント ログに次のイベントが表示されます。

    イベントの種類: エラー
    ソース : Application Error
    エラー イベントの分類: なし
    イベント ID: 1000年
    説明: アプリケーションの powerpnt.exe、エラー発生モジュール kernel32.dll、バージョン 5.1.2600.3119、エラー アドレス 0x00012a5b を。 バージョン 11.0.6564.0、エラー発生。。 詳細については、ヘルプとサポート センターを参照してください <http: go.microsoft.com/fwlink/events.asp="">.</http:>
    データ:
    0000: 41 70 70 6 c 69 63 61 74 Applicat
    0008: 69 6f 6e 20 46 61 69 6 c イオンが失敗します。
    0010: 72 75 65 20 20 70 6f 77 ure pow
    0018: 65 72 70 6e 74 2e 65 78 erpnt.ex
    0020: 65 20 31 31 2e 30 2e 36 電子 11.0.6
    0028: 35 34 36 2e 30 20 69 6e 564.0 で
    0030: 20 6b 65 72 6e 65 6 c 33 kernel3
    0038: 32 2e 64 6 c 6 c 20 35 2e 2. dll 5。
    0040: 31 2e 32 36 30 30 2e 33 1.2600.3
    0048: 31 31 39 20 61 74 20 6f o で 119
    0050: 66 66 73 65 74 20 30 30 ffset 00
    0058: 30 31 32 61 35 62 0 d 0a 012a5b

  • 問題 2: App-V (SoftGrid) クライアントでは、Microsoft Office プログラムを起動すると、ライセンス認証ウィザードが表示されます。
  • 問題 3: App-V (SoftGrid) クライアントでは、Microsoft Office プログラムを起動すると、次のエラー メッセージを受信しました。
    このアプリケーションはこのオペレーティング システムに構成されていません
  • 問題 4: とき、プログラムを起動する Office、App-V (SoftGrid) クライアントでは、Windows インストーラーダイアログ ボックスが表示されます。
  • 問題 5: と App-V (SoftGrid) クライアント上で Microsoft Office プログラムを起動、ブルー スクリーンに"0x000000C2"エラーがまたはクライアント ネットワーク-リダイレクトの Application Data ディレクトリのすべての開いているファイル ハンドルの使用
  • 問題 6: App-V (SoftGrid) クライアントでは最初に、Microsoft Office プログラムを起動すると、ユーザー名と頭文字の入力を求められない
  • 問題 7: App-V (SoftGrid) クライアントで Outlook を起動すると、次の Outlook のパフォーマンス カウンターのメッセージがイベント ログに記録されます。

    イベント ID: 3003
    種類: エラー
    ソース : LoadPerf
    説明: SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Perflib キーまたはことができませんが開いたカウンターの文字列をインストールするためにアクセスします。 コールが返した Win32 の状態は、データ セクションの最初の DWORD です。。

    イベント ID: 3009
    種類: エラー
    ソース : LoadPerf
    説明: でしたパフォーマンス カウンターの文字列は Outlook (Outlook) サービスをインストールします。 エラー コードはデータ セクションの最初の DWORD です。。

    イベント ID: 1000年
    種類: 情報
    ソース : LoadPerf
    説明: パフォーマンス カウンターは、Outlook (Outlook) サービスが正常に読み込まれました。 レコード データには、このサービスに割り当てられた新しいインデックス 値が含まれています。。

  • 問題 8: App-V (SoftGrid) クライアント上で Microsoft Office プログラムを終了しようとしました。 ただし、プログラムが完全に終了しません。
  • 問題 9: App-V (SoftGrid) シーケンサーから Softricity ファイルを保存すると、このファイルは数百 MB が予想よりも大きいです。

解決方法

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。。 ただし、レジストリを誤って変更すると重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。。 万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下サポート技術情報をクリックしてください。:
322756バックアップを作成し、Windows のレジストリを復元する方法

1 の問題の解決方法

この問題を解決するのには、シーケンサーを開始する前に 2 つのレジストリ値を設定します。 以下が手順例となります。:
  1. シーケンサーを終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。
  3. 次のレジストリ サブキーを開きます。:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Installer
    .
  4. 右クリックしインストーラー、ポイント新しい、[[DWORD 値.
  5. タイプDisableRollback、Enter キーを押します。
  6. 右クリックしDisableRollback、[変更.
  7. で、値のデータボックスに、入力1、[OK.
  8. 右クリックしインストーラー、ポイント新しい、[[DWORD 値.
  9. タイプMaxPatchCacheSize、Enter キーを押します。
  10. レジストリ エディターを終了します。
  11. シーケンサーを開始します。
  12. シーケンスを開き、いつものように、アップグレードを実行します。
この手順を実行すると、アップグレードが失敗する可能性があります、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
エラー 25090 です。 Office セットアップ プログラムに問題が、Office のソース エンジン、システム エラーが発生しました:-2147023836。 SETUP.CHM を開きこの問題を解決する方法については「Office ソース エンジン」を参照していますください。
このエラー メッセージが表示される場合は、次の手順を実行します。
  1. 監視の段階で、インストール ウィザードを実行すると、元のインストール メディアを使用してセットアップを起動します。
  2. セットアップ ウィンドウが表示されたら、セットアップをキャンセルし、表示されるメッセージに応答してセットアップを終了します。。
  3. いつものように、アップグレードを実行します。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。:
827467Office プログラムを起動すると、「エラー 25090」エラー メッセージ

解決するには問題 2

この問題を解決するのには、管理者は、(App-V (SoftGrid) シーケンサーを使用してシーケンス) Microsoft Office のインストール時にライセンス認証を無効にして、プロダクト キーを使用してください。

解決するには問題 3

この問題を解決するには、App-V (SoftGrid) クライアント バージョン 3.2.0.311 またはそれ以降のバージョンにアップグレードします。 アップグレードできない場合は、この問題を回避、App-V (SoftGrid) クライアントでローカルに、次のディレクトリを作成して動作します。
  • %CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\Office11
  • %CommonProgramFiles%\System\MSMAPI\1033
または、.osd ファイルに、PRE 起動スクリプトを使用して手動では、この操作を行います。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。ディレクトリを作成するには、正しいファイルのアクセス許可が必要です。

以下が手順例となります。:
  1. .osd ファイルをテキスト エディターで開きます。
  2. 次のように変更を<script></script>
    <DEPENDENCY>
      <SCRIPT TIMING="PRE" EVENT="LAUNCH" PROTECT="FALSE" WAIT="TRUE">
        <HREF>%SystemRoot%\system32\cmd.exe /c md "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\Office11"</HREF>
      </SCRIPT>
      <SCRIPT TIMING="PRE" EVENT="LAUNCH" PROTECT="FALSE" WAIT="TRUE">
        <HREF>%SystemRoot%\system32\cmd.exe /c md "%CommonProgramFiles%\System\MSMAPI\1033"</HREF>
      </SCRIPT>
    </DEPENDENCY>
  3. .osd ファイルを保存し、[テキスト エディターを終了します。

解決するには問題 4

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Office セットアップの [Office 構成のカスタマイズ] 画面で、次のオプションを使用可能な各機能のいずれかを確認します。
    • [マイ コンピューターから実行]
    • 使用できません
    重要選択しません。初めてをインストールします。.
  2. インストール ウィザード] の [監視の段階では、コピー、定期預金\Pro11.msi ファイルにはパッケージのルート ディレクトリ\Path\Office11 フォルダー。

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。O または X ドライブのドライブにシーケンスはありません。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。:
930995一部のアプリケーションに特定のドライブ文字のシーケンスに失敗します。

5 の問題を解決

Application Data フォルダーをネットワークの場所にリダイレクトされる場合は、すべての開いているファイル ハンドルは、ファイル サーバー、クライアントが使用されます。 これは、Office 2003 .dta の一時ファイルは、Application Data ディレクトリに作成するときに発生します。 この問題を解決するのには、シーケンスを作成する前に、%Csidl_Windows%\Debug ディレクトリを除外するのには、シーケンサーを構成します。
  1. にはオフィス機器メニューをクリックしてオプション.
  2. クリックして、項目の除外タブ。
  3. クリックします。新しい.
  4. で、パスを除外します。ボックスに、入力%Csidl_Windows%\Debug.
  5. で、マッピングの種類リスト選択VFS、[OK.
  6. クリックします。デフォルトとして保存します。をクリックしてはい、[OK.

6 の問題を解決

シーケンスの中には、Office の名前とイニシャル シーケンスを実行したユーザーから取得します。 ユーザーにこの情報は、プログラムを起動する、最初にメッセージを表示するのには Office を構成するのには、仮想レジストリからこの情報が含まれているレジストリ値を削除してください。
  1. クリックして、仮想レジストリタブ。
  2. 展開します。レジストリを展開ユーザー:を展開SFT_SID %を展開ソフトウェアを展開Microsoft Office 11. 0を展開一般的です、し、[展開UserInfo.
  3. 右クリックし、次の値を削除します。

    会社
    UserInfo
    UserInitials
    ユーザー名

解決するには問題 7

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. クリックして、仮想レジストリタブ。
  2. 展開します。レジストリを展開コンピューターを展開Systemを展開CurrentControlSet、し、[展開サービス.
  3. 右クリックしOutlook、[削除します。.

8 の問題を解決

Ctfmon.exe テキスト サービスと入力言語を提供します。 オペレーティング システムと Office のシーケンスの両方に Ctfmon.exe が含まれている場合は、2 つのインスタンスの Ctfmon.exe が実行されます。 これは、ユーザーを混乱させる可能性があります。 シーケンスから Ctfmon.exe を削除することを推奨します。 ただし、必須ではありません。 Ctfmon.exe が sequense から削除するのには、いくつか行う必要がありますが使用できない機能をインストールします。 Office のインストールの設定機能のインストール ステータス画面から、次のインストール機能として構成します。使用できませんAS使用できませんまたは非表示、およびロック.
元に戻す全体を表示する
製品機能をインストールします。
Microsoft Office Accessデータベース レプリケーション
予定表コントロール
Microsoft Office Excelテキストを音声認識
Microsoft Office Outlookコラボレーション データ オブジェクト
スケジュールと
Microsoft Office PowerPointCD、および PowerPoint Viewer パッケージ
Microsoft Office Word破損したテキストを修復します。
Office の機能を共有代替ユーザー入力
[VBA プロジェクトのデジタル証明書
Microsoft 手書きのコンポーネント
海外サポート
ロゴ以外のすべての Office アシスタント
ファイルを開く、新しい Office ドキュメントのショートカット
Office 2003 Web コンポーネント
スペイン語の校正ツール
フランス語の校正ツール
Microsoft Office ダウンロードの制御
オフィス ツールMicrosoft 2. 0 の .NET プログラミング サポートをフォームします。
スマート タグ .NET プログラミング サポート
Microsoft Office Picture Manager
言語設定ツール
Microsoft Office バインダー サポート
Windows SharePoint サービスのサポート
リサーチ エクスプ ローラー バー
スマート タグ プラグイン
システム情報
Ctfmon.exe の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
282599Ctfmon.exe についてよく寄せられる質問

解決するには問題 9

この問題を解決するには、ローカル インストール ソースをパッケージから削除することをお勧めします。 これにより、.sft ファイルのサイズが減少します。 ローカル インストール ソースを削除するのには、次のいずれかの操作を行います。
  • [セットアップの完了] 画面から、Office のインストール時にオンにします、インストール ファイルを削除します。チェック ボックスをオンにし、[クリックしてください終了.
  • セットアップ プロパティの変更画面が表示されたら、.mst ファイルを作成すると、Removecacheonly という名前は、プロパティ名を追加します。 その 1 の値を設定します。
  • Office をインストールする前に、Setup.ini ファイルを変更します。 REMOVECACHEONLY 追加 = 1 に [キャッシュ] セクション。
ローカル インストール ソース (Msocache) の詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
825933[OFF2003] ローカル インストール ソース (Msocache)
830168Office 2003 ローカル インストール ソース機能に関する FAQ

詳細

Office をインストールするのには、Windows インストーラー トランス フォーム (.mst) ファイルを作成することができます。 Microsoft Office 2003 リソース キットには、カスタム インストール ウィザードを使用して、このファイルを作成できます。 このキットをダウンロードするのには、Microsoft ダウンロード センターを参照してください。

.mst ファイルを適用するのには、次の例のように、インストールできます。
%SystemRoot%\system32\msiexec.exe/i <cdrom>\pro11.msi TRANSFORMS=PATH\FILENAME.mst/qb+</cdrom>

プロパティ

文書番号: 931914 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB931914 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:931914
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com