永続的な cookie は Internet Explorer と Office アプリケーション間で共有されません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 932118
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows Internet explorer (バージョン 7 で始まる) Microsoft Office のドキュメントを開くハイパーリンクを使用する場合は wiith、Windows Vista 以降では、次の現象をことがあります。

永続的な cookie が見つからない

Office アプリケーションは、Web サーバーと通信すると、Internet Explorer で、Web サーバーに保存されている永続的な cookie は送信しません。この現象は、以下の状況ではこれらのクッキーを必要とする Web アプリケーションが生まれます。
  • セッション状態の損失
  • トランザクションのセキュリティ意識の喪失

一時ファイルが見つかりません

Internet Explorer でダウンロードしたコンテンツの一時ファイルのキャッシュが不足しているが表示されます。このような状況は、次の現象があります。
  • 開く前にファイルが 2 回ダウンロードされます。(つまり、2 倍の GET 要求が行われます)。
  • ファイルを 1 つのセッションで行った変更は、他のセッションで使用できる場合があります。そのため、Web アプリケーションの動作を変更可能性があります。

認証のプロンプトまたはログオン ページにリダイレクト

次のシナリオでは、永続的な cookie をアプリケーション間での認識に依存する特定のシングル サインオン (SSO) ソリューションが予想どおりには機能しません。
  • Office アプリケーションは、Web サービス対応のドキュメント ライブラリなどの SharePoint サイトから文書を開くしようとします。
  • Office アプリケーションは、Web サービス対応のドキュメント ライブラリなどの SharePoint サイトから文書を保存しようとします。
  • Office アプリケーションは、Web サービス対応のドキュメント ライブラリなどの SharePoint サイトから文書を操作しようとします。
したがって、これらの SSO ソリューションは、ユーザーに認証情報をように求められます。また、これらの SSO ソリューション、ユーザー フォームのログオン ページにリダイレクトすることも。

原因

以降では Windows Vista では、Internet Explorer (バージョン 7 で始まる) 保護モードと呼ばれる、新しいセキュリティ ゾーンの保護機能が導入されています。この追加のセキュリティ レイヤーを分離キャッシュの場所が保護されているセキュリティ ゾーン内の Web ページで保存されたファイルとそのセキュリティ ゾーン内の Web ページに保存されている永続的な cookie を設定します。この代替キャッシュの場所はローカルおよび信頼されたサイトで使用される正規キャッシュから分離されています。したがって、信頼度の低いサイトは、Internet Explorer よりも高いレベルの信頼で実行されている他のアプリケーションで使用できるフォルダーのロケーションにコンテンツを書き込むことができません。このような状況は、Windows Vista では、Windows 7 以降の Internet Explorer をより安全にできます。ただし、このような状況は、次の Internet Explorer を分離して高いが発生します。
  • そのモードで Web サイトが設定されているファイル
  • そのモードで Web サイトが設定されている永続的な cookie
既定では、保護モードは、Internet Explorer 7 で、次のゾーンに対して有効になります。
  • インターネット
  • イントラネット
  • 制限
既定では、Internet Explorer 7 で、高信頼済みサイト ゾーンの保護モードが無効です。

保護モードの Internet Explorer へのアクセス. します。インターネット オプション で、 ツール メニューのとクリック セキュリティ.プロテクト モード有効にするか、ゾーン単位で無効にします。

外部アプリケーションを Microsoft Windows Internet (WinINet) API を使用して、通常のキャッシュの場所を使用する. します。作業中の Web コンテンツで保護モードを有効にしたゾーンの場合でもこれらのアプリケーションはこのキャッシュの場所を使用します。これにより、互換性に関する問題を既存の Web クライアントが。ただし、この現象は、Internet Explorer とオフィスの間のキャッシュ情報の効果的な共有になります。

解決方法

この問題を解決するには、信頼済みサイトの一覧にこれらの現象が発生している Web サイトを追加します。

既定では、Internet Explorer 7 以降分離キャッシュの場所が保護されているセキュリティ ゾーンを使用しません。したがって、サイトを信頼済みサイトにすると、通常のキャッシュに永続的な cookie と一時ファイルを保存するのには、Web を使用できます。ここでは、永続的な cookie と一時ファイル Office アプリケーションに利用できます。

メモ 使用して、信頼済みサイト ゾーンの保護モードを有効ことができます、 インターネット オプション ダイアログ ボックスです。ただし、この操作を実行する場合は、この問題が再び表示されます。そのため、この解決をするには場合は、保護モードの信頼済みサイト ゾーンを無効をしないでください。

状況

この動作は仕様です。

保護モードの Internet Explorer 7 以降を実行すると、Internet Explorer は削減のセキュリティ トークンで実行されます。このトークンは、コンピューター上のリソースへのアクセスを Internet Explorer の機能を制限します。分離キャッシュはプロテクト モードで実行するときに Internet Explorer がのみ書き込み可能な場所です。Internet Explorer を使用して、定期的なセキュリティ トークンで実行されているアプリケーションから意図的に分離されました。Internet Explorer が信頼できなくなった場合は、この現象は偶発的なユーザー権利の昇格を防止します。ただし、この増加の分離あまり無理 Office などの他のアプリケーションが付属しています。

詳細

この問題は、Microsoft Office SharePoint 2007 SSO 認証と共に使用しているクライアントも影響可能性があります。SharePoint の SSO 認証は、永続的な cookie をアプリケーション間での認証に依存しています。したがって、ユーザーが予想よりも多くの認証要求を表示可能性があります。この問題を解決するのには、「解決方法」に記載記載されている解像度を使用します。

Office SharePoint Server 2007 での SSO 認証を使用する方法の詳細についてを取得できます。SSO 認証を Office SharePoint Server 2007 と共に使用すると、受け SSO 認証には、この問題の詳細についても取得できます。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc263304.aspx

分離キャッシュの詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/Bb250462.aspx

プロパティ

文書番号: 932118 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB932118 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:932118
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com