特定の Windows Server 2003 修正プログラムに Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) との互換性を持たせる再パッケージ化がされています

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 932132 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料に記載されているシナリオは、2006 年 10 月と 2007 年 1 月の間での Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) 26 の最新の修正プログラムを受信した 200 未満の顧客を世界中の選択、グループに適用します。 これら 26 の修正プログラムは Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) 互換性がありません。 Windows Server 2003 SP2 をインストールする前に、新しい修正プログラムでこれらの修正プログラムが置き換えられます。

通常、ほとんどの顧客のみ 1 または 2 の各自の環境で展開これら特定の修正プログラムには。

これらの互換性のない修正プログラムを受信したほとんどのお客様はマイクロソフトによって既に通知されました。 この「サポート技術情報」(Knowledge Base) 資料は、が必要なアクションをとることができますようにユーザー直接に接続できませんでしたが通知することを確認して公開います。

詳細

最終テスト中のサービス パックをことはできません常をすべて個別の修正プログラム、サービス パックに組み込みます。 新しい修正プログラムが毎日を組み込む、最終テスト日リセットされるはず。 さらに、順番、サービス パック最終テストしない完了する状況が 。 代わりが、短いロックダウン フェーズで新しく発行された修正プログラムは、Service Pack に含まれません。

ただし、特定のファイルの最新バージョンの修正プログラムで、Service Pack に含まれる場合があります。 方法 1 つは、サービス パックの最終段階の修正プログラムの発行を停止することです。 このオプションは、新しい修正プログラムが必要な企業で重要なビジネスの効果をします。 2 番目のオプションは、サービス パックがリリースされた後にこれらの修正プログラムを再リリースです。 このオプションは、最終的なサービス パックの修正プログラムを組み込んだし、ファイルの Service Pack のバージョンよりも、それ以降のバージョン番号がします。 マイクロソフトでは、この 2 つ目のオプション使用しています。 ただし、この 2 つ目のオプションは一部の企業が新しい Service Pack を展開するときに余分な手順を実行すること。 これをサービス パックの 1 回だけイベントです。 固定と明確に定義された一連の修正プログラムに影響し、これらの修正プログラムのリリースに記載されています。

Windows Server 2003 SP2 は 26 特定修正前に、または Service Pack をインストールした後、再インストールされる必要があります。 Windows Server 2003 SP2 をインストールするには、推奨手順が再発行された修正プログラムを最初にインストールするです。 する便利である一度に Windows Server 2003 SP2 をインストールします。 修正プログラムは、SP2 バージョンの修正プログラムの自動的に移行します。

Windows Server 2003 SP2 がこれらの修正プログラムを置き換えずにインストールされている場合、インストールは正常に完了します。 ただし、動作の修正プログラム、修正プログラムによって提供される以前はできません SP2 のインストール後に存在します。

この問題は、Microsoft ダウンロード センターから、または、Windows Update の Web サイトからは一般に、利用できる Windows Server 2003 修正プログラムは影響しません。 これには Windows Server 2003 セキュリティ更新プログラムが含まれます。 この問題はこれらに加えられた利用可能な Microsoft カスタマー サポートからのみ特定の顧客 26 の修正プログラムに制限します。 マイクロソフトはこれらの修正プログラムと提供これらの顧客、通常、通知します。

マイクロソフトが通知された場合、やインストールされている記載されている修正プログラムのこの資料で 2006 年 10 月後がわかっている場合に、マイクロソフトは、更新された修正プログラム パッケージを入手するに問い合わせてください。 新しい修正プログラム パッケージが SP1 または SP2 をインストールしている Windows Server 2003 ベースのコンピューターで展開できます。 SP2 を展開する前に、または SP2 は完全にインストールした後、修正プログラム パッケージ インストールできます。

Windows Server 2003 SP2 がリリース前に広範なテストがれるすべての含まれている修正プログラムと更新正常な動作を確認する行われました。 時、Windows Server 2003 SP2 リリース前に新しい顧客から要求された修正プログラムは含まれません、SP2 のコードを安定してリリース ベースを有効に SP2 にでした。 その期間ですぐにソリューションを必要なユーザー向けマイクロソフトはこれらの修正プログラム リリースしました。 これらの修正プログラムは Windows Server 2003 SP1 でのみインストールするようが設計されて。

26 の影響を受ける修正プログラムの新しいパッケージがマイクロソフトから使用できます。 新しい修正プログラムはインストール SP1 および SP2 の両方に適していません。 影響を受けるの修正プログラムは、新しいパッケージに置き換え後、は、利便性に SP2 をインストールできます。

次の表は、Microsoft サポート技術は Windows Server 2003 SP2 を互換性修正プログラムのバージョンに対応します。 また、次の表、技術の影響を受けるの修正プログラムの再パッケージ化されたバージョンに対応します。
元に戻す全体を表示する
元の文書番号置換の資料番号置換記事のタイトル
898073931299[FIX Internet Explorer 6 が予期せず閉じるダイジェスト プロキシ認証を使用してセキュリティで保護された (HTTPS) Web サイトに接続するときにことがあります。
918005931321開始後が回収されて、バッテリ電源しまった、Windows XP SP2 ベースのポータブル コンピューターまたは Windows Server 2003 SP1 ベースのポータブル コンピューターから予期したよりも速く
918837931315されなく配置できます、コンピューターをスタンバイ モードまたは休止状態で、ワイヤレス ネットワーク アダプターのウェイクアップ機能では、Windows Server 2003 でを無効にした後
919757931300スナップショット ボリュームを正常にマウントしないまたはマウント ボリューム解除操作レポート エラー、Windows Server 2003 仮想ディスク サービスで、ネットワーク アプライアンスの記憶装置を使用する場合
924078931318Windows Server 2003 ベースのコンピューター上の共有プリンターのプロパティ] ダイアログ ボックスを開きますしようとするとに、エラー メッセージが表示されます。
924301931298[FIX] Internet Explorer 6 で Web ページ上には、JavaScript ハイパーリンク クリックしても、オートコンプリート機能が機能しません。
925020931317コンピューターが Windows Server 2003 を実行しているマルチプロセッサ コンピューターで USB デバイスを使用すると応答を停止します。
925240931310警告メッセージに正しく説明されていないパスワードの要件を Windows Server 2003 の要件を満たさない新しいパスワードを設定するとが表示されます。
925513931319Windows Server 2003 を実行しているコンピューターで Winsock 接続を使用するネットワーク プログラムを実行すると、エラー コード:"WSAECONNABORTED (10053)"
926047931306[FIX] Internet Explorer 6 で正しい位置に iframe オブジェクトに、オートコンプリート] ボックスが表示されません。
926132931320対応する、シンクが Windows Server 2003 では無効になったときに WMI はイベントの登録をクリアできません。
926305931307Windows Server 2003 R2 ベースのコンピューターには、Active Directory の検索機能有効にした後、Lsass.exe プロセスでメモリ リーク
926583931312ボリューム シャドウ コピー サービスを有効にすると、Windows Server 2003 が起動せず
926754931322Windows Server 2003 SP1 または SP2 ベースのコンピューターのネットワーク アドレス変換 (NAT) 機能を使用するように構成されたエラー メッセージ:"STOP: 0x000000D1 (パラメーター 1、0x00000002、0x00000000 の 0xf27b4e8e)"
926940931303SQL Server 2000 Service Pack 4 が Windows Server 2003 Service Pack 1 を実行しているコンピューターで、SQL Server 接続を閉じると応答を停止します。
927197931304Windows Server 2003 クラスターのノードが応答を停止して、別のノードにフェールオーバーは発生しません
927436931301Windows Server 2003 Service Pack 2 を実行しているコンピューターに、Serscan.sys ドライバーをロードするデバイスを添付するとエラー メッセージ:"STOP:: 0x000000c9 DRIVER_VERIFIER_IOMANAGER_VIOLATION"
927493931311重 Winsock プログラムの使用は、Windows Server 2003 ベースのコンピューターの「非ページ プール メモリ」排気可能性があります。
927893931305QueryDosDeviceA 関数を使って、プログラムを実行するとエラー メッセージ:「ERROR_MORE_DATA」
927291931323「Dfsutil 指定」して/import コマンドを実行を Windows Server 2003 ベースのコンピューターでスタンドアロン DFS ルートに DFS リンクをインポートするこのコマンドを実行すると終了時間がかかる
928194931309広範なメモリ使用量を表示してクラスター環境の一部である Windows Server 2003 ベースのドメイン コントローラーで応答を停止、ローカル セキュリティ機関サービス (Lsass.exe) プロセス
929620931308Windows Server 2003 ベースのコンピューターで、SAP R/3 プログラム実行時に増加のページングはハード_ディスクを発生する可能性があります。
929759931296Windows Server 2003 R2 の無人インストールを組み合わせて持つセキュリティ テンプレートを展開する際に受け取ったエラー:「-2147467259」
926513931316Windows NT トークン ベースのアプリケーションに切り替えると、Windows Server 2003 SP2 ベースのコンピューターに、クレームの変換モジュールによって追加されたクレームが失われる
929066931297シリアル デバイスに対して行われたシステム コールが、Microsoft Windows Server 2003 R2 ベースのコンピューターで、SUA の UNIX の相互運用性コンポーネントを使用すると失敗します。
930620933452Jet 4. 0 データベース エンジンの post-Windows Server 2003、post-Windows Server 2003 SP1、および post-Windows Server 2003 SP2 の修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 3 月 5 日
マイクロソフトでは、各自の環境で互換性のない修正プログラムを展開した顧客のために使用できるツールは、リリースしました。 ツールは、検出およびこれらの修正プログラムの改訂版のバージョンの展開の管理に役立ちます。 このツールは、インストールされているこれらの修正プログラムのいずれかがある特定のサーバーを検出する使用できます。 このツールは、すべての置換修正プログラムが完全に展開されていることを確認することも使用できます。 この資料にない識別される修正プログラムのいずれかインストールした場合このツールは実行されません。 明示的に通知で必要とされた場合または要求し、2006 年 10 月と 2007 年 1 月の間で互換性のない修正プログラムのいずれかを受信したことがわかって場合は、便利このツールを管理し、改善を追跡します。

メモ この資料が 200 未満の顧客に適用されます。 マイクロソフトは既に予防手順に直接連絡を使用しています。

以前のバージョンの Microsoft Windows 2000 などの Windows では、サービス パックのインストーラーで、セットアップの blocklist としてこのツールを含めます。 ただし、サービス パックが、特定の修正プログラムが存在するかどうかを検出する個々 のサーバーに展開します。 簡単に、サービス パックを展開する前にサーバーが準拠であることを確認する方法がありません。 スケジュール、インストール中に修正プログラムのいずれかが発生した場合、Service Pack のインストールは停止します。

別のツールはマネージ環境でより優れたソリューションです。 また、この問題は一部個々 の顧客だけに影響をので、すべての顧客用のサービス パックに組み込む検出の構築複雑さの増加が追加されます。

修正プログラムを Windows Server 2003 Service Pack 2 のインストールをブロックする、コンピューターをスキャンするツールの詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
931940regressed の修正プログラムが原因で、Windows Server 2003 Service Pack 2 のインストールをスキャンする修正プログラム スキャン ツールは。

プロパティ

文書番号: 932132 - 最終更新日: 2007年10月11日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB932132 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:932132
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com