2 つ以上のパッケージと同じフォルダーに Windows Vista を展開するとパッケージ マネージャーは、最初のパッケージのみをインストールします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 932224
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows のと同じフォルダーに 2 つ以上のパッケージを展開すると、Vista パッケージ マネージャー ツール最初のパッケージ インストールできます。

たとえば、次のシナリオを検討してください。
  • Windows Vista を実行しているコンピューターでは、C:\Temp フォルダーを作成します。
  • このフォルダーには、次の修正プログラム パッケージをダウンロードします。
    • Windows6.0 ・ KB929761 ・ x86.msu
    • Windows6.0 ・ KB932590 ・ x86.msu
    この修正プログラム パッケージは、修正プログラム 929761 および修正プログラム 932590 です。
  • 修正プログラム パッケージを展開するのには、次のコマンドを実行します。
    c:\temp>expand c:\temp\Windows6.0-KB929761-x86.msu F: Windows6 c:\temp の 0-KB929761-x86.cab。

    c:\temp>expand c:\temp\Windows6.0-KB932590-x86.msu F: Windows6 c:\temp の 0-KB932590-x86.cab。
  • パッケージをインストールするのには、次のコマンドを実行します。
    /w Pkgmgr/ip/m:c:\temp\Windows6.0-KB929761-x86.cab を開始します。

    /w Pkgmgr/ip/m:c:\temp\Windows6.0-KB932590-x86.cab を開始します。
このシナリオでは、パッケージ マネージャー修正プログラム 929761 をパッケージだけをインストールします。

この問題が発生すると、次のような情報が Cbs.log ファイルに表示されます。

2007-07-25 13時 17分: 05、CBS Pkgmgr の情報: を呼び出す:「Pkgmgr/ip/m:c:\temp\Windows6.0-KB932590-x86.cab」
2007-07-25 13時 17分: 05 で、情報 CSI 00000001@2007/7/25:20:17:05.165 (スタック WcpInitialize (wcp.dll バージョン 0.0.0.5) と呼ばれる @ 0xf72c09 @ 0x64ee2e32
@ 0xf6d617 @ 0xf6dffc @ 0x776fa174 @ 0x772e36ed)
2007-07-25 13時 17分: 05、CBS セッションの情報: 29871864:3301734882 を初期化します。
2007-07-25 13時 17分: 05、CBS の情報 Pkgmgr パッケージからのインストール: c:\temp\Windows6.0-KB932590-x86.cab。
2007-07-25 13時 17分: 05、CBS Appl の情報: 親の検出 パッケージ: Package_1_for_KB929761 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.1、マイクロソフトが親:
Windows Foundation パッケージ ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.6000.16386、廃棄 1003、VersionComp =: 1, ServiceComp: 1, BuildComp: 1 日
DistributionComp: 1、RevisionComp:1、存在して: 1

この例の Cbs.log ファイルで、パッケージ マネージャー、修正プログラム 932590 の .cab ファイルがインストールされることを示します。しかし、実際にはインストール、 Package_1_for_KB929761 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.1 パッケージです。これは、修正プログラム 929761 パッケージです。

メモ この問題は、Windows Server 2008 にも適用されます。

原因

パッケージ マネージャーは、同じサンド ボックス内の 2 つ以上のパッケージを管理できないために発生します。

解決方法

この問題を回避、次の方法のいずれかを実行します。



方法 1:

各パッケージは、pkgmgr をインストールする前に別のフォルダーに展開します。これを行うには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
削除更新 * します *。

Mkdir c:\temp\sandbox1

Mkdir c:\temp\sandbox2

/W pkgmgr/ip/m:c:\temp\ を開始します。CabFile /s:c:\temp\sandbox1

/W pkgmgr/ip/m:c:\temp\ を開始します。CabFile /s:c:\temp\sandbox2
これらのコマンドで、 CabFile この修正プログラム パッケージ用の .cab ファイルを表します。


方法 2:

別の回避策は、サービス Windows Vista SP1 と Windows Server 2008 オフライン イメージに DISM を使用することです。

Windows Server 2008/Vista の SP1 のイメージを DISM を使用に関する検討事項:
  • 更新する Windows イメージは、Windows Vista で SP1 または Windows Server 2008 以降でなければなりません。
  • Windows Vista SP1 または Windows Server 2008 のイメージを処理する場合は、イメージを更新できるようにするには、DISM DISM コマンド パッケージ マネージャー コマンドと等価に変換します。DISM 機能パリティにパッケージ マネージャーを提供します。
  • オフラインのシナリオのみがサポートされています
  • DISM は Windows 7 と Windows サーバー 2008 R2、事前にインストールされているし、Windows 自動インストール キットの Windows 7 で含まれています。Windows 自動インストール キットは、Windows Vista、Windows 2008 にインストールできます。

<editor note:="" download="" link="" for="" win7=""></editor> ドキュメントですか。FamilyID 696dd665-9f76-4177-a811-39c26d3b3b34 & displaylang = en = >
?

DISM を使用して、パッケージをオフライン イメージに追加します。


1. 管理者特権のコマンド プロンプト、OPK サービス フォルダーに移動し、変更する名前またはイメージのインデックス番号を取得するのには、次のコマンドを入力します。

Dism/Get-WIMInfo/WimFile:C:\test\images\install.wim

注: は、インデックスまたは名前の値を Windows イメージング (WIM) ファイルを指定します。 ほとんどの操作を必要です。


2. は、オフラインの Windows イメージをマウントするのには、次のコマンドを入力します。

Dism/Mount-WIM/WimFile:C:\test\images\install.wim/Name:"Windows 7 の HomeBasic"/MountDir:C:\test\offline


3. コマンド プロンプト、特定のパッケージをイメージに追加するのには、次のコマンドを入力します。1 つのコマンドラインでは、複数のパッケージを追加できます。パッケージ コマンドラインで順にインストールされます。

Dism/Image:C:\test\offline/Add-Package/PackagePath:C:\packages\package1.cab/PackagePath:C:\packages\package2.cab

注意: .cab .msu ファイルから抽出されます。



4. コマンド プロンプトのでは、変更をコミットし、イメージのマウントを解除するのには、次のコマンドを入力します。

Dism/Unmount-WIM/MountDir:C:\test\offline/Commit


<editor note:="" the="" above="" was="" taken=""></editor> .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd744559 (WS.10) >>

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 932224 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB932224 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:932224
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com