DNS の動的更新を DNS「エージングと清掃」プロセスでは、Windows 2000 および Windows Server 2003 でのしくみ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 932464
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、ドメイン ネーム システム (DNS と共に「エージングと清掃」の動的更新の動作 DNS) Microsoft Windows 2000 および Microsoft Windows Server 2003 での処理方法について説明します。

詳細

DNS の「エージングと清掃」の間隔

Windows Server 2003 は以下の DNS「エージングと清掃」設定を使用します。
元に戻す全体を表示する
設定デフォルトの間隔値
NoRefresh7 日間
更新7 日間
清掃7 日間
メモ 既定では、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) のリース期間は 8 日間に設定されます。

新しいクライアントが、DNS レコードが作成されると、NoRefresh の間隔が有効です。クライアントはこのような状況で DNS 情報を動的に更新すると、更新間隔が有効になるまでクライアントの DNS のタイムスタンプが更新されません。この現象は多数の DNS オブジェクトを Active Directory ディレクトリ サービス内のレプリケーションを防止します。

リフレッシュ間隔中に、クライアントの DNS のタイムスタンプが更新されます。清掃間隔中に、古い DNS リソース レコードが自動的に削除されます。

セキュリティおよび DNS レコード

DNS クライアントまたは DHCP サーバーが動的更新を実行すると、DNS レコードを追加、 コンピューター名$ アカウント DNS レコードのアクセス許可。このため、DNS レコードを登録したコンピューターだけが DNS レコードを更新できます。上の DHCP サーバーに変更が加えられたときクライアントの DNS レコードを登録するといくつかのシナリオでは、DHCP サーバー、DNS レコード更新できません。この現象が発生する場合は、 コンピューター名$ アカウント DNS レコードの構成を既に存在します。

クライアントが動的に DNS レコードを登録方法

DNS クライアントが静的 IP アドレスに設定されている場合は、DNS クライアント ホスト (A) リソース レコードおよびポインター (PTR) リソース レコードを DNS サーバーに登録します。次に、DNS クライアントを追加、 Client_Computer_Name$ アカウントをフル コントロールDNS レコードのアクセス許可。

この動作を変更するには、無効にする、 この接続のアドレスを DNS に登録します。 DNS クライアント コンピューターで設定します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント コントロール パネル、ポイント ネットワーク接続、変更、および、クリックするネットワーク接続を右クリックして プロパティ.
  2. で、 全般 タブで、クリックしてください [インターネット プロトコル (TCP/IP)、し プロパティ.
  3. で、 [インターネット プロトコル (TCP/IP) のプロパティ ページで、クリックしてください 高度な.
  4. で、 [詳細設定 (TCP/IP) の設定 ページ、オフにし、 この接続のアドレスを DNS に登録します。 チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK] 3 回。
Microsoft Windows 2000 ベースの DNS クライアントまたはそれ以降のバージョンの DNS クライアントは、次の DHCP の設定を使用する構成されていることを想定しています。
  • 以下の設定に基づいて、DNS 動的更新を有効にします。
  • のみで、DHCP を要求された場合に DNS の A および PTR レコードを動的に更新クライアント
この例では、DNS クライアントは、ホスト (A) リソース レコードを登録します。次に、DNS クライアントを追加、 Client_Computer_Name$ アカウントをフル コントロールDNS レコードが DNS サーバー上のアクセス許可。次に、DHCP サーバーは、ポインター (PTR) リソース レコードを登録します。さらに、DHCP サーバーを追加、 DHCP_Computer_Name$ アカウント DNS レコードのフル コントロールのアクセス許可と共に。

Microsoft Windows 2000 ベースの DNS クライアントまたはそれ以降のバージョンの DNS クライアントは、次の DHCP の設定を使用する構成されていることを想定しています。
  • 以下の設定に基づいて、DNS 動的更新を有効にします。
  • DNS の A および PTR レコードを常に動的に更新します。
この例では、DHCP サーバーは、ホスト (A) リソース レコードとポインター (PTR) リソース レコードの両方を登録します。次に、DHCP サーバーを追加、 DHCP_Computer_Name$ アカウント DNS レコードのフル コントロールのアクセス許可と共に。

DHCP リースの有効期限の処理

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法


DHCP の有効期限が切れたリースは、次のレジストリ サブキーを使用してチェックされます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DhcpServer\Parameters\DatabaseCleanupInterval
既定では、Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、DHCP サーバー サービスが実行している場合は、 %1!D!値は 60 (1 時間) に設定されます。Windows 2000 ベースのコンピューターでは、DHCP サーバー サービスが実行している場合は、 %1!D!値は 1440 (1 日) に設定されます。DHCP のリースが解放されると、DHCP サーバーが DNS レコードを登録解除します。

Windows 2000 ベースの DNS クライアントまたはそれ以降のバージョンの DNS クライアントは、クライアント コンピューターをシャット ダウンすると自動的に期限切れにするには、クライアントの DHCP のリースを構成できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し DHCP.
  2. DHCP 有効期限リースを変更、右クリックして目的のスコープを展開します。 スコープ オプション、し オプションを構成します。.
  3. クリックして、 高度な タブします。
  4. 隣接するリストをクリックします。 ベンダー クラス、し Microsoft Windows 2000 のオプション.
  5. オンにし、 002 のリリースの Microsoft DHCP リースのシャット ダウン オプション チェック ボックスをオンにしをクリックしてください [OK].

DHCP サーバー上でキューの制限を構成する方法

DHCP サーバーが使用 DNS の数を制限するのには、キューの制限、サーバーと同時の登録を解除しようとしたことを記録します。大量のポインター (PTR) リソース レコードを清掃する場合は、DHCP サーバーは、キューの制限が返ってくるかもしれません。この現象が発生するは、構成されているキューの制限に達するまで、DHCP サーバーのレコードを登録解除します。

修正プログラム 837061 をインストールすることにより、Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) をインストールする Windows Server 2003 ベースのコンピューター上で DHCP のキュー制限を変更できます。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
837061PTR リソース レコードを Windows Server 2003 DHCP サーバー プロセスを終了
837061 の修正プログラムまたは Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) をインストールした後、DHCP の各サイクルでの登録を解除すると、キューのサイズを増やせます。これを行うには、DynamicDNSQueueLength レジストリ エントリに設定します。 2048.

関連情報

Windows 2000 および Windows Server 2003 の DNS の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
291382Windows 2000 DNS および Windows Server 2003 の DNS に関するよく寄せられる質問
Windows Server 2003 で DNS 動的更新を構成する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
816592Windows Server 2003 で DNS 動的更新を構成する方法

プロパティ

文書番号: 932464 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB932464 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:932464
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com