Windows Server 2003 用の記憶域ドライバ Storport の更新版について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 932755 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、ホスト バス アダプタ (HBA) 記憶域デバイスの Microsoft Storport 記憶域ドライバの更新版について説明します。この記憶域ドライバは、Microsoft Windows Server 2003 で使用できます。

このドライバの更新版には、修正一覧に記載されている問題に対する修正が含まれています。

: Hewlett Packard (HP) ProLiant Smart アレイ 5x または 6x コントローラ ドライバ (hpcisss.sys または hpcisss2.sys) を使用している場合は、HP から提供される最新版のドライバをインストールしてから、この Storport 更新プログラムをインストールすることを推奨します。

HP から提供される最新版のドライバの入手方法の詳細については、次の HP Web ページを参照してください。

Microsoft Windows Server 2003 用の HP ProLiant Support Pack
http://h20000.www2.hp.com/bizsupport/TechSupport/SoftwareDescription.jsp?lang=en&cc=US&swItem=MTX-9602c6c78829482d89b1432e46
Microsoft Windows Server 2003 x64 Editions 用の HP ProLiant Support Pack
http://h20000.www2.hp.com/bizsupport/TechSupport/SoftwareDescription.jsp?lang=en&cc=us&swItem=MTX-77ac5e555f2d4832827e447b0b
Windows Server 2003 用の HP ProLiant Smart アレイ SAS/SATA コントローラ ドライバ
http://h20000.www2.hp.com/bizsupport/TechSupport/SoftwareDescription.jsp?swItem=MTX-a76e3dcb8b8d448987041cf022&taskId=135&lang=en&cc=us&mode=3&
Windows Server 2003 x64 Edition 用の HP ProLiant Smart アレイ SAS/SATA コントローラ ドライバ
http://h20000.www2.hp.com/bizsupport/TechSupport/SoftwareDescription.jsp?swItem=MTX-b0946cbd0a674b9ba14156d39a&taskId=135&lang=en&cc=us&mode=3&
最新版のドライバをインストールすると、この Storport 更新プログラムをインストールした後に Stop エラー メッセージが表示されることがある問題が解決されます。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

詳細

更新プログラムの情報

Windows Server 2003 (32 ビット x86 Editions)

以下のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsServer2003-KB932755-x86-JPN.exe パッケージ

リリース日 : 2007 年 3 月 27 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Windows Server 2003 (64 ビット x64 Editions)

以下のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsServer2003.WindowsXP-KB932755-x64-JPN.exe パッケージ

リリース日 : 2007 年 3 月 27 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Windows Server 2003 (64 ビット Itanium ベースのシステム用)

以下のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsServer2003-KB932755-ia64-JPN.exe パッケージ

リリース日 : 2007 年 3 月 27 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

Windows XP (64 ビット x64 Edition)

以下のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsServer2003.WindowsXP-KB932755-x64-JPN.exe パッケージ

リリース日 : 2007 年 3 月 27 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

  • 32 ビット版の Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) または Service Pack 2 (SP2)
  • Itanium ベースの Windows Server 2003 SP1 または SP2
  • x64 ベースの Windows Server 2003

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後に、コンピュータを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用すると、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 912944 に記載されている更新プログラムが置き換えられます。

ファイル情報

Windows Server 2003 (32 ビット x86 ベース版)
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズプラットフォームSP の必要性区分
diskdump.sys5.2.3790.28802007/02/1220:3118,944x86SP1SP1QFE
storport.sys5.2.3790.28802007/02/1220:31107,520x86SP1SP1QFE
diskdump.sys5.2.3790.40212007/02/1221:2318,944x86SP2SP2GDR
storport.sys5.2.3790.40212007/02/1221:23107,520x86SP2SP2GDR
diskdump.sys5.2.3790.40212007/02/1222:1518,944x86SP2SP2QFE
storport.sys5.2.3790.40212007/02/1222:15107,520x86SP2SP2QFE
Windows Server 2003 (64 ビット x64 ベース版)
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズプラットフォームSP の必要性区分
diskdump.sys5.2.3790.28802007/02/1222:1624,064x64SP1該当なし
storport.sys5.2.3790.28802007/02/1222:16185,856x64SP1該当なし
diskdump.sys5.2.3790.40212007/02/1222:1924,064x64SP2SP2GDR
storport.sys5.2.3790.40212007/02/1222:19186,368x64SP2SP2GDR
diskdump.sys5.2.3790.40212007/02/1222:1724,064x64SP2SP2QFE
storport.sys5.2.3790.40212007/02/1222:17186,368x64SP2 SP2QFE
Windows Server 2003 (64 ビット Itanium ベース版)
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズプラットフォームSP の必要性区分
diskdump.sys5.2.3790.28802007/02/1222:1749,664IA-64SP1該当なし
storport.sys5.2.3790.28802007/02/1222:17341,504IA-64SP1該当なし
diskdump.sys5.2.3790.40212007/02/1222:2049,664IA-64SP2SP2GDR
storport.sys5.2.3790.40212007/02/1222:20341,504IA-64SP2SP2GDR
diskdump.sys5.2.3790.40212007/02/1222:1649,664IA-64SP2SP2QFE
storport.sys5.2.3790.40212007/02/1222:16341,504IA-64SP2SP2QFE

修正プログラムおよび更新プログラムの一覧

バージョン 5.2.3790.4021 の Storport 記憶域ドライバには、以下の問題に対する修正が含まれています。このバージョンの Storport 記憶域ドライバに含まれている更新内容も掲載しています。


ポートの LUN に送信される IOCTL 要求が特定の状況下でアダプタに転送されるよう、ポート ドライバを変更するための更新プログラム

この更新プログラムによってポート ドライバが変更されます。この変更により、ポートの LUN (PDO) に送信される IOCTL_STORAGE_BREAK_RESERVATION 要求が、特定の状況下でアダプタ (FDO) に転送されます。要求は、アダプタ オブジェクトへの書き込みアクセスが呼び出し元に許可されている場合に転送されます。したがって、呼び出し元が管理者の場合、要求は転送されます。呼び出し元に必要な権限がない場合、要求は転送されません。

この更新プログラムによってポート ドライバが変更されます。この変更により、ポートの LUN (物理デバイス オブジェクト (PDO)) に送信される IOCTL_STORAGE_BREAK_RESERVATION 要求がアダプタ (フィルタ デバイス オブジェクト (FDO)) に転送されます。


Windows のインストール後にネットワーク接続を確立できない

この問題では、Windows のインストール後に初めてコンピュータを起動するときに、ネットワーク アダプタ ドライバが応答を停止することがあります。


Storport ドライバにエラーが発生した場合、エラー コード パスで、有効な IRP が OriginalRequest フィールドに復元されない

この問題では、エラー コード パスで、有効な IRP が OriginalRequest フィールドに復元されません。この問題は、Storport ドライバでエラーが発生する場合に発生します。


デバイスを 2 度起動すると Storport ドライバが応答を停止する


この問題では、記憶域デバイスに対して Storport ドライバを使用するコンピュータで、プラグ アンド プレイ ドライバがデバイスを 2 度起動しようとします。この問題が発生すると、Storport ドライバは応答を停止します。


複数の Storioctls セッションを同時実行すると Storport ドライバが応答を停止する

この問題では、コンピュータで記憶域コントローラに対して Storport ドライバが使用されている場合に、Storport ドライバが応答を停止することがあります。複数の Storioctls セッションを同時実行すると、ドライバが応答を停止します。


コンピュータの起動時にエラー メッセージ Stop 0x7E が表示される


この問題では、Storport ドライバの Storport 検証ツールを有効にした後、エラー メッセージ Stop 0x0000007E が表示されます。このエラー メッセージは、コンピュータの起動時に表示されます。この問題は、Arc.sys ドライバを使用する RAID (Redundant Array of Independent Disks) コントローラが搭載されたコンピュータで発生します。


iSCSI セッションを無効にしようとすると Storport ドライバが応答を停止することがある

この問題では、iSCSI セッションを無効にしようとすると、Stop エラーが発生することや、Storport ドライバが応答を停止することがあります。また、この現象は、iSCSI ターゲットにログオンし、iSCSI ターゲットからログオフした後、再度 iSCSI ターゲットにログオンする場合にも発生することがあります。

: これは、iSCSI アダプタに固有の問題ではありません。この現象は、別のアダプタでも発生することがあります。


Storport 検証ツールで SCSIPort 検証ツールの Stop エラー コードが誤って再利用される

この問題では、Storport 検証コンポーネントで、SCSIPort 検証ツールのコードと競合する Stop エラー コードが使用されます。このため、Storport 検証ツールで Stop エラー コードが生成される原因となる問題のトラブルシューティングが困難な場合があります。


Storport 検証ツールで不要な検証チェックが実行されることがある


この問題では、Storport 検証ツールによって、ミニポート ドライバの HwStorFindAdapter 関数呼び出し外の StorPortGetBusData 関数をミニポート ドライバが呼び出すかどうかを確認するチェックが実行されます。


Storport 検証ツールを有効にした後にコンピュータを起動すると Stop 0xD1 エラーが発生することがある


この問題では、Storport 検証ツールを有効にした後にコンピュータを再起動すると次の Stop エラー メッセージが表示されることがあります。
*** Stop 0x000000D1 (parameter 1, parameter 2, parameter 3, parameter 4)
DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
この問題は、Storport 検証ツールで、Storport scatter/gather リスト (SGList) を持たない I/O 要求の SGList へのアクセスが試行された場合に発生します。Storport 検証ツールでは、NULL ポインタのチェックは行われません。


Storport ドライバで高速な再開機能がサポートされない

この問題では、高速な再開機能をサポートするアダプタ デバイスが、Storport ドライバによって適切に有効にされません。これらのアダプタ デバイスは再開パスにあります。


Storport 検証ツールを有効にした後にコンピュータを起動すると Stop 0xC4 エラーが発生することがある

この問題では、コンピュータの起動時に次の Stop エラー メッセージが表示されることがあります。
*** Stop 0x000000C4 (parameter 1, parameter 2, parameter 3, parameter 4)
DRIVER_VERIFIER_DETECTED_VIOLATION
この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • コンピュータに、Adaptec Adp94xx ドライバを使用するディスク コントローラが搭載されている。
  • Storport 検証ツールが有効になっている。


Storport ドライバのチェック ビルドで不要な例外エラーが生成されることがある

この問題では、チェック ビルドを使用して Storport ドライバをテストするときに、不要な例外が発生することがあります。これにより、ドライバのテストがより煩雑になる場合があります。


特定のホスト バス アダプタ (HBA) で一部の WMI (Windows Management Instrumentation) コマンドが不適切に処理されることがある

この問題では、一部の Emulex HBA で一部の WMI コマンドが不適切に処理されるという現象が発生することがあります。この問題は、Storport ドライバの WMI (Windows Management Instrumentation) レイヤの問題が原因で発生します。この問題は、WMI レイヤのバッファ長が正しくないことが原因で発生します。


Storport ドライバ (StorPort.sys) で DumpData フィールドが不適切に生成される

この問題では、Storport.sys によって DumpData フィールドが生成されるときに、一部の値がカウントされません。また、Storport.sys によって一部のログ ファイル情報がログ ファイルに記録されません。このため、ミニポート ドライバまたはポート ドライバで問題が発生した場合に、イベント ログ データが完全に生成されないことがあります。


Storport ドライバを実行しているコンピュータでエラー メッセージ Stop 0x8E が表示されることがある


この問題では、Storport ドライバが原因でコンピュータが応答を停止し、エラー メッセージ Stop 0x0000008E が表示されることがあります。この問題は、Storport ドライバが、SCSI_REQUEST_BLOCK (SRB) を含まない I/O 要求パケット (IRP) から SRB にアクセスすることが原因で発生します。


Storport ミニポート ドライバによって不要なデバッグ情報が生成される

Storport ドライバのチェック ビルドをテストする際に、問題を効率よく追跡できない場合があります。この問題は、Storport ミニポートが Storport のデバッグ情報の生成にレベル 0 を使用することが原因で発生します。


iSCSI デバイスを取り外すと Stop エラー メッセージが表示される場合がある

この問題では、iSCSI デバイスを取り外すと、Storport ドライバによって Stop エラーが生成される場合があります。この問題は、Storport ドライバがロック ルーティング (lock routing) の状態を確認しないことが原因で発生します。このため、Storport ドライバがロックを取得していない場合でも、ロックを解放することがあります。


アダプタがシャットダウンされた後にミニポート ドライバからアダプタへのアクセスが試行されると、Stop エラーが発生することがある

この問題では、コンピュータをシャットダウンしたときに Stop エラー メッセージが表示されることがあります。この問題は、次の条件に該当する場合に発生することがあります。
  • Storport ミニポート ドライバが記憶域アダプタからのコールバックを要求する。
  • 記憶域アダプタが既にシャットダウンされている。つまり、アダプタの電力状態が D3 である。
ミニポート ドライバがコールバックを要求すると、システムのシャットダウン処理中にコールバックが生成されます。この時点で、アダプタの電力は D3 になっています。タイマ関数がハードウェア レジスタへのアクセスを試行すると、アダプタが既にシャットダウンされているため Stop エラーが発生します。ミニポート ドライバごとに問題を修正することが最適ですが、この更新プログラムでは、次の条件に該当する場合に Storport ドライバがすべてのタイマ コールバックを無視するようにする検証ルーチンを追加することで問題を回避しています。
  • システムのシャットダウン処理中にタイマ コールバックが発生する。
  • アダプタの電力状態が D3 である。


Storport ドライバを実行しているコンピュータで Stop 0x9F エラーが表示される場合がある

この問題では、以下のようなエラー メッセージが表示される場合があります。
*Stop 0x0000009F (00000003, Parameter 2, Parameter 3, Parameter 4)
DRIVER_POWER_STATE_FAILURE
この問題は、次の条件に該当する場合に発生することがあります。
  • コンピュータで Storport ドライバを実行している。
  • コンピュータに、Adaptec 社の Adpu320.sys ドライバを使用する記憶域コントローラが搭載されている。
  • Windows が省電力状態から操作を再開する。


Storport ドライバのバス カウント用のメモリ バッファを変更する更新プログラム

この更新プログラムによって、バス配列のサイズが固定サイズからミニポート ドライバによって報告される数に変更されます。


Storport ドライバの BUSY ステータスおよび Task Set Full ステータスの動作を変更する更新プログラム

ターゲットが BUSY または Task Set Full という SCSI ステータスを返した場合、ポート ドライバはすぐにコマンドを再試行します。Storport はコマンドの再試行を無制限に繰り返します。このようにしてビジー状態が続いた場合、最終的にシステムで問題が発生する可能性があります。

この更新プログラムによって、以下の動作が構成されます。
  • 再試行の回数が制限されます。デフォルトでは 20 回です。
  • ターゲットが BUSY ステータスを返した場合、Storport ドライバは、コマンドを再試行する前に時間ベースの一時停止を実行します。
  • ターゲットが Task Set Full ステータスを返した場合、Storport ドライバは、コマンドを再試行する前に I/O 完了ベースの一時停止を実行します。
次のレジストリ キー値を構成できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Enum\SCSI\<DEVICEID>\<INSTANCE>\DeviceParameters\Storport\
値 - BusyRetryCount
種類 - DWORD
データ - デフォルト値は 20 (10 進)
範囲 - 再試行の回数

値 - BusyPauseTime
種類 - DWORD
データ - デフォルト値は 250 (10 進)
範囲 - ミリ秒単位の数値

値 - QueueFullWaitIoPercentage
種類 - DWORD
データ - デフォルト値は 25 (10 進)
範囲 - 時間の割合 (1 〜 100%)


「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 912944 に記載されている Storport 記憶域ドライバの更新プログラムをインストールした後に、Stop エラーが発生することがある

この問題では、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の文書番号 912944 の資料に記載されている更新プログラムを適用し、コンピュータを再起動した後に、Stop エラーが表示されることがあります。この問題は、コンピュータ上のミニポート ドライバで配列のインデックスに SCSI アドレス 0xFF/0xFF/0xFF が使用されている場合に発生します。

この問題は、912944 Storport ロールアップ パッケージに含まれている修正プログラムで、SRB_FUNCTION_POWER 要求および SRB_FUNCTION_PNP 要求に SCSI アドレス 0xFF/0xFF/0xFF が使用されていることが原因で発生します。このように SCSI アドレス 0xFF/0xFF/0xFF を使用すると、影響を受けるミニポート ドライバの要求と競合します。

この更新プログラムによって Storport ドライバが変更され、SRB_FUNCTION_POWER 要求および SRB_FUNCTION_PNP 要求に、SCSI アドレス 0xFF/0xFF/0xFF ではなく 0/0/0 が使用されます。


正しくない PREfast 警告メッセージが生成される

この問題では、PREfast でミニポート ドライバに渡されるバッファに関する警告メッセージが生成されることがあります。この問題は、PREfast を使用して Storport ミニポート ドライバを調べる場合に発生します。

この問題は、PREfast ツールがバッファの状態を検出する際に、バッファがミニポート ドライバに渡されているのではなく、ミニポート ドライバに割り当てられていると、誤って検出されることが原因で発生します。PREfast ツールは、Storport ドライバがバッファの予約された領域に書き込みを行っていると判断するため、警告メッセージを生成します。


Storport ドライバで、要求されたデバイスの機能デバイス オブジェクト (FDO) に送信された入出力制御 (IOCTL) がブロックされない

この問題では、適切なセキュリティ権限を持たないアカウントを使用して、ディスクにコマンドを送信できる場合があります。この場合、Storport ドライバにより、デバイスに対してコマンドが転送されます。

この更新プログラムは、パススルー コマンドがアダプタのデバイス オブジェクトで失敗し、このコマンドが LUN オブジェクトに転送されなくなるように設計されています。


IOCTL_ACPI_EVAL_METHOD メソッド用の Storport のサポートを追加するための更新プログラム

Storport ドライバは、IOCTL_ACPI_EVAL_METHOD メソッド用のサポートを追加するように更新されました。


Storport ドライバによりイベント ID 25 に適切でない説明が記録される

この問題では、Storport ドライバによって古いバージョンのファームウェアが検出された場合に、Storport ドライバによってシステム ログに以下のイベントが記録されます。

ソース : LSI_SCSI
イベント ID : 25
種類 : エラー
日付 : date
時刻 : time
ユーザー : N/A
コンピュータ : ServerName
説明 : ドライバは古いファームウェアのデバイスを検出しました。デバイスは使用されません。

このイベントの説明は正しくありません。このイベントの説明は本来、デバイスが低パフォーマンス モードになることを示す必要があります。


PREfast ツールで Storport ドライバについて適切でない警告メッセージが生成される

PREfast ツールによって、Storport ドライバについて次の警告メッセージが生成されますが、このメッセージは適切ではありません。
Potential overflow using expression '& Descriptor.SerialNumber'


HBA で複数の MSI メッセージが使用されると、Storport ドライバによって Stop 0x0A エラーが生成されることがある

この問題では、次のような Stop エラー メッセージが表示されることがあります。
*** Stop 0x0000000A (00000025, Parameter 2, Parameter 3, Parameter 4)
IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
この問題は、複数のメッセージ シグナル割り込み (MSI) メッセージを使用する HBA が搭載されたコンピュータで発生することがあります。この場合、誤ったループ計算が実行されるため、Storport ドライバが応答を停止します。


複数の MSI メッセージをサポートする QLogic ミニポート ドライバと共に Storport ドライバを使用すると、Stop エラーが生成されることがある

この問題では、Storport ドライバが応答を停止することがあります。この問題は、メッセージ シグナル割り込み (MSI) メッセージをサポートする QLogic ミニポート ドライバと共に Storport ドライバを使用した場合に発生します。この問題は、複数の MSI メッセージの同期に対して不適切な IRQL が Storport ドライバで使用されるために発生します。


Storport ドライバを使用するコンピュータ上で Windows が応答を停止することがある

この問題では、Storport ドライバで競合状態が発生することがあります。この場合、Storport ドライバによってキューが一時停止され、その後も再開されません。そのため、ディスク デバイスに対する I/O 操作が応答を停止するので、Windows が応答を停止します。


Storport ドライバによって、子デバイスより前にドライブ アダプタの電源が切断されることがある

この問題では、Storport ドライバで電源の同期に関する問題が発生することがあります。この問題が発生すると、Storport ドライバによって、すべての子デバイスの電源が正常に切断される前に、ドライブ アダプタの電源が切断されます。そのため、コンピュータが応答を停止することがあります。


Storport の新機能を Diskdump.sys ドライバに追加する更新プログラム

Storport ドライバに新機能が追加されました。この更新プログラムをインストールすると、これらの新機能が Diskdump ドライバに追加されます。これらの新機能により、Storport ミニポート ドライバで休止状態やクラッシュダンプ機能を有効にできます。


Windows Server 2003 SP1 ベースのコンピュータの起動に想定されるよりも長い時間がかかることがある

この問題では、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料 916048 に記載されている修正プログラムを、Windows Server 2003 SP1 ベースのコンピュータにインストールした後、次の現象が発生します。
  • Windows をシャットダウンまたは再起動すると、Windows の起動に長い時間がかかる。
  • Windows Server 2003 SP1 ベースのクラスタ ノードをシャットダウンするときに、共有リソースのフェールオーバー先のクラスタ ノードで、共有リソースがオンラインになるまでに長い時間がかかる。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 932755 - 最終更新日: 2008年5月27日 - リビジョン: 9.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
キーワード:?
atdownload kbexpertiseadvanced kbwinserv2003presp2fix kbbug kbfix kbqfe kbpubtypekc KB932755
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com