64 ビット版の一般向け Windows Vista のインストールの選択

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 932795 - 対象製品
32 ビット版の Windows Vista については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
932616 一般向け Windows Vista のインストールの選択 (32 ビット版のみ)
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、64 ビット版の一般向け Windows Vista でのインストールの選択について説明します。この資料には、Windows Vista Starter、Windows Vista Enterprise、およびマイクロソフトのボリューム ライセンスを使用してインストールする Windows Vista の情報は掲載されていません。

64 ビット版の Windows Vista のインストール方法は、以下の質問に対する回答に応じて異なります。
  • 現在使用しているオペレーティング システムは、32 ビット版ですか。64 ビット版ですか。詳細については、「64 ビット版 Windows Vista のインストール方法に関する一般的な情報」の「64 ビット版のオペレーティング システム」の定義を参照してください。
  • Windows Vista のアップグレード ライセンスまたは製品版ライセンスをお持ちですか。この情報は、製品のパッケージのふたまたはオンライン販売の領収書に記載されています。
  • 購入した Windows Vista のバージョンは、現在インストールされているオペレーティング システムからのアップグレードをサポートしていますか。
  • 既存の個人用ファイル、設定およびプログラムを維持しますか。それとも、Windows Vista のクリーン インストールを実行しますか。

詳細

64 ビット版 Windows Vista のインストール方法に関する一般的な情報

定義

  • Windows Vista へのアップグレード : Windows Vista へのアップグレードでは、現在インストールされている個人用ファイル、設定、およびプログラムが保持されます。64 ビット版の Windows Vista からは、特定のバージョンの Windows Vista にのみアップグレードできます。現在使用しているオペレーティング システムでこの方法を使用できるかどうかを確認するには、この資料の後半に記載されている個々のアップグレード方法を参照してください。
  • Windows Vista のカスタム インストールまたは "クリーン インストール" : Windows Vista のカスタム インストールを実行すると、現在インストールされている個人用ファイル、設定、およびプログラムは保持されません。カスタム インストールは、"クリーン インストール" とも呼ばれます。サードパーティ プログラムを使用せずに、Windows Vista をインストールできます。アップグレード ライセンスまたは製品版ライセンスのいずれでも、Windows Vista のカスタム インストールを実行できます。ただし、アップグレード ライセンスの場合は、インストールの選択メニューで [カスタム] を選択して、カスタム インストールを実行する必要があります。このインストールの種類を選択して実行する方法の詳細については、対応するアップグレード方法を確認してください。
  • Windows Vista のアップグレード版 : Windows Vista のアップグレード版は、対応可能な Windows のバージョンのライセンスを既に所有している場合にのみ、Windows Vista をインストールできるライセンスです。対応可能なバージョンには、Windows Vista、Microsoft Windows XP、または Microsoft Windows 2000 があります。アップグレード ライセンスを使用して、Windows Vista のアップグレード インストールおよびカスタム インストールのいずれも実行することができます。
  • 64 ビット版のオペレーティング システム : 広く使用されるようになった最初の一般向け 64 ビット版のオペレーティング システムは、Windows XP Professional x64 です。Windows Vista では、一般向けのすべてのエディションについて 64 ビット版がリリースされています。これらのエディションを以下に示します。
    • Windows Vista Home Basic
    • Windows Vista Home Premium
    • Windows Vista Ultimate
    • Windows Vista Business
    64 ビット版では、最新のコンピュータに搭載されて販売されている、新しい 64 ビット CPU が使用されます。

    ほとんどの Windows XP ユーザーは、以下のバージョンの 32 ビット版オペレーティング システムを使用しています。
    • Windows XP Home
    • Windows XP Professional
    • Windows Media Center Edition
    64 ビット CPU を搭載したコンピュータに 32 ビット版のオペレーティング システムをインストールすることはできますが、 32 ビット CPU を搭載したコンピュータに 64 ビット版のオペレーティング システムをインストールすることはできません。
  • 32 ビット版のオペレーティング システムから 64 ビット版のオペレーティング システムへのアップグレード : 32 ビット版のオペレーティング システムを実行しているコンピュータにインストールするつもりで、64 ビット版の Windows Vista アップグレード版を購入した場合は、64 ビット版の Vista インストール DVD でコンピュータを起動して、Windows Vista をインストールする必要があります。

    重要 : Windows Vista のインストールを開始する前に、既存のオペレーティング システムを削除しないでください。これは、Windows Vista セットアップで、現在使用しているオペレーティング システムのライセンスで 64 ビットのアップグレード版のインストールがサポートされるかどうかが検証されるためです。
  • "N" バージョンの Windows Vista : "N" バージョンの Windows XP および Windows Vista には、Windows Media Center は搭載されていません。"N" バージョンの Windows はアップグレードできません。カスタム インストールを実行する必要があります。

実行している Windows XP が 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法

実行している Windows XP が 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
827218 [HOW TO] 32 ビット バージョンまたは 64 ビット バージョンのどちらの Windows XP がコンピュータで実行されているかを判定する方法

Windows Vista アップグレード ライセンスの対象となるオペレーティング システム

以下のオペレーティング システムがインストールされている場合は、Windows Vista のアップグレード インストールの対象となります。
  • Windows 2000
  • Windows XP Professional
  • Windows XP Home
  • Windows XP Media Center
  • Windows XP Tablet PC
  • Windows XP Professional x64
  • Windows Vista Home Basic (32 ビット版および 64 ビット版)
  • Windows Vista Home Premium (32 ビット版および 64 ビット版)
  • Windows Vista Business (32 ビット版および 64 ビット版)
  • Windows Vista Ultimate (32 ビット版および 64 ビット版)
ただし、インストールの選択に応じて、クリーン インストールの実行が必要な場合もあります。現在インストールされている Windows のバージョンで使用できるオプションについては、この資料の後半に記載されているアップグレード方法を参照してください。

インストールの選択

ここでは、さまざまなインストール オプションの詳細について説明します。現在インストールされているオペレーティング システムに応じて、インストールの選択は異なります。

32 ビット版の Windows XP または Windows 2000 を実行しているコンピュータに 64 ビット版の Windows Vista をインストールする

Windows XP および Windows 2000 のほとんどのユーザーは、32 ビット版のオペレーティング システムを使用しています。たとえば、Windows 2000、Windows XP Home、Windows Tablet Edition、および Windows Media Center Edition は、32 ビット版のみがリリースされています。このようなオペレーティング システムを使用している場合は、32 ビット版のオペレーティング システムから 64 ビット版のオペレーティング システムにアップグレードする際にアップグレード インストールの方法がありません。ただし、アップグレード ライセンスを使用して、カスタム インストールを実行できます。

Windows Vista の DVD を購入後、以下の手順を実行します。
  1. Windows XP バックアップ ツールを使用して、すべてのデータおよび設定をバックアップします。

    : Windows 転送ツールを使用することもできます。このバックアップ プログラムは、Windows Vista の DVD から使用できます。ただし、Windows 転送ツールを使用して、32 ビット版の Windows をバックアップする場合は、32 ビット版の Windows Vista DVD に収録されているバージョンを使用する必要があります。
  2. 64 ビット版の Windows Vista DVD をシステムの DVD ドライブに挿入し、コンピュータを再起動します。
  3. 指示に従って、DVD から Windows Vista セットアップを開始します。

    : 64 ビット版の Windows Vista DVD からコンピュータを起動して、Windows Vista セットアップを開始する必要があります。インストール パッケージは、32 ビット版のオペレーティング システムでは実行できません。
  4. Windows Vista セットアップ中にインストールの種類を選択する際には、必ず [カスタム] を選択してください。
  5. インストールが完了したら、バックアップからデータを復元できます。

Windows XP Professional x64 を実行しているコンピュータに 64 ビット版の Windows Vista をインストールする

Windows XP Professional x64 ユーザーは、64 ビット版の Windows Vista のアップグレード ライセンスを購入できます。ただし、オペレーティング システムのクリーン インストールを実行する必要があります。

アップグレード用の Windows Vista DVD を購入後、以下の手順を実行します。
  1. アップグレードするコンピュータで、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスし、Windows Vista Upgrade Advisor ツールを入手します。
    http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/buyorupgrade/upgradeadvisor.mspx
  2. Windows 転送ツールを使用して、個人用ファイルや設定をバックアップすることができます。このバックアップ プログラムは、Windows Vista の DVD に収められています。ファイルおよび設定をバックアップするには、Windows XP Professional x64 の実行中に Windows Vista の DVD を挿入します。[Windows のインストール] ページが表示されたら、[別のコンピュータからファイルと設定を転送する] をクリックします。
  3. 現在のバージョンの Windows XP Professional x64 の実行中に、Windows Vista の 64 ビット版 DVD のアップグレード版を挿入します。自動実行により、セットアップ プログラムが自動的に起動します。自動的に起動しない場合は、DVD のルートから Setup.exe プログラムを手動で起動できます。
  4. Windows Vista セットアップの手順を完了します。
  5. Windows Vista のインストールの完了後、個人ファイルおよび設定を復元するには、[スタート] ボタンをクリックし、[Windows 転送ツール] をクリックします。

32 ビット版の Windows Vista を実行しているコンピュータに 64 ビット版の Windows Vista をインストールする

Windows Vista の DVD とアップグレード ライセンスを購入している場合は、以下のいずれかの方法を使用する必要があります。
方法 1
64 ビット版の Windows Vista の製品版を購入します。
方法 2
  1. 32 ビット版の Windows Vista を削除します。
  2. Windows XP をインストールします。
  3. この資料の前半に記載されているインストール方法を使用して、64 ビット版の Windows Vista をインストールします。
Windows Vista の DVD と完全ライセンスを購入している場合は、以下の手順を実行します。
  1. Windows 転送ツールを使用して、すべてのデータおよび設定をバックアップします。Windows 転送ツールは、Windows Vista の DVD に収められています。ただし、現在インストールされている 32 ビット版の Windows Vista に対応する Windows Vista の DVD に収録されているバージョンの Windows 転送ツールを使用する必要があります。
  2. 64 ビット版の Windows Vista DVD をシステムの DVD ドライブに挿入し、コンピュータを再起動します。
  3. 指示に従って、DVD から Windows Vista セットアップを開始します。

    : 64 ビット版の Windows Vista DVD からコンピュータを起動して、Windows Vista セットアップを開始する必要があります。インストール パッケージは、32 ビット版のオペレーティング システムでは実行できません。
  4. Windows Vista のセットアップ中にインストールの種類を選択する際には、必ず [カスタム] を選択してください。
  5. インストールが完了したら、バックアップからデータを復元できます。

64 ビット版の Windows Vista を実行しているコンピュータに別のバージョンの 64 ビット版の Windows Vista をインストールする

さらに機能が豊富なバージョンの Windows Vista へのアップグレードが望ましい場合があります。

64 ビット版のあるバージョンから 64 ビット版の別のバージョンへのアップグレードが可能なケースを以下に示します。
  • Windows Vista Home Basic から Windows Vista Premium
  • Windows Vista Home Basic から Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Home Premium から Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Business から Windows Vista Ultimate
アップグレード用の Windows Vista DVD を購入後、以下の手順を実行します。
  1. アップグレードするコンピュータで、以下の Web サイトにアクセスし、Windows Vista Upgrade Advisor を入手します。
    http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/buyorupgrade/upgradeadvisor.mspx
  2. Windows Vista の "バックアップと復元" 機能を使用してデータをバックアップします。
  3. 現在のバージョンの Windows Vista の実行中に、64 ビット版の Windows Vista アップグレード版 DVD を挿入します。
  4. 自動実行により、セットアップ プログラムが自動的に起動します。自動的に起動しない場合は、DVD のルートから Setup.exe プログラムを手動で起動できます。
  5. Windows Vista セットアップ プログラムの手順を完了します。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
930891 32 ビット版のオペレーティング システムに 64 ビット版 Windows Vista の DVD を挿入すると、操作が失敗する

プロパティ

文書番号: 932795 - 最終更新日: 2011年7月9日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Business 64-bit edition
キーワード:?
kbinfo kbhowto KB932795
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com