コンポーネントの使用方法については。NET 3.0 のフレームワークを作成し、ストリームには、Office Word 2007 で文書化するのには、Office Excel 2007 のブックをクライアント コンピューターに

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 932921
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

コンポーネントの使用方法について説明します、[マイクロソフト]。NET Framework 3.0 は、次の操作を実行するのには:
  • Web 上で Microsoft Office の Word 2007 文書を作成します。サーバー
  • Web 上で Microsoft Office の Excel 2007 ブックを作成します。サーバー
  • Word 文書と Excel ブックのストリームがWeb サーバーは、クライアント コンピューターに
    このプロシージャは、ASP を使用します。NET とオフィスXML 形式のファイルの形式を開きます。
メモ Microsoft 2007 Office System をインストールする必要はありませんかその構成に記載されている手順を実行するには、サーバー上では「関連情報」セクションでします。ただし、ある必要がありますは。NET Framework 3.0サーバーにインストールします。既定では。NET Framework 3.0 に付属しています。Windows Vista。ただし、サーバーの別のバージョンを実行している場合Windows は、する必要がありますダウンロードし、インストールをします。NET Framework 3.0。するには取得、します。NET Framework 3.0 は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyId = の 10CC340B ・ F857 ・ 4A14 ・ 83F5 ・ 25634C3BF043
また、2007 Office system クライアント上で使用できません。コンピューターは、「関連情報で説明されている手順を実行するにはセクションです。ただし、以前のバージョンの Office system を使用することもできます。Ifクライアントが Microsoft Office 2003、XP の Microsoft Office、またはMicrosoft Office 2000 がインストールされている、無料の Microsoft Office をインストールする必要があります。互換機能パックは、Word、Excel、および PowerPoint 2007 ファイル形式に従うこの手順は、「関連情報」セクションに記載されています。取得するのにはOffice 互換機能パックは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyID = の 941b3470 ・ 3ae9 ・ 4aee ・ 8f43 ・ c6bb74cd1466
「関連情報」セクション使用に記載されている手順StreamingOfficeSample.exe サンプルのパッケージ内のファイル。ダウンロードすることができます、マイクロソフトからの StreamingOfficeSample.exe サンプル パッケージです。 次に、ファイルは、マイクロソフト ・ ダウンロードからダウンロード利用センター:
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
StreamingOfficeSample.exe パッケージします。
詳細についてはマイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。防止するセキュリティが強化されたサーバー上で、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。

詳細

StreamingOfficeSample.exe サンプル ・ パッケージ

StreamingOfficeSample.exe サンプルのパッケージが含まれています、次の。
  • Web フォーム
  • は、 DocumentGenerator クラス ライブラリ プロジェクト
  • は、 WorkBookGenerator クラス ライブラリ プロジェクト
によって、Web フォーム、およびクラス ライブラリ プロジェクトが作成されましたMicrosoft Visual C# 2005年を使用します。

Web フォーム

Web フォームには、ノースウィンド サンプル データベースに接続します。Access 2003 では Microsoft Office が含まれています。

メモ Office Access 2003 を使用するようにインストールする必要はない、サンプル パッケージです。

データを次の表に、Web フォームを使用してください。オンライン注文検索フォームを表示します。
  • 顧客
  • 注文
  • 注文の詳細
  • 製品
リスト内の顧客を選択するのには、Web フォームを使用できます。後顧客を選択、Web フォームの注文の一覧をフィルター処理します。フィルターされたリストの表示選択された顧客の注文のみ。注文一覧で選択すると、データ グリッド コントロールは、Web 上での注文の詳細を表示します。フォームです。その後、次の作業を行うには、Web フォーム ボタンをクリックすることができます。アクション:
  • 選択したデータを基にしたレポートを作成します。
    は、コードは、このレポートでは、Word 2007 ドキュメントを作成し、ドキュメントをストリーム転送クライアント コンピューターにします。
  • 注文の詳細データは新しい Excel にエクスポートします。ブック
    コードは、Excel 2007 ブックを作成し、ストリームは、ブックには、クライアント コンピューターは。

DocumentGenerator クラス ライブラリ プロジェクト

コードで、 DocumentGenerator クラス ライブラリ プロジェクトを使用して、コンポーネントのパッケージ化では、WindowsBase.dll アセンブリを使用して Word 文書を作成します。WindowsBase.dllアセンブリが含まれては。NET Framework 3.0。

このクラス ライブラリプロジェクトに埋め込みリソースとして、NwindTemplate.docx ファイルが含まれます。は、WindowsBase.dll アセンブリ内のコンポーネントのパッケージ化の内容を読み取る、NwindTemplate.docx ファイルには、パッケージ オブジェクトです。パッケージのコンポーネントを使用して、メソッドでは、 clsCreateDocument [クラス] をクリックして、次の操作を実行するのには:
  • Word 2007 文書の一時フォルダーを作成、サーバー
    この Word 文書は、NWindTemplate.docx に基づいています。ファイルです。
  • さまざまな部品やさまざまなデータを Word 文書に追加します。Web フォームから
Word 文書が完了すると、コードは、 DocumentGenerator クラス ライブラリ プロジェクト、Word 文書をクライアントにストリーム転送します。コンピューターです。

WorkBookGenerator クラス ライブラリ プロジェクト

コードで、 WorkBookGenerator クラス ライブラリ プロジェクトを使用して、コンポーネントのパッケージ化では、WindowsBase.dll アセンブリを使用して、次の操作を実行するのには:
  • 注文の詳細データは新しい Excel にエクスポートします。ブック
    これを行うには、パッケージのコンポーネントにデータを読み込む、 配列 リストに含まれる ◇
  • Excel ブックでは、一時フォルダーを作成、サーバー
    パッケージ コンポーネント内のメソッドと共に、 clsCreateWorkbook クラス、ブック パーツとはデータを Excel ブックに追加します。Web フォームから。
Excel ブックが完了すると、コードは、 WorkBookGenerator クラス ライブラリ プロジェクトのブックをクライアントにストリーム転送します。コンピューターです。

このサンプルをテストします。

サンプルをテストするには、次の操作を行います。
  • サンプル プロジェクトを Web サーバーに追加します。
  • クライアント コンピューターでは、サンプル プロジェクトの Web サイトを参照してください。作成しました。
  • Word ドキュメントのレポートと、Excel をダウンロードします。ブック
これを行うには、次の手順を実行します。

サンプル プロジェクトを Web サーバーに追加します。

  1. サンプルのパッケージ ファイルをダウンロードします。
  2. Web サーバーで次のフォルダーを作成します。
    C:\Inetpub\wwwroot\StreamingOffice2007Sample
  3. サンプル パッケージ ファイルの内容を展開、手順 2 で作成したフォルダーです。
  4. IIS マネージャーを使用して仮想ディレクトリを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ しないでください。、し [OK].
    2. サーバー名を展開し、展開 Webサイト.
    3. 右クリックします。 既定の Web サイト、ポイント 新しい、し 仮想ディレクトリ.仮想ディレクトリの作成ウィザードが起動します。
    4. 仮想ディレクトリの作成ウィザードをクリックします。 次へ.
    5. で、 エイリアス ボックスで、[仮想ディレクトリのエイリアスを入力します。たとえば、入力します。 StreamingOffice2007Sample.
    6. クリックしてください。 次へ.
    7. クリックしてください。 参照、フォルダーを探し、手順 2 で作成しをクリックして 次へ.
    8. オンにし、 読み取り チェック ボックスおよび (ASP) などのスクリプトを実行します。 チェック ボックスします。
    9. その他のチェック ボックスがオフになっていることを確認し、をクリックして、 次へ.
    10. クリックしてください。 終了日 完了するのにはウィザードします。
ASP コンテンツの場合は、アプリケーションであることを確認することができます。作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 作成した仮想ディレクトリを右クリックし、前の手順でし プロパティ.
  2. で、 仮想ディレクトリ タブで、確認してください。仮想ディレクトリの別名に記載されている、 アプリケーション名 下のボックス[アプリケーションの設定.仮想ディレクトリの別名ではない場合表示をクリックします。 作成.

    メモ アプリケーションの名前を仮想ディレクトリと一致する必要はありません。前の手順のステップ 4e で入力したエイリアスです。
  3. クリックして、 ASP。NET タブを確認してください。ASP。バージョン 設定されています。 2.0.50727.ある場合ない、選択 2.0.50727 で、 ASP。バージョンリストとクリック 適用.

サンプル プロジェクトの Web サイトにアクセスし、Word 文書のレポートとは、Excel ブックをダウンロード

メモ クライアント コンピューターは、次の手順を使用します。次のいずれかがインストールされている必要があります。
  • Microsoft Office Word 2007 と Excel の Microsoft Office2007
  • Microsoft Office 互換機能パックは、Word、Excel、およびPowerPoint 2007 ファイル形式
クライアント コンピューターでは、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Internet Explorer などの Web ブラウザーを起動します。次の Web サイトを参照してください。
    http://サーバー名/StreamingOffice2007Sample/default.aspx
    メモ プレース ホルダー サーバー名 表すWeb サーバー。

    Northwind の注文フォーム] ページが表示されます。
  2. で、 顧客名 リストを選択します。顧客。
  3. 受注 ID を選択します。注文の詳細情報が表示されることが選択した順序は、データ グリッド コントロールに表示されます。
  4. クリックしてください。 Word のレポートを生成します。.コードでは、 DocumentGenerator クラス ライブラリ プロジェクトは、Word 2007 文書を作成し、ドキュメントがクライアント コンピューターにストリーム転送されます。
  5. 場合は、 [ファイルのダウンロード ダイアログ ボックスが表示されたら、クリックしてください。 ファイルを開く Report.docx ファイルを開きます。ファイルを開くWord します。Word 文書に注文集計を選択したが含まれています。順序です。
  6. クリックしてください。 Excel にエクスポートします。.コードで、 WorkBookGenerator クラス ライブラリ プロジェクトは、Excel 2007 ブックを作成し、ブックには、クライアント コンピューターにストリーム転送されます。
  7. 場合は、 [ファイルのダウンロード ダイアログ ボックスが表示されたら、クリックしてください。 ファイルを開く Report.xlsx ファイルを開きます。ファイルを開くExcel します。ブックには、受注の詳細情報の概要が含まれます。は、概要には、注文の総所有コストが含まれます。

プロパティ

文書番号: 932921 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseinter kbmt KB932921 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:932921
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com