Microsoft Dynamics CRM 3. 0 の更新、タイム ゾーンのウィザードにより、2007 年の夏時間変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 932984 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Dynamics CRM 3. 0、2007年夏時間 (DST) の更新プログラムの変更に更新プログラム 925874 を適用した後、新しいタイム ゾーン変更を反映する Microsoft Dynamics CRM データベースに格納されているレコードの一部を変更するあります。 次のような状況は、このデータ修正が必要である理由の例です。
  1. Microsoft Dynamics CRM"(GMT-8:00) (太平洋標準時 (米国およびカナダ) が割り当てられたユーザー"タイム ゾーン 2007 年 3 月 30 日午前 8時 00分までのタスクをスケジュールします。 ユーザーが更新プログラム 925874 が適用される前に、タスクを作成します。
  2. このタスクは 2007 年 3 月 30 日に、Microsoft Dynamics CRM データベースに時刻を午後 4 時として格納されます。 この問題は標準時でこの日付が発生するまで更新プログラム 925874 を適用するため発生します。
  3. 更新プログラム 925874 を適用します。
  4. ユーザーが、手順 1 で作成されているタスクを開きます。
  5. タスクは、Microsoft Dynamics CRM で表示され、期限を 2007 年 3 月 30 日の午前 9時 00分が。 この問題は、新しい夏時間でこの日付が発生する更新プログラム 925874 適用すると、ために発生します。
この結果が正しくありません。 ユーザー、午前 8時 00分の予定をスケジュールして午前 9時 00分に、予定が表示されますようになりました 次の使用例で Microsoft Dynamics CRM 3. 0 に対して、タイム ゾーンの更新ウィザードは、2007 年 3 月 11 日の午前 2時 00分と 2007 年 4 月 1 日の午前 2時 00分の間に発生するユーザーに対して、すべてのエンティティを見つけます。 2007 年 3 月 11 日午前 2 時は、新しい DST 開始日付と開始時刻をあり 2007 年 4 月 1 日の午前 2時 00分、古い DST の開始日と開始時刻。 ウィザードを 1 時間、時間を調整します。 この例では、日付と時刻、データベースには午後 3 時に 2007 年 3 月 30 日に変更されます。 したがって、ユーザーが、タスクを開いたとき、日付と時刻として表示されます午前 8時 00分 2007 年 3 月 30 日にします。 この日付とこの時刻は、正しい日付と正しい時刻がします。

解決方法

この問題を Microsoft Dynamics CRM 3. 0 更新プログラムのロールアップ 2 で解決します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
927751Microsoft Dynamics CRM 3. 0 の更新プログラムのロールアップ 2 は。

詳細

すべての影響を受けたマイクロソフト製品の 2007 年の夏時間 (DST 2007) 変更に対する準備方法の詳細については、次の Web マイクロソフトを参照してください。
http://www.microsoft.com/DST2007
Microsoft Dynamics CRM 3. 0 サーバーの更新および Microsoft Dynamics CRM 3. 0 クライアントの更新についての詳細についてをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
9258742007 年の夏時間変更に対する更新が利用できる Microsoft Dynamics CRM 3. 0 の Outlook 用には、Microsoft Dynamics CRM 3. 0 クライアント
Microsoft Dynamics CRM に関する DST については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
9334532007 年夏時間の Microsoft Dynamics CRM 3. 0 の更新方法

複数回、タイム ゾーンの更新ウィザードを実行する方法について

タイム ゾーンの更新ウィザードは複数回実行できます。 更新プログラム 925874 を適用すると、OrganizationName _MSCRM データベースに候補テーブルが作成、更新します。 候補表は、ユーザー、Microsoft Dynamics CRM のエンティティ、および DST 変更に準拠するために変更するを Microsoft Dynamics CRM のレコードです。 タイム ゾーンの更新ウィザードが更新があるレコードの一覧を取得する候補テーブル内の情報を読み取ります。 ウィザードは、候補テーブルを更新されたレコードに関する情報を使用して更新します。 したがって場合、レコードを更新した後ウィザードを実行するウィザードも更新されませんこれらのレコード再度。

時間を更新プログラムのタイム ゾーンのウィザードを実行する必要

ウィザードを完了に必要な時間は、いくつかの要因によって変わります。 これら要因では、次の要素。
  • 夏時間の変更を受けるユーザー数
  • 各ユーザーが所有するレコードの数
ウィザードが離されたときに提供される SQL スクリプトでは、ユーザー、サイト、およびリソースの現在のタイム ゾーン設定を確認できます。 タイム ゾーンの更新ウィザードを実行する場合は決定に、スクリプトの結果を使えます。

Microsoft のエンティティをタイム ゾーンの更新ウィザードでは反映されません。

ウィザードは、所有しているエンティティだけを更新します。 次のリストはエンティティが所有していないと、日付と時刻のフィールドの一覧です。 ウィザードでは、これらのフィールドは更新されません。 これらのエンティティと属性は、CrmDSTTool_data.csv ファイルに一覧表示され 3 の DoneUpdate 値を持ちます。
元に戻す全体を表示する
エンティティ名属性名
BusinessUnitNewsArticleActiveUntil
BusinessUnitNewsArticleActiveOn
組織FiscalCalendarStart
PriceLevelBeginDate
PriceLevel終了日
QueueItem EnteredOn
営業資料 ExpirationDate
UserFiscalCalendar EffectiveOn
WFProcessInstanceLastActivityOn
WFProcessInstance StartedOn

関連情報

マイクロソフトのソフトウェアの更新に使用される用語についてについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの名前付け規則

プロパティ

文書番号: 932984 - 最終更新日: 2007年7月17日 - リビジョン: 2.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft CRM 3.0
  • Microsoft CRM client for Microsoft Office Outlook?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft CRM 3.0
  • Microsoft Dynamics CRM 3.0 Professional Edition for Service Providers
キーワード:?
kbqfe kbprb kbmbsmigrate kbhotfixserver kbmt KB932984 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:932984
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com