Windows 3. 1 用の利用状況に関する質問 & 回答

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 93363 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

  1. (問) は、Shift キーを押しながらキーを押し影響 Microsoft Windows の起動および終了しますか?

    A. 起動すると、 WIN を入力したら、Shift キーを押しながらキーを押したすると、Enter キーを押して、スタートアップ グループ内のアプリケーションは読み込まれません。

    かどうかは、Shift キーを押しながらキーを押しながらダブルクリック Windows を終了しようとしていた) 場合と、コントロール メニュー ボックス プログラム マネージャーで、実際に Windows を終了せず、プログラム マネージャーのレイアウトは保存します。
  2. Q: IBM(R) PS/2(R) コンピューター、または、IBM PS/2-スタイルのマウス ポートに接続して、マウスを使用する別のコンピューターで Windows を終了するときにある思わには、MS-DOS の前に、長時間の遅延をプロンプトが表示されます。 この問題を解決できる方法は?

    A. この遅延は PS/2 モデル 56、57 によく発生。 ただし、それも発生 70、80、90、95 のモデル。 この問題を解決するには、次の 2 つの手順を使用します。

    1. メモ帳など、標準の ASCII テキスト エディターで、SYSTEM.INI ファイルを開きます。
    2. [386 Enh] セクションを見つけて、次の行を追加します。
      InitPS2MouseAtExit False =
    この行によって、Windows は MS-DOS を終了する前に PS/2-スタイルのマウス ポートを初期化しようとしてできなくなります。 これは初期問題が解決、中に、問題のいくつか古い - MS-DOS ベース アプリケーションと、マウスを使用するが生じる。
  3. Q. とき Windows を起動しようとするが表示されるは、エラー メッセージ"エラー PROGMAN.EXE の読み込み:" このエラーの原因と方法を修正します。

    このエラー メッセージを引き起こすことができますのある 3 つの状態 A. を次に。

    1. その最初の原因は、正しくないまたは存在しないシェル = SYSTEM.INI ファイルの [ブート] セクション内の行。

      この問題を解決するには SYSTEM.INI、標準の ASCII テキスト エディターで編集します。 [ブート] に記載のシェル = 行を探し"SHELL=PROGMAN.EXE"を読み取るかどうかを確認します。 1 つだけの PROGMAN.EXE ファイル、3/10/92 日付またはそれ以降はことで、Windows ディレクトリにはそのことがあることを確認します。 Windows から、適切な PROGMAN.EXE が見つからない場合ディレクトリ、Windows ディレクトリに PROGMAN.EXE の正しいバージョンを展開するセットアップの実行中に、ハード_ディスク上の Windows ディレクトリにインストールされる展開ユーティリティを使用します。 こうには、次の入力: します
      展開の A:\PROGMAN.EX_ C:\WINDOWS\PROGMAN.EXE
      [ブート] セクションの"SYSTEM.DRV=SYSTEM.DRV:"を読み取り、行はかどうかも確認してください。 行を"SYSTEM.DRV=ATMSYS.DRV:"はず Adobe の種類の Manager(R) がインストールされているを持っている場合
    2. 2 番目の"エラーの読み込み中 PROGMAN.EXE"エラーの原因は、SHELL.DLL ファイルの正しくないバージョンです。

      この問題、または後で、SHELL.DLL、3/10/92 (日) があると呼ばれる 1 つだけファイルがあることを確認してくださいとことに修正は、WINDOWS\SYSTEM ディレクトリにあります。

      SHELL.DLL が存在しないか破損している、する場合は展開ユーティリティを使用して、次を入力して、WINDOWS\SYSTEM ディレクトリに SHELL.DLL の正しいバージョンを展開します。
      展開の A:SHELL.DL_ C:\WINDOWS\SYSTEM\SHELL.DLL
    3. 3 番目の"エラーの読み込み中 PROGMAN.EXE"エラーの原因が CONFIG.SYS ファイルに VSafe ウイルス対策プログラムの存在ことです。

      この問題を解決するには、VSAFE.SYS ファイル、LOAD から VSAFE.EXE、CONFIG.SYS ファイルから削除 = WIN.INI ファイルのコマンドです。

      VSafe ウイルス対策ソフトウェアについては、サーバーの全体のポイント ソフトウェア問い合わせてください。
  4. Q: [Novell(R) NetWare(R) NWPOPUP.EXE ユーティリティのメッセージングが正常に動作するようです。 Windows を終了するまでメッセージはすべて表示する必要があります。 この問題の原因でしょうか。

    A. 場合エンハンス モードで Windows を実行しているバージョンの Windows ディレクトリに、3/10/92 より前の日付、Novell NetWare NWPOPUP.EXE ファイルをユーティリティが読み込まれてが Windows 3. 1 [正しく初期化できません。 この問題は NWPOPUP.EXE がある場合にも発生ディレクトリ パスで Windows ディレクトリ エントリの前に = AUTOEXEC.BAT ファイル内のステートメント。 どちらの場合でも、SYSTEM.INI ファイルの [386 Enh] セクションに次の行を追加することがあります。

    TimerCriticalSection = 10000

    このコマンド増加のクリティカル セクションの前に時間 (ミリ秒単位で指定) がタイムアウトします。
  5. Q: 自分が関係、Novell NetWare ネットワークのシステム管理者です。 自分のワークステーションのほとんどを問題が発生実行しますが、それらの 2 つはエンハンス モードで実行できません、標準モードのみで実行する使用します。 ただし、これらのワークステーション、ネットワークにログオンしないが、エンハンス モードで実行が操作を行います。 この問題の原因と方法を修正します。

    A: この問題は可能性ソフトウェア ドライバーが正しくないネットワークや、IRQ の競合、メモリ アドレスの競合、ベース アドレスの競合。 この問題を解決するには、次の 4 つ方法を使用します。

    1. IPX と NETX は、現在のバージョンのアップグレードに必要な手順を決定する NETWORKS.WRI ファイルを読み取る。 必要な場合は、ネットワーク カードの製造元、低レベルのドライバーを新しいに問い合わせ。
    2. ほとんどのコンピューターを同時に、同じ IRQ を使用して 2 つのデバイスを持つサポートしません。 したがって、ネットワーク カード IRQ3 に IRQ4 を使用している場合をする必要がありますか、無効化 COM2 または COM1 (COM1 IRQ4 を使用して、COM2 IRQ3 を使用する) ためまたは利用可能な IRQ のネットワーク カードを再構成します。 ほとんどのコンピューターで IRQ5 や IRQ2 が使用可能な (つまり、他のハードウェア デバイスしようなしそれらを使用)。
    3. 多くのネットワーク カードは 640 と 1, 024年キロバイト (KB) の間でアッパー メモリ領域のメモリ アドレスを使用します。 お使いのカードがこの範囲を使用して場合は EMM386.EXE、または、SYSTEM.INI ファイルの [386 Enh] セクションで、EMMEXCLUDE ステートメントを追加することによってこの範囲の使用を除外します。 一部のカードの操作を行いましていないで D000 アドレスに正常に機能ありは D800 の再構成する必要。
    4. 多くのハードウェア デバイスは COM ポートなど、既存のデバイスと競合がする基本メモリ アドレスを持ちます。 300 の 16 進数 (h) のアドレスのネットワーク カードを再構成してください以上です。
  6. Q: 自分のネットワーク カードが 640 K 〜 1024K メモリ領域に登録しません; 内、上位メモリ領域 (UMA) には、この範囲を手動で除外する必要がありますを確認するために、します。 SYSTEM.INI ファイルに、EMMEXCLUDE ステートメントを配置するがこの効果のいずれかに見えるしません。 この問題を解決できる方法は?

    A.、アッパー メモリ ブロック (UMB) プロバイダーを使用している場合は、プロバイダー UMB 領域で優先順位を持つし、EMMEXCLUDE スイッチをオーバーライドするため、独自の除外コマンドを使用して除外する必要があります。 たとえば、EMM386.EXE を使用して DFFF を D800 から、32 KB のメモリを除外する必要がある場合、次のコマンドを使用します。
    DEVICE=C:\WINDOWS\EMM386.EXE RAM X = D800 DFFF
    UMA マネージャーまたは UMB プロバイダーを使用していない場合、SYSTEM.INI ファイルの [386 Enh] セクションで EMMEXCLUDE ステートメントを正しく動作する必要があります。
  7. コンピューター上の多数のバッチ (.BAT) ファイルを実行 (問) するとします。 Windows からこれらのファイルの一部を実行すると、エラー メッセージ環境のスペース:"Out of"が表示されます。 同じ.BAT ファイルは正しく外部 Windows を実行します。 このエラーの原因でしょうか。

    A. Windows 3. 1 CommandEnvSize と呼ばれるスイッチを含む = からは、-MS-DOS ベースのアプリケーションは Windows で実行するため、MS-DOS 環境のサイズを制御することができます。 可能性があります、.BAT ファイル、利用可能な環境空間をオーバーランがします。 MS-DOS 環境のサイズを大きくするには、次の 2 つ手順使用します。

    1. SYSTEM.INI ファイルをメモ帳など、標準の ASCII テキスト エディターで編集します。
    2. [NonWindowsApp] セクションを探し、行を追加します CommandEnvSize = 。 160 〜 32, 768 の等号 (=) を次値を割り当てます。 このスイッチの詳細については、SYSINI.WRI ファイルを参照してください。
  8. (問) 理由はコントロール パネルの [ポート] アイコンを選択すると利用できないポート] ダイアログ ボックスの [詳細設定、ボタンですか。

    Windows 3. 1 の COMM.DRV ファイルが正しくインストールされている A. 場合は、[詳細設定ボタン [ポート] ダイアログ ボックスでは使用できません。 Windows 3. 0 から 3. 1 にアップグレードする、Windows 3. 0 で、サード パーティ製の通信ドライバーを以前使用した場合、Windows 3. 1 セットアップ プログラムは、通信ドライバー更新しません。 COMM.DRV ファイルは正しくインストールするには、次の操作を行います。

    1. SYSTEM.INI ファイルの [ブート] セクションで、次の設定が確認しています。
      COMM.DRV=COMM.DRV
      これは問題が解決しない場合は COMM.DRV サイズと日付システム ディレクトリに確認します。 ファイルは 92/3/10 日) は、9280 バイトのファイル サイズであります。 日付、サイズに正しくない場合は、次の手順に進みます。
    2. 展開ユーティリティを使用して、COMM.DRV、Windows セットアップ ディスクから WINDOWS\SYSTEM ディレクトリにして再インストール、次の入力します。
      展開の A:\COMM.DR_ C:\WINDOWS\SYSTEM\COMM.DRV
      注: COMM.DRV が見つかりましたディスク 1 にある 3. 5 インチ ディスクとディスク 2 の 5. 25 インチ ディスク。
  9. (問) 設定積み上げディスク ドライブ上の永続的または一時的なスワップ ファイルですか。

    A. Windows 3. 1 は、積み上げドライブ上の永続的または一時的なスワップ ファイルの使用できない (つまり、スタッカー [TM] ユーティリティを実行するドライブ)。
  10. Q. コンピューターで何らかのハードウェアまたはソフトウェアの競合発生ようです。 どのようなツールは使用されているコンピューターとどのような COM ポートと IRQ の BIOS バージョンなどの情報を確認するため利用しますか。

    A. Windows 3. 1 マイクロソフトの診断 (MSD) プログラムを付属しています。 通常、このツールは Windows のセットアップ中に、Windows ディレクトリにインストールされます。 Windows 内から MSD を使用できますは、それを使用する最も効果的な方法は、Windows を終了して、次を入力して、コマンド プロンプトで MSD.EXE を実行します。
    C:\WINDOWS\MSD.EXE

プロパティ

文書番号: 93363 - 最終更新日: 2002年2月20日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 3.1 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo win31 kbmt KB93363 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:93363
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com