Exchange 予定表更新ツール (Msextmz.exe) トラブルシューティング ガイド

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934001
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Exchange 予定表更新ツール (Msextmz.exe) は、Exchange 管理者が 1 つまたは複数のユーザーの予定表にタイム ゾーンの変更を適用に使用できるツールです。Exchange 予定表更新ツール Microsoft Office Outlook は、タイム ゾーン データ更新ツールを使用してください。Outlook タイム ゾーン データ更新ツール (Tzmove.exe) Exchange の予定表の情報を更新します。このドキュメントでは、Exchange 予定表更新ツールの動作のしくみについて説明します。またこの資料ではいくつかの実行時に発生する可能性があります、一般的なエラーの結果です。
インストールして、Exchange 予定表更新ツールを使用する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
930879Exchange 予定表更新ツールを使用して夏時間に対応する方法

はじめに

この資料では、Exchange 予定表更新ツールの動作のしくみについて説明します。また、この資料では、Exchange 予定表更新ツールを使用するときにエラー発生する可能性のある条件について説明します。

メモ この資料で、次の見出しを使用してが発生する可能性が高いエラーを識別します。
一般的なエラー
その他のエラーは、必要に応じて識別されるそれらを体験する方法、に応じて可能性がありますされます。

重要です この資料でを実行する方法や、Exchange 予定表更新ツールを構成する方法についてのガイドです。

この資料の情報は、Exchange 予定表更新ツールのバージョン 2 に基づいています。

詳細

概要

Exchange 予定表更新ツールでは、1 つのバイナリ ファイルが、2 つの異なるモード操作にはが含まれています。最初のモードでは、タイム ゾーン エクスポート モードに関する特定のタイム ゾーンは、通常スケジュールされたミーティングの使用情報を収集するために使用されます。2 つ目のモードでは、予定表更新モードは、一連のメールボックスに対して Outlook タイム ゾーン データ更新ツールを実行するために使用されます。意図した一連の操作には、Exchange 予定表更新ツールを次に示します。
  1. 管理者は、Exchange 予定表更新ツール タイム ゾーン エクスポート モードで、対応するタイム ゾーンと共にメールボックスの一覧を作成するのには. します。
  2. 管理者は、タイム ゾーン情報を使用して一連のメールボックスにタイム ゾーンの変更を適用するのには予定表更新モードでの Exchange 予定表更新ツールを使用します。

段階 1: Exchange 予定表更新ツールの構成

Exchange 予定表更新ツールを起動すると、1 つのパラメーターがかかります。このパラメーターは、構成データから派生して、.ini ファイルの名前です。既定では、このパラメーターには
.\Msextmz.ini
このパスは、Msextmz.exe が同じフォルダー内には、Msextmz.ini ファイルを示します。Msextmz.ini ファイルの構成セクションでは、Exchange 予定表更新ツール用のすべての構成情報が含まれています。Msextmz.ini ファイルは、.ini ファイルでは、この資料の残りの部分と呼ばれます。

メモ Exchange 予定表更新ツールは、C ランタイム ライブラリの 2 つのパラメーターを受け取ります。最初のパラメーターは、プログラムの名前です。

初期化の手順

Exchange 予定表更新ツールを初期化するのには、次の手順が発生します。
  1. .Ini ファイルは、後の構成のすべての呼び出しが使用されます。このファイルが存在しない場合は、Exchange 予定表更新ツールを構成するのには、それ以降の呼び出しへの応答には、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。

    一般的なエラー
    エラー 0x80070002
    システムことはできませんファイルを検索します。
    .Ini ファイルが存在しない場合、このエラーの結果が表示されます。
  2. Exchange 予定表更新ツールのログ出力レベル、.ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    LoggingLevel=logging_level
    場合は、 LoggingLevel エントリが、.ini ファイル内に存在ではありません、Exchange 予定表更新ツールは既定値の使用 0 (0) です。イベント ログ エントリを生成するには、特定のイベントのログ出力レベルで表示されるログのレベルより小さくなければなりません、 LoggingLevel エントリです。
  3. Exchange 予定表更新ツール Msextmz.log のファイル名が .ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    Logfile=file_name
    ログ ファイル名が設定されていない場合は、 ログ ファイル Exchange 予定表更新ツール、ログ ファイルに書き込まれません。ログ ファイルが設定されている場合、 ログ ファイル エントリをログ ファイルに書き込みアクセス許可、Exchange 予定表更新ツールを開きます。

    メモ 必要がある場合は、Exchange 予定表更新ツールは、既存のログ ファイルを削除します。ログ ファイルを開く際のエラーは、致命的なエラーです。このエラーは、Win32 エラー結果を返します。また、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。

    一般的なエラー
    エラー 0x80070003
    システムは指定されたパスを見つけることができません。
    このエラーが発生する場合は、 ログ ファイル 値が存在しないフォルダーに設定されます。などがある場合このエラーが表示される場合がありますが ログ ファイル 次のようなエントリ:
    Logfile=c:\tamp\msextmz.log
    この例では、"tamp とします [一時フォルダーの名前が間違っています。
  4. Exchange 予定表更新ツール、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールのコマンドライン、.ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    CommandLine=Path_of_the_Tzmove.exe_Program_File
    は、 コマンドライン Tzmove.exe プログラムのインストール ファイルのパスと、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールを Windows インストール ファイルのパスではなくの項目を指定する必要があります。

    メモ Windows インストール ファイルは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールでは、Tzmove.exe も呼ばれます。

    は、 コマンドライン .ini ファイルのエントリを設定する必要があります。これは、Exchange 予定表更新ツールを使用してタイム ゾーンをエクスポートするのにはまたは、Exchange 予定表更新ツールを使用してタイム ゾーン情報を更新するかどうかに当てはまります。

    メモ Exchange 予定表更新ツールを使用して検証していないが、 コマンドライン Exchange 予定表更新ツールのタイム ゾーン情報をエクスポートする場合は、使用する場合のエントリは、 コマンドライン エントリが設定されていない場合、Exchange 予定表更新ツールは失敗します。さらに、次のエラーの結果が表示されます。
    [0X80004005]: MAPI_E_FAILED
  5. Exchange 予定表更新ツールは、.ini ファイルに次のエントリをサーバーの識別名 (DN とも呼ばれます) の値を読み取る。
    ServerDN=Server_distinguished_name_value
    は、 ServerDN エントリが指定する必要があります、 LegacyDN 属性の値は、サーバーのタイム ゾーンの抽出を。ただし、予定表の更新操作は、このエントリの相対識別名 (RDN とも呼ばれます)、サーバーの指定してください。たとえば、値の ServerDN エントリは、次のようなが表示されます。
    cn=ServerName
    場合は、値が ServerDN エントリが設定されていない場合、Exchange 予定表更新ツールは失敗します。さらに、次のエラーの結果が表示されます。
    [0X80004005]: MAPI_E_FAILED
  6. Exchange 予定表更新ツールの出力ファイル名 .ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    Outputfile=Output_file_name
    値は、 出力ファイル エントリは、タイム ゾーン エクスポート モードでユーザーの LegacyDN 情報とタイム ゾーンのデータを記述するために使用されます。Exchange 予定表更新ツールを使用して、 出力ファイル 予定表更新モードで入力します。ただし場合、は、 出力ファイル エントリが設定されている場合、Exchange 予定表更新ツールは書き込み権限を持っている場合は、そのファイルが開きます。

    メモ 必要がある場合は、Exchange 予定表更新ツールは、既存の出力ファイルを上書きします。出力ファイルを開く際のエラーは、致命的なエラーです。このシナリオでは、戻り値は、Win32 エラーです。

    場合は、 出力ファイル エントリが無効な場所を指定する、Exchange 予定表更新ツールは失敗します。さらに、次のエラーの結果が表示されます。

    一般的なエラー
    エラー 0x80070003
    システムは指定されたパスを見つけることができません。
    などがある場合このエラーが表示される場合がありますが 出力ファイル 次のようなエントリ:
    Outputfile=c:\tamp\mailboxes.txt
    この例では、"tamp とします [一時フォルダーの名前が間違っています。
  7. Exchange 予定表更新ツール、入力ファイルの名前、.ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    Inputfile=Input_file_name
    Exchange 予定表更新ツール エクスポート モードのタイム ゾーンで予定表更新モードでは、入力ファイルを使用できます。入力ファイルは、Exchange 予定表更新ツールを使用して、ユーザーを指定するのには LegacyDN 処理するためのメールボックスのプロパティです。場合は、 Inputfile エントリが設定されている場合、元の入力ファイルを読み取りのアクセス許可が、Exchange 予定表更新ツールを開きます。このシナリオでは、入力ファイルが存在する必要があります。入力ファイルを開く際のエラーは、致命的なエラーです。戻り値は、Win32 エラーです。
  8. Exchange 予定表更新ツール エラー ファイル名 .ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    Errorfile=Error_file_name
    Exchange 予定表更新ツールは、エラー ファイルの予定表更新モードとタイム ゾーン エクスポート モードの両方で使用できます。ファイル エラーにはが含まれています、 LegacyDN ユーザーが処理できないすべてのプロパティです。

    メモ タイム ゾーン情報を検索するのには、障害が発生、エラー ファイルには、特定のユーザーが表示されますを示していません。

    場合は、 エラー ファイル エントリが設定されている場合、Exchange 予定表更新ツールは書き込み権限を持っている場合は、そのファイルが開きます。必要がある場合は、Exchange 予定表更新ツールは、既存のファイルを上書きします。エラー ファイルを開く際のエラーは、致命的なエラーです。戻り値は、Win32 エラーです。

    場合は、 エラー ファイル エントリが無効な場所に設定されて、Exchange 予定表更新ツールは失敗します。さらに、次のエラーの結果が表示されます。

    一般的なエラー
    エラー 0x80070003
    システムは指定されたパスを見つけることができません。
    たとえば、次のようなエラー ファイルのエントリがある場合はこのエラーが表示されます。
    Errorfile=c:\tamp\errors.log
    この例では、"tamp とします [一時フォルダーの名前が間違っています。
  9. Exchange 予定表更新ツールは、MAPI プロファイル名 .ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    Profile=MAPI_profile_name
    は、 プロファイル エントリに必要な値ではありません。ただし、Exchange 予定表更新ツールこの値タイム ゾーン エクスポート モードでメールボックスのテーブルへのアクセスに MAPI プロファイルを使用する必要がありますを決定するために使用します。指定したプロファイルは、 プロファイル エントリは処理され、サーバー上のメールボックスをポイントする必要があります。また、アカウントがインフォメーション ストアの管理権限を各サーバー上のメールボックス ストアが必要です。値は、 プロファイル エントリは、この時点では検証されません。このため、プロファイルが正しくない、致命的なエラーは発生しません。
  10. Exchange 予定表更新ツールは、既定のタイム ゾーン .ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    Timezone=Default_time_zone
    は、 タイム ・ ゾーン エントリは予定表更新モードで使用されます。値は、 タイム ・ ゾーン 入力ファイルであり、タイム ゾーン情報を含まないメールボックスの Exchange 予定表更新ツールを使用して、マスターのタイム ゾーンを指定します。この値は、レジストリ サブキーは、次のレジストリの場所から指定します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Timezones
    たとえば、次のエントリの値を設定、 タイム ・ ゾーン エントリには、(GMT-3: 00) Brasillia タイム ゾーン。
    Timezone=HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Time Zones\E. South America Standard Time
    Exchange 予定表更新ツールをすぐに確認を タイム ・ ゾーン 呼び出しによって値が HrReadTimezoneFromRegistry 関数です。タイム ゾーンが存在しない場合は、この関数の呼び出しは失敗します。さらに、すべてのパラメーターをレジストリから読み取ることができない場合は、この関数の呼び出しは失敗します。
  11. Exchange 予定表更新ツール、フラグ、.ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    ExportTimezones=flag
    Exchange 予定表更新ツールは、このフラグを使用して、タイム ゾーンのデータをエクスポートするかどうかを確認します。場合は、 ExportTimezones エントリします。 1 (TRUE)、Exchange 予定表更新ツールは、処理された各メールボックスからタイム ゾーン データを読み込むを試みます。
  12. Exchange 予定表更新ツール、フラグ、.ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    ReadCalendarTimezones=flag
    Exchange 予定表更新ツールは、このフラグを使用して、予定表アイテムにタイム ゾーン情報を処理するかどうかを確認します。場合は、 ReadCalendarTimezones 値を設定するのには 1 (TRUE)、Exchange 予定表更新ツールは、予定表の定期的なアイテムの開催者のユーザーであるを検索します。さらに、Exchange 予定表更新ツール、予定表のアイテムに関連付けられているタイム ゾーンを判断しようとします。
  13. Exchange 予定表更新ツール、後処理の遅延値、.ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    PostMailboxDelay=Post_processing_delay_in_seconds
    値は、 PostMailboxDelay エントリを使用しての予定表更新モードをどのくらいの時間は、インスタンスを指定する必要がありますインスタンス、メールボックスが処理された後に一時停止します。この機能は、メールボックス サーバーの処理からの回復することができますしています。は、 PostMailboxDelay 値は秒単位で指定します。既定では、 PostMailboxDelay 値を設定するのには 0 (0) です。値 0 (ゼロ) では、後処理の遅延がないことを示します。
  14. Exchange 予定表更新ツール メールボックスの再配置の時間制限が .ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    PerMailboxTimeLimit=Rebasing_time_limit
    値は、 PerMailboxTimeLimit エントリは、Exchange 予定表更新ツールは、メールボックスの再配置を完了するのには、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールを待機する最大時間を設定します。既定値は、 PerMailboxTimeLimit エントリします。 無限.この値は、Exchange 予定表更新ツール メールボックスの再配置を完了するのには、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールを永久的に待機することを示します。デフォルト以外の値 無限 分単位で指定します。
  15. 最後に、Exchange 予定表更新ツール ログ ファイル フォルダー名が .ini ファイルに次のエントリのとおりです。
    LogDirectory=Log_file_folder_name
    ログ ファイルのフォルダーは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールの予定表を更新ファイルに書き込まれるログ フォルダーを表します。

    メモ Outlook タイム ゾーン データ更新ツールのみログ ファイル情報をこのフォルダーに予定表の更新情報をログに記録するのには、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが構成されている書き込みます。

    このエントリでは、Exchange 予定表更新ツールのログ ファイルは指定されたフォルダーにあることが記録されていません。場合は、 LogDirectory エントリには無効な値が含まれていますは、次のエラーの結果が表示されます。

    一般的なエラー
    エラー 0x80070003
    システムは指定されたパスを見つけることができません。
    ポストの再配置処理中にこのエラーに発生します。

ステージ 2: メインの処理

構成の処理が完了した後、Exchange 予定表更新ツールは、マイナーの初期化操作を実行します。その後、Exchange 予定表更新ツールは、メイン処理操作を開始します。第 1 に、Exchange 予定表更新ツールは MAPI を初期化します。MAPI を初期化するのには、致命的なエラーが発生します。通常、この種のエラーは、以前の MAPI クラッシュ コンピューター上、MAPI サブシステムが不安定な状態ことを示しています。このような状況では、コンピューターを再起動する必要があります。通常、コンピューターを再起動の初期化の問題が解決されます。Exchange 予定表更新ツールは完全な運用を開始するには、Exchange 予定表更新ツールは、システムのタイム ゾーン情報を取得しなければなりません。これを行うには、Exchange 予定表更新ツールを使用して、 GetTimezoneInformation Win32 API です。Exchange 予定表更新ツールは、予定表の更新操作中に、システムのタイム ゾーンが変更されている場合、システムのタイム ゾーンを復元するのにはこのタイム ゾーンの情報を使用します。

重要です 予定表更新セッション中に、Exchange 予定表更新ツールのプログラムを閉じると、コンピューターは予定表更新セッションの開始時に、使用するタイム ゾーンは、異なるタイム ゾーンで残ることがあります。

Exchange 予定表更新ツールは、元のタイム ゾーン情報を保存した後、Exchange 予定表更新ツールは、メインの処理操作を開始します。Exchange 予定表更新ツールではこの処理を 2 つの主な情報源を使用します。
  • メールボックスのテーブル
  • 入力ファイル
タイム ゾーン情報をエクスポートするのには、メールボックスのテーブルのみ使用できます。ただし、入力ファイルのタイム ゾーン エクスポート操作や、予定表の更新操作に使用できます。場合の値は、 Inputfile エントリが設定されていない場合は、Exchange 予定表更新ツール メールボックス テーブルを処理しません。

メールボックス テーブルの処理

Exchange 予定表更新ツールを使用して、 HrProcessMailboxTable メールボックス テーブルの処理を実行する関数です。メールボックスの一覧を処理するには、Exchange 予定表更新ツールはまず、ログオン操作を実行します。場合は、 プロファイル エントリが、.ini ファイルに設定されて、Exchange 予定表更新ツールで指定されたプロファイルを使用して、 プロファイル メールボックスにログオンするエントリ。場合は、 プロファイル 値が設定されていない場合は、Exchange 予定表更新ツールが格納されているプロファイルを選択するよう求められます。選択したプロファイルは、処理するメールボックスを含むサーバーでホストされているメールボックスにポイントする必要があります。また、このプロファイルは、特定のサーバー上のすべてのメールボックス ストアに設定、インフォメーション ストアの管理アクセス許可が必要です。Exchange 予定表更新ツールは MAPI にログオンするときに、指定されたプロファイルを使用します。

指定されたプロファイルが存在しない場合は、次のエラーの結果が表示されます。

可能性のあるエラー
エラー 0x8004010F
MAPI_E_NOT_FOUND
Exchange 予定表更新ツールが MAPI にログオンした後、Exchange 予定表更新ツール メールボックス テーブルを取得します。次の表は、特定のインフォメーション ストア上に存在するメールボックスの一覧を表します。Exchange 予定表更新ツールのユーザー インターフェイスの制限のため、だけに 65,535 のメールボックスは、1 回のエクスポート操作で返されます。

メモ サーバーが 65,535 個を超えるメールボックスがある場合は、サーバー上でホストされているメールボックスの数を確認するには、Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) クエリを使用するが最適です。このクエリは、入力ファイルを生成する使用します。Exchange 予定表更新ツールは、タイム ゾーン情報を生成する入力ファイルを処理できませんでした。メールボックスのテーブル内の各行の場合の値は、 ExportTimezones エントリを設定するのには 1 .ini ファイルでは、Exchange 予定表更新ツールは、ユーザーのタイム ゾーン情報を抽出しようとします。場合は、 ExportTimezones 値が構成されていない場合は、出力ファイルは、ユーザーの識別名だけが含まれます。このような状況では、タイム ゾーン情報は生成されません。

タイム ゾーン情報を抽出するには、Exchange 予定表更新ツールは、メールボックスへの管理ログオンを行う必要があります。この操作でインフォメーション ストアの管理権限が必要です。Exchange 予定表更新ツールを実行するアカウントが、メールボックスには、「フル メールボックス アクセス」アクセス許可を持たない場合、またはメールボックス ストアには、Exchange 予定表更新ツールを実行するアカウント インフォメーション ストアの管理アクセス許可があるない場合は、次のエラーが発生する可能性があります。

一般的なエラー
エラー: 0x8004011D
MAPI_E_FAIL_ONE_PROVIDER
また、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
HrProcessMailboxTable

ユーザーのメールボックスにログオンできません: エラー: 0x8004011D。

タイム ゾーン情報を抽出します。

は、 HrFindMailboxTimezone 最上位の関数のタイム ゾーン情報を抽出するのには、操作を実行します。タイム ゾーン情報は、次の主要なソースに分かれています。
  • コラボレーション データ オブジェクト (CDO)
  • Microsoft Office Outlook Web Access
  • Outlook 2007 または Outlook タイム ゾーン データ更新ツール
  • 予定表
タイム ゾーン情報の種類別に、タイム ゾーン情報を取得するのには、対応する関数があります。これには、次の機能が含まれます。
  • HrFindCDOTimezone
  • HrFindOWATimezone
すべてのメールボックスは、すべての種類のタイム ゾーン情報があります。特定の種類のタイム ゾーン情報が見つからない場合は、次のエラーの結果が返されます。

一般的なエラー
0X80004005 MAPI_E_FAILED
これは致命的なエラーです。このエラーは、データの破損を示しません。一部のメールボックスはすべての使用可能なタイム ゾーン情報を含みません。

メモ Exchange 予定表更新ツールが変更された場合は、このシナリオでは、MAPI_E_FAILED エラーの結果、MAPI_E_NOT_FOUND エラーで交換する予定です。

どのタイム ゾーンから情報が読み取られる場所

タイム ゾーン情報は、次の場所から読み取られます。
  • CDO の情報は、ユーザーの受信トレイから読み取られます。CDO のタイム ゾーン情報は、CDO アプリケーションがメールボックスにログオンしている場合にのみ有効です。このアクションは、CDO セッション オプションのタイム ゾーンを設定します。このシナリオはモーション (RIM) の顧客、良い顧客 CDO の他者との研究を説明します。
  • Outlook Web Access の情報は、メールボックスのルートからは読み取り専用です。Outlook Web Access のタイム ゾーン情報は、ルート フォルダーから読み込まれます。ユーザーが Outlook Web Access の設定があるが」、タイム ゾーンのエントリがない場合、タイム ゾーン情報を読み取るしようとするとこのシナリオでは、次のエラーの結果を利用します。

    一般的なエラー
    0X8004011B: MAPI_E_CORRUPT_DATA
  • Outlook 2007 および Outlook タイム ゾーン データ更新ツールのタイム ゾーン情報は、関連するメッセージ、予定表フォルダーを参照してください。
  • 予定表データのタイム ゾーン情報は、予定表のアイテムから読み取られます。タイム ゾーン データを取得するのには、予定表は Exchange 予定表更新ツールをスキャンします。このデータを取得するにはのユーザーは開催者である定期的なアイテムを検索する各項目では、Exchange 予定表更新ツールを調べます。Exchange 予定表更新ツールのタイム ゾーンの説明文字列からアイテムを抽出します。定期的な会議では、Outlook Web Access 会議ユーザーによって整理されたことを示すためにフラグが付けられないため、Exchange 予定表更新ツールはタイム ゾーン情報の定期的な会議の検出可能性があります。
すべてのタイム ゾーン情報が読み取られた後は、Exchange 予定表更新ツールの情報を出力ファイルに送信します。この情報は、次の形式があります。
UserDN<tab></tab>CDOTimezone<tab></tab>OWATimezone<tab></tab>Outlook2007/TZMOVETimezone<tab></tab>CalendarDataTimezone<tab><crlf></crlf></tab>
この形式では。
  • <tab>タブ文字の区切り記号を表します。</tab>
  • <crlf>キャリッジ戻りライン フィード文字の組み合わせを表します。</crlf>
後のタイム ゾーン情報は送信出力ファイルには、Exchange 予定表更新ツールは、ユーザーのメールボックスからログオフします。

入力ファイルを処理します。

Exchange 予定表更新ツールは、入力ファイルを処理する場合は、Exchange 予定表更新ツールは、一部のユーザーにのみ、更新を実行する必要があります可能性があります。さらに、Exchange 予定表更新ツールがユーザーのタイム ゾーン情報のサブセットのみをエクスポートする必要があります可能性。は、 HrProcessInputFile 入力ファイルの最上位レベルの処理機能を実行します。この関数は、入力ファイルの 1 行ずつ読み取ります。入力ファイルの 1 行は 1,025 文字を以内です。

入力ファイルが正しく区切られていない場合は、1 行が 1,025 文字を超えている場合は、次のエラーの結果が返されます。

一般的なエラー
[0X80004005]: MAPI_E_FAILED
識別名、識別名の最大長が入力ファイルに含まれている場合は、ありますいないサーバーのエントリまたは入力文字列にタイム ゾーン エントリを使用可能な領域。このエラーが発生する可能性です。ただし、この状況が発生する場合は、次のエラーの結果が表示されます。

一般的なエラー
[0X80004005]: MAPI_E_FAILED
メモ 現在、修正プログラムはこの問題を解決するのには利用できません。

Exchange 予定表更新ツール、行の読み取り後、Exchange 予定表更新ツール、タブ区切りのエントリ行のコンポーネントに分割します。形式は次のとおりです。
UserDN<tab></tab>サーバー<tab></tab>タイム ・ ゾーン<crlf></crlf>
この形式では。
  • UserDN legacyDN のメールボックスです。
  • サーバー サーバーのサーバー名です。 サーバー legacyDN のサーバーではありません。
  • タイム ・ ゾーン レジストリ サブキー名は、次のレジストリの場所からです。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Timezones
    たとえば、値 南アメリカ東部標準時 メールボックスのタイム ゾーンを設定するのには (GMT-3: 00)Brasillia.
Exchange 予定表更新ツールをタブ区切り形式のエントリが構成要素に分割した後、Exchange 予定表更新ツールを呼び出して、 HrProcessMailbox 関数です。

1 つのメールボックスを処理します。

1 つのメールボックスを処理するには、Exchange 予定表更新ツールはデータを Unicode に変換します。Exchange 予定表更新ツールからユーザーの相対識別名を指定する、 LegacyDN エントリです。Exchange 予定表更新ツールをこれを行うには、等号 (=) では、最後の (を調査します。=)、legacyDN のパス。Exchange 予定表更新ツールは、プロファイルとこのプロファイルへの以降のログオン、次のコマンドを使用して作成します。
MSEXTMZ-RDN-TickCount
メモ Exchange 予定表更新ツールを使用して、 HrCreateOutlookProfile ユーザー プロファイルを作成するには、[関数] をクリックします。

入力ファイルが誤ったタブ区切り記号がある場合、Exchange 予定表更新ツールが正しくないことがあります。 UserDN 値またはサーバーの名前です。このシナリオでは、次のエラーの結果が表示されます。

一般的なエラー
0X8004011C: MAPI_E_UNCONFIGURED
プロファイルを作成した後、Exchange 予定表更新ツール メールボックスを更新するか、タイム ゾーン情報を抽出するかどうかを決定します。If ExportTimezones = 1 Exchange 予定表更新ツールは、.ini ファイルに呼び出しが設定されて、 HrFindDefaultMailboxTimezone タイム ゾーン情報を抽出する関数。Exchange 予定表更新ツールを実行するアカウントがメールボックスに「フル メールボックス アクセス」アクセス許可を持たない場合は、次のエラーの結果が表示されます。

一般的なエラー
0X8004011D は: MAPI_E_FAIL_ONE_PROVIDER
さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
HrFindDefaultMailboxTimezone
できないファイルを開くメールボックス - 0x8004011D
エラーが発生しなかった場合は、「抽出のタイム ゾーンの情報」に記載されているメールボックスのタイム ゾーンの抽出処理、Exchange 予定表更新ツールを実行します。

Exchange 予定表更新ツールを実行して、目的の予定表の情報を更新する場合は、Exchange 予定表更新ツールを呼び出して、 HrTestMailboxAccess 関数です。この機能は、Exchange 予定表更新ツールは、特定のメールボックスにログオンできることを確認します。また、この関数は Exchange 予定表更新ツールは、メールボックスでフォルダーを開くことを確認します。これを行うには、この関数を [送信トレイ] フォルダーを開きますしようとします。

Exchange 予定表更新ツールを実行するアカウントがメールボックスに「フル メールボックス アクセス」アクセス許可を持たない場合は、次の現象が発生します。
  • 次のエラーの結果が表示されます。

    一般的なエラー
    0X8004011D は: MAPI_E_FAIL_ONE_PROVIDER
    さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    HrTestMailboxAccess
    できないファイルを開くメールボックス - 0x8004011D
  • 次のエラーの結果が表示されます。

    一般的なエラー
    0X80040111 ? MAPI_E_LOGON_FAILED
    さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    HrTestMailboxAccess
    できないファイルを開くメールボックス - 0x80040111
エラーが発生しなかった場合は、「抽出のタイム ゾーンの情報」に記載されているメールボックスのタイム ゾーンの抽出処理、Exchange 予定表更新ツールを実行します。

Exchange 予定表更新ツールは、ユーザーのタイム ゾーン情報をレジストリから読み取ります。これは、Exchange 予定表更新ツールの呼び出しを行うには、 HrReadTimezoneFromRegistry 関数です。は、 HrReadTimezoneFromRegistry 関数が次のレジストリ サブキーに指定されているタイム ゾーンの情報を読み取るしようとしています。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Time Zones\
このサブキーでは、DLT や STD を表す TZI 値は特定のタイム ゾーンに存在しなければなりません。これらの値が存在しない場合、操作は成功しません、タイム ゾーンを参照してください。指定されたタイム ゾーン、タイム ゾーンのレジストリ サブキーのサブキーとして存在しない場合、または Exchange 予定表更新ツールはこのレジストリの場所へのアクセス権を持たない場合は、次のエラーの結果が返されます。

一般的なエラー
0X80070002-FILE_NOT_FOUND
レジストリからタイム ゾーンが読み込まれると、Exchange 予定表更新ツールはその値をシステム タイム ゾーンを設定する必要があります。これは、Exchange 予定表更新ツールの呼び出しを行うには、 HrSetSystemTimezone 関数です。は、 HrSetSystemTimezone システムでは、特定のユーザーに対して、適切なタイム ゾーン場合関数はシステムのタイム ゾーンは変更されません。場合は、 HrSetSystemTimezone 関数は、タイム ゾーンを変更する必要があります、トークンの権限を設定する、Exchange 予定表更新ツールが、タイム ゾーンの権限を与える必要があります。既定では、この権利が割り当てられます。既定では、ただし、この権利のすべてのトークンがないです。

重要です 発生したエラーは、 HrSetSystemTimezone 関数は、システムのタイム ゾーンを設定するのには、アクセス許可は、Exchange 予定表更新ツールを実行するアカウントがあるないために発生する可能性があります。

Outlook タイム ゾーン データ更新ツールを起動して、操作の成否を決定します。

後、システム タイム ゾーンが正しくユーザーに既に正しいされてか、Exchange 予定表更新ツールの設定は、Exchange 予定表更新ツール、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールを起動する準備を行います設定されます。この準備作業には、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが成功したか失敗したかを調べるには、データの収集が含まれます。

開始するには、Exchange 予定表更新ツールを最新のイベントの数がイベント ログに記録されます。Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが正常に終了した場合、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールは、成功イベントがイベント ログに書き込みます。このイベントは、イベント ID 32、ソースの TZMOVE からです。Outlook タイム ゾーン データ更新ツールは、更新ログを書き込む可能性があります。したがって、Exchange 予定表更新ツールは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが成功したかどうかを確認するには、イベント ログを調べる必要があります。Exchange 予定表更新ツールは、イベント ログを調べると、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールを起動する前に、記録された最新のイベント ログ エントリから Exchange 予定表更新ツールを起動します。

Exchange 予定表更新ツールの呼び出しは、 HrSpawnOutlookTool Outlook タイム ゾーン データ更新ツールを起動するには、[関数] をクリックします。は、 HrSpawnOutlookTool 関数で指定されたコマンド ・ ラインを使用して、 コマンドライン .ini ファイル内のエントリです。Exchange 予定表更新ツールは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが終了するまで、待機します。

メモ Outlook タイム ゾーン データ更新ツールは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが正常に完了するため、または、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールがクラッシュするために閉じることができます。

Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが終了すると、Exchange 予定表更新ツールは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが成功したかどうかを決定します。場合は、パスで、 コマンドライン .ini ファイルのエントリにする Tzmove.exe の正しいパスが設定されていない、次のエラーの結果が表示されます。

一般的なエラー
0X80070002-FILE_NOT_FOUND
場合は、 HrSpawnOutlookTool 関数が失敗した、Exchange 予定表更新ツール、イベント ログを参照するのには行いません。さらに、Exchange 予定表更新ツールは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールのログ ファイルのコピーを作成することはありません。ただし、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが正常に起動する場合は、Exchange 予定表更新ツールは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが成功したかどうかを判断しようとします。これを行うには、Exchange 予定表更新ツールのイベント ログを調べます。Exchange 予定表更新ツールは、最新のイベント ログ レコードのイベント ID を取得しようとします。Exchange 予定表更新ツールは現在の「最新」のイベント ログ レコードをイベントログからオリジナルの「最新」のイベント ログ レコードを調べます。

元の「最新」のイベント ログ レコードと、現在の「最新」のイベント ログ レコード、同じレコードの場合は、Exchange 予定表更新ツールがイベント ログに書き込まれてイベントがないことを指定します。このシナリオでは、次のエラーの結果が表示されます。

一般的なエラー
[0X80004005]: MAPI_E_FAILED
さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
HrProcessMailbox: 書き込み: 失敗として処理イベント ログ レコードがありません。
1 つの場合この問題が発生可能性があります。 またはの次の条件に当てはまります。
  • イベント ログにイベントを書き込む十分な空き領域がありません。再このシナリオでは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツール メールボックスが正常に配置したことがあります。ただし、Exchange 予定表更新ツール、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが成功したかどうかを判断することはできません。
  • は、 コマンドライン エントリは、.ini ファイルを指します Tzmove.exe のインストール ファイルおよび Tzmove.exe プログラム ファイルにありません。

    メモ Tzmove.exe のインストール ファイルは、約 8 mb (メガバイト) です。
  • Outlook タイム ゾーン データ更新ツールは、起動時にクラッシュしました。そのため、Outlook タイム ゾーン データ更新ツール イベントがイベント ログに書き込めませんでした。この問題は、Tzmover.dll ファイルと同じフォルダーに、Tzmove.exe でない場合に発生する可能性が高いです。
エラーが発生しなかった場合は、Exchange 予定表更新ツールを呼び出して、 HrScanEventLogForSuccessAt イベント ログでは、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールの成功の記録を調べる関数です。ソースの TZMOVE からイベント ID 32 成功イベントは、メールボックスが正常に再配置されたことを示します。

Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが正常に実行されたが成功イベントがイベント ログに書き込まれません、、次のエラーの結果が発生すると、 HrScanEventLogForSuccessAt 関数は、イベント ログを調べられます。

一般的なエラー
[0X80004005]: MAPI_E_FAILED
さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
HrScanEventLogForSuccess:Success
イベントがアプリケーション ログ、エラーとして扱うことがありません。
Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが失敗した理由の詳細については、アプリケーション ログがあります。また場合は、 LoggingLevel エントリを設定するのには 2 または大きい値には、ログ ファイル詳細が含まれている可能性があります。可能な場合、Outlook タイム ゾーン データ更新ツールのイベント ログは、Exchange 予定表更新ツールのイベント ログにまたエコーされます。

Outlook タイム ゾーン データ更新ツールが正常に終了した場合は、Exchange 予定表更新ツールは Outlook タイム ゾーン データ更新ツールのログ ファイルを保存しようとします。Outlook のタイムゾーン Update.log ファイルと呼ばれます。Outlook タイム ゾーン Update.log ファイルは、%TEMP% フォルダーを各ユーザーに書き込まれます。Outlook タイム ゾーン データ更新ツールは、ログ ファイルは、常に書き込まれません。ログ ファイルが書き込まれていない場合は、したがって、エラーではありません。場合は、 LogDirectory エントリが正しく構成されていない、次のエラーの結果が返されます。

一般的なエラー
0x80070003
システムは指定されたパスを見つけることができません。
.Ini ファイルを次のようなエントリがある場合は、この問題が発生する可能性があります。
LogDirectory=c:\tamp\
このエントリには、"tamp とします [一時フォルダーの名前が間違っています。

Outlook タイム ゾーン データ更新ツールを MAPI プロファイルとして同じ名前を使用してファイルの更新プログラムのログ ファイル、コピーします。このファイル名には、次の形式があります。
MSExTmz-RDN-TickCount.log
最後に、Exchange 予定表更新ツールを一時停止によって指定された期間に、 PostMailboxDelay .ini ファイル内のエントリです。すべての障害の場合もと、の値は、 エラー ファイル エントリが、.ini ファイルに設定されて、ユーザーの legacyDN エラー ファイルに送信されます。このファイルには、正常に処理されていないユーザーの一覧が含まれます。

Exchange 予定表更新ツールのエラー コードを解釈します。

Exchange 予定表更新ツールのエラー コードを生成するのに HRESULT を使用します。そのため、エラー コードは HRESULT コードとして解釈されます。これは、詳細情報を提供するのには、エラー コードを分解してできることを意味します。

エラーの HRESULT を始めるために HRESULT コードが簡単に見分けられる 0x80.次の番号には HRESULT をファシリティ コードです。ファシリティ コードは、エラーのおおよその原因を示します。
  • 施設コード 7 システムのエラーを示します。
  • 施設コード 4 アプリケーション エラーを示します。
したがっての HRESULT 0x80070002 システム エラーが発生したことを示します。HRESULT 0x8004010F アプリケーション エラーが発生したことを示します。

ファシリティ コード後に表示されるエラーの一部は、実際のエラー コードを表します。次のエラー コードの例を検討してください。
0x80070002
  • このエラーには、 7 ファシリティ コードを表します。
  • 残りの値は、 0002、エラー コードを表します。
システム エラー コードを検索する方法の 1 つですを使用するのには、 NET HELPMSG errorcode コマンドです。たとえばと入力すると、 NET HELPMSG 2 コマンド プロンプトと ENTER キーを押しますには、次のメッセージが表示されます。
システムは指定されたファイルを見つけることができません。
このメッセージは、通常、ファイルが見つからなかったことを示します。

次の使用例は、アプリケーション エラーを表しています。
0x8004010F
この例では、エラー コードは 0x10F です。MSDN やライブ検索コード 0x10F のエラーに対応するエラー メッセージを検索するのには、Mapicode.h ファイルを調べることができます。エラー コード 0x10F は、次のエラー メッセージに対応しています。
MAPI_E_NOT_FOUND
通常このエラー メッセージは、プログラムで MAPI プロパティが見つかりませんでしたを示します。ただし、プログラムが特定のフォルダーが見つからない場合このエラー メッセージを受け取ることがあります。

関連情報

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
930879Exchange 予定表更新ツールを使用して夏時間に対応する方法
238119 拡張 MAPI の数値結果コードの一覧
この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。明示、黙示、パフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わない。

プロパティ

文書番号: 934001 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kberrmsg kbhowto kbinfo kbexpertiseadvanced kbmt KB934001 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:934001
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com