FIX、ディストリビューション データベースを監視するのには、レプリケーション モニターを使用すると SQL Server 2005 データベース エンジン失敗したアサーション エラーが生成されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934106
バグ: # 50000948 (SQL 修正プログラム)
Notice
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

ここにはこの修正プログラムのリリースに関する次について説明します。
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題
  • この修正プログラム パッケージをインストールするための必要条件
  • この修正プログラム パッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要がありますか
  • 修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられますかどうか
  • レジストリの変更が必要かどうか
  • この修正プログラム パッケージに含まれているファイル

現象

Microsoft SQL Server 2005年でディストリビューション データベースを監視するためにレプリケーション モニターを使用すると、SQL Server 2005 データベース エンジンに繰り返し失敗したアサーション エラーが生成されます。さらに、レプリケーション モニターのセッションが一時的に切断されます。失敗したアサーション エラーが発生すると、次の問題が発生します。
  • Transact SQL のいくつかのステートメントまたはストアド プロシージャを SQL Server 2005 のインスタンスを実行している場合は、Transact SQL ステートメントまたはストアド プロシージャを実行しないでください。
  • アプリケーションは、SQL Server 2005 のインスタンスに接続する場合は、接続が閉じられます。
このような状況では、レプリケーションのパフォーマンス情報は表示されません。レプリケーション モニターを更新する F5 キーを押すし、レプリケーション モニター再接続、情報が最新のもの。

この問題が発生した場合またはいくつかのいくつかの Transact SQL ステートメントを実行する場合、Transact SQL ステートメントまたはジョブ ストアド プロシージャを SQL Server 2005 のインスタンスに再接続し、Transact SQL ステートメントまたはストアド プロシージャを実行すると、ストアド プロシージャが正常に実行します。

アプリケーションは、インスタンスに接続できない場合は、インスタンスを正常に再接続できます。

解決方法

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

SQL Server 2005 サービス パック 2 をインストールする必要があります。

SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

レジストリ情報

レジストリを変更するはありません。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルの含めることはできません。

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
SQL Server 2005 の 32年ビット バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.sqlserver.maintenanceplantasks.dll9.0.3154.0296,3042007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882007 年 3 月 10 日02: 59該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし40,173,5682007 年 3 月 10 日02: 59該当なし
Rdistcom.dll2005.90.3154.0644,4642007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Msmdlocal.dll9.0.3154.015,930,2242007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Sqlaccess.dll2005.90.3154.0350,5762007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Sqlservr.exe2005.90.3154.029,191,5362007 年 3 月 10 日05: 49x 86
SQL Server 2005 x 64 ベース版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.sqlserver.maintenanceplantasks.dll9.0.3154.0296,3042007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882007 年 3 月 10 日02: 59該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし40,173,5682007 年 3 月 10 日02: 59該当なし
Rdistcom.dll2005.90.3154.0828,2722007 年 3 月 10 日11: 12x64
Msmdlocal.dll9.0.3154.015,930,2242007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Sqlaccess.dll2005.90.3154.0357,7442007 年 3 月 10 日11: 12x 86
Sqlservr.exe2005.90.3154.038,655,3442007 年 3 月 10 日11: 12x64

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この問題は一時的にしか、レプリケーション パフォーマンスに影響します。この問題は、SQL Server 2005 データベース エンジンに致命的ではありません。この問題には、残留副次的な影響はありません。また、この問題は特定の時間帯で、特定の状況でに発生します。同じコマンドを再試行する場合は、おそらく、操作が成功します。

この問題が発生しているかどうかを確認するには、SQL Server ログ ファイルを開きます。この問題がある場合は、次のテキストを表示します。
アサートに失敗しました 'LCK_SUCCESS (結果)' =
アサーションの時に、次のフォルダーにミニダンプ ファイルが生成されます。
ドライブ: \Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.x\MSSQL\LOG
メモ MSSQL.x インスタンス ID のプレース ホルダーは、SQL Server のインスタンスです。MSSQLSERVER のレジストリ エントリには、次のレジストリ サブキーの値から、システムの対応する値を決定できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL \ Names\SQL\
この問題が頻繁に発生する場合は、削除または古いミニダンプ ファイル ドライブの空き領域を解放するのには、ログ フォルダーにアーカイブすることができます。

SQL Server のエラー ログ ファイルに問題をスタック ダンプ、およびアサーション条件が表示されます。

たとえば、SQL Server のエラー ログ ファイルに次のテキストを使用して問題を検索できます。
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 * 場所: IndexDataSet.cpp:18180
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 * 式: LCK_SUCCESS (結果)
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 * SPID: 345
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 * プロセス ID: 1864年
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 *
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 * 入力バッファー 470 バイト -
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 * exec [分布] の [マスター].sys.sp_replmonitorhelpsubsc を使用します。
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 * ription @ publisher N'MyPublisherServer =' は @ publisher_db は N'mydbname =
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 * ' をパブリケーションの @ N'mypub を =' @ モード = 0、0、@ r @ exclude_anonymous を =
2006-12-18 09:43:01.52 spid345 * efreshpolicy = N'0 '
2006-12-18 09:43:07.03 spid345 エラー: 17066、レベル: 16、状態: 1。
2006-12-18 09:43:07.03 spid345 SQL Server アサーション: ファイル:<indexdataset.cpp>、行 18180 失敗したアサーション = 'LCK_SUCCESS (結果)' =。このエラーはタイミング関連にあります。ステートメントを再実行した後、エラーを解決できない場合は、DBCC CHECKDB を使用して、データベースの構造の整合性を確認するのにはまたは、インメモリ データ構造が破損していないことを確認するのには、サーバーを再起動します。<b00></b00></indexdataset.cpp>
問題のコマンドが異なる場合があります。さらに、バージョンとプラットフォームは、32 ビット プラットフォームと 64 ビット プラットフォームなどの間で、アサーションのソース コード行番号が異なる場合があります。この問題に対応する、失敗したアサーションの条件は、 LCK_SUCCESS (結果) 状態です。

コール スタック情報

0:000> kL 100
Child-SP          RetAddr           Call Site
00000000`38637930 00000000`034b1e9c kernel32!RaiseException+0x73
00000000`38637a00 00000000`02fd8811 sqlservr!CDmpDump::Dump+0x7c
00000000`38637a50 00000000`02fcbeed sqlservr!CImageHelper::DoMiniDump+0x4e1
00000000`38637bc0 00000000`02ca9159 sqlservr!stackTrace+0x83d
00000000`38639110 00000000`02d71478 sqlservr!utassert_fail+0x6c9
00000000`38639ae0 00000000`02d8d593 sqlservr!UnlockDeallocatedPage+0x228
00000000`38639c20 00000000`02d9629b sqlservr!RemoveBTreePageIfUnchanged+0x113
00000000`38639ca0 00000000`02d9b247 sqlservr!BTreeRow::DeleteRecord+0xa9b
00000000`38639e70 00000000`02f5148e sqlservr!IndexDataSetSession::SetData+0x23c7
00000000`3863e0b0 00000000`02580bc1 sqlservr!RowsetNewSS::SetData+0x6e
00000000`3863e100 00000000`01c5d371 sqlservr!CValRowMult::SetDataX+0x1d1
00000000`3863e1c0 00000000`02616916 sqlservr!CEs::GeneralEval4+0x101
00000000`3863e270 00000000`02551d66 sqlservr!CQScanUpdateNew::GetRow+0x636
00000000`3863e300 00000000`0218f2ac sqlservr!CQueryScan::GetRow+0x76
00000000`3863e330 00000000`021908de sqlservr!CXStmtQuery::ErsqExecuteQuery+0x66c
00000000`3863e480 00000000`021910ec sqlservr!CXStmtDML::XretDMLExecute+0x2fe
00000000`3863e550 00000000`020d38a5 sqlservr!CXStmtDML::XretExecute+0xac
00000000`3863e580 00000000`020daac5 sqlservr!CMsqlExecContext::ExecuteStmts<1,1>+0x4f5
00000000`3863e6d0 00000000`02123668 sqlservr!CMsqlExecContext::FExecute+0x775
00000000`3863e880 00000000`02148d62 sqlservr!CSQLSource::Execute+0xa38
00000000`3863e9f0 00000000`0214cd9c sqlservr!CStmtExecProc::XretLocalExec+0x262
00000000`3863ea70 00000000`02141250 sqlservr!CStmtExecProc::XretExecExecute+0x54c
00000000`3863f130 00000000`020d38a5 sqlservr!CXStmtExec::XretExecute+0x20
00000000`3863f170 00000000`020daac5 sqlservr!CMsqlExecContext::ExecuteStmts<1,1>+0x4f5
00000000`3863f2c0 00000000`02123668 sqlservr!CMsqlExecContext::FExecute+0x775
00000000`3863f470 00000000`01f46a5a sqlservr!CSQLSource::Execute+0xa38
00000000`3863f5e0 00000000`01f4bbab sqlservr!process_request+0x43a
00000000`3863f860 00000000`03411dd6 sqlservr!process_commands+0x32b
00000000`3863fb40 00000000`034122ef sqlservr!SOS_Task::Param::Execute+0x116
00000000`3863fc40 00000000`03417713 sqlservr!SOS_Scheduler::RunTask+0xcf
00000000`3863fcb0 00000000`033f6a30 sqlservr!SOS_Scheduler::ProcessTasks+0x1c3
00000000`3863fd10 00000000`033faed6 sqlservr!SchedulerManager::WorkerEntryPoint+0x1f0
00000000`3863fda0 00000000`03400f67 sqlservr!SystemThread::RunWorker+0xd6
00000000`3863fde0 00000000`034015b1 sqlservr!SystemThreadDispatcher::ProcessWorker+0x337
00000000`3863fe70 00000000`781337a7 sqlservr!SchedulerManager::ThreadEntryPoint+0x271
00000000`3863ff20 00000000`78133864 msvcr80!_callthreadstartex+0x17
00000000`3863ff50 00000000`77d6b69a msvcr80!_threadstartex+0x84
00000000`3863ff80 00000000`00000000 kernel32!BaseThreadStart+0x3a
Microsoft SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
この修正プログラムは、SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) にも含まれます。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935356SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) に利用可能です。

プロパティ

文書番号: 934106 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbsql2005repl kbautohotfix kbmt KB934106 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:934106
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com