FIX、サブスクライバーの SQL Server 2005 でスナップショットを適用した後、追加のスクリプトを実行するのには、トランザクション レプリケーション パブリケーションを構成するときに、ディストリビューション エージェントは、アクセス違反が発生します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934109
# をバグ: 50000949 (SQL 修正プログラム)
Notice
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

ここにはこの修正プログラムのリリースに関する次について説明します。
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題
  • この修正プログラム パッケージをインストールするための必要条件
  • この修正プログラム パッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があるかどうかについて
  • 修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられますかどうかに関する情報
  • レジストリの変更が必要かどうかに関する情報
  • この修正プログラム パッケージに含まれているファイル

現象

次のシナリオを検討してください。サブスクライバーの SQL Server 2005 でスナップショットを適用した後、追加のスクリプトを実行するのには、トランザクション レプリケーション パブリケーションを構成します。ディストリビューション エージェントは複数のサブスクリプション ストリームで実行する構成されています。たとえば、 SubscriptionStreams パラメーターが 1 より大きい値に設定されます。このシナリオでは、次の操作のいずれかが発生した時点で、その他のスクリプトを実行すると、ディストリビューション エージェントが予期せず停止可能性があります。
  • 初期の同期処理
  • 再初期化操作
この現象が発生すると、ディストリビューション エージェントは、アクセス違反エラー メッセージと、ダンプ ファイルを生成します。ダンプ ファイルのパスを次の例のパスがようになります。
C:\Program ただし SQL Server\90\Shared\ErrorDumps\ReplAgent20061026232554_0.mdmp
メモ この例では、20061026232554 の数の障害の発生時の日付とタイムスタンプです。

解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題を解決するには、SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) を取得します。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935356SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) に利用可能です。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

SQL Server 2005 サービス パック インストールこの修正プログラムを適用する 2 (SP2) が必要です。

SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

レジストリ情報

レジストリを変更するはありません。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルの含めることはできません。

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
SQL Server 2005 は、32 ビット版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.sqlserver.maintenanceplantasks.dll9.0.3154.0296,3042007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882007 年 3 月 10 日02: 59該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし40,173,5682007 年 3 月 10 日02: 59該当なし
Rdistcom.dll2005.90.3154.0644,4642007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Msmdlocal.dll9.0.3154.015,930,2242007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Sqlaccess.dll2005.90.3154.0350,5762007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Sqlservr.exe2005.90.3154.029,191,5362007 年 3 月 10 日05: 49x 86
SQL Server 2005 を x64 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.sqlserver.maintenanceplantasks.dll9.0.3154.0296,3042007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882007 年 3 月 10 日02: 59該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし40,173,5682007 年 3 月 10 日02: 59該当なし
Rdistcom.dll2005.90.3154.0828,2722007 年 3 月 10 日11: 12x64
Msmdlocal.dll9.0.3154.015,930,2242007 年 3 月 10 日05: 49x 86
Sqlaccess.dll2005.90.3154.0357,7442007 年 3 月 10 日11: 12x 86
Sqlservr.exe2005.90.3154.038,655,3442007 年 3 月 10 日11: 12x64

回避策

一時的にこの問題を回避するには、削除、 SubscriptionStreams ディストリビューション エージェントのパラメーターです。初期同期操作が完了するか、再初期化が完了すると、再度、 SubscriptionStreams パラメーターです。

詳細については、 SubscriptionStreams パラメーターは、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms170983.aspx

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

コール スタック情報

パブリック シンボルをデバッガー内で実行を有効にするし、ReplAgent を開き、DateTimeStamp_0.mdmp ミニダンプ ファイルは、部品の kL コマンドを含むコール スタックは次のような。
0:012> kL
  *** Stack trace for last set context - .thread/.cxr resets it
Child-SP          RetAddr           Call Site
00000000`0369d8a0 00000000`77ee4c8d ntdll!_woutput+0x5e2
00000000`0369dd70 00000000`77ee5289 ntdll!_snwprintf+0x3d
00000000`0369ddd0 00000000`77d67be3 ntdll!RtlFormatMessageEx+0x4fa
00000000`0369e540 00000000`77d67c87 kernel32!BaseDllFormatMessage+0x2e8
00000000`0369e640 00000000`4c1daeb7 kernel32!FormatMessageW+0x37
00000000`0369e690 00000000`4c1db10c rdistcom!CMessage::LoadMessageVarg+0xd7
00000000`0369ef10 00000000`4c201b7b rdistcom!CMessage::LoadMessage+0x1c
00000000`0369ef40 00000000`4c1e6d45 rdistcom!CCoreSubscriber::ExecPrePostScriptViaSQLCMD+0x33b
00000000`0369f820 00000000`4c1ef51f rdistcom!CSubscriber::ProcessDeferredExecutionForCSS+0xe5
00000000`0369f850 00000000`4c1f394f rdistcom!CSubscriber::CommitReplTrans+0x2f
00000000`0369f900 00000000`4c1f8ec4 rdistcom!CSubscriber::DistCmds+0x136f
00000000`0369fed0 00000000`781337a7 rdistcom!DistCmdBucketThread+0x114
00000000`0369ff20 00000000`78133864 msvcr80!_callthreadstartex+0x17
00000000`0369ff50 00000000`77d6b69a msvcr80!_threadstartex+0x84
00000000`0369ff80 00000000`00000000 kernel32!BaseThreadStart+0x3a
メモ パブリック シンボルでは、SQL Server 2005 には含まれません。ただし、記号のパブリック シンボル サーバーを使用可能です。Microsoft SQL Server 2000年および SQL Server 2005 では、コール スタックを確認するのにはパブリック シンボルとは、マイクロソフトのユーティリティをデバッグを使用できます。これを行うと、考えられるエラー状態を確認できます。この問題は、サーバー自体を調査するはありません。

デバッグ ツールをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/whdc/devtools/debugging/default.mspx
パブリック シンボル サーバーを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/whdc/devtools/debugging/debugstart.mspx
この問題の影響を受ける機能の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms152525.aspx
Microsoft SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明
この修正プログラムは、SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) にも含まれます。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935356SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) に利用可能です。

プロパティ

文書番号: 934109 - 最終更新日: 2011年7月19日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbsql2005repl kbautohotfix kbmt KB934109 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:934109
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com