64 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターで、32 ビット版の SQL Server 2005 Reporting Services をインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934162
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

ここでは、32 ビット版をインストールする方法について説明します。Microsoft SQL Server 2005年レポート サービス (SSRS) コンピューター上では64 ビット バージョンの Microsoft Windows を実行しています。

詳細

ネイティブの 64 ビット サポートをレポート サービスは、次の提供します。
  • Itanium ベース バージョンの Windows サーバー コンポーネントと64 ビット バージョンの Windows で。
  • 64 ビット バージョンの Windows のクライアント ツールです。
ただし、次のエディションの SQL Server 2005 に含まれてレポート サービスは、32 ビット版でのみ利用できます。
  • SQL Server 2005 Express Edition の高度ですサービス
  • SQL Server 2005 のワークグループ ・ エディション
これらのエディションの SQL Server 2005 のいずれかを使用するかどうかは、64 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターに次の手順を実行します。32 ビット バージョンの Reporting Services をインストールします。
  1. 64 ビット バージョンの Reporting Services をアンインストールします。

    メモ レポートの 32 ビット バージョンのサイド バイ サイド インストールサービスおよび Reporting Services では、Microsoft の 64 ビット バージョンWindows-32-で-Windows-64 (WOW64) サブシステムがサポートされていません。
  2. Microsoft の 64 ビット バージョンをインストールします。NET Framework2.0 再配布可能なパッケージです。
  3. 32 ビット バージョンの ASP を有効にします。[Net の詳細については、コンピューターです。

    メモ 32 ビットを有効にするのには、この資料のスクリプトを実行することができます。ASP のバージョンです。NET。32 ビットのバージョンの ASP を有効にしていない場合。前に NET高度なサービスと SQL SQL Server 2005 Express Edition のインストールします。サーバー 2005 Workgroup Edition、Reporting Services は使用できませんが、[インストールするコンポーネント ページします。さらに、警告メッセージを受け取ります、 ASP。NET バージョンの登録要件 項目の上に システム構成のチェック ページします。表示するかどうかは、レポートこの警告メッセージは、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
    • Windows Server 2008 では、次のエラー メッセージが表示されます。
      64 ビット.Net に登録されます。32 ビットの ASP に必要です。NetMicrosoft レポート サービス 2005 (32.bit) をインストールするのには
    • Windows Server 2003 では、次のエラー メッセージが表示されます。
      ASP を見つけられませんでした。Net バージョン登録が Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS)
  4. 32 ビット バージョンの Reporting Services インストールした後スクリプトを実行します。
次のセクションでをインストールする方法についての情報します。Reporting Services の 32 ビット バージョンを実行しているコンピューターで、64 ビット バージョンの Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 とは64 ビット バージョンの IIS 7.0 を実行しているコンピューターです。64 ビット バージョンWindows Server 2003 には、64 ビット バージョン IIS 6.0 にはが含まれています。64 ビット版Windows Vista の 64 ビット バージョンの IIS 7.0 を格納します。

64 ビット バージョンの IIS 6.0 を実行しているコンピューターで、32 ビット バージョンの Reporting Services をインストールします。

コンピューターで、32 ビット バージョンの Reporting Services をインストールするのには64 ビット バージョンの IIS 6.0 を実行している、次の手順を実行します。
  1. アンインストール64 ビット バージョンの Reporting Services。

    メモ サイド バイ サイドReporting Services の 32 ビット バージョンと 64 ビット バージョンのインストールレポート サービスはサポートされていません。
  2. 手動でインストールするのには、Dotnetfx64.exe ファイルを実行、します。NET フレームワークです。

    Dotnetfx64.exe ファイルを Tools\redist\2.0 フォルダーにあります。SQL Server 2005 セットアップ メディアだ.Dotnetfx64.exe ファイルをダウンロードするを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
    http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 70186 =
  3. IIS マネージャーをクリックします。 Web サーバー拡張機能.
  4. 詳細ペインで右クリックします。 ASP。NETV2.0.50727、し 許可します。.
  5. 右クリックします。 Web サイト、しプロパティ.
  6. クリックして、 ISAPI フィルター タブします。
  7. で、 フィルター名前 [列] をクリックしてASP。NET_2.0.50727、し 編集.
  8. 置換C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\aspnet_filter.dll でC:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\aspnet_filter.dll。
    メモ Aspnet_filter.dll ファイルには、C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\ フォルダーは、32 ビット版のです。ファイルです。
  9. クリックしてください。 [OK] 2 回、および終値の IISマネージャーです。
  10. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
    cscript %SystemDrive%\inetpub\AdminScripts\adsutil.vbsw3svc/アプリケーション プール/Enable32bitAppOnWin64 1 セットします。
  11. レポートの 32 ビット バージョンをインストールします。サービスです。
  12. セットアップが完了したら、IIS マネージャーを開きクリックしてくださいWeb サーバーの拡張機能.
  13. 詳細ペインで右クリックします。 ASP。V2.0.50727 を NET(32 ビット)、し 許可します。.

64 ビット バージョンの IIS 7.0 を実行しているコンピューターで、32 ビット バージョンの Reporting Services をインストールします。

コンピューターで、32 ビット バージョンの Reporting Services をインストールするのには64 ビット バージョンの IIS 7.0 を実行している、次の手順を実行します。
  1. ASP を有効にします。NET とレポート作成をインストールする前に IISサービスです。
  2. コマンド プロンプトを開きます。これを行うをクリックしてください。開始、ポイント すべてのプログラム、ポイントアクセサリを右クリックして コマンド プロンプト、、をクリックして、 管理者として実行します。.
  3. で、 [ユーザー アカウント制御 ダイアログ ボックスクリックしてください。 続行.
  4. 設定は、 Enable32bitAppOnWin64 オプション True を指定します。 マスター Web サイト レベルで親レベルにします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. IIS マネージャーをクリックします。 アプリケーション プール.
    2. [操作] ウィンドウでをクリックします。 アプリケーション プールの既定値を設定します。.
    3. で、 全般 セクションで、設定を Enable32bitAppOnWin64 オプション True を指定します。.
    メモ既定では、64 ビットの IIS インストールを SQL Server 2005 の 64 ビットのインストーラーが見えます。場合は、 Enable32bitAppOnWin64 オプションを設定するには False ルート レベルでは、Reporting Services のインストールを正常に完了する必要があります。
  5. 32 ビット バージョンの Reporting Services をインストールします。行う必要があります。Reporting Services をインストールした後に SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2) を適用します。Windows Vista では。[詳細設定] で SQL Server 2005 Express Edition をインストールする場合サービスは、高度なサービスを SQL Server 2005 Express Edition を実行することができます。SP2。

    詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkID 63922 =
    セットアップ中にエラーを発生する場合は、「トラブルシューティング: セットアップ エラーを参照してください。Windows Vista では"セクション。
  6. IIS をリセットします。
  7. ローカル管理用のレポート サーバーを構成します。するにはレポート サーバーおよびレポート マネージャーにローカルにアクセス、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Internet Explorer を起動します。
    2. で、 ツール メニューをクリックして インターネット オプション.
    3. クリックしてください。 セキュリティ.
    4. クリックしてください。 信頼済みサイト.
    5. クリックしてください。 サイト.
    6. 下にあります。 この web サイトをゾーンに追加します。,種類 http://サーバー名.
    7. 既定のサイトに HTTPS を使用しない場合をクリックします。オフにするのには サーバー証明書 (https: すべてのサイトで必要とします。このゾーン チェック ボックスします。
    8. クリックしてください。 追加.
    9. F と g の http://localhost を追加する手順を繰り返しますしてをクリックして、 閉じる.

      この手順を開始することができます。Internet Explorer のネットワーク コンピューター名または localhost に、レポート サーバーとレポート マネージャーの両方のサーバーです。
  8. アクセス許可のフル アクセスを明示的に付与するロールの割り当てを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 使用して Internet Explorer を起動する、 ユーザーとして実行します。管理者 オプションです。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして すべてのプログラムを右クリックして Internet Explorer,し 管理者として実行します。.
    2. レポート マネージャーを起動します。

      メモ 既定では、レポート マネージャーの URL のです。http://サーバー名/reports。使用している場合Sp2 の高度なサービス、レポート マネージャーの SQL Server 2005 Express EditionURL は http://でください。サーバー名/reports$ sqlexpress。Reporting Services、レポート マネージャーの URL の名前付きインスタンスを使用している場合ですhttp://サーバー名/reports $InstanceName.
    3. で、 ホーム ページで、クリックしてください プロパティ.
    4. クリックしてください。 新しいロールの割り当て.
    5. Windows ユーザー アカウントは、次の形式で入力します。
      ドメイン\ユーザー
    6. オンにし、 コンテンツ マネージャーチェック ボックスします。
    7. クリックしてください。 [OK].
    8. 右上にあります。コーナー、 ホーム ページで、クリックしてください [サイトの設定.
    9. クリックしてください。 サイト全体のセキュリティを構成します。.
    10. クリックしてください。 新しいロールの割り当て.
    11. Windows ユーザー アカウントは、次の形式で入力します。
      ドメイン\ユーザー
    12. オンにし、 システム管理者 チェック ボックスします。
    13. クリックしてください。 [OK].
    14. レポート マネージャーを終了します。
  9. 使用しないで Internet Explorer でレポート マネージャーを開くは、 管理者として実行します。 オプションです。

Windows Vista のセットアップ エラーをトラブルシューティングします。

SQL Server の「エラーのセットアップ」のエラー メッセージが発生した場合ネイティブ クライアント (SNAC)、データベース サービス、およびレポート サービスのします。または、SNACインストール パッケージは、無効であるか、正しくインストールされていることがあります。 詳細については、次の資料番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには:
929667SQL Server 2005 Express Edition サービス パック 2 コミュニティ技術プレビューをインストールすると、エラー メッセージ:「の製品 Microsoft SQL Server のネイティブ クライアントのインストール パッケージが見つかりません」
32 ビット バージョンの Reporting Services をインストールする手順は、エラーが解決しない場合は、次の手順を実行します。
  1. セットアップ プログラムを終了します。
  2. クリックしてください。 開始、しコントロール パネル.
  3. クリックしてください。プログラムをアンインストールします。.
  4. クリックしてください。 Microsoft SQL Server のネイティブ クライアント.
  5. クリックしてください。 アンインストール.
  6. クリックしてください。 [はい].
  7. SQL Server 2005 Express Edition の詳細を抽出します。サービスのインストール パッケージをコンピューター上のフォルダーにします。これを行うには、実行します。SQLEXPR_ADV。EXE/x コマンド プロンプトで。
  8. ファイルの抽出先のフォルダーを選択します。
  9. このフォルダーには、Sqlncli_x64.msi ファイルが見つかりません。これで、SNAC 818982、822878 SNAC。
  10. Sqlncli_x64.msi ファイルをダブルクリックし、実行、プログラムをセットアップします。
  11. で、 [機能の選択 ページで、クリックしてくださいSQL Server Native Client SDKをクリックして この機能はローカル ハード ドライブにインストールします。をクリックして 次へ、、をクリックして、 インストール.
  12. で、 [ユーザー アカウント制御 ダイアログ ボックスクリックしてください。 続行.
  13. SQL Server 2005 Express Edition には高度なインストールします。サービスです。
  14. IIS をリセットします。
  15. 手順 9 〜 11 は、「インストールは 32 ビット バージョンの Reporting Services は、64 ビット バージョンの IIS 7.0 を実行しているコンピューターで」のセクションを繰り返します。

その他の情報

IIS 7.0 では、Enable32bitapponwin64 オプションにはさまざまなレベルに加え Web サイト レベル、サイト レベルで設定できます。IIS 6.0 のようでした。完全な 32 ビット モードで、または 64 ビット モードでは、一方では、IIS 6.0 を実行できます。

32 ビットの SQL Server 2005 インストーラーは 32 ビットの IIS のインストールを検索します。これは、IIS が 32 ビット モードで実行する 32 ビットの SQL Server 2005 インストーラーを必要とするためです。IIS 7.0 の異なるレベルで異なるモード、またはビット数で実行できるため、これは、IIS 7.0 のシナリオに該当ありません。たとえば、IIS 7.0 は 32 ビット モードと 64 ビット モードで別の Web サイトでは、特定の Web サイトを実行できます。IIS 7.0 では、この新機能が導入されました。

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

32 ビット モードのワーカー プロセス
http://learn.iis.net/page.aspx/201/32-bit-mode-worker-processes
Enable32BitAppOnWin64 メタベース プロパティ (IIS 6.0)
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/WindowsServer2003/Library/IIS/5d306956-b2a2-4708-9bb9-72a395d474bb.mspx

関連情報

詳細については、Windows で Reporting Services をインストールする方法Vista ベースのコンピューターは、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
934164SQL Server 2005 をインストールする方法Windows Vista ベースのコンピューター上のレポート サービス
Reporting Services では、Windows をアップグレードする方法の詳細についてVista ベースのコンピューターは、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
934163SQL Server 2005 にアップグレードする方法Windows Vista ベースのコンピューター上のレポート サービス

プロパティ

文書番号: 934162 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kberrmsg kbhowto kbinfo kbtshoot kbexpertiseinter kbsql2005rs kbmt kbsqlsetup KB934162 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:934162
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com