Windows Vista ベースのコンピューターで SQL Server 2005 Reporting Services をアップグレードする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934163
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

要件とアップグレードの手順この資料について説明します。Microsoft SQL Server 2005年のレポート サービスの Windows Vista ベースコンピューターです。

詳細

Microsoft Windows XP には、Windows Vista にアップグレードするかどうかは、SQL Server 2005 レポートをインストール サービスがコンピューターで行うことができます。オペレーティング システムのアップグレード後に Reporting Services を使用します。完了します。ただし、これら 2 つのオペレーティング システムが異なります。実行する必要があります。前に、次の操作は、Reporting Services を使用できます。
  • Windows XP、Microsoft Windows Vista にアップグレードすると、ASP。NET とは、World Wide Web 発行サービスがオフになっています。場合でもASP。前に NET および World Wide Web 発行サービスが開始されて、アップグレードでは、asp です。NET とは、World Wide Web 発行サービスが利用できなくなります。アップグレードの処理中にします。後これらのサービスをリセットする必要があります、アップグレードしてください。
  • Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 を使用します。アプリケーション プール。Windows をアップグレードするときに新しいアプリケーション プールが作成されます。IIS および Web アプリケーションをインストールした XP ベースのコンピューター。のでサービスの実行は、従来のアプリケーションでは、IIS 7.0 では、新しいアプリケーションとして報告プールの設定は、Reporting Services の有効なできません。変更する必要があります、アップグレードが完了した後に設定します。
  • 管理者のアクセス許可が自動的に使用可能ではないです。ローカル管理者のユーザー アカウント制御 (UAC) 機能を使用している場合Windows Vista。これまでにアクセスし、以前のレポートを管理する場合サーバーにローカルに与えられているビルトインのアクセス許可を使用して管理者は、する必要があります今すぐを明示的なロールの割り当てをアカウントです。

前提条件

  • SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2) が必要SQL Server 2005 上の Windows Vista を実行してインストールします。 取得する方法の詳細についてSQL Server 2005 の最新の service pack の次の資料番号をクリックしてください。「サポート技術情報」資料を参照するには:
    913089最新のサービスを取得する方法SQL Server 2005 のパック
    メモ アップグレード手順はわずかに異なるかどうか、インストールによって異なりますSQL Server 2005 SP2 の前に、または後に、アップグレード、運用システムです。
  • 高度なサービスの SQL Server 2005 Express EditionService Pack 2 (SP2) にアップグレードする特定の要件があります。構成する必要があります、SQL をインストールする前に既存の SQL Server 2005 Reporting Services のインストールServer 2005 Express Edition sp2 の高度なサービス。それ以外の場合は、そのことはできません。SQL Server 2005 Express Edition 高度なサービスの SP2 をインストールします。

Reporting Services を Windows Vista にインストールされているコンピューターをアップグレードします。

Reporting Services をインストールするコンピューターをアップグレードするのにはWindows Vista では、次の手順を実行します。

メモ 次の手順では、Windows XP Service Pack 2 があったと想定します。(SP2)-ベースのコンピューターにします。また、Reporting Services のインスタンスであります。インストールされ、正しく構成します。
  1. レポートのインスタンスを SQL Server 2005 SP2 をインストールします。サービスです。
  2. 暗号化キーとレポート サーバー データベースをバックアップします。キーをバックアップするには、Reporting Services 構成ツールを使用します。バックアップを作成するにはデータベースに SQL Server の Management Studio を使用します。
  3. Windows XP SP2 を Windows Vista にアップグレードします。
  4. Windows Vista にログオンし、ASP を有効にします。Net を使用して開始IIS。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、し コントロール パネル.
    2. クリックしてください。 プログラム
    3. 下にあります。 [プログラムと機能をクリックして Windows の機能のオン/オフ.
    4. で、 [ユーザー アカウント制御 ダイアログボックスで、をクリックしてください 続行.
    5. で、 Windows の機能 ダイアログ ボックス展開 インターネット インフォメーション サービスを展開 世界さまざまな Web サービスを展開 アプリケーションの開発機能をオンにし、 ASP。NET チェック ボックスをしをクリックして、 [OK].
    6. [コントロール パネル] をクリックします。 システムとメンテナンス.
    7. クリックしてください。 管理ツール.
    8. ダブルクリック サービス.
    9. で、 [ユーザー アカウント制御 ダイアログボックスで、をクリックしてください 続行.
    10. 右クリックします。 World Wide Web発行、し プロパティ.
    11. で、 [スタートアップの種類 ボックスの一覧でクリックしてください 自動.
    12. クリックしてください。 適用をクリックして 開始、し [OK].
  5. いることを確認、Reporting Services のサービスおよびデータベースエンジン サービスを開始します。これらのサービスが停止している場合は、それらを開始する必要があります。今すぐします。
  6. 新しいアプリケーション プールをレポート サーバーとレポートの作成します。マネージャーです。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Reporting Services 構成ツールを起動します。行うにはこれを 開始、ポイント すべてのプログラム,ポイントします。 SQL Server 2005、ポイント 構成ツール、し レポート サービス構成.
    2. で、 [ユーザー アカウント制御 ダイアログボックスで、をクリックしてください 続行.
    3. で、 インスタンスの選択 ダイアログ ボックスコンピューター名を入力、レポート作成、サービスのインスタンスを選択し、クリックしてください。 接続.
    4. クリックしてください。 Web サービス Id.
    5. ASP の値に注意してください。NET サービス アカウントです。場合は、iwam _ を指定します。コンピューター名、経験します、クリックしたときの問題 適用 このページでは。場合は、asp です。NETサービス アカウントは NetworkService に設定されて、変更なしを適用することができます。この問題が発生しています。
    6. クリックしてください。 新しい 新しいアプリケーションを作成するのにはレポート サーバーのプールです。

      メモ 新しいアプリケーション プールを作成することをお勧めします。ただし、次の条件に該当する場合は、構成済みのアプリケーション プールを選択できます。
      • インターネット インフォメーション サービス マネージャーで、 マネージ パイプライン モード 設定します。 アプリケーションプール です クラシック.
      • ASP。NET のサービス アカウントではありません。IWAM _コンピューター名.
      構成済みのアプリケーション プールを使用する. します。 クラシック。NET アプリケーション プール で、 レポート サーバーリストです。構成済みのアプリケーションを使用する場合は、手順の 6j に参照してください。
    7. で、 [アプリケーション プール名 ボックスの種類 レポート サーバー.
    8. このアプリケーション プールのアカウントを指定します。場合は、組み込みアカウントを使用して、クリックします。 NetworkService で、 ビルトイン アカウント リストです。それ以外の場合は、ドメイン ユーザーを指定します。最小限のアクセス許可を持つアカウントです。
    9. クリックしてください。 [OK].
    10. レポート マネージャーで、同じアプリケーション プールを選択します。レポート サーバーのアプリケーション プール。
    11. クリックしてください。 適用.
    12. クリックしてください。 更新.ページの場合更新、作成したアプリケーション プールを選択されていることを確認してください。レポート サーバーとレポート マネージャーを使用します。

      場合は、エラー メッセージが表示されます。クリックすると、 適用、アプリケーション プールをレポートの選択サーバー、レポート マネージャー、およびクリック 適用 もう一度。これは、問題を解決する必要があります。場合によっては、問題が発生可能性があります。正常に設定した後、レポート マネージャーのアプリケーション プールの設定は、レポート サーバーのアプリケーション プール。

      メモ 場合によっては、 適用 ボタンが無効になっています。レポート マネージャーのアプリケーション プールを選択するとします。場合この現象発生した場合は、ページを更新し、レポートは、アプリケーション プールを再度選択サーバーです。アプリケーション プールの場合でも、レポート サーバーが正しく選択されて、アプリケーション プールがレポート サーバーを再度選択します。この実行できます、 適用 ボタン クリックします。

      場合は、 適用 ボタンします。無効に、選択されたアプリケーション プールが無効にことがあります。で、インターネット インフォメーション サービス マネージャーで、アプリケーション プールの設定を確認することは、 マネージ パイプライン モード 設定します。 アプリケーションプール です クラシック.またことを確認する必要があります、NetworkService アカウント、ビルトイン アカウントまたはドメイン ユーザー アカウントが設定されています。ASP をします。NET サービス アカウントです。
  7. レポート サーバーまたはレポート マネージャーを起動する場合Windows Internet Explorer のローカル コンピューターでレポート サーバーの URL を追加し、レポート マネージャーの URL を信頼済みサイトの一覧にします。これを行うには、以下を実行します手順:
    1. Internet Explorer を起動します。
    2. で、 ツール メニューをクリックして インターネット オプション.
    3. クリックしてください。 セキュリティ.
    4. クリックしてください。 信頼済みサイト.
    5. クリックしてください。 サイト.
    6. 下にあります。 この Web サイトをゾーンに追加します。,種類 http://サーバー名.IfHTTPS を既定のサイトを使用しないでくださいするには、[をオフにします、 必要とします。サーバー証明書 (https: すべてのサイトでは、このゾーン チェック ボックスします。
    7. クリックしてください。 追加.
    8. 7 F のステップを繰り返すし、http://localhost を追加するのには、7 gURL をクリックし 閉じる.

      次の手順を使用できます。Internet Explorer を起動し、ローカル ホスト、またはネットワーク コンピューターを開くレポート サーバー アプリケーションとレポート サーバーの名前マネージャーのアプリケーションです。
  8. アクセスを明示的に許可するロールの割り当てを作成します。すべての権限とします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Internet Explorer を起動、 実行管理者として オプションです。これを行うをクリックしてください。 開始,クリックしてください。 すべてのプログラムを右クリックして インターネットエクスプ ローラー、し ユーザーとして実行します。管理者.
    2. レポート マネージャーを開きます。既定では、レポート マネージャーの URLhttp://です。サーバー名/reports。

      使用する場合SQL Server 高速サービス SP2 の詳細と、レポート マネージャーの URL のです。http://サーバー名/reports$ sqlexpress。使用するかどうかは、Reporting Services のインスタンスの名前は、レポート マネージャーの URL のです。http://サーバー名/reports $InstanceName
    3. で、 ホーム ダイアログ ボックス、クリックして プロパティ.
    4. クリックしてください。 新しいロールの割り当て.
    5. 次を使用して、Windows ユーザー アカウント名を入力します。形式:
      ドメイン\ユーザー
    6. オンにし、 コンテンツ マネージャーチェック ボックスします。
    7. クリックしてください。 [OK].
    8. で、 ホーム ダイアログ ボックス、クリックして [サイトの設定.
    9. クリックしてください。 サイト全体のセキュリティを構成します。.
    10. クリックしてください。 新しいロールの割り当て.
    11. 次を使用して、Windows ユーザー アカウントを入力します。形式:
      ドメイン\ユーザー
    12. クリックしてください。 システム管理者.
    13. クリックしてください。 [OK].
    14. レポート マネージャーを終了します。
  9. しないで Internet Explorer を使用して、 ユーザーとして実行します。管理者 レポート マネージャーを開くには、[オプション] をクリックします。
場合は、レポート サーバーでは、Windows Vista は、明示的な管理レポート サーバーのロールの割り当てを定義しなければなりません。Windows XP では、メンバーローカルの管理者グループの自動的に完全な権限ある、レポートに含まれる ◇ローカル管理者グループのメンバーをシステムに等しい管理者ロールおよびコンテンツ マネージャー ロールします。Windows Vista では、組み込み自動レポートにアクセスする管理者のセキュリティ プリンシパルをされなくがサーバーのコンテンツ。これまでに、組み込みでは、レポート サーバーをアクセスする場合管理者のセキュリティ プリンシパルをここで明示的に Windows ユーザーを割り当てる必要があります。特定のロールにアカウントします。

アップグレードは、オペレーティング システムをアップグレードした後、SQL Server 2005 SP2 をインストールする場合のヒント

オペレーティング システム Windows Vista にする前にアップグレードする場合Reporting Services のインスタンスに SQL Server 2005 SP2 を適用、行う必要があります。SQL Server 2005 を実行する前に、レポート サーバー上で SQL Server 2005 SP2 のインストールします。Windows vista SP2。これを行うには、次の手順を実行します。

メモ 次の手順では、Windows XP SP2 ベースのコンピューターであることを前提としています。このコンピューターでは、Reporting Services のインスタンスがインストールされているあり、正しく構成します。
  1. Windows Vista にアップグレードします。
  2. ASP を有効にします。NET と、World Wide Web 公開スタートサービスです。詳細については、「アップグレード レポート コンピューターを参照してください。Windows Vista にインストールされているサービス」に含まれる ◇
  3. レポートのインスタンスを SQL Server 2005 SP2 をインストールします。サービスです。
  4. SQL をインストールした後、コンピューターを再起動しないとServer 2005 SP2、または詳細を SQL Server の Express Edition をインストールした場合サービスの SP2 は、IIS を再起動する必要があります。IIS をリセットするには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始、ポイント すべてプログラム、し アクセサリ.
    2. 右クリックします。 コマンド プロンプト、し、クリックしてください。 管理者として実行します。.
    3. で、 [ユーザー アカウント制御 ダイアログボックスで、をクリックしてください 続行.
    4. 種類 IISRESET、し、キーを押します。入力します。
    5. 中の SQL Server のサービスを停止している場合は、アップグレード プロセス、SQL Server サービスを再起動します。
    6. アプリケーション プールの設定、ロールの割り当てを作成、Web サイトを信頼済みサイトの一覧に追加します。詳細についてを参照してください、[Reporting Services を Windows Vista にインストールされているコンピューターをアップグレードする]セクションです。

SQL Server Express Edition 高度なサービスの sp2 にアップグレードする場合の考慮事項

1 の考慮事項

Reporting Services が構成されていない場合は、多数のアップグレードが表示されます。SQL Server Express Edition にアップグレードしようとするとブロックのエラー メッセージ高度なサービスの SP2 にします。次のいずれかの受信など、エラー メッセージのブロックをアップグレードします。
エラー メッセージ 1
レポーティング サービス「ReportManager」既定の Web サイトで仮想ディレクトリが見つかりませんでした。
エラー メッセージ 2
レポーティング サービス「ReportManager」仮想ディレクトリ用の Windows 統合認証が構成されていません認証します。
エラー メッセージ 3
レポーティング サービス「ReportManager」既定以外のアプリケーションを使用する仮想ディレクトリが構成されています。マッピングします。
この問題を回避するには、SQL Server の高速のアンインストールします。高度なサービス sp2 のエディションです。次に、SQL Server の新しいインスタンスをインストールします。Edition SP2 の高度なサービスと高速します。

考慮事項 2

現象

次のシナリオを検討してください。SQL Server Express エディションは、高度なサービスの SP1 をインストールします。インストール中に、データベース サービス コンポーネントと Reporting Services コンポーネントを選択します。インストール後に、高度なサービスの SP2 に SQL Server Express Edition をインストールしようとしました。このシナリオでは、データベース サービス コンポーネントが正常にアップグレードされます。ただし、Reporting Services コンポーネントをアップグレードできません。

この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • SQL Server Express Edition を高度なサービスの SP1 をインストールすると、レポート マネージャー コンポーネントをインストールしないでください。
  • 高度なサービス SP1 で SQL Server Express Edition をインストールすると、指定の インストールするサーバーを構成しないでくださいが オプションは、 [レポート サーバー インストール オプション ページします。サービス SP2 の詳細と SQL Server の Express Edition をインストールする前に、さらに、手動で Reporting Services 構成しません。

回避策

この問題を回避するには、完全に Reporting Services を構成します。その後、高度なサービスの SP2 に SQL Server Express Edition をインストールします。

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkID 63922 =

SQL Server のビジネス インテリジェンス開発 Studio では、Windows Vista を使用します。

Windows でビジネス インテリジェンス開発 Studio を使用している場合Vista は、vsprvs 開発との互換性の問題が発生します。環境です。

場合は、既存のプロジェクトまたは既存を開くソリューションまたはアイテムをレポート デザイナーまたはモデルから公開したい場合デザイナーには、レポート サーバーでは Windows Vista では昇格した許可を使用する必要があります。SQL Server ビジネス インテリジェンス開発 Studio を表示します。これを行うには、実行します。以下の手順します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして すべてプログラム、し SQL Server 2005.
  2. 右クリックします。 SQL Server ・ ビジネス ・ インテリジェンス開発 Studio.
  3. クリックしてください。 管理者として実行します。.
  4. クリックしてください。 続行.
  5. クリックしてください。 プログラムを実行します。.
レポート サーバーに、レポートやその他のアイテムを展開できます。十分なアクセス許可を持たない場合は、エラー メッセージが表示されます。の例は、次の問題が発生します。
  • 、既存を開くしようとすると「アクセス拒否」のエラー メッセージが表示されます。プロジェクトです。
  • 構成するときに、ログオン失敗のエラー メッセージが表示されます。データ ソースは共有データ ソースへの接続します。
  • 場合、レポート サーバー ウィザードを使用してレポートを作成、ウィザードを使用して接続しようとすると、ログイン失敗のエラー メッセージが表示されます。外部データ ソース、レポートにデータを提供します。
データベースを管理するユーザーのログインを作成するのにはサーバーをする必要があります実行、SQL Server Management Studio を使用して、 ユーザーとして実行します。管理者 オプションです。それ以外の場合は、作成または SQL を変更することはできません。サーバー ログインまたはデータベースのアクセス許可の SQL Server。

関連情報

詳細についてはSQL Server 2005 Reporting Services をインストールする方法の詳細については、Windows Vista ベースのコンピューターを表示するのには、次の資料番号をクリックして、資料は、マイクロソフト サポート技術。
934164Windows Vista ベースのコンピューター上で SQL Server 2005 Reporting Services をインストールする方法
詳細については、32 ビット バージョンの SQL をインストールする方法Server 2005 Reporting Services は、64 ビット バージョンを実行しているコンピューターでWindows は、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
93416264 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターで、32 ビット版の SQL Server 2005 Reporting Services をインストールする方法

プロパティ

文書番号: 934163 - 最終更新日: 2011年7月19日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbsql2005rs kbmt KB934163 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:934163
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com