[FIX] SQL Server 2005 ビルド 3150 〜 3158 で、特定の状況において、メンテナンス プランのデータベースの整合性確認タスクおよび T-SQL ステートメントの実行タスクでデータベース コンテキストが失われることがある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934459 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2) で、特定の状況において、メンテナンス プランの以下のタスクでデータベース コンテキストが失われることがあります。
  • データベースの整合性確認
  • T-SQL ステートメントの実行
たとえば、データベースの整合性確認タスクで、複数のデータベースに対して整合性確認を行うように構成されているにもかかわらず、デフォルトのデータベースが繰り返し確認されます。

T-SQL ステートメントの実行タスクでは、以下の条件に該当する場合にこの問題が発生します。
  • T-SQL ステートメントの実行タスクに複数のバッチが含まれている。
  • バッチが GO ステートメントで区切られている。
  • データベースを特定する USE ステートメントがバッチに含まれていない。
  • 各バッチのステートメントにデータベース名が含まれていない。
この場合、2 番目以降のバッチのステートメントは、デフォルトのデータベースに対して実行されます。

: SQL Server Profiler を使用することによって、この問題が発生したかどうかを確認できます。メンテナンス プランの実行をトレースするには、SQL Server Profiler のデータベース列を参照します。

解決方法

この問題は、SQL Server 2005 ビルド 3042 〜 3053 および SQL Server 2005 ビルド 3150 〜 3158 で発生します。SQL Server 2005 SP2 ビルド 3150 〜 3158 のいずれかを実行している場合は、Microsoft ダウンロード センターから以下のファイルをダウンロードして、インストールします。
下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
SQL2005-KB934459-ENU パッケージ

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

SQL Server 2005 SP2 ビルド 3042 〜 3053 のいずれかを実行している場合は、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
934458 [FIX] SQL Server 2005 ビルド 3042 〜 3053 で、特定の状況において、メンテナンス プランのデータベースの整合性確認タスクおよび T-SQL ステートメントの実行タスクでデータベース コンテキストが失われることがある
この更新プログラムを自動的に入手するには、以下の Microsoft Update Web サイトにアクセスしてください。
http://update.microsoft.com
SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
321185 SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

SQL Server 2005 SP2 およびそれ以前のバージョンのオリジナル リリース版では、メンテナンス プランのタスクに関連するコマンドは蓄積され、同時に実行されます。エラーが発生すると、タスクが実行されなくなり、それより後のメンテナンスのタスクが実行されません。SQL Server 2005 SP2 では、個々のバッチは一度に 1 つずつ送信されます。SQL Server 2005 SP2 のオリジナル リリース版では、バッチ間でデータベースの接続がリセットされます。後続のバッチは、GO ステートメントが実行される前の、現行のデータベース コンテキストではなく、デフォルトのデータベース コンテキストに残ります。影響を受けるタスク、特にデータベースの整合性確認タスクおよび T-SQL ステートメントの実行タスクは、GO ステートメントが実行される前の、現行のデータベース コンテキストに依存しています。

プロパティ

文書番号: 934459 - 最終更新日: 2007年11月20日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems
キーワード:?
kbqfe kbpubtypekc atdownload kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbsql2005ssis KB934459
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com