Windows Server 2008 での Windows Media サービスをインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934518
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次に、Windows Server 2008 オペレーティング システムではありません。
  • ストリーミング メディア サービスの役割

    メモ この役割には、Microsoft Windows Media サービス Windows Media サービス 2008年の最新バージョンが含まれます。
  • ストリーミング メディア サービスの役割の管理ツールのリモート サーバー管理ツール機能サーバー マネージャーで

解決方法

Windows Media サービスの Windows Server 2008 で使用できる新機能を入手するには、入手して、適切なストリーミング メディア サービス ロールの Microsoft Update スタンドアロン パッケージ (MSU) ファイルを実行する必要があります。このファイルは、更新されたプラットフォームで実行する必要があります。

メモ これらの新機能には、組み込みキャッシュ/プロキシ プラグインが含まれます。

Windows Server 2008 オペレーティング システムの次のインストール オプションで、ストリーミング メディア サービスの役割をインストールする方法について説明します。
  • 完全な
  • Server Core
スナップインを Microsoft 管理コンソール (リモート コンピューターから Windows Media サービスの Windows Server 2008 を構成するために使用できる MMC) をインストールする方法についても説明します。

完全なインストール オプション

完全インストールの Windows Server 2008 では、ストリーミング メディア サービス ロールをインストールするには、次の手順を実行します。

メモ ストリーミング メディア サービスの役割には、Windows Media サービス 2008年が含まれます。
  1. 次の条件に当てはまる場合は、この一覧の後の手順を実行します。
    • Microsoft Windows 2000 Server または Microsoft Windows NT Server 4.0 を実行しています。
    • Windows Media サービス 4.1 は、サーバーが実行されています。
    • Windows Server 2008 にサーバーを更新しています。
    1. Windows Server 2003 には、サーバーを更新します。

      メモ Windows Server 2003 には、サーバーを更新する前に、必要なすべての Windows Media サービス ファイルをバックアップします。これらのファイルをコピーする方法の詳細については、「ファイルをコピーする必要があります」サブセクション、「関連情報」セクション表を参照してください。
    2. Windows Server 2008 にサーバーを更新します。
  2. Windows Server 2003、Windows Server 2008 のプレリリース版は以前から、または Windows 2000 Server からアップグレードする場合は、Windows Server 2008 をインストールすると、[完全インストール] オプションを選択してください。Server Core インストール オプションは選択しないでください。
  3. ダウンロードして、ストリーミング メディア サービス ロール MSU ファイルを実行します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
      ドキュメントですか。FamilyId 9CCF6312-723B-4577-BE58-7CAAB2E1C5B7 & displaylang = en =
    2. Windows Server 2008 の 32 ビット エディションでは、次のファイルをダウンロードします。
      Windows6.0-KB934518-x 86-Server.msu
      Windows Server 2008 の 64 ビット エディションでは、次のファイルをダウンロードします。
      Windows6.0-KB934518-x 64-Server.msu
  4. サーバー マネージャーを起動します。これを行うをクリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し サーバー マネージャー.
  5. で、 アクション サーバー マネージャーで、] メニューをクリックします。 更新、し、更新が完了するまで待機します。

    メモ ステータス バーの左下側更新状態を確認できます。
  6. サーバー マネージャーを再起動します。
  7. サーバー マネージャーでは、ストリーミング メディア サービスの役割を追加します。これを行うをクリックしてください。 ロールを追加します。 下にあります。 [役割の概要、し、 ストリーミング メディア サービスします。 役割の追加ウィザードでします。
  8. Windows Media サービスの Windows Server 2008 を実行しているサーバーを更新する場合は、手順 1 で、Windows Media サービス ファイルとバックアップの設定新しい Windows サーバー プラットフォームにコピーする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Windows Media サービスのサービスを停止します。これを行うには、コマンド プロンプトで次の文字列を入力します。
      net stop wmserver
    2. バックアップ ServerNamespace.xml ファイルを新しくインストールしたこのファイルのバージョンに上書きコピーします。既定では、このファイルは、次のフォルダーにあります。
      %%windir%%\System32\Windows Media\Server
    3. Windows Media サービス サービスを再起動します。これを行うには、コマンド プロンプトで次の文字列を入力します。
      net start wmserver
メモ
  • 使用中の場所から、ストリーミング メディア サービスの役割を削除するには、次の手順を実行します。
    1. 下にあります。 [役割の概要 サーバー マネージャーでをクリックします。 ロールを削除します。.
    2. 役割の削除ウィザードで ストリーミング メディア サービスします。.
  • ストリーミング メディア サービスの役割を削除するのには ロールを追加します。 サーバー マネージャーで完全に、ストリーミング メディア サービスの役割をアンインストールする、次の手順を実行 には、[リスト] をクリックします。
    1. ストリーミング メディア サービス ロールを使用中の場所から削除します。これを行うには、以前の行頭文字のポイントに記載されている手順を実行します。
    2. [プログラムと機能 [コントロール パネル] をクリックします。 更新プログラムのインストールの表示 下にあります。 タスク.
    3. [プログラムと機能 [コントロール パネル] をクリックします。 ストリーミング メディア サービスのサーバー (KB934518) を更新します。 下にあります。 更新プログラムをアンインストールします。、し アンインストール.

Server Core インストール オプション

Windows Server 2008 の Server Core インストールでは、ストリーミング メディア サービス ロールをインストールするには、次の手順を実行します。

メモ ストリーミング メディア サービスの役割には、Windows Media サービス 2008年が含まれます。
  1. Windows Server 2008 の Server Core インストール オプションでインストールします。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkID 88273 =
  2. ストリーミング メディア サービス ロールをインストールします。これを行うには、次の手順を実行します。

    メモ 詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkID 88273 =
    1. ストリーミング メディア サービス ロール MSU ファイルをダウンロードします。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
        ドキュメントですか。FamilyId = の 9CCF6312-723B-4577-BE58-7CAAB2E1C5B7 & displaylang = en
      2. Server Core インストールの Windows Server 2008 では (32 ビット版)、次のファイルをダウンロードします。
        Windows6.0-KB934518-x 86-Core.msu
        Server Core インストールの Windows Server 2008 では (64 ビット版)、次のファイルをダウンロードします。
        Windows6.0-KB934518-x 64-Core.msu
    2. MSU ファイルは、ストリーミング メディア サービスの役割を実行します。これを行うには、次の操作のいずれかを実行します。
      • Server Core インストール (32 ビット版) の場合は、コマンド プロンプトで次の文字列を入力します。
        /w wusa 開始/Windows6.0 ・ KB934518-x 86-ServerCore.msu の静かな
      • Server Core インストール (64 ビット版) の場合は、コマンド プロンプトで次の文字列を入力します。
        /w wusa 開始/Windows6.0 ・ KB934518-x 64-ServerCore.msu の静かな
    3. ストリーミング メディア サービスの役割をインストールするには、コマンド プロンプトで次の文字列を入力します。
      /w ocsetup MediaServer を開始します。
    4. Windows Media サービス サービスを開始するには、コマンド プロンプトで次の文字列を入力します。
      net start wmserver
メモインストールの完了後、Microsoft 管理コンソール (MMC) の [Windows Media サービス] スナップインを使用して、リモート コンピューターからのストリーミング メディア サービスの役割を構成しなければなりません。スナップインは、Windows Server 2008 の完全インストールを実行している別のコンピューターにインストールできます。また、Windows Vista の最終的な Windows Vista のエンタープライズ、Windows Vista のビジネス、またはこれらの Windows Vista オペレーティング システムのバージョン、Service Pack 1 (SP1) を実行しているコンピューター上でのストリーミング メディア サービスの役割をリモート サーバー管理ツールをインストールすることができます。

リモート サーバー管理ツールのインストール

リモート サーバー管理ツール機能サーバー マネージャーでは、Windows Server 2008 の新しいです。この機能は、管理者が Windows Server 2008 を実行しているサーバーをリモートで管理できる役割管理ツールを提供します。ストリーミング メディア サービスの役割は、この機能ではサポートされていません。ただし、Windows Vista の最終的な Windows Vista のエンタープライズや Windows Vista のビジネスを実行しているコンピューター上のストリーミング メディア サービスの役割をリモート サーバー管理ツールをインストールできます。また、Windows Server 2008 の完全なインストール オプションを実行しているリモートから別の Windows Media サーバーからサーバーを管理することができます。

リモート サーバー管理ツールをストリーミング メディア サービス ロールをインストールするには、次の手順は、サポートされている Windows Vista オペレーティング システムを実行しているコンピューターでを実行します。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    ドキュメントですか。FamilyId = の 9CCF6312-723B-4577-BE58-7CAAB2E1C5B7 & displaylang = en
  2. 32 ビット エディションの Windows Vista をダウンロードし、次のファイルを実行します。
    Windows6.0-KB934518-x 86-Admin.msu
    64 ビット エディションの Windows Vista をダウンロードし、次のファイルを実行します。
    Windows6.0-KB934518-x 64-Admin.msu
Windows Media サービス スナップインが MMC にインストールされています。スナップインを起動するには 開始をクリックして 実行、し、入力 wmsadmin.

メモ インストールを完了すると、リモート サーバー管理ツールのアクセス許可が正しく、Windows Media サーバーを構成できません可能性があります。さらに、Windows ファイアウォール Windows メディア計測 (ファイアウォール経由の通信 WMI) を構成できません可能性があります。スナップインの Windows Media サーバーに接続するには、Windows Media サービスすることができますこれらのアクセス許可を構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/windowsserver2008/en/library/727bbf68-c2cc-49ac-9a88-4351c364e2491033.mspx
メモ コンピューターをアップグレードする場合に、Windows Vista の究極の SP1、Windows Vista SP1 は、エンタープライズまたは sp1 が Windows Vista のビジネスは、アップグレード時にリモート サーバー管理ツールのストリーミング メディア サービス ロールは保持されません。MMC 用スナップインを再インストールするには、このセクションに記載されている手順を実行します。

状況

この動作は仕様です。

詳細

オペレーティング システムの可用性

Windows Server 2008 を取得する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2008/en/us/default.aspx
ストリーミング メディア サービスの役割全体と Windows Server 2008 の Server Core インストールでのみインストールできます。インストール両方、32 ビット、64 ビット版のオペレーティング システムでサポートされます。リモート サーバー管理ツールの Windows Media サービスは、Windows Vista の最終的な Windows Vista のエンタープライズ、Windows Vista のビジネス、または Service Pack 1 (SP1) が含まれますこれら Windows Vista オペレーティング システムのバージョンを実行しているコンピューターにのみインストールできます。Windows Vista Home Premium、Windows Vista ホーム基本、および Windows Vista Starter でのインストールは現在サポートされていません。

サポートされている移行シナリオ

Windows Media サービス 9 シリーズ Windows Server 2003 を実行している場合は、Windows Media サービスの Windows Server 2008 のデジタル メディア ファイルおよび設定の自動移行がサポートされます。ただし、4.1 の Windows Media サービス Microsoft Windows NT Server 4.0 または Windows 2000 server を実行している場合は、最初に、Windows Media サーバーを Windows Server 2003 に更新してから Windows Server 2008 にサーバーを更新する必要があります。これら以前のプラットフォームから Windows サーバー 2008 へ直接更新することはサポートされていません。

Windows Server 2003 を更新する前に、必要な Windows Media サービス ファイルをバックアップする必要があります。これらのファイルをコピーする方法の詳細については、「ファイルをコピーする必要があります」サブセクションこのセクションの表を参照してください。

ファイルをコピーする必要があります。

次の表では、ファイルとその説明、および、Windows Media サーバー上の既定の場所にコピーする必要があります。
元に戻す全体を表示する
ファイル説明既定のパス
ServerNamespace.xmlWindows Media サービス名前空間のファイルが Windows Media サーバーの構成設定を格納します。%%windir%%\System32\Windows Media\Server
コンテンツ ソースファイル システムのコンテンツ ソースには、再生リスト ファイル、Windows メディア ・ オーディオ (WMA)、Windows メディア ・ ビデオ (WMV) ファイル、およびアーカイブされたブロードキャストなどのデジタル メディア ファイルが含まれます。%systemdrive%\WMPub
ログ ファイルログ ファイルは、コンテンツを受信するクライアントに関するデータを格納します。%%windir%%\System32\LogFiles
メモ
  • ログ ファイルのコピーは省略可能です。
  • また、サードパーティ プラグインと Windows Media サービスを使用してアプリケーションをバックアップするしてください。

Windows Media サービスの 2008年での Windows サーバー 2008 R2

Windows Media サービス 2008年は、Windows Server 2008 オペレーティング システムにインストールする方法について説明します。Windows Media サービス 2008年を Windows Server 2008 R2 のインストールには使用できません。Windows Media サービス 2008年を Windows Server 2008 R2 オペレーティング システムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の次の資料を参照してください。
963697 Windows Media サービスの Windows Server 2008 R2 をインストールする方法

プロパティ

文書番号: 934518 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 11.0
キーワード:?
kbhowto kbprb kbmt KB934518 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:934518
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com