フォーム ベースの認証または Cookie ベースの認証を必要とするサイトが SharePoint Server 2007 でクロールされない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934577 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office SharePoint Server 2007 または Microsoft Office SharePoint Server 2007 for Search が、フォーム ベースの認証または Cookie ベースの認証を必要とするサイトに保存されているコンテンツをクロールするように設定されています。この場合に、サイトのログオン ページだけがクロールされます。

: この問題は、SharePoint Server 2007 サイトまたは Windows SharePoint Services 3.0 サイトに保存されているコンテンツでは発生しません。これらのサイトについては、Web アプリケーションのデフォルトのゾーンで NTLM 認証を使用してサイトのインデックスを作成するように構成する必要があります。関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc287830.aspx

解決方法

この問題を解決するには、修正プログラム パッケージを適用し、AddRule.exe コマンド ライン ツールを使用してクロール ルールを追加してから、サイトをクロールします。

AddRule.exe コマンド ライン ツールの詳細については、「詳細」を参照してください。

修正プログラムの入手方法

この問題は、Microsoft Office SharePoint Services 修正プログラム パッケージで修正されています。

SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージの詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
939077SharePoint Server 2007 用および SharePoint Server 2007 for Search 用の SharePoint Server 2007 修正プログラム パッケージ (2007 年 6 月 24 日) について

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

フォーム ベースの認証または Cookie ベースの認証を必要とするサイトに対してクロールを有効にするには、この修正プログラムを適用した後に AddRule.exe コマンド ライン ツールを使用します。AddRule.exe コマンド ライン ツールを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=D5090BC4-5B4F-411B-8CDE-E37D33F7EFDF

コマンド ライン ツールの説明

元に戻す全体を表示する
AddRule.exe このコマンドを実行すると、次のヘルプ テキストが表示されます。
Usage: AddRule.exe <xml file>

入力ファイルの構造については、修正プログラムに付属のドキュメントに記載されています。
AddRule.exe input xml file このコマンドでは、XML ファイルに基づくクロール ルールが追加されます。これらのルールは、現在のクロール ルール セットの末尾に追加されます。管理者は、このユーザー インターフェイスを使用して、後で順序を変更できます。

XML ファイルが正しくない場合、エラー メッセージが表示されることがあります。
XML ファイルが正しくない場合、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
  • <Rules> タグが存在しない場合、次のエラー メッセージが表示されます。
    Syntax error: [rules] element not found as the only node at the root.
  • 必須ノードが XML ファイルにない場合、次のエラー メッセージが表示されます。
    Syntax error: <missing node> element unexpected.
  • XML ファイル内のノードが誤って重複している場合、次のエラー メッセージが表示されます。
    Syntax error: <node name> element already exists for the current rule
  • 種類が "FORM" または "COOKIE" ではない場合、次のエラー メッセージが表示されます。
    Syntax error: unrecognized value for the <type> element
  • login_type が "POST" ではない場合、次のエラー メッセージが表示されます。
    Syntax error: unrecognized value for the <login_type> element
    : 管理者が別の入力ファイルを使用してこのコマンドを再実行し、既存のルールとパスが一致していることが判明した場合、コマンドによりルールが変更されます。

クロール ルール オブジェクト モデル

CrawlRuleAuthenticationType 列挙体には、次の新しい値が追加されました。
  • FormsRuleAccess = 4
  • CookieRuleAccess = 5
クロール ルール オブジェクト モデルの SetCredentials メソッドは、2 つの新しい実装と共にオーバーロードされます。

フォーム ベースの認証ルールは、次の入力パラメータを次の順序で受け取ります。
  • type::CrawlRuleAuthenticationType : これは FormsRuleAccess になります。
  • AuthSubmissionMethod::String : これは POST になります。
  • AuthSubmissionPath::String : パラメータが送信される URL です。
  • authData::NameValueCollection : 非表示の名前と値のペアが格納される場所です。
  • privateAuthData:: NameValueCollection : ユーザー名やパスワードなどの暗号化された名前と値のペアが格納される場所です。
  • errorPages::StringCollection : クローラに対して、Cookie の再フェッチが必要であること、または "アクセスが拒否されました" というエラー メッセージで URL へのアクセスが失敗することを通知するさまざまエラー ページが格納されます。
Cookie ベースの認証ルールは、次の入力パラメータを次の順序で受け取ります。
  • type::CrawlRuleAuthenticationType : これは CookieRuleAccess になります。
  • cookies::StringCollection : これはクローラで使用される Cookie を格納します。
  • errorPages::StringCollection : クローラに対して、"アクセスが拒否されました" というエラー メッセージで URL へのアクセスが失敗することを通知するさまざまエラー ページを格納します。
: 名前と値のペアおよび Cookie は、現在利用可能なメカニズムと同じものを使用して暗号化されます。

エンタープライズ検索の結果に対するカスタム セキュリティ トリミング

フォーム ベースの認証または Cookie ベースの認証を要求するサイトに格納されているコンテンツがインデクサによりクロールされると、コンテンツの検索結果は、ユーザーの資格情報に関係なくすべてのユーザーに返されます。このコンテンツをセキュリティによりトリミングする必要がある場合は、「エンタープライズ検索結果のカスタム セキュリティ トリミングの概要」を参照してください。このトピックを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa981236.aspx

プロパティ

文書番号: 934577 - 最終更新日: 2008年6月13日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007 for Search (Enterprise Edition)
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007 for Search (Standard Edition)
キーワード:?
kbmoss2007postrtmfix kberrmsg kbexpertiseinter kbhotfixserver kbqfe kbbug kbfix kbpubtypekc KB934577
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com