既存のアクティブなノードから SQL Server 2005 service pack をインストールしようとするとエラー メッセージ:"product インスタンス<instancename>で最新の更新プログラムが適用されて"</instancename>

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934749
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。
  • 修正プログラムまたは累積的な更新は、インストールされている次のサービス パックのいずれかを Microsoft SQL Server 2005年のフェールオーバー クラスターに適用します。
    • SQL Server 2005 Service Pack 1 (SP1)
    • SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2)
    • SQL Server 2005 Service Pack 3 (SP3)
    • SQL Server 2005 Service Pack 4 (SP4)
  • SQL Server 2005 のフェールオーバー クラスターに新しいノードを追加するには、SQL Server Books online の以下のトピックに記載されている手順を使用しています。
  • 最後の手順では、このオンライン ブックのトピックの手順に従い、他の既存のノードのクラスターとして同じバージョン ・ レベルに、新しく追加されたノードに指示します。これを行うには、その既存のノードを新しいノードには同じサービス パックをインストールします。これを行うには、既存のアクティブなノードのいずれかから、セットアップを開始します。
このシナリオでは、既存のアクティブなノードから新しいノードでの更新プログラムをインストールしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
製品インスタンス <instancename></instancename> 最新の更新とパッチされました。

解決方法

この問題の 2 つの側面のとおりです。
  • 既存のノードに更新プログラムを実行すると、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。
  • 本番システムのダウンタイムがクラスターのすべてのノードが、同じサービス パックまたは修正プログラムのレベルに表示する必要があります。
サービス パックのレベル、フェールオーバー クラスターを SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 またはそれ以降のバージョンの場合は、新しいノードを追加し、SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 またはそれ以降の更新を使用して新しいノードで、サービス ダウンタイムなしインストールすることができます。セットアップ コマンド ライン オプションをサポートするためにこれらの更新プログラムの許可します。 進行状況バーのみ は、パッシブ ノードに直接、累積的な更新プログラムまたは修正プログラムをインストールする使用されます。この手順は、「関連情報」セクションで記載されていますいます。

新しい機能の利点を受信するには、SQL Server 2005 Service Pack 3 またはそれ以降のバージョンの SQL Server 2005 service pack を入手します。この service pack は、service pack は、アクティブなノードに一致させてください。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法

回避策

この問題を回避するには、お客様の環境に合わせて、次の手順のいずれかを使用します。

回避方法 1: サービス パック レベルのフェールオーバー クラスターを SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 またはそれ以降のバージョンです。

サービス パックのレベル、フェールオーバー クラスターを SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 またはそれ以降のバージョンの場合は、新しいノードを追加し、新しいノード上で、SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 またはそれ以降の更新をインストールすることができます。これを行うには、次の手順を実行します。

メモ この資料に記載されている手順を使用して新しいノードを追加する場合は、次の問題に注意します。
なぜ私 SQL のクラスター化インスタンス認証モードが変わっていますか。
  1. アクティブ ノードでは、オリジナル リリース版の SQL Server 2005 のセットアップを実行し、新しいノードを既存の SQL Server 2005 フェールオーバー クラスターに追加します。
  2. 使用して追加した新しいノード上で SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 またはそれ以降のバージョンのインストーラー パッケージの実行、 進行状況バーのみ コマンド ライン オプションです。新しいノードのサービス パック レベルは、SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 またはそれ以降のバージョンに更新されます。など、SQL Server 2005 の SP4 をインストールするのには、次のコマンドを使用することができます。
    SQLServer2005SP4-x の KB955706 している/passive
  3. 手順 1 で作成したノードに新しいノードを作成する前に、フェールオーバー クラスターに既に適用されている修正プログラムを適用します。

    メモ 新しく追加されたパッシブ ノードに修正プログラムを適用すると、使用する必要があります、 進行状況バーのみ コマンド ライン オプションです。この更新プログラムを適用すると、すべて、SQL Server のフェールオーバー クラスター ノードでインスタンスが同じサービス パック レベル実行されていることを確認します。
  4. 手順 1 で作成したノード上でいることを確認します。 [スタートアップの種類 SQL Server (MSSQLSERVER) でサービスに設定されて マニュアル.使用して、 進行状況バーのみ スイッチ SQL Server サービスのスタートアップの種類を変更することができます。[スタートアップの種類を変更する必要があります。 マニュアル 更新プログラムの適用処理が実行された後。

回避方法 2: サービス パック レベルのフェールオーバー クラスターを SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 またはそれ以前のバージョンです。

次の方法のいずれかを状況に応じて使用します。

メモ

方法 1

新しいノード上で、service pack と修正プログラムをインストールする前の他のノードを一時停止し、新しいノード上で、SQL Server 2005 service pack と修正プログラムをインストールします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 新しいノードにフェールオーバーします。
  2. クラスター アドミニストレーターを使用して他のノードを一時停止します。
  3. 新しいノード上で SQL Server 2005 SP2 をインストールします。
  4. 新しいノード上では、SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 と、状況に応じて適切な修正プログラムに適用されます。
  5. ノードを一時停止して起動します。

方法 2

  1. 新しいノード上で、service pack と修正プログラムをインストールする前に、実行可能な所有者] ボックスの一覧からノードを削除します。
  2. 新しいノードにフェールオーバーします。
  3. クラスター アドミニストレーターで、SQL のクラスター リソースの実行可能な所有者のノードを削除します。
  4. 新しいノード上で SQL Server 2005 SP2 をインストールします。
  5. 新しいノード上では、SQL Server 2005 SP2 累積的な更新 6 と、状況に応じて適切な修正プログラムに適用されます。
  6. 実行可能な所有者] ボックスの一覧から削除するノードを追加します。

状況

Microsoft では、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品のバグとして認識しています。

関連情報

SQL Server 2005 フェールオーバー クラスターに新しいノードを追加する方法の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。サポートされるバージョンの SQL Server 2005 の詳細については、次の MSDN ブログの投稿を参照してください。
Vs サポートの拡張」および「SQL Server 2005 の SP4 のメイン ストリーム: 誰かこれらすべてを説明できますか。

プロパティ

文書番号: 934749 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbsql2005cluster kbmt KB934749 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:934749
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com