Windows Server 2003 ベースのコンピューターで、印刷スプーラー サービスが、標準ポート モニターを使用するプリンターへの印刷ジョブの送信を停止する場合がある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 934885 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

問題の説明

Windows Server 2003 ベースのコンピューターの印刷キューは、TCP/IP の標準ポート モニター (SPM) を使用するプリンターで機能しなくなることがあります。特に、スプーラーが他のプリンターに印刷ジョブを継続して送信する場合でも、印刷スプーラー サービスはこのプリンターに印刷ジョブを送信しなくなることがあります。この状況では、プリンターのキューの印刷ジョブに "印刷中" のステータスが表示されます。キューから印刷ジョブを削除し、もう一度印刷すると、同じ問題が再発します。

解決方法

この問題は、プリンター ドライバー プロセスでアクセス違反が発生するために発生します。この問題が発生すると、スプーラーは停止せず、SPM ポートはリセットされません。これにより、印刷キューがクラッシュします。

この問題を解決するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自身でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。続いて [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、ウィザードの手順に従います。


この問題を解決する
Microsoft Fix it 50226


: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。

自分で解決する


この修正プログラムは、プリンター ドライバー プロセス内でアクセス違反が発生している場所を診断するために設計されています。この修正プログラムをインストールすると、この問題が発生したときにスプーラー プロセスの User.dmp ファイルが作成されます。この User.dmp ファイルをプリンターの製造元に送信して、更新されたドライバーを提供してくれるように製造元に要求します。

この修正プログラムをインストールした後、レジストリ値を作成し、システムでスプーラー プロセスの User.dmp ファイルを作成できるようにします。重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows XP でレジストリをバックアップおよび復元する方法
このレジストリ値を作成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. レジストリで次のサブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Print
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. DWORD 値の名前として「ThrowDriverException」と入力し、Enter キーを押します。
  5. [ThrowDriverException] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスに「1」と入力し、[OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディターを終了します。

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、Microsoft Customer Service and Support にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。Microsoft Customer Service and Support の電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
:「ダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが存在しないことになります。
必要条件
この修正プログラムを適用する前に、コンピューターで以下のいずれかのオペレーティング システムが実行されている必要があります。
  • 32 ビット版の Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2)
  • Itanium ベースの Windows Server 2003 SP2
  • x64 ベースの Windows SP2
再起動の必要性
この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。
修正プログラムの置き換えに関する情報
この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次の表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Windows Server 2003 (x86 ベース)
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズDateTimeプラットフォーム
Localspl.dll5.2.3790.4046342,0162007/3/2320:24x86
Windows Server 2003 (x64 ベース)
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズDateTimeプラットフォーム
Localspl.dll5.2.3790.4046750,0802007/3/2322:15x64
Windows Server 2003 (Itanium ベース)
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズDateTimeプラットフォーム
Localspl.dll5.2.3790.4046968,1922007/3/2322:16IA-64

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、この資料の作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。

回避策

この問題を回避するには、印刷スプーラー サービスを一度停止してから再開するか、コンピューターを再起動します。 印刷スプーラー サービスを再開するには、以下のいずれかの方法を実行します。

サービス コンソールからの印刷スプーラー サービスの停止と再開

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、「services.msc」と入力して [OK] をクリックします。
  2. [Print Spooler] サービスを右クリックし、[停止] をクリックします。
  3. [Print Spooler] サービスを右クリックし、[開始] をクリックします。

コマンド プロンプトによる印刷スプーラー サービスの停止と再開

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    net stop spooler
    net start spooler
    exit
    : 各コマンド ラインの後に Enter キーを押してください。

ステータス

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

プリンターの製造元に問い合わせる方法の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/vendors
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。 修正プログラム パッケージの名前の付け方の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
816915 Microsoft Windows ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい名前付けスキーマ
関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

x64 ベースの Microsoft Windows の技術サポート

ハードウェアにあらかじめ Microsoft Windows x64 エディションがインストールされていた場合、Windows x64 エディションの技術サポートと支援はハードウェアの製造元から提供されます。つまり、Windows x64 エディションをハードウェアにインストールしたハードウェアの製造元がサポートを提供します。ハードウェアの製造元は、独自のコンポーネントを使用して Windows x64 エディションのインストール環境をカスタマイズしている場合があります。独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。Windows x64 エディションに関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。Microsoft Windows Server 2003 x64 Edition など、Windows x64 エディションを個別に購入した場合、技術サポートについてはマイクロソフトにお問い合わせください。

Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/64bit/default.mspx
x64 ベースの Microsoft Windows Server 2003 の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/64bit/x64/editions.mspx

プロパティ

文書番号: 934885 - 最終更新日: 2010年2月22日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
キーワード:?
kbmsifixme kbfixme kbautohotfix kbfix kbhotfixserver kbqfe kbexpertiseinter KB934885
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com