SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) に利用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 935356
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

特定の SQL Server のサービス パックの Microsoft SQL Server 2005年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 2 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 2 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

累積的な更新 1 には、Service Pack 2 のリリース以降に修正された SQL Server 2005 の問題に対する修正プログラムが含まれます。

メモ この累積的な更新プログラム パッケージのビルドは 3161 ビルドとも呼ばれます。

それらを運用環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
937137SQL Server 2005 Service Pack 2 のリリース以降後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。

累積的な更新プログラム パッケージに関する注意事項

  • SQL Server 2005 の修正プログラムは複数言語になりました。1 つの累積的な更新プログラム パッケージのすべての言語であります。
  • 1 つの累積的な更新プログラム パッケージには、すべてのコンポーネント パッケージが含まれます。累積的な更新プログラム パッケージは、システムにインストールされているコンポーネントのみを更新するのに設計されています。
  • SQL Server 管理オブジェクト (拡張ストアド プロシージャを SMO) を有効にする必要があり、SQL Server 分散管理オブジェクト (DMO-SQL) 拡張ストアド プロシージャは、累積的な更新プログラム パッケージをインストールする前にします。詳細については、 SMO と DMO XPs オプションは、SQL Server 2005 Books Online を参照してください。

    メモ SQL Server 2005 Books Online メモをこれらのストアド プロシージャの既定の設定は 0 (オフ) です。ただし、この値は正しくありません。既定では、設定は 1 (有効) です。

詳細

SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新 1 を入手する方法

サポートされている累積的な更新プログラム パッケージがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。これらの問題が発生しているシステムにのみ適用します。この累積的な更新プログラム パッケージは、さらにテストを受ける可能性があります。そのためには、これらの問題で深刻な影響がない場合は、この累積的な更新プログラム パッケージで修正プログラムを含む次の SQL Server 2005 service pack がリリースされるまで待つことをお勧めします。

累積的な更新プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新プログラム パッケージを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生する、または任意のトラブルシューティングが必要だ場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の累積的な更新プログラム パッケージの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラム ダウンロードできる」フォームの累積的な更新プログラムを入手できる言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、累積的な更新プログラム パッケージがその言語の利用できないためにです。

SQL Server 2005 SP2 には累積的な更新プログラム パッケージ (ビルド 3161) が含まれている SQL Server 2005 SP2 以降の修正プログラム

メモ これらの修正プログラムについて説明する技術資料は、修正プログラムとして利用できるように解放されます。バグの詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、文書番号をクリックします。
元に戻す全体を表示する
SQL 修正プログラム バグ番号サポート技術情報の文書番号説明
50000939933508Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 の問題: クリーンアップ タスク実行するさまざまな間隔で予想以上
50000787929240FIX、I/O サブシステムが SQL Server 2005 では、IO 要求を維持するために十分に高速でない場合は、チェックポイント プロセスによって生成される I/O 要求の I/O ボトルネック可能性があります。
50000784930505FIX、DML ステートメントは、テーブルに対して実行すると、エラー メッセージ SQL Server 2005 でマージ レプリケーションを公開します"ストアド プロシージャが見つかりませんでした"。
50000783930691FIX SQL Server 2005 Analysis Services のインスタンスを監視するのには SQL Server プロファイラーを使用すると、その後、インスタンスを監視する SQL Server プロファイラーを停止する.
50000785930775FIX SQL Server 2005 では、オプション (再コンパイル) のクエリ ヒントを使用して、カーソルから行を取得しようとするとエラー メッセージ:「カーソルが宣言された後にテーブル スキーマが変更されたためカーソル操作を完了できませんでした」
50000873931329FIX Microsoft SQL Server 2005 で、クエリを実行するとエラー メッセージ:"メッセージ 8624、レベル 16、状態 116 の内部クエリ プロセッサ エラー: クエリ プロセッサはクエリ プランを作成できませんでした"
50000875932115FIX、非実体行クリーンアップ スレッド非実体行の一部のデータ ファイルは、データベースの SQL Server 2005 では削除されるわけで
50000900933549FIX SQL Server 2005 では、一括コピー操作を実行すると、アクセス違反が可能性があります。
50000949934109FIX、サブスクライバーの SQL Server 2005 でスナップショットを適用した後、追加のスクリプトを実行するのには、トランザクション レプリケーション パブリケーションを構成するときに、ディストリビューション エージェントは、アクセス違反が発生します。
50000952934188FIX、ディストリビューション エージェントが SQL Server 2005 で実行されている場合でも、ディストリビューション エージェントは、コマンドがサブスクライバーに配信されません。
50000958934226FIX SQL Server 2005 では、電子メール メッセージを送信するのには、データベース メールを使用しようとするとエラー メッセージ:「プロファイル名有効 (Microsoft SQL Server、14607 のエラー) ではない」
50001012934459FIX、データベースの整合性確認タスクおよび T SQL ステートメントの実行タスクは、メンテナンス プランでデータベースのコンテキストでは、特定の状況では、SQL Server 2005 ビルド 3150 〜 3158 を失う可能性があります。
50000948934106FIX、ディストリビューション データベースを監視するのには、レプリケーション モニターを使用すると SQL Server 2005 データベース エンジン失敗したアサーション エラーが生成されます。
50000684931821FIX、x x64 ベース バージョンの SQL Server 2005 がインストールされているコンピューターで NUMA アーキテクチャを使用すると SQL Server 2005 での高い CPU 使用率が発生する可能性があります。
50000769931843FIX SQL Server 2005 のストアド プロシージャが停止している場合は、一時テーブルに割り当てられているディスク領域をクリアしません。
50000918933808FIX には入れ子になった FOR XML 句では、SQL Server 2005 でクエリを実行するとエラー メッセージが含まれています:「XML データ型が破損している」
50000921933499FIX トランザクション レプリケーションを使用しての実行をレプリケートすると、エラー メッセージ ストアド プロシージャ サブスクライバーに SQL Server 2005 で:「クエリを実行するが不足していますメモリ」
50000945933564FIX SQL Server 2005 で USERSTORE_TOKENPERM キャッシュ ストアのメモリの消費量が徐々 に増加が発生します。
50000964933724FIX ユーザー定義のスカラー関数を SQL Server 2005 のインスタンスを使用してクエリを実行するとクエリのパフォーマンスが遅い
50000969933766修正: 失敗したアサーション メッセージで SQL Server 2005 のさまざまな操作を実行すると、エラー ログ ファイル:"失敗したアサーション = の有効期限が切れた blob ハンドル (3) にアクセスしようとして ' fFalse'"
50001026934706FIX SQL Server 2005 Service Pack 2 での vardecimal データベースの圧縮を有効にすると、段階的な部分復元操作を実行すると、エラー メッセージ:「段階的な部分復元はサポートされていません、アップグレードにはが含まれている場合」
50001076935399Outlook 2007 で、レポートを開いたときに圧縮する FIX テーブルに SQL Server 2005 Reporting Services Service Pack 2 で配信されるレポートを表示します。
50001083935789修正プログラムを適用します。 内部結合を含むクエリを実行すると、SQL Server 2005 を実行しているし、複数のプロセッサを持つコンピューターでは、正しい結果が可能性があります。
50001105935436修正プログラムを適用します。 レポートでは、SQL Server 2005 Reporting Services レポート サーバーでホストされている場合は、レポートの背景色を黒可能性があります。
50000786分析サービス 9.0 OLE DB プロバイダー (Msolap90.dll) を使用して、SQL Server 2005 Analysis Services に接続するのには、アプリケーションにメモリ リークがあります。
50000810ビューを更新するのには、カーソルを使用すると、エラー 16934 が発生します。エラー 16934 のエラー メッセージのとおりです:"オプティミスティック同時実行制御チェックに失敗しました。行はこのカーソルの外部で変更されました。"
50000889データ マイニング クライアントで Excel アドインは、SQL Server 2005 の分析サービス Standard Edition を実行しているサーバーに対して、主要な影響元の分析操作を実行します。これを行うと、次のエラー メッセージが表示される:「'MINIMUM_DEPENDENCY_PROBABILITY' データ マイニング パラメーター 'ATableName' モデル無効です。"
50000919エラー 565 が発生するは、暗号化されたストアド プロシージャを実行すると、可能性があります。エラー 565 のエラー メッセージのとおりです:"スタック オーバーフロー サーバーにクエリをコンパイル中に発生。ください、クエリを簡略化します。]
50000960データ マイニング クライアント用 Excel アドインからのコンテンツ クエリ結果セットを表示するのには時間がかかることがあります。この問題は、特に場合は、結果セットが大きいを発生します。Microsoft Office Excel は、クエリの実行中に (ハング) を応答を停止に見えます。

累積的な更新プログラム パッケージの情報

前提条件

  • Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 (SP2)
SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法

情報を再起動します。

SQL Server サービスを再起動する必要があります。セットアップ プログラムは、SQL Server サービスを再起動します。また、コンピューターを再起動しなければなりません。

レジストリ情報

レジストリを変更するはありません。

ファイル情報

この累積的な更新プログラム パッケージには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれます。この累積的な更新プログラム パッケージには完全、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルがありません。

この累積的な更新プログラム パッケージの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
SQL Server 2005 データベース エンジンでは 32 ビット バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.Sqlserver.Maintenanceplantasks.dll9.0.3161.0296,3042007/04/0315: 03x 86
Msmdlocal.dll9.0.3161.015,930,2242007/04/0315: 03x 86
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882007/04/0311: 51該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし40,173,5682007/04/0311: 51該当なし
Rdistcom.dll2005.90.3161.0644,4642007/04/0315: 03x 86
Sqlaccess.dll2005.90.3161.0350,5762007/04/0315: 03x 86
Sqlservr.exe2005.90.3161.029,191,5362007/04/0315: 03x 86
Sysdbupg.sql該当なし510,6222007 年 3 月 31 日5: 24該当なし
SQL Server 2005 Analysis Services、32 ビット版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Msmdlocal.dll9.0.3161.015,930,2242007/04/0315: 03x 86
Msmdsrv.exe9.0.3161.014,898,5442007/04/0315: 03x 86
Msmgdsrv.dll9.0.3161.06,041,4562007/04/0315: 03x 86
Msolap90.dll9.0.3161.04,299,1202007/04/0315: 03x 86
SQL Server 2005 Reporting Services、32 ビット版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.Reportingservices.Diagnostics.dll9.0.3161.0800,1122007/04/0315: 03x 86
Microsoft.Reportingservices.Htmlrendering.dll9.0.3161.0308,5922007/04/0315: 03x 86
Microsoft.Reportingservices.Imagerendering.dll9.0.3161.0288,1122007/04/0315: 03x 86
Msmdlocal.dll9.0.3161.015,930,2242007/04/0315: 03x 86
Msmgdsrv.dll9.0.3161.06,041,4562007/04/0315: 03x 86
Reportingservicesservice.exe9.0.3161.017,2642007/04/0315: 03x 86
SQL Server 2005 Notification Services、32 ビット版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Nsservice.exe9.0.3161.021,8722007/04/0315: 03x 86
SQL Server 2005 の統合サービス、32 ビット版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.Sqlserver.Maintenanceplantasks.dll9.0.3161.0296,3042007/04/0315: 03x 86
Msdtssrvr.exe9.0.3161.0206,1922007/04/0315: 03x 86
Msmdlocal.dll9.0.3161.015,930,2242007/04/0315: 03x 86
SQL Server 2005 データベース エンジンは x64 ベース バージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.Sqlserver.Maintenanceplantasks.dll9.0.3161.0296,3042007/04/0314: 03x 86
Msmdlocal.dll9.0.3161.015,930,2242007/04/0314: 03x 86
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882007/04/0310: 51該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし40,173,5682007/04/0310: 51該当なし
Rdistcom.dll2005.90.3161.0828,2722007/04/0319: 03x64
Sqlaccess.dll2005.90.3161.0357,7442007/04/0319: 03x 86
Sqlservr.exe2005.90.3161.038,534,5122007/04/0319: 03x64
Sysdbupg.sql該当なし510,6222007 年 3 月 31 日4: 24該当なし
SQL Server 2005 Analysis Services、x64 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Msmdlocal.dll9.0.3161.030,801,7762007/04/0319: 03x64
Msmdsrv.exe9.0.3161.030,130,0322007/04/0319: 03x64
Msmgdsrv.dll9.0.3161.06,041,4562007/04/0315: 03x 86
Msmgdsrv.dll9.0.3161.09,101,6802007/04/0319: 03x64
Msolap90.dll9.0.3161.04,299,1202007/04/0315: 03x 86
Msolap90.dll9.0.3161.05,849,9682007/04/0319: 03x64
SQL Server 2005 レポート サービス、x64 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.Reportingservices.Diagnostics.dll9.0.3161.0800,1122007/04/0319: 03x 86
Microsoft.Reportingservices.Htmlrendering.dll9.0.3161.0308,5922007/04/0319: 03x 86
Microsoft.Reportingservices.Imagerendering.dll9.0.3161.0288,1122007/04/0319: 03x 86
Msmdlocal.dll9.0.3161.030,801,7762007/04/0319: 03x64
Msmgdsrv.dll9.0.3161.09,101,6802007/04/0319: 03x64
Reportingservicesservice.exe9.0.3161.017,2642007/04/0319: 03x 86
SQL Server 2005 Notification Services、x64 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Nsservice.exe9.0.3161.021,8722007/04/0319: 03x 86
SQL Server 2005 の統合サービス、x64 ベース バージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.Sqlserver.Maintenanceplantasks.dll9.0.3161.0296,3042007/04/0314: 03x 86
Msdtssrvr.exe9.0.3161.0202,0962007/04/0319: 03x64
Msmdlocal.dll9.0.3161.030,801,7762007/04/0319: 03x64
SQL Server 2005 データベース エンジンは、Itanium アーキテクチャ バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.Sqlserver.Maintenanceplantasks.dll9.0.3161.0296,3042007/04/0314: 03x 86
Msmdlocal.dll9.0.3161.049,815,9202007/04/0321: 18IA-64
Mssqlsystemresource.ldf該当なし524,2882007/04/0310: 51該当なし
Mssqlsystemresource.mdf該当なし40,173,5682007/04/0310: 51該当なし
Rdistcom.dll2005.90.3161.01,885,0402007/04/0321: 18IA-64
Sqlaccess.dll2005.90.3161.0352,1122007/04/0321: 18x 86
Sqlservr.exe2005.90.3161.072,841,0722007/04/0321: 18IA-64
Sysdbupg.sql該当なし510,6222007 年 3 月 31 日4: 24該当なし
SQL Server 2005 Analysis Services、Itanium アーキテクチャ バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Msmdlocal.dll9.0.3161.015,930,2242007/04/0315: 03x 86
Msmdlocal.dll9.0.3161.049,815,9202007/04/0322: 18IA-64
Msmdsrv.exe9.0.3161.048,766,8322007/04/0321: 18IA-64
Msmgdsrv.dll9.0.3161.06,041,4562007/04/0315: 03x 86
Msmgdsrv.dll9.0.3161.013,128,0482007/04/0322: 18IA-64
Msolap90.dll9.0.3161.04,299,1202007/04/0315: 03x 86
Msolap90.dll9.0.3161.07,910,2562007/04/0322: 18IA-64
SQL Server 2005 Reporting Services を Itanium アーキテクチャ バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.Reportingservices.Diagnostics.dll9.0.3161.0800,1122007/04/0321: 18x 86
Microsoft.Reportingservices.Htmlrendering.dll9.0.3161.0308,5922007/04/0321: 18x 86
Microsoft.Reportingservices.Imagerendering.dll9.0.3161.0288,1122007/04/0321: 18x 86
Msmdlocal.dll9.0.3161.049,815,9202007/04/0321: 18IA-64
Msmgdsrv.dll9.0.3161.013,128,0482007/04/0321: 18IA-64
Reportingservicesservice.exe9.0.3161.017,2642007/04/0321: 18x 86
SQL Server 2005 Notification Services Itanium アーキテクチャ バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Nsservice.exe9.0.3161.021,8722007/04/0321: 18x 86
SQL Server 2005 の統合サービス、Itanium アーキテクチャ バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.Sqlserver.Maintenanceplantasks.dll9.0.3161.0296,3042007/04/0314: 03x 86
Msdtssrvr.exe9.0.3161.0202,0962007/04/0321: 18IA-64
Msmdlocal.dll9.0.3161.049,815,9202007/04/0321: 18IA-64

関連情報

SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
SQL Server 2005 SP2 の新機能および SQL Server 2005 SP2 での機能強化の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 71711 =
SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は

プロパティ

文書番号: 935356 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB935356 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:935356
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com