Windows vista または Windows 7 では、アクティブな電源プランの電源オプションを構成すると、変更内容のコントロール パネルの [電源オプション] 項目で反映されません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 935799 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows vista または Windows 7 でのアクティブな (現在) の電源プランの電源オプションを構成すると、変更は反映されますない、 システムの設定 ページので、 電源オプション コントロール パネルの項目。

メモ アクセスすることができます、システムの設定ページの左側のウィンドウで次のリンクをクリックすると、電源オプション ページ:
  • スリープ解除時のパスワード保護
  • 電源ボタンの動作を選択します。
  • カバーを閉じたときの動作を選択します。

既定、または「推奨」電源プランを使用する場合この現象は発生しません。レジストリで、推奨される電源プランを指定します。

原因

設定のため、この現象が発生します。 システムの設定 ページのレジストリ設定が、推奨される電源プランから派生しました。

アクティブな電源プランを変更影響しません、グローバル設定で、 システムの設定 現在、推奨される電源プランを使用している場合を除き、ページします。変更します。 システムの設定 ページは、すべての電源プランに適用されます。これらの電源プランがアクティブなプランに作成したカスタム計画などがあります。

メモ 既定では、推奨される電源プランで、 バランス Windows vista および Windows 7 で計画します。

詳細

電源プラン

Windows Vista と Windows 7 の電源設定の電源プランに基づいています。電源プランは、コンピューターの電源使用を管理するハードウェア設定とシステム設定のコレクションです。電源プランは、エネルギー節約、システムのパフォーマンスを最大化する、またはこれら 2 つの目標のバランスを達成するためにすることができます。Windows Vista および Windows 7 は、コンピューターの電源の管理を支援するのには、以下の既定プランを提供します。
  • バランス
    必要がある場合この計画全体のパフォーマンスを提供します。この計画の非アクティブ期間中に電源を保存します。
  • 省電力
    この計画システム パフォーマンスを低下させて電力を節約します。この計画は、1 回のバッテリ充電から最も利益モバイル PC のユーザーことができます。
  • 高いパフォーマンス
    この計画システムのパフォーマンスと応答性を最大化します。モバイル pc のバッテリ時間と、この計画を使用として寿命ことがあります。
任意のプランの設定を変更することができます。 または出発点としてこれらの計画のいずれかを使用して独自のプランを作成することができます。

電源プランを作成する方法

電源プランを作成するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    ] 電源オプション 続いて 検索を開始します。 [ 電源オプション 続いて プログラム リストです。
  2. で、 電源プランを選択します。 ページをクリックしてください 電源プランを作成します。 作業ウィンドウでは。

    元に戻す画像を拡大する
     ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  3. で、 電源プランを作成します。 ページで、作成するプランの種類に最も近いプランを選択します。たとえば、電力を節約するプランを作成する場合を選択します。 省電力 計画を立てます。
  4. で、 プラン名 ボックスに、プランの名前を入力しをクリックしてください 次へ.
  5. 設定を変更します。、ディスプレイとスリープの設定は、コンピューターがバッテリ電源を使用して、接続しているに実行しているときに使用する] を選択し、をクリックして 作成します。.

    モバイル PC を使用している場合は、計画を下に表示されます。 計画 バッテリ メーターには。デスクトップ コンピューターを使用している場合は、計画を下に表示されます。 推奨プラン.
メモ 自動的に作成したプランのアクティブ プランになります。異なるプランを有効にするのにそのプランを選択します。 電源オプションページです。

電源プランをカスタマイズする方法

電源プランをカスタマイズするのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    ] 電源オプション 続いて 検索を開始します。 [ 電源オプション 続いて プログラム リストです。
  2. クリックしてください。 プラン設定の変更 計画の下に。
  3. で、 プランの設定を変更します。 ページで、[ディスプレイの設定を使用して、またはをクリックして、コンピューターのスリープ設定を選択 詳細な電源設定の変更 その他の設定を変更するのには。
  4. クリックしてください。 ]、、またはをクリックして 変更内容を保存します。 変更を保存します。

    コンピューターを使用する電源プランの選択されていることを確認してください、 電源オプション ページです。

Powercfg.exe ツールを使用して、アクティブな電源プランを設定する方法

Powercfg.exe ツールを使用して、電源設定を制御し、休止状態機能またはスリープ機能を使用してコンピューターを構成するのにはすることができます。Powercfg.exe ツールには、Windows Vista および Windows 7 がインストールされます。

Powercfg.exe ツールを使用して、アクティブな電源プランを設定するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    [ すべてのプログラムプロパティ アクセサリ.
  2. Usbehci.sys コマンド プロンプトプロパティ 管理者として実行します。.

    元に戻す画像を拡大する
     ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  3. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Powercfg setactive Scheme_GUID
    Scheme_GUID スキーマの GUID を表します。すべての既存の電源設定の GUID を確認するのには、入力します。 Powercfg/List コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
Powercfg.exe ツールの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsVista/en/library/1d58b934-f56a-4796-b2df-7be2eb9c03bc1033.mspx?mfr=true

レジストリを使用して、推奨される電源プランを設定する方法

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


推奨される電源プランを変更するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    ] regedit 続いて 検索を開始します。 [ regedit.exe 続いて プログラム リストです。

    元に戻す画像を拡大する
     ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\ControlPanel\NameSpace\ {025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}
  3. Usbehci.sys PreferredPlanプロパティ 変更.
  4. で、 [値のデータ ボックスで、次のいずれかを入力します。
    • 種類 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 使用するのには バランス 計画を立てます。
    • 種類 a1841308-3541-4fab-bc81-f71556f20b4a 使用するのには 省電力 計画を立てます。
    • 種類 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c 使用するのには 高いパフォーマンス 計画を立てます。
    ユーザーが作成したカスタムの電源プランの電源設定の GUID を入力することもできます。すべての既存の電源設定の GUID を確認するのには、入力します。 Powercfg/List コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
  5. クリックしてください。 ]、し、レジストリ エディターを終了します。
メモ 指定された電源設定で、PreferredPlanレジストリ値を任意の UI で明示的に表示できません。このレジストリ設定に関係なく、"(推奨)] のサフィックスは常に追加されます、バランス計画します。電源オプション ページです。

電源使用量とバッテリ寿命の問題 Windows vista については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
消費電力があるか、バッテリの寿命が短い場合の問題を修正します。

プロパティ

文書番号: 935799 - 最終更新日: 2013年4月21日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbwinvistapostrtmfix kbmt KB935799 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:935799
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com