Outlook 2007 では、オフライン フォルダー ファイルを共有フォルダーにキャッシュが予期せず

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 936247 - 対象製品
重要: この資料には、レジストリの変更方法が記載されています。変更を加える前に、必ずレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合に備え、レジストリを復元する方法も必ず確認しておいてください。レジストリをバックアップ、復元、および変更する方法の詳細については、以下の資料番号をクリックして、該当するマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
322756 バックアップし、Windows XP と Windows Vista では、レジストリを復元する方法
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office Outlook 2007年では、共有フォルダーは、オフライン フォルダー ファイル (.ost) を予期せずキャッシュされます。過去の共有フォルダーを開いていない場合は、この現象を発生可能性があります。

原因

Office Outlook 2007 では、共有フォルダー (予定表、連絡先、タスク) を他のメールボックスにユーザーがアクセスがダウンロードされ、Exchange キャッシュ モードが有効な場合、ユーザーのローカル .ost ファイルにキャッシュされます。

メモ たとえば、他のユーザーと予定表フォルダーを共有すると、ユーザーが、予定表フォルダーを他のユーザーの Outlook クライアントでローカルにキャッシュする Office Outlook 2007 が起動します。ユーザーは、フォルダーへのオフライン アクセスがし、ネットワークの問題による影響はありません。ただし、別のユーザーの受信トレイ フォルダーなど、共有メール フォルダーを共有するときに Office Outlook 2007 は、他のユーザーの Outlook クライアントでローカルの受信トレイ フォルダーはキャッシュされません。したがって、[受信トレイ] フォルダーにアクセスしたいユーザーは、このフォルダーにアクセスする、ネットワークの問題のための遅延があります。

共有フォルダーは、通常、2 つの方法で、他のユーザーの Outlook クライアントに追加します。
  • ユーザーは、共有フォルダーを含むメールボックスに直接アクセスすることがなく共有フォルダーが開きます。ユーザーは、[ファイル] メニューを使用して [ファイル] メニューの [開く] をポイントし、その他のユーザーのフォルダーを選択し、共有メッセージ、または、ナビゲーション ウィンドウで、共有の予定表を開くリンクです。
  • 共有フォルダーは、ユーザーが自分のプロファイルを他のユーザーのメールボックスを追加するために開かれます。多くのメールボックスを Outlook プロファイルに追加する方法の詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。
291626 Outlook で複数の Exchange メールボックス アカウントを管理する方法

共有フォルダーを追加する方法に関係なく、Outlook の既定の動作がローカルの .ost ファイル内の共有フォルダー データがキャッシュされます。

回避策

この現象を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

個々 のユーザーごとに Outlook 2007 で共有フォルダーのキャッシュを無効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Outlook 2007 では、[ツール] メニューのアカウント設定をクリックします。
  2. [電子メール] タブで、theExchange のアカウントを選択する] をクリックし、[変更] をクリックします。
  3. 詳細設定をクリックします。
  4. ダウンロード共有フォルダー (メール フォルダーを除く)チェック ボックスをオフをクリックして、[詳細設定] タブの [し[ok]をクリックします。

方法 2

警告 レジストリ エディター、または別の方法を使用してレジストリを不適切に変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。こうした問題により、オペレーティング システムの再インストールが必要になる場合があります。マイクロソフトはこれらの問題の解決を保証できません。自己責任においてレジストリを変更してください。

新しい Outlook プロファイルを作成するための共有フォルダーのキャッシュを無効にするレジストリ キーを設定します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行] をクリックして、入力レジストリ エディター、および [ OK] をクリックします。
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキーを右クリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook
  3. ポイント新規作成キーをクリックします。
  4. タイプ キャッシュ モード、し、enter キーを押します。
  5. キャッシュ モード新規作成] をポイントして [ DWORD 値] をクリックします。
  6. タイプ DownloadSharedFolders、し thenpress 入力します。
  7. DownloadSharedFoldersを右クリックして、し変更をクリックします。
  8. [値のデータ] ボックスで、次のように入力します。0、し [ OK] をクリックします。
この設定は、既存のプロファイルを変更するには、方法 1 に記載されている手順を使用します。

状況

この動作は仕様です。

詳細

共有フォルダーのキャッシュの設定を構成するには、Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して、Exchange キャッシュ モードの展開をカスタマイズする場合。多くの共有、組織内のユーザーを開く場合に、この設定を無効にする場合は、予定表、および信頼性の高いリンクを使用して、Exchange サーバーへのアクセスをネットワーク上に、ユーザーが共同作業かどうか。

共有の予定表を開くには、最初に、ときに、共有の予定表フォルダーが .ost ファイルに同期されるフォルダーの一覧に追加されます。代理人がマネージャーとして最初に、会議出席依頼に同意する場合は、会議出席依頼の予定表が含まれているフォルダーは、リストになります。別のユーザーの予定表で会議を直接予約する場合、予約されたミーティングの予定表が含まれているフォルダーは、リストになります。この方法で予期せず、ボックスの一覧にフォルダーを追加するプロセスをトリガーできます。

共有フォルダーの一覧からフォルダーを削除するのには、手動で、Exchange アカウントのアカウント設定を変更すると、共有のフォルダーをダウンロード (メール フォルダーを除く) ] チェック ボックスをオフにクリックする必要があります。

共有フォルダーは、ボックスの一覧から自動的に期限切れしばらくの間は、共有フォルダーが同期されていない場合。たとえば、これはされなく、共有フォルダーへのアクセス許可がある場合発生します。検索またはしばらくの間、共有フォルダーを表示しない場合、共有フォルダーを一覧から古いも。たとえば、45 にSharedFolderAgeOutDaysレジストリ エントリの値を設定します。ユーザー A ユーザー B の予定表を Outlook で開くしは表示されませんが再度 45 日間。その時点では、Outlook が停止すると、Exchange データの同期と、予定表は更新されません。この時間後にユーザー A がユーザー B の予定表を開きとが同期してアウト カウント ダウン タイマーの有効期間が 0 日にリセットされます。

次のレジストリ エントリの値を設定すると、「現象」に記載されているシナリオが発生します。
元に戻す全体を表示する
レジストリ サブキー 値の名前 値型 [値のデータ
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Cached Mode
DownloadSharedFoldersDWORD1 (既定値)
元に戻す全体を表示する
レジストリ サブキー 値の名前 値型 [値のデータ
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Cached Mode
SharedFolderAgeOutDaysDWORD45 (既定値)
メモ SharedFolderAgeOutDaysレジストリ エントリの最小値は 0 です。

プロパティ

文書番号: 936247 - 最終更新日: 2013年9月19日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbtshoot kbprb kbmt KB936247 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:936247
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com