マイクロ コード信頼性更新が利用可能で、インテル ・ プロセッサーを使用したシステムの信頼性を向上させる

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 936357 - 対象製品

2010 年 4 月 13日で、service pack のインストールされていない Windows Vista のサポートは終了しました。Windows のセキュリティ更新プログラムの受信を継続するには、 Windows Vista Service Pack 2 (SP2) を実行していることを確認してください。詳細については、このマイクロソフト web サイトを参照してください。 いくつかのバージョンの Windows のサポートを終了します。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロ コード信頼性更新が利用可能で、インテル ・ プロセッサーを使用したシステムの信頼性を向上させます。この資料でこの更新プログラムをダウンロードする方法について説明します。

詳細

メモ この資料に記載されている更新プログラムは、古い Intel Pentium ファミリ 5 CPU または CPU の以前のバージョンを使用しているコンピューターではサポートされていません。コンピューターが以前のインテル Pentium を使用してかどうかを確認するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート、右クリック マイ コンピュータープロパティ プロパティ.
  2. クリックしてください。 デバイス マネージャー.
  3. デバイス マネージャーを展開 プロセッサ.
  4. [プロセッサ] をダブルクリックしをクリックして、 詳細 タブします。
  5. オンにし、 ハードウェア Id ドロップダウン リストでします。
  6. コンピューターが以前のインテル Pentium を使用してかどうかを確認するのには、詳細ウィンドウの情報を確認します。

よく寄せられる質問

Q:マイクロ コード信頼性更新プログラムで修正される問題ですか。

A:マイクロ コード信頼性更新プログラム、以下の問題が修正されます。
  • 可能な Intel プロセッサ marginality
  • システムが予期しない動作の源
  • ファミリー 5 CPU または CPU の以前のバージョンを実行しているいくつかのシステムの起動中に発生する可能性があります、"stop 0x7E"エラー

    メモ 1 (V1) のバージョンこの更新プログラムをインストールした後この問題は、x 86 ベース バージョンの Windows Server 2003 の 32 ビット バージョンの Windows XP でのみ発生します。理由は家族 5 Cpu または以前のバージョン、CPU のマイクロ コードをサポートしていません。
Q:どのようにシステムのマイクロ コード信頼性更新プログラム必要があるかご存知ですか。

A:これらの問題は一般的ではありませんは、Stop エラーが表示されます可能性がありますや、システムが予期しない動作が発生する可能性があります。

Q:どのようなエラーが発生するでしょうか。

A:Stop エラーが表示されることがありますや、システムが予期しない動作が発生する可能性があります。

Q:インテル プロセッサへの影響

A:これらの問題は一般的ではありませんが、次の Intel プロセッサを受ける可能性があります。
  • モバイル: Intel Core 2 Duo mobile processor
  • デスクトップ: インテル Core 2 Duo デスクトップ ・ プロセッサー、インテル Core 2 Quad デスクトップのプロセッサおよびインテル Core 2 エクストリーム ・ プロセッサー
  • サーバー: Intel Xeon プロセッサ 3000、3200、5100、および 5300 シリーズ。
Q:マイクロ コードの信頼性更新プログラムをインストールする場合にも、やはり最新の BIOS 更新プログラムが必要なのでしょうか。

A:マイクロ コード信頼性更新プログラムをインストールすると、最新の BIOS 更新プログラムは必要ありません。

Q:マイクロ コード信頼性更新プログラムは、事前にインストールされているですか。

A:影響を受けるインテル プロセッサのユーザーは、マイクロ コード信頼性更新プログラムを使用します。

Q:KB936357 の更新プログラムをインストールしている場合 (v1) を Windows Update または Microsoft Update から、KB936357 v2、マイクロソフト ・ ダウンロード ・ センターからインストールするか?

A:残念ですが、KB936357 がいる場合に、Microsoft ダウンロード センターから KB936357 v2 をインストールする必要はありません (v1) をインストールします。

更新プログラムの情報

次のファイルをマイクロソフトからダウンロード可能します。ダウンロード センター:

Windows Vista 用の更新プログラム

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
32 ビット Windows Vista の更新プログラム パッケージをダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
64 ビット Windows Vista の更新プログラム パッケージをダウンロードします。

Windows Server 2003 用の更新プログラム

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
32 ビットの Windows Server 2003 の更新プログラム パッケージをダウンロードします。
メモ Windows Server 2003 の 32 ビット パッケージ、2 つ目のバージョン (バージョン 2) は、"stop 0x7E"エラーは発生しませんの更新です。しかし、v1 パッケージが既にインストールされているし、"stop 0x7E"エラーが発生しない場合は、システムのマイクロ コードをサポートしている CPU を実行されています。このような状況では、このバージョン 2 のパッケージをインストールする必要はありません。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
64 ビット (x64 ベース) Windows Server 2003 の更新プログラム パッケージをダウンロードします。

Windows XP 用の更新プログラム

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
32 ビットの Windows XP の更新プログラム パッケージをダウンロードします。
メモ Windows XP の 32 ビット パッケージ、2 つ目のバージョン (バージョン 2) は、"stop 0x7E"エラーは発生しませんの更新です。しかし、v1 パッケージが既にインストールされているし、"stop 0x7E"エラーが発生しない場合は、システムのマイクロ コードをサポートしている CPU を実行されています。このような状況では、このバージョン 2 のパッケージをインストールする必要はありません。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
64 ビット (x64 ベース) Windows XP の更新プログラム パッケージをダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

修正プログラムの情報

前提条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、他のいずれの更新プログラムも置き換えません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示するはローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
32 ビット版 Windows Vista
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Update-bf.mum該当なし1,9672007 年 4 月 24 日19:34該当なし
X86_204910432058c231497ea96c24296375_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20584_none_e718a75f5a08f4fd.manifest該当なし7172007 年 4 月 24 日18:16該当なし
X86_3b2ff761cd21d25742bf071dbe1f8a18_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16474_none_5f9afbbed1d44938.manifest該当なし7172007 年 4 月 24 日18:16該当なし
X86_microsoft-windows-m.更新 genuineintel_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16474_none_ba921ba3b55bebf8.manifest該当なし3,4542007 年 4 月 24 日19:34該当なし
X86_microsoft-windows-m.更新 genuineintel_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20584_none_bb10e882ce81a7b3.manifest該当なし3,4542007 年 4 月 24 日19:34該当なし
Mcupdate_genuineintel.dll6.0.6000.16474374,4562007 年 4 月 24 日03:47x86
Mcupdate_genuineintel.dll6.0.6000.20584374,4562007 年 4 月 24 日02:13x86
64 ビット版の Windows Vista には、
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Amd64_57afb198a18c830bf6e4a856668b78d8_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16474_none_c9ce36885899b782.manifest該当なし7212007 年 4 月 24 日18:16該当なし
Amd64_8d5affe835c9b650458335287da11fdb_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20584_none_e6642be746cfaddc.manifest該当なし7212007 年 4 月 24 日18:16該当なし
Amd64_microsoft-windows-m.更新 genuineintel_31bf3856ad364e35_6.0.6000.16474_none_16b0b7276db95d2e.manifest該当なし3,4582007 年 4 月 24 日19:39該当なし
Amd64_microsoft-windows-m.更新 genuineintel_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20584_none_172f840686df18e9.manifest該当なし3,4582007 年 4 月 24 日19:39該当なし
Update-bf.mum該当なし1,9792007 年 4 月 24 日19:34該当なし
Mcupdate_genuineintel.dll6.0.6000.16474163,5122007 年 4 月 24 日05:03x64
Mcupdate_genuineintel.dll6.0.6000.20584163,5122007 年 4 月 24 日03:14x64
Windows Server 2003 x 86 ベース バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Update.sys5.2.3790.3026365,0562007 年 10 月月 15 日10:27x86
Update.sys5.2.3790.4170365,0562007 年 10 月月 15 日10:58x86
Windows Server 2003 x 64 ベース バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Update.sys5.2.3790.2944152,5762007 年 5 月月 29 日18:30x64
Update.sys5.2.3790.4089152,5762007 年 5 月月 29 日18:36x64
32 ビット版の Windows XP には、
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Update.sys5.1.2600.3218364,1602007 年 9 月月 19 日10:57x86
プロセッサ製造元マイクロ コード更新アドレス正誤表を使用する可能性があり、ことを確認するのには、運用上の問題がします。Windows オペレーティング システムには、インテル ・ プロセッサーをサポートしているマイクロ コード更新メカニズムが含まれます。このメカニズムは、オペレーティング システムの最新のマイクロ コード更新プログラムをシステムのすべてのプロセッサに適用できます。

オペレーティング システムの更新、システム bios のバージョンよりも後のマイクロ コード更新プログラムを適用することがします。プロセッサーのマイクロ コードの最新バージョンを使用する場合、Windows のマイクロ コード更新メカニズムにアクションは実行されません。

ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 936357 - 最終更新日: 2013年4月21日 - リビジョン: 14.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbvistasp1fix kbresolve atdownload kbwinserv2003postsp2fix kbwinxpsp3fix kbwinxppresp3fix kbwinvistapostrtmfix kbbug kbfix kbqfe kbmt KB936357 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:936357
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com