Windows SharePoint Services 3.0 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 5 月 8 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 936867
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2007 年 5 月 8 日 Windows SharePoint Services 3.0 修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 の問題について説明します。

この資料で、修正プログラム パッケージに関する以下の項目をについて説明します。
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題します。
  • この修正プログラム パッケージのインストールの必要条件。
  • かどうか、修正プログラム パッケージをインストールした後コンピューターを再起動する必要があります。
  • かどうか、修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられます。
  • かどうか、レジストリの変更を行う必要があります。
  • この修正プログラム パッケージに含まれるファイル。

はじめに

修正される問題の一覧

この修正プログラム パッケージは、以下の問題が修正されます。
  • 937038 Windows SharePoint Services 3.0 サイト コレクションでサイトに接続しようとするとエラー メッセージ:"HTTP 500 - 内部サーバー エラー"
  • 935958 アクセス許可を継承できるようにドキュメント ライブラリを構成した後、Windows SharePoint Services 3.0 サイト コレクションでサイトに接続しようとするとエラー メッセージ:"HTTP 500 - 内部サーバー エラー"
この修正プログラム パッケージ (Microsoft Knowledge Base) の資料にこれまで記載されていなかった以下の問題が修正されます。
  • クロール Windows SharePoint Services 3.0 を実行しているサーバーで発生します。さらに、増分クロールは、クロール中に定期的に発生します。クロール (ハング) を応答を停止可能性があり、検索の設定] ページで次のステータス メッセージを表示可能性があります断続的に。
    ランク付けの計算
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007 のサイト コレクションからユーザーを削除します。その後、Microsoft Office SharePoint Server 2007 の展開ジョブを実行します。ページを更新した後、 ステータス 展開ジョブの列の状態を示しています。 失敗しました.さらに、クリックすると、 失敗しました ステータス リンクは、次のエラー メッセージが表示されます。
    ユーザーが見つかりませんでした。
    Microsoft.SharePoint.SPUserCollection.GetByID (Int32 id) で
    Microsoft.SharePoint.SPWeb.get_Author() で
    Microsoft.SharePoint.Deployment.WebSerializer.GetDataFromObjectModel (オブジェクト obj、SerializationInfo info, StreamingContext コンテキスト) で
    Microsoft.SharePoint.Deployment.DeploymentSerializationSurrogate.GetObjectData (オブジェクト obj、SerializationInfo info, StreamingContext コンテキスト) で
    Microsoft.SharePoint.Deployment.XmlFormatter.SerializeObject (オブジェクト obj、ISerializationSurrogate 代理、elementName の文字列、ブール値の bNeedEnvelope) は
    Microsoft.SharePoint.Deployment.XmlFormatter.Serialize (ストリーム serializationStream、オブジェクトの topLevelObject) は
    Microsoft.SharePoint.Deployment.ObjectSerializer.Serialize (DeploymentObject deployObject、ストリーム serializationStream) で
    Microsoft.SharePoint.Deployment.SPExport.SerializeObjects() で
    Microsoft.SharePoint.Deployment.SPExport.Run() で
  • SharePoint の Windows SharePoint Services 3.0 および Microsoft Forefront Security を実行しているサーバー上のドキュメント ライブラリにドキュメントをアップロードします。サーバーの全体管理では、オフにして、 ドキュメントに対してダウンロード時のスキャンします。 [ウイルス対策] ページのチェック ボックスです。選択する] をクリックして、 ドキュメントに対してダウンロード時のスキャンします。 チェック ボックス、および [をクリックします。 [OK].アプリケーション イベント ログを開くと、次のエラー メッセージを探します。
    ソース: Windows SharePoint Server
    種類: エラー
    ユーザー: 該当なし
    作成日: 日付
    時刻: 時間
    コンピューター: コンピューター名
    カテゴリ: 全般
    イベント ID: 26424
    説明: イベント ID (26424) ソース (Windows SharePoint Services 3) 内の説明が見つかりません。ローカル コンピューターは、必要なレジストリ情報またはメッセージ DLL ファイルをリモート コンピューターからメッセージを表示するがあります。ために/AUXSOURCE を使用することができない場合があります flagto 取得をこの説明; =詳細についてはヘルプとサポートを参照してください。次の情報はイベントの一部です: # 960012: ウイルス検出プログラムのロードを完了しました。エラー-2147024890
  • SharePoint Server 2007 を実行しているサーバー上のコンテンツを検索すると、検索がタイムアウトになります。
  • Web パーツ内のリンクには相対パスを使用します。Windows SharePoint Services 3.0 を実行しているサーバー上の Web ページに Web パーツが含まれています。クリックすると、 [OK] 閉じるには、 Web パーツのプロパティ ダイアログ ボックス、Web ページの Web パーツの場所を次のエラー メッセージに注意してください。
    エラー (ファイルが見つかりません)
    さらに、Web パーツを再び編集する場合は、Web パーツ内のリンクの相対パスが削除されます。
  • Windows SharePoint Services 3.0 サイトで、ユーザー アカウントを作成します。ユーザーのアカウントを作成した後、新しいユーザーが電子メール メッセージを送信するオプションをオフにクリックすると、ユーザー名とパスワードを含む電子メール メッセージはユーザーに突然送信されます。
  • Windows SharePoint Services 3.0 を実行しているサーバーでは、増分の展開ジョブを実行します。ページを更新した後、 ステータス 列の増分の展開ジョブの状態を示しています。 失敗しました.さらに、クリックすると、 失敗しました ステータス リンクは、次のエラー メッセージが表示されます。
    ' PK__ # ExportObjects____22355A14' の主キー制約の違反です。重複するキーを ' dbo. #ExportObjects' 挿入できません。ステートメントは終了されました。
    System.Data.SqlClient.SqlConnection.OnError (SqlException 例外, Boolean breakConnection) は
    System.Data.SqlClient.SqlInternalConnection.OnError (SqlException 例外, Boolean breakConnection) は
    System.Data.SqlClient.TdsParser.ThrowExceptionAndWarning (TdsParserStateObject stateObj) は
    System.Data.SqlClient.TdsParser.Run (RunBehavior runBehavior、cmdHandler の SqlCommand、SqlDataReader のデータ ストリーム、BulkCopySimpleResultSet bulkCopyHandler、TdsParserStateObject stateObj) は
    System.Data.SqlClient.SqlCommand.FinishExecuteReader (SqlDataReader ds、RunBehavior runBehavior、文字列 resetOptionsString) は
    System.Data.SqlClient.SqlCommand.RunExecuteReaderTds (CommandBehavior cmdBehavior、RunBehavior runBehavior、returnStream のブール値、ブール型の非同期) 時
    System.Data.SqlClient.SqlCommand.RunExecuteReader (CommandBehavior cmdBehavior、RunBehavior runBehavior、returnStream のブール値、文字列メソッドは、DbAsyncResult の結果) で
    System.Data.SqlClient.SqlCommand.InternalExecuteNonQuery (DbAsyncResult 結果、methodName の文字列、ブール値の sendToPipe) は
    System.Data.SqlClient.SqlCommand.ExecuteNonQuery() で
    Microsoft.SharePoint.Utilities.SqlSession.ExecuteNonQuery ([SqlCommand] コマンド) で
    Microsoft.SharePoint.Deployment.SPExport.CalculateObjectDependencies (Boolean linksOnly) は
    Microsoft.SharePoint.Deployment.SPExport.FollowLinks() で
    Microsoft.SharePoint.Deployment.SPExport.CalculateObjectsToExport() で
    Microsoft.SharePoint.Deployment.SPExport.Run() で
  • Windows SharePoint Services 3.0 を実行しているサーバー上のドキュメント ライブラリからドキュメントをエクスポートします。ドキュメントのバージョン履歴を含まれているかどうか、 更新者 フィールドは、元のドキュメント ライブラリにドキュメントをインポートするときに失われます。
  • Windows SharePoint Services 3.0 を実行しているサーバー上のドキュメント ライブラリ内のドキュメント数が増加すると、クロールの開始、クロールの実際の先頭の間に、ラグ タイムが向上します。

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムをインストールするための前提条件はありません。

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは以降の修正プログラムによって置き換えられません。

レジストリ情報

このパッケージに修正プログラムのいずれかを使用するのには、レジストリを変更するはありません。

インストール前の情報

この修正プログラムを適用する前に、ウイルス対策の設定 Windows SharePoint Services 3.0 のすべてのフロント エンド Web サーバーを無効にすることをお勧めします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. で、 操作 ページで、クリックしてください ウイルス対策ソフトウェア で、 [セキュリティの構成 セクションです。
  2. で、 ウイルス対策の設定 セクションで、次のチェック ボックスをオフにする] をクリックし [OK]:
    • ドキュメントのアップロードをスキャンします。
    • ドキュメントに対してダウンロード時のスキャンします。
    • ダウンロードすることを許可します。

インストール後の情報

この修正プログラムを適用した後、次の手順を実行します。
  1. SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを実行します。これを行うをクリックしてください。 開始、ポイント すべてのプログラム、ポイント 管理ツール、し SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザード.
  2. 以前に構成したときと同じ値を使用して、すべてのフロント エンド Web サーバーにウイルス対策サービスを有効にします。Windows SharePoint Services 3.0 でのウイルス対策の設定を有効にするには、次の手順を実行します。
    1. で、 操作 ページで、クリックしてください ウイルス対策ソフトウェア で、 [セキュリティの構成 セクションです。
    2. で、 ウイルス対策の設定 自分の状況に応じて次のチェック ボックスをオンにする] をクリックとクリック [OK]:
      • ドキュメントのアップロードをスキャンします。
      • ドキュメントに対してダウンロード時のスキャンします。
      • ダウンロードすることを許可します。

ファイル情報

この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルがありません。この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要ファイルのみが含まれます。
32 ビット ホットフィックス パッケージ
この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンこの修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC) は、次の表に示します。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇

情報をダウンロードします。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Wss kb936867 フルファイル x 86-glb.exe12.0.6015.500015,879,3762007 年 5 月 14 日22: 15
Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのサイズ日付時間
Sts.msp15,465,9842007 年 5 月 08 日12: 37
この修正プログラムをインストールした後、この修正プログラムのグローバル バージョンは、ファイル属性、または次の表に記載されているファイル属性のそれ以降のバージョンがあります。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Dbghelp.dll6.6.7.51,030,1442007 年 2 月 21 日09: 14
Dmslstschema_xml該当なし357,5952007 年 3 月 15 日10: 47
Imnidle.png該当なし6352007 年 5 月 02 日00: 07
Imnidlebusy.png該当なし6312007 年 5 月 02 日00: 07
Imnidlebusyoof.png該当なし6462007 年 5 月 02 日00: 07
Imnidleoof.png該当なし6542007 年 5 月 02 日00: 07
Imnon.png該当なし6472007 年 5 月 02 日00: 07
Imnonoof.png該当なし6522007 年 5 月 02 日00: 07
Mssdmn.exe12.0.6020.5000282,4962007 年 5 月 05 日05: 33
Mssph.dll12.0.6020.5000692,0562007 年 5 月 05 日05: 33
Mssrch.dll12.0.6020.50002,052,4482007 年 5 月 05 日05: 33
Offfilt.dll2006.306.6012.5000203,1282007 年 3 月 09 日21: 55
Onetutil.dll12.0.6020.50001,982,8562007 年 5 月 05 日04: 11
Owssvr.dll12.0.6020.50003,004,2882007 年 5 月 05 日05: 25
Psconfig.exe12.0.6017.5000579,0082007 年 4 月 10 日19: 13
Psconfigui.exe12.0.6017.5000824,7682007 年 4 月 10 日19: 13
Schema.xml_doclib該当なし354,2802007 年 3 月 15 日10: 47
Schema.xml_webtemp該当なし151,6882007 年 3 月 15 日10: 47
Schema.xml_wplib該当なし84,7042007 年 3 月 15 日10: 47
Microsoft.SharePoint.Search.dll12.0.6013.50001,325,4482007 年 3 月 15 日11: 07
Sigsdb.cer該当なし6892007 年 5 月 05 日05: 33
Sigsdb.dll該当なし11,6242007 年 5 月 05 日05: 33
Sigsdb.sql該当なし150,7882007 年 5 月 05 日05: 33
Sigstore.cer該当なし6892007 年 5 月 05 日05: 25
Sigstore.dll該当なし11,6162007 年 5 月 05 日05: 25
Sigstore.sql該当なし393,4552007 年 5 月 05 日05: 25
Spwriter.exe12.0.6015.500038,2722007 年 3 月 29 日11: 45
Store.sql該当なし2,657,0212007 年 5 月 05 日05: 26
Storeup.sql該当なし2,582,9452007 年 5 月 05 日04: 45
Stsadm.exe12.0.6017.5000497,0642007 年 4 月 10 日19: 13
Microsoft.SharePoint.ApplicationPages.dll12.0.6019.5000628,1362007 年 4 月 25 日10: 56
Microsoft.SharePoint.Library.dll12.0.6010.5000132,4802007 年 5 月 05 日05: 50
Microsoft.SharePoint.dll12.0.6020.50009,278,8482007 年 5 月 05 日05: 25
Stswel.dll12.0.6020.50001,917,8242007 年 5 月 05 日05: 26
Setup.exe12.0.6010.5000442,2402007 年 2 月 23 日22: 40
Timezone.xml該当なし37,7422007 年 2 月 6 日05: 31
Tquery.dll12.0.6020.50002,300,7682007 年 5 月 05 日05: 33
Wrapinst.exe12.0.6017.500050,5602007 年 4 月 10 日19: 14
Wss.search.sql該当なし398,7812007 年 5 月 05 日05: 33
Wss.search.up.sql該当なし309,1292007 年 5 月 05 日05: 03
Wss.xsd該当なし72,2772007 年 3 月 20 日09: 34
Microsoft.SharePoint.AdministrationOperation.dll12.0.6017.5000472,4482007 年 5 月 05 日05: 50
Wsssetup.dll12.0.6015.50006,783,3442007 年 3 月 29 日11: 27
64 ビット版修正プログラム パッケージ
この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンこの修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC) は、次の表に示します。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇

情報をダウンロードします。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Wss kb936867 フルファイル x 64-glb.exe12.0.6015.500018,854,8882007 年 5 月 14 日23: 24
Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのサイズ日付時間
Sts.msp18,466,8162007 年 5 月 08 日12: 44
この修正プログラムをインストールした後、この修正プログラムのグローバル バージョンは、ファイル属性、または次の表に記載されているファイル属性のそれ以降のバージョンがあります。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Dbghelp.dll6.6.7.51,319,9362007 年 2 月 21 日09: 14x64
Dmslstschema_xml該当なし357,5952007 年 3 月 15 日10: 47該当なし
Imnidle.png該当なし6352007 年 5 月 02 日00: 07該当なし
Imnidlebusy.png該当なし6312007 年 5 月 02 日00: 07該当なし
Imnidlebusyoof.png該当なし6462007 年 5 月 02 日00: 07該当なし
Imnidleoof.png該当なし6542007 年 5 月 02 日00: 07該当なし
Imnon.png該当なし6472007 年 5 月 02 日00: 07該当なし
Imnonoof.png該当なし6522007 年 5 月 02 日00: 07該当なし
Mssdmn.exe12.0.6020.5000810,3682007 年 5 月 05 日11: 21該当なし
Mssph.dll12.0.6020.50001,932,1202007 年 5 月 05 日11: 21該当なし
Mssrch.dll12.0.6020.50004,718,9442007 年 5 月 05 日11: 21該当なし
Offfilt.dll2006.306.6012.5000392,5682007 年 3 月 07 日03: 10該当なし
Onetutil.dll12.0.6020.50003,386,7602007 年 5 月 05 日04: 03x64
Owssvr.dll12.0.6020.50005,121,4082007 年 5 月 05 日11: 07該当なし
Psconfig.exe12.0.6017.5000579,0082007 年 4 月 10 日18: 53x 86
Psconfigui.exe12.0.6017.5000824,7682007 年 4 月 10 日18: 53x 86
Schema.xml_doclib該当なし354,2802007 年 3 月 15 日10: 47該当なし
Schema.xml_webtemp該当なし151,6882007 年 3 月 15 日10: 47該当なし
Schema.xml_wplib該当なし84,7042007 年 3 月 15 日10: 47該当なし
Microsoft.SharePoint.Search.dll12.0.6013.50001,426,3122007 年 3 月 15 日11: 06該当なし
Sigsdb.cer該当なし6892007 年 5 月 05 日05: 33該当なし
Sigsdb.dll該当なし11,6242007 年 5 月 05 日05: 33該当なし
Sigsdb.sql該当なし150,7882007 年 5 月 05 日05: 33該当なし
Sigstore.cer該当なし6892007 年 5 月 05 日05: 25該当なし
Sigstore.dll該当なし11,6162007 年 5 月 05 日05: 25x 86
Sigstore.sql該当なし393,4552007 年 5 月 05 日05: 25該当なし
Spwriter.exe12.0.6015.500059,7762007 年 3 月 29 日11: 41該当なし
Store.sql該当なし2,657,0212007 年 5 月 05 日05: 26該当なし
Storeup.sql該当なし2,582,9452007 年 5 月 05 日04: 45該当なし
Stsadm.exe12.0.6017.5000497,0642007 年 4 月 10 日18: 53x 86
Microsoft.SharePoint.ApplicationPages.dll12.0.6019.5000628,1362007 年 4 月 25 日10: 55x 86
Microsoft.SharePoint.Library.dll12.0.6010.5000132,4802007 年 5 月 05 日11: 26該当なし
Microsoft.SharePoint.dll12.0.6020.50009,278,8482007 年 5 月 05 日11: 07x 86
Stswel.dll12.0.6020.50003,297,6642007 年 5 月 05 日11: 07x64
Setup.exe12.0.6010.5000442,2402007 年 2 月 23 日22: 40x 86
Timezone.xml該当なし37,7422007 年 2 月 6 日05: 31該当なし
Tquery.dll12.0.6020.50004,662,6242007 年 5 月 05 日11: 21該当なし
Wrapinst.exe12.0.6017.500050,5602007 年 4 月 10 日18: 53x 86
Wss.search.sql該当なし398,7812007 年 5 月 05 日05: 33該当なし
Wss.search.up.sql該当なし309,1292007 年 5 月 05 日05: 03該当なし
Wss.xsd該当なし72,2772007 年 3 月 20 日09: 34該当なし
Microsoft.SharePoint.AdministrationOperation.dll12.0.6017.5000472,4482007 年 5 月 05 日11: 26該当なし
Wsssetup.dll12.0.6015.50006,783,3442007 年 3 月 29 日11: 27x 86
注意事項
  • この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、この修正プログラム パッケージに含まれている Readme.txt ファイルを参照してください。
  • ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 936867 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kberrmsg kbbug kbfix kbqfe kbpubtypekc kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbwss30postrtm kbautohotfix kbmt KB936867 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:936867
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com