Outlook 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 6 月 12 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 937494
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Office Outlook 2007年 2007 年 6 月 12 日の日付が Outlook 2007 修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。
この資料で、修正プログラム パッケージに関する以下の項目をについて説明します。
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題します。
  • この修正プログラム パッケージのインストールの必要条件。
  • かどうか、修正プログラム パッケージをインストールした後コンピューターを再起動する必要があります。
  • かどうか、修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられます。
  • かどうか、レジストリの変更を行う必要があります。
  • この修正プログラム パッケージに含まれるファイル。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

この修正プログラム パッケージ (Microsoft Knowledge Base) の資料にこれまで記載されていなかった以下の問題が修正されます。
  • Outlook 2007 では、ユーザーの共有予定表を開くしようとしました。ユーザーのメールボックスを異なる管理グループ内にある場合は、共有メールボックスが正しく同期できません。さらに、次のようなイベントがアプリケーション ログに記録されます。

    イベントの種類: 警告
    イベント ソース: MSExchangeSA
    イベントの分類: RFR Interface
    イベント ID: 9234
    作成日: 日付
    時刻: 時間
    ユーザー: 該当なし
    コンピューター: サーバー名
    説明: 参照インターフェイス msExchExchangeServer オブジェクトの legacyExchangeDN を検索することができませんでした '/o =組織名/ou = Exchange 管理グループ (グループ)/cn 構成/cn = サーバー/cn = =サーバー名' Active directory。

  • Outlook 2007 で電子メール メッセージを送信するのに、信頼できる単純な MAPI 環境でカスタム ソリューションを使用します。5 人以上の受信者が電子メール メッセージに含まれている場合は、電子メール エイリアスは解決されません。さらに、Outlook セキュリティ] ダイアログ ボックスが予期せず表示されます。
  • 複数の予定が Outlook 2007 で予定表に 1 日に予定されているがあります。月間スタイルで予定表を印刷すると、2 つだけの予定日に印刷されます。

    十分なその日に印刷するのには、すべての予定がある場合でもこの問題が発生する可能性があります。
  • メールボックスの代理人が代わりに会議出席依頼を受け入れます。その後、会議が更新されます。更新された会議出席依頼を表示すると、 要求の応答がありません。 ボタンは表示されません。
  • Outlook で会議出席依頼と、会議の更新が処理されるように、新しいスタイルの競合状態を追跡し、会議出席依頼の出席者変更があります。

    この問題が発生すると、状態を追跡し、参加者の変更に自動的に更新されません。したがって、多数のアイテムを"同期の失敗] フォルダーと [競合] フォルダーに追加できます。
  • 会議室などの要求を送信できない出席者を含む会議出席依頼を送信します。会議出席依頼を再び開くと、この出席者の空き/予約済み時間は表示されません。
  • 定期的な会議出席依頼を出席者に送信します。定期的な会議の会議の時刻を更新し、更新を送信します。定期的な会議を再び開くと、その会議の時間、元の会議の時間に戻ります。
  • 2 つ目の定期的な会議を開きます。定期的な会議を更新し、更新を送信します。これを行うと、会議の更新が正常に送信されます。ただし、会議への変更は保存されません。
  • 終日イベント要求を受納します。その後、同じ時間で、承諾が終日のイベントにわたって別の終日のイベントをスケジュールします。イベント間を切り替える場合は、スケジュール設定、イベントは表示されなくなります。承認済みイベントに切り替えるし、スケジュールされたイベントに戻るを切り替える場合は、スケジュールされたイベントが表示されます。
  • 定期的な会議から参加者を削除して、会議の更新を送信します。これを行うと、すべての出席者に更新が送信されます。これには、削除された出席者が含まれます。
  • 定期的な会議、会議の例外を作成します。その後、Outlook を再起動し、会議の例外を開きます。これを行うと、例外メッセージの本文が空白になります。
  • あなたは、定期的な会議の開催者です。定期的な会議を開くと、会議として開かれます、 キャンセル通知を送信します。 アクションです。
  • Exchange キャッシュ モードでは、会議出席依頼を受納します。これを行うと、会議出席依頼が削除され、会議の承諾が送信されません。また、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
    空き/予約済み情報を保存することはできません。
  • 定期的な会議、会議の例外を作成します。その後、会議の例外を再度開きます。これを行うと、次の現象のいずれかに発生します。
    • 定期的な会議メッセージの本文のサイズが小さい場合は、例外メッセージの本文が大です。
    • 定期的な会議メッセージの本文が大きい場合は、例外メッセージの本文が空白になります。
    メモ サイズの大きいメッセージの本体を個人用フォルダー (.pst) ファイルが 8 kb (キロバイト) ですかそれ。
  • 会議出席依頼の新しい日時を提案しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    入力した終了日が開始日和前に発生します。
  • 既存の会議出席依頼を変更します。クリックすると、 保存し、更新を送信します。、が期待どおりに変更するには、会議出席依頼が送信されます。ただし、会議出席依頼が予期せずが終了します。

詳細

修正プログラムの情報

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Outlook 2007 修正プログラム パッケージをダウンロードします。

リリース日: 2007 年 6 月 12 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

前提条件

この修正プログラムをインストールするための前提条件はありません。

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは以降の修正プログラムによって置き換えられません。

レジストリ情報

任意のレジストリ キーを作成またはこのパッケージに含まれる修正プログラムを使用するなレジストリ キーを変更するはありません。

ファイル情報

この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルがありません。この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要ファイルのみが含まれます。

この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンこの修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC) は、次の表に示します。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇

情報をダウンロードします。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Office kb937494-フルファイル x 86-glb.exe12.0.6015.500010,778,5362007 年 6 月 12 日15: 22
Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのサイズ日付時間
Outlook.msp10,835,4562007 年 5 月 22 日02: 25
この修正プログラムをインストールした後、この修正プログラムのグローバル バージョンは、ファイル属性、または次の表に記載されているファイル属性のそれ以降のバージョンがあります。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Emsmdb32.dll12.0.6022.50001,530,3122007 年 5 月 21 日21: 55
Mspst32.dll12.0.6021.50001,064,3762007 年 5 月 12 日03: 59
Olmapi32.dll12.0.6021.50002,944,3922007 年 5 月 12 日04: 00
Outlook.exe12.0.6022.500012,832,1202007 年 5 月 21 日21: 55
Scanpst.exe を使って12.0.6021.500040,8722007 年 5 月 10 日22: 40
Scnpst32.dll12.0.6021.5000266,1602007 年 5 月 10 日22: 40
Scnpst64.dll12.0.6021.5000275,8962007 年 5 月 10 日22: 40


注意事項

  • この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、この修正プログラム パッケージに含まれている Readme.txt ファイルを参照してください。
  • マイクロソフトがリリース後のソフトウェアの修正を使用している用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 937494 - 最終更新日: 2011年8月9日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kberrmsg kbbug kbfix kbprint kbqfe kbpubtypekc kbhotfixrollup kbcalendar atdownload kbexpertiseinter kboffice2007postrtmfix kbmt KB937494 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:937494
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com