Microsoft SoftGrid 4. 1 Service Pack 1 のリリース ノート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 938497 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料の一般的なガイドラインとリリース情報をアップグレードしたりヘルプするのに役立ちますを Microsoft SoftGrid 4. 1 の Service Pack 1 (SP1) のクリーン インストールを実行します。 この資料は、さまざまな SoftGrid アプリケーション、新機能、要件、既知の問題、およびベスト プラクティスに関する情報のダウンロード場所します。

概要

この資料の最新詳細について Microsoft SoftGrid 4. 1 の Service Pack 1 (SP1)。 新しい機能、一般的な情報については、および SoftGrid コンポーネントの既知の問題に説明します。 Microsoft SoftGrid を使用して、問題がある場合はこれらを参照してリリース ノートを最初にこのドキュメントで、解像度はかどうかを決定します。 解像度を検索できない場合、次のマイクロソフト Web サイトを検索する追加の解像度を参照してください。
http://support.microsoft.com/search/default.aspx?spid=12357

詳細

SoftGrid 4. 1 SP1 修正プログラム ロールアップ パッケージ 2

SoftGrid バージョン 4. 1 SP1 の累積的なこの更新プログラムは、最新の更新を SoftGrid バージョン 4. 1 SP1 に提供します。 安定性の向上、に加えてこの更新プログラムには、次のような変更が含まれます。
  • ログ レベル、「エラー ソケットから読み取る」メッセージのデバッグようになりました。 したがって、メッセージ表示されません Sft-server.log で、Windows イベント ログ、既定のログ レベル、ハードウェア ロード バランサーで組み合わせて SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーを使うと。
  • SoftGrid Sequencer は SoftGrid v3.2 sequencings パッケージのアップグレードが開いたときに OSD の GUID を今すぐ保持します。
  • 断続的な"0xBE"マルチプロセッサ コンピューター上でシステムの起動時に発生する STOP エラーが解決されています。

新機能

SoftGrid は Microsoft Windows 2000 または Windows 2000 Server と Advanced Server を実行して有効になっているターミナル サービスがある、SoftGrid クライアントにマイクロソフト アプリケーションの仮想化は、MSI ユーティリティによって生成される仮想アプリケーションの .msi ファイルの展開を今すぐサポートします。

ダウンロード方法

以下のファイルが、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

SoftGrid の Windows デスクトップ (4.1.3.15)
元に戻す画像を拡大する
Download
Download the SoftGrid for Windows Desktops (4.1.3.15) package now.

SoftGrid のターミナル サービス (4.1.3.15)
元に戻す画像を拡大する
Download
Download the SoftGrid for Terminal Services (4.1.3.15) package now.

SoftGrid Sequencer (4.1.3.15)
元に戻す画像を拡大する
Download
Download the SoftGrid Sequencer (4.1.3.15) package now.

SoftGrid サーバー (4.1.3.16)
元に戻す画像を拡大する
Download
Download the SoftGrid Server (4.1.3.16) package now.

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細についてをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

以前のリリース

SoftGrid 4. 1 SP1 修正プログラム ロールアップ パッケージ 1

SoftGrid バージョン 4. 1 SP1 の累積的なこの更新プログラムは、最新の更新を SoftGrid バージョン 4. 1 SP1 に提供します。 安定性の向上、に加えてこの更新プログラムには、次のような変更が含まれます。
  • パッケージの向上、SoftGrid サーバー管理コンソール スナップインに sequencings をアップグレードするインポートをアップグレードします。
  • パッケージのダウングレード操作の向上。
  • 大規模なアプリケーションをシーケンスと非ページ プール使用率の向上。
  • Microsoft .NET Framework 1. 1 と Microsoft .NET Framework 2. 0 の両方を使用するアプリケーションのシーケンスを改善。
  • 仮想化された子プロセスのコマンド ライン パラメーターの処理を改善。
新機能
SoftGrid 4. 1 SP1 の修正プログラム ロールアップ パッケージ 1 は、次の新しい機能も提供します。
  • Microsoft SoftGrid マイクロソフト アプリケーションの仮想化は、MSI ユーティリティのサポートを提供します。
  • Microsoft SoftGrid SoftGrid サーバー コンポーネントを 64 ビット Windows WOW64 実行なりました。
ダウンロード方法
SoftGrid の Windows デスクトップ (4.1.2.21)
http://download.microsoft.com/download/d/6/d/d6dd54bd-2c9f-41ba-8fd7-4b8b03d5c12f/SoftGrid_wd_setup_4.1.2.21.exe
SoftGrid のターミナル サービス (4.1.2.21)
http://download.microsoft.com/download/f/3/d/f3deb4c3-f484-4bf7-ae49-c9f8a010b594/SoftGrid_ts_setup_4.1.2.21.exe
SoftGrid サーバー (4.1.2.20)
http://download.microsoft.com/download/9/9/4/994b08d3-7f01-4696-994d-a67f2e0bdf33/SoftGrid_server_setup_4.1.2.20.exe
SoftGrid Sequencer (4.1.2.20)
http://download.microsoft.com/download/e/8/0/e80de2bf-bebd-480e-a1ee-f9febb996b8b/SoftGrid_sequencer_setup_4.1.2.20.exe

SoftGrid SoftGrid 4. 1 SP1

ダウンロード方法
SoftGrid Sequencer (4.1.1.303)
http://download.microsoft.com/download/0/6/c/06cf3aac-347e-4e42-9355-fcfcec3c7f43/SoftGrid_sequencer_setup_4.1.1.303.exe
SoftGrid サーバー (4.1.1.302)
http://download.microsoft.com/download/a/f/c/afc8cf1f-d271-426e-923a-b04a34674c3c/SoftGrid_server_setup_4.1.1.302.exe
SoftGrid のターミナル サービス (4.1.1.310)
http://download.microsoft.com/download/6/3/8/638af9fd-a72c-4125-a5ad-12f94e3eade9/SoftGrid_ts_setup_4.1.1.310.exe
SoftGrid の Windows デスクトップ (4.1.1.310)
http://download.microsoft.com/download/f/b/6/fb62eeb3-ecd1-4a05-b1b6-ec087cb7ae8c/SoftGrid_wd_setup_4.1.1.310.exe
新機能
Microsoft SoftGrid 4. 1 SP1 には、2007 Office リリースなど、パブリックのアセンブリが SxS アプリケーションをシーケンス処理のサポートが向上します。

一般向けリリース情報

アップグレードまたはアンインストールおよび再インストールしますか。

クライアントのバージョン 3. 2、バージョン 4. 0 から SoftGrid 4. 1 SP1 をクライアントにアップグレードできますかバージョン 4. 1 です。 アップグレード プロセスは、すべてのシステム構成の設定とユーザー プロファイルの設定保持されます。 バージョン 3. 2 からアップグレードするとと、クライアント ソフトウェア アプリケーション キャッシュがフラッシュされます。 アップグレード後、アプリケーションを再読み込みする必要があります。

最新バージョンにクライアントをアップグレードすることをお勧めします。 ただし、またアンインストールできます以前のバージョン バージョン 4.x のクライアントをインストールする前に。 以前のバージョンをアンインストールするには、プログラムの追加と削除ユーティリティを使用します。 アンインストールすると、SoftGrid のローカル設定は、アンインストールを実行するユーザーの削除され、キャッシュがフラッシュされます。

以前のバージョン、SoftGrid Sequencer を使用している場合はバージョン 4. 1 SP1 に直接アップグレードすることはできません。 バックアップ イメージの適切な基本オペレーティング システム SoftGrid Sequencer バージョン 4. 1 SP1 をインストールする前に実行しているコンピューターで復元する必要があります。 バックアップ イメージはすべてのクライアント コンピューターであるエンドユーザー ソフトウェアに含めます。

バージョン 3. 1、バージョン 3. 2、バージョン 4. 0 またはバージョン 4. 1 から SoftGrid のすべてのサーバー コンポーネントをアップグレードできます。 Microsoft SoftGrid コンポーネントの以前のリリースからのアップグレードはサポートされていません。 古い Microsoft SoftGrid コンポーネントを持っている場合はバージョン 4. 1 SP1 コンポーネントをインストールする前に]、[プログラムの追加と削除ユーティリティを使用して、アンインストールします。

サーバーのアップグレードは自動的に既存のアプリケーションを検証し、アプリケーション構成の問題を識別します。

メモ アプリケーションを SoftGrid Sequencer バージョン 4.x にシーケンスする可能性がありますバージョン 3.x を実行している SoftGrid クライアントに正しくストリームされません。 対象クライアントをバージョン 4.x にアップグレードしたり、古いクライアントにストリーム バージョン シーケンス 3.x アプリケーションを続行できます。 クライアント バージョン 4.x と SoftGrid Sequencer バージョン 4.x テストはお勧めします。

マニュアル

このリリースをサポートする、次のような文書。
  • SoftGrid のクイック スタート ガイド
  • SoftGrid Sequencer インストール
  • SoftGrid コンポーネントをインストールします。
  • SoftGrid クライアントをインストールします。
  • SoftGrid プラットフォーム管理のガイド
  • SoftGrid Sequencer ユーザーのガイド

Windows Server の要件

サーバーのインストール要件には、Microsoft Windows Server 2003 SP1 またはそれ以降のバージョンの Windows Server 2003 です。 これは、SoftGrid 管理コンソール スナップインで必要です。 SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーによって Windows Server 2003 SP1 より以前のバージョンを実行しているコンピューターにインストールされます。 ただし、SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーは、コンソールを追加されません。 コンソールがインストールされているさまざまなコンピューターからこのサーバーを管理することができます。

重要です SoftGrid サーバー管理コンソール スナップイン-されなくインストールまたは Microsoft Windows 2000 Server と連携します。

既知の問題

元に戻す全体を表示する
説明 詳細について
3.x クライアントおよび 4.x サーバーの組み合わせが、作業中のアップグレード
ドメイン コントローラーの再起動を後でも、アクティブ アップグレードを 3.x クライアントおよび 4.x サーバー失敗して可能性があります。
作業中のアップグレードは、SoftGrid Sequencer 4.x、4.x サーバーおよび 4.x クライアントによって作用します。 アクティブ アップグレードさまざまな混在環境で作業可能性があります。
SoftGrid バージョン 3. 2 サーバー上で MSDE アップグレード要求を再起動します。
データベースが、サーバーと同じコンピューター場合は、MSDE のアップグレード中に、再起動の表示、可能性があります。 を再起動する場合は、全体のアップグレードを再起動する必要があります。
再起動しないでください。 ダイアログ ボックスが表示されたら、 [キャンセル] をクリックして、アップグレードを進みます。
アプリケーションは、アプリケーションのインポートをキャンセルした後開始時に失敗します。
SoftGrid クライアント管理コンソール スナップインで、アプリケーションのインポートをキャンセルした後、アプリケーションを起動しようとすると予期しないエラー コード 00000125 が表示されます。
アプリケーションを再起動しようとする前に、SoftGrid クライアント管理コンソール スナップインでアプリケーションをアンロードします。
コンテンツのディレクトリを使用できないが、アプリケーション サーバーのアンインストール
コンテンツのディレクトリが利用可能なない共有ネットワーク フォルダーを指す、アンインストール エラー メッセージ 1606年で失敗します。
コンテンツ ディレクトリは、ローカルのディレクトリ場合をアンインストールする前に、同じ名前のディレクトリ作成し直します。 コンテンツがの場合、共有の場所は、この場所が確認に、サーバーで利用をアンインストールする前にします。
バックグラウンド プロセスがアプリケーションを正しくアンインストールの SoftGrid クライアントをできなく
ダイアログ ボックスが閉じられているすべての仮想アプリケーションの表示も続行する前にすべての仮想アプリケーションを終了するが表示されます。
SoftGrid クライアントをアンインストールする前に、SoftGrid クライアントの通知領域から終了手動でします。
クライアント インストーラーは新しいグローバル データ フォルダーの保存
クライアントのインストール中にを参照してフォルダーを選択すると、表示は更新されません。
これは、表示の問題です。 [戻る] ボタンまたは [次へ] ボタンを使用して、変更がわかります。
UPN ログオンをクライアントに完全なドメイン名が必要です。
リモート接続は、クライアントのログオンが完全な UPN 名を必要です。 ここのサフィックスです。 たとえば、domainuser@company2.int。
UPN ドメイン ユーザーでログオンする場合は、完全な資格情報を使用します。
複数のパッケージで使用するアプリケーションをインポートする方法についての競合
表示まれに、複数のパッケージを使用するアプリケーションをインポートすることがありますされますエラー メッセージと、パッケージの GUID が既に使用されているレポート。 管理コンソール スナップインがフリーズします。
これらのエラー メッセージは、このリリースの既知の制限です。 ただし、管理コンソール スナップインで再起動すると、パッケージは正常にインポートです。
FAT32 ドライブ上の破損の VFS ファイル
FAT32 ドライブを使用する SoftGrid"が実行されているコンピューターで VFS ファイルが破損することができます。
シーケンスには、NTFS ドライブのみを使用します。 FAT32 ドライブへシーケンスされない操作を行います。
既定のアプリケーションは、分割サーバー SoftGrid のインストールに表示されません。
1 台のコンピューターと別の仮想アプリケーション サーバーで、Web サービスとデータベースを使用する SoftGrid のインストールで、データベース内または、公開されたショートカットの場所に既定のアプリケーション可能性があります表示されません。
これは、既知の制限です。
クライアントのインストール中に既定のポートを変更したことはできません。
既定のポート 554 には、インストール中に別のポートを入力した後も残ります。
インストール後に、クライアント管理コンソール スナップインを使用して、SoftGrid サーバーを選択し、サーバーのプロパティの目的のポートを入力にします。
multi-Stage のアップグレード エラー
Microsoft Office XP にアップグレードを multi-stage の 2 番目、更新、2 番目の連続した更新プログラムで失敗することができます。
SoftGrid Sequencer ドライブのルート ディレクトリの下のレベルをアプリケーションを少なくとも 2 つのフォルダーにインストールします。 たとえば、Q:\MyApp\New Q:\MyApp ではなく、アプリケーションをインストールします。
シーケンサー コマンドライン: SystemGuard のエラー メッセージ
コマンドラインのシーケンス中が、エラー メッセージ、SystemGuard のダウンロード エラーを報告する表示されます。 エラー レポートをインストール パス パラメーターが無効にする]
引数として渡されたファイル名が 255 文字未満でこと自体を含まれないように特殊文字などを確認または \: |? * s < または >。
シーケンサーが余分な.osd ファイルを生成します。
SoftGrid Sequencer バージョン 4.x アプリケーションに対して必要以上の複数の.osd ファイルを生成できます。
仮想アプリケーション サーバーには、シーケンスが付けられたファイルをコピーする前に、.osd ファイルをアプリケーションに関連することを確認します。 たとえば、SoftGrid Sequencer メモ帳とエクスプローラー、に対して.osd ファイルを作成する場合、これらがアプリケーションの一部でないことこれらの.osd ファイルを削除、SoftGrid Sequencer 出力をコピーする前に。
3. 1 4.x サーバーのアップグレード後、サーバーが開始されません。
ポート番号の値は、SQL サーバーの DATA_SOURCES テーブル内に場合、SoftGrid サーバーが起動しません。
ポート番号を削除する、SQL Server の DATA_SOURCES テーブルを編集します。
名の変更に失敗するサーバーのサービス。
SoftGrid 仮想アプリケーション サーバー サービスは、サーバー名が DNS 形式に変更されると起動しません。
サーバー名と同じ形式でをまま、インストール後にあること。
サーバーのアップグレードのエラー メッセージ
元のインストール中に、SoftGrid サーバー コンテンツのパスを変更した場合、アップグレードが DefaultApp.osd を置換しよう 2 つのエラー メッセージが表示されます可能性があります。 Drive_Letter でない場合そのファイルを見つけられない: \Program Files\Softricity\SoftGrid Server\content。
各エラー メッセージにある [OK] をクリックします。 このエラーは、アップグレードを影響しません。 前の場所にそのファイルも検索できます。
サーバーのサイレントのアップグレードが特定のシナリオで失敗します。
サーバーのサイレントのアップグレード時に失敗する可能性があります、REINSTALL = ALL REINSTALLMODE と vomus = メジャー アップグレード版なかと、プロパティは、misexec コマンドラインで指定します。
SoftGrid サーバー インストーラーに対してその setup.exe プログラムを実行すると場合をメジャーまたはマイナー アップグレードを行っているかどうかを決定する場合は、このような状況が回避されます。 指定、REINSTALL = ALL および REINSTALLMODE SoftGrid バージョン 4. 1 から、アップグレードを行う場合にのみ、misexec コマンド ラインの vomus プロパティを =。
SoftGrid クライアント インストーラーの 64 ビット版 Windows のインストールが妨げはありません。
SoftGrid クライアント インストーラーは、64 ビット システムで実行されることをプラットフォームがサポートされていませんことを説明するユーザーに、ダイアログ ボックスを提供しないこと検出しません。
SoftGrid 現在 64 ビット版 Windows のサポートしません。
アップグレードした後、以前のバージョンのレポートを SoftGrid サーバー管理コンソール スナップイン
SoftGrid サーバー管理コンソール スナップインでアップグレードすると、旧バージョンの SoftGrid サーバー管理コンソール スナップインがについて SoftGrid コンソール ウィンドウに表示されます。
SoftGrid サーバー管理コンソール スナップインが正常にアップグレードされましたが、バージョン番号が MMC 3. 0 でキャッシュが誤って。
スタンドアロンの管理 Web サービスのアップグレードを失敗します。
SoftGrid 管理 Web サービスは、バージョン 3. 2 からバージョン 4.x にアップグレードできません。 SoftGrid 管理 Web サービス アプリケーションのパッケージが見つかりません。
スタンドアロンの管理 Web サービスをアップグレードしようとする前に、SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーをアップグレードします。 次に、管理 Web サービス アプリケーションの移行の正しいコンテンツ パスを見つけことができます。
リスナーの停止が回復されません。
仮想化されたアプリケーションを実行している場合、リスナーを停止する、コマンドラインを使用、リスナーを固定します。
エンドユーザーが実行されているアプリケーションを仮想化するときに、コマンドラインでシャットダウンような場合、リスナーを固定します。 この場合クライアント コンピューターを再起動します。
2 つのレポートがバージョン 4. 1 SP1 ではありません。
ユーザー グループとアプリケーションの構成レポートとライセンスの準拠は、バージョン 4. 1 SP1 で表示されません。
これは、既知の制限です。
サーバーの管理コンソール スナップインで新しいアプリケーションとしてアップグレード sequencings をインポートできません。
によって、パッケージのアップグレード、SoftGrid サーバー管理コンソール スナップインに以前存在しなかったをアップグレードされてシーケンスをインポートすると、エラー コード 0000C81E が表示されますがあります。
この問題を回避するにはたとえば、.sft ファイル名で、後続のバージョン番号を削除] を MyApp.sft に MyApp_3.sft を変更します。
スナップイン 4.x に 3.2.2.8 からサーバー アップグレード SoftGrid 作成できません。
4.x に 3.2.2.8 から、SoftGrid サーバーをアップグレードしようとした場合、SoftGrid サーバー管理コンソール スナップインで作成できません。
この問題は、修復を実行する場合、解決します。
SoftGrid のアップグレード MMC 3. 0 サーバー管理コンソール スナップインで SoftGrid クライアントでエラーを生成します。
SoftGrid クライアント管理コンソール スナップインで、SoftGrid サーバー管理コンソール スナップインがインストールされてもおり、ノードの SoftGrid SoftGrid クライアント管理コンソール スナップインで [をクリックしたときに MMC 3. 0 にアップグレードするコンピューターにインストールがある場合、エラー メッセージが表示されます。
このエラー メッセージを無視する場合、SoftGrid クライアント管理コンソール スナップインで正しく動作します。
サーバー ログの場所、SoftGrid サーバーをバージョン 4.x からアップグレードにより既定の場所にリセットします。
以前する既定のログ ディレクトリを削除する、カスタム ログ ディレクトリを指定された場合、SoftGrid サーバー エラー 41539 が起動しません。
この問題を解決をするには、ログの場所を手動でリセットします。
サーバーの接続で利用状況データが失われる
SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーへの接続は失われます後、SoftGrid クライアントが再接続するときにアプリケーションの利用状況の情報を破棄できます。
これは、クライアントの制限事項です。
.osd ファイルをインポートするときにファイルの種類の関連付けを削除することはできません。
ウィザードのファイルの関連付け] 既存のファイル種類の関連付け正しく削除する表示されます。 ファイルの種類の関連付けは、管理コンソール スナップインのファイルの種類の関連付けノードに残ります。
ファイルをインポートすると後、は、ファイル関連付けの管理コンソール スナップインのノードからのファイル種類の関連付けを削除します。

SoftGrid 仮想アプリケーション サーバー、管理サーバーと Web サービス

一般的なガイドライン

  • Microsoft Windows NT 4. 0 の SoftGrid コンポーネントはできません。 ただし、コンポーネントは、引き続き Windows NT 4. 0 ドメインで機能します。 クイック スタートとインストール ガイド詳細情報を参照してください。
  • SQL Server 2005 Express はサポートされていません。
  • Microsoft SoftGrid コンポーネントをインストール対象のサーバーのローカルの管理者資格が必要になります。
  • SoftGrid 管理 Web サービスのインストールは、Microsoft .NET Framework 2. 0 が必要です。
  • Microsoft SoftGrid インストール ウィザードのフィールドで、# 文字を使わない。 失敗 SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーのインストールを可能性があります。
  • SoftGrid 仮想アプリケーション サーバー用、SQL Server 2005 をインストールする前に確認、SQL Server の構成が TCP/IP を有効にしてください。 SQL Server 構成マネージャーで、 SQL Server 2005 の構成 ] を展開あり、[ MSSQLSERVER のプロトコル ] をクリックします。 TCP/IP ] を右クリックし、 有効にします 。 最後に、SQL Server を再起動します。 これを行うには、 SQL Server 2005 サービス をクリックする SQL Server (MSSQLSERVER) 、右クリックして [ 再起動 ] をクリックします。
  • SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーとの既存の SQL データベース名ではハイフン (ダッシュ) を使わないください。 SoftGrid はハイフンでデータベース名をサポートしない SQL 関数を使用し、サーバー インストールが失敗したハイフンを使用する場合。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    165432PRB: DBGrid は挿入レコードのフィールド名がツールバーの (実線/点線含まれている場合
  • 既定では、仮想アプリケーション サーバーのログ レベルは設定されて警告、エラー、致命的なエラーおよびトランザクション含むこの警告をエラーとします。 問題を診断ログ レベルを上げるがあります。 ログ レベルを上げる結果、高速のログ ファイルの拡張とディスク領域を増やす。 ログ レベルを上げるには、問題を診断すると、ログ レベルに戻る、sft server.log ファイルが不必要に拡大できなかったため、制限設定 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    930843SoftGrid 管理コンソール 3.x のログ オプション
  • Windows Server 2003 で Windows 負荷分散環境では、アフィニティを [None/なし] に設定しないでください。 ストリームのアプリケーションを要求するクライアントのエラーが発生このことができます。 代わりに、アフィニティを単精度浮動小数点数型 (Single を設定します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    932018Windows Server 2003 ネットワークの負荷分散とが連携 SoftGrid のネットワーク機能する方法
  • それぞれの仮想アプリケーション サーバー、サーバー グループで同じバージョン、同じパッケージがあります。 別のサーバーから、同じアプリケーションを取得するように構成されている SoftGrid クライアント、いてクライアントからのフェールオーバーの問題が 1 台のサーバー間に発生可能性があります。
  • SoftGrid データ ストアの自動化の使用率のクリーンアップが必要、SoftGrid データ ストアのコンピューターで実行される SQLSERVERAGENT になります。
  • 次の条件のいずれかが true でない限り、プロキシを使用してファイアウォールを介した、SoftGrid 管理コンソール スナップインにログオンできない場合があります。
    • ポイント ツー ポイント トンネリング プロトコル (PPTP) 接続を介して認証を行う。
    • 認証の既定の Web サイトに含める基本認証を構成するとします。
  • SoftGrid 管理 Web サービスの要求に対して既定要求タイムアウトは 15 分 (900 秒) に設定します。 大規模な既定値は、レポートを実行する非常に長い時間がかかるために必要です。 web.config ファイルを編集および変更することによって、タイムアウト値を変更できます、‘ executionTimeout Don の属性、‘ configuration/system.web/httpRuntime Don 要素。

    <configuration>
    <system.web>
    <!-- Time out (in seconds) when servicing request -->
    <httpRuntime executionTimeout="900" />
    </system.web>
    </configuration>

SoftGrid サーバー管理コンソール スナップイン

一般的なガイドライン

  • SoftGrid 管理コンソール スナップインをインストールするには、まず管理者としてログオン、そのコンピューター上で。
  • Softricity 管理者ノード内のユーザーのみ、SoftGrid 管理コンソール スナップインにログオンできます。 SoftGrid 管理コンソール スナップインで追加することができますもインストール時にこれらのユーザーを指定します。
  • 現在ありませんサポートされてライセンスの最大時間を変更します。
  • SoftGrid 管理コンソール スナップインおよび SoftGrid 管理 Web サービスのバージョンが一致する必要があります。
  • SoftGrid Sequencer OSD エディターを使用して.osd ファイルを編集し、不正な XML の導入を避けます。
  • 可能性のある競合クライアント上でコンピューターの重複するファイル種類の関連付けを作成しないでください。

SoftGrid Sequencer

ベスト プラクティス

SoftGrid"を使用する前に、ベスト プラクティス ガイドラインは参照シーケンス。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
932137Microsoft SoftGrid でシーケンスを使用するベスト プラクティス


アプリケーションをシーケンス処理をする前にシーケンス Microsoft Office などのいくつかのアプリケーションをシーケンス問題を防ぐに役立つガイドラインについては、Microsoft 知識を検索します。

一般的なガイドライン

  • シーケンスのコンピューターと、シーケンスが付けられたアプリケーションはストリーミングする SoftGrid クライアントで、同じバージョンの Microsoft インストーラーなければなりません。 同じバージョンでない場合ユーザーは、インストーラーのダイアログ ボックスを表示か、アプリケーションを実行している問題がある可能性があります。
  • 場合、基本オペレーティング システムがシーケンスをターミナル サービスは、シーケンスのインストール フェーズのオペレーティング システムのインストール モードに挿入する必要があります。 これが可能コマンドを使用します。 ただし、こうコントロール パネル] を使用するには、[プログラムの削除 </a0>] の追加と] をクリックし、[プログラムの追加。 インストール フェーズを開始します。
  • [ ファイル ] をクリックし、[ 新規パッケージ ] をクリックすると、お勧めすることを新しいアプリケーションをシーケンスしについて opt。 経験シーケンスを持っている場合は、個々 のウィザードを使用して、[ツール] メニューの [できます。
  • シーケンス中に、アプリケーションがクラッシュした場合は、クラッシュの後に正常に機能が表示される場合でも、アプリケーションを re-sequence します。
  • すべての.osd ファイルは既定では、同じ仮想アプリケーション サーバーの場所情報とスイート名を使用します。 1 つの.osd ファイルの場所を変更するには、"OSD エディター使用します。 場所またはパッケージ内のすべての.osd ファイルのスイートの名前を変更をするには、パッケージの構成ウィザード使用します。
  • "OSD エディターを使用して.osd ファイルを編集し、不正な XML の導入を避けます。
  • その他のパッケージ ファイルと共に.sprj (プロジェクト) ファイルを保持します。 このファイルにパッケージのアップグレードが必要な情報が含まれています。
  • SoftGrid Sequencer をインストールする前に独立したプロセスのチェック ボックスでフォルダー ウィンドウを開くオフになってこといるを確認します。 これを行うに Windows エクスプローラーでは、[ ツール ] の順にクリックして、 フォルダー オプション ] をクリックし、[ 表示 ] タブ。 個別のプロセスでフォルダー ウィンドウをサイド バー </a0>] チェック ボックスがオンの場合はオフにクリックします。 値を変更すると場合、再起動します。
  • SoftGrid Sequencer インストールには、シーケンス ステーション上のローカル管理者資格情報が必要です。

SoftGrid クライアント

一般的なガイドライン

  • SoftGrid クライアント、SoftGrid Sequencer と同じコンピューターにインストールしないでください。
  • Softricity ドライブには、アプリケーション固有データ格納されます。 ユーザー データをこのドライブに格納しないでください。
  • 移動プロファイルを使用するユーザーのみログオンこと 1 台のコンピューターに一度に確認します。 それ以外の場合は、断続的な問題があります。
  • ストリームするローカルにインストールされたアプリケーションを削除することをお勧めします。 それ以外の場合は、ユーザー、機能を示すことを報告、ストリームのアプリケーションからのメッセージは使用できません表示ことがあります。
  • 最適なパフォーマンスは、クライアント キャッシュをストリームのすべてのアプリケーションのサイズより大きくになければなりません。
  • すべてのクライアントに対して、必要なキャッシュ内のアプリケーションをロードして、オフライン操作のオプションが有効になってこと確認してください。 このオプションでは、ネットワークまたは SoftGrid 仮想アプリケーション サーバーの障害があるときアプリケーションを起動できます。
  • 255 文字を使用するパスに以内 SoftGrid クライアントおよびストリーミング アプリケーションをインストールします。
  • このアドレスの逆引き参照を有効にしないした場合、またはこのアドレスが動的とその DNS エントリになった同期の場合、デスクトップ構成のサーバーを探すには、IP アドレスではなく、ホスト名を使用します。
  • [アプリケーションの自動と修復] コマンドを Microsoft Office アプリケーションのヘルプ] メニューで使わないでください。 このコマンドが Office エラー メッセージを可能性があります。
  • クライアント コンピューターをドメインの一部ではありませんが、ドメインのネットワーク共有からファイルを取得する一連の資格情報を使用が可能性があります一部のインスタンスで使用これら同じ資格情報 SoftGrid 対応のアプリケーションを要求するとき。 これらの資格情報無効な場合、オフにするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、有効なものを入力できます。
  • SoftGrid 管理者 Softricity SoftGrid Client サービスを停止できます。 すべてのクライアント セッションを終了サービスを停止し、ユーザーがデータを失う可能性があります。 クライアントのユーザーをすべてのアプリケーションを終了し、このサービスを停止する前に、セッションからログオフを通知することをお勧めします。

ターミナル サーバー用の SoftGrid クライアント

一般的なガイドライン

  • 移動プロファイルを使用してファイルのキャッシュをオフにします。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    287566移動ユーザー プロファイル共有で、オフライン ファイル用のキャッシュ オプションを無効にはする必要があります。
  • 移動プロファイル] または [アプリケーション フォルダーのリダイレクトを使用している SoftGrid クライアント バージョン 3.x とバージョン 4.x 間を移動するユーザー問題が発生可能性があります。 具体的には、そのショートカットとアクセスできないファイルの種類の関連付けがあり、バージョン 3.x が実行されている SoftGrid クライアントからのメッセージ履歴を表示できませんがあります。 これらの問題は、ユーザーのデータまたはアプリケーションの設定が失われるされません。 すべてのコンピューターが SoftGrid バージョン 4.x にアップグレードされるまで、デスクトップ構成の集中管理を使用して延期することを推奨します。 潜在的な影響を減らすためを同じデスクトップの構成情報のソースを使用し、でログとアプリケーション情報を更新するまですべて SoftGrid クライアントが、ユーザーを移動できますが設定することを確認して必要があります。

プロパティ

文書番号: 938497 - 最終更新日: 2008年2月19日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SoftGrid for Terminal Services
  • Microsoft SoftGrid for Windows Desktops
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbmt KB938497 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:938497
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com