FIX を使用して、トランザクション レプリケーションを構成するときに、ディストリビューション エージェントの一部の行スキップできます、"-SkipErrors"SQL Server 2005 のパラメーター

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 938671
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

トランザクション レプリケーションを構成すると、使用して、 -Skiperrors パラメーターMicrosoft SQL Server 2005 では、ディストリビューション エージェントは、一部を省略可能性があります。行します。この問題は、データ不整合の問題パブリッシャー間が発生し、サブスクライバー。

さらに、この問題が発生すると、ディストリビューション エージェントが表示可能性があります、次のメッセージします。
007-05-18 22:49:38.195 プロセスマルチ ・ ストリーミング モードで最後にバッチ実行に失敗しましたにリセットされました1 つの接続モードと、操作を再試行します。

007-05-1822:49:38.273 スキップ 1 個のトランザクションをサブスクライバーに適用する場合はエラーします。007-05-18 22:49:38.367 101 トランザクション 100 コマンドが配信されました。

007-05-18 22:49:38.477 100 トランザクション 100 コマンドと共にを使用されて配信。007-05-18 22:49:38.570 トランザクションを適用する場合は 1 個のエラーのスキップサブスクライバーで。

007-05-18 22:49:38.664 100 トランザクション 100コマンドが配信されました。

解決方法

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 2 に初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2005 Service Pack 2 を入手する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
936305 SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 のリリース以降後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
特定の SQL Server のサービス パックの Microsoft SQL Server 2005年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 2 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 2 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

既定では、ディストリビューション エージェントがエラーを検出した場合、ディストリビューション エージェントを停止する必要があります。使用するかどうかは、 ?SkipErrors パラメーターに特定のエラーは、ディストリビューション エージェントは、これらのエラーをスキップします。後続のトランザクションの処理を続行します。

問題の再現手順

  1. レプリケーション環境を設定します。これを行うには、実行、SQL クエリ アナライザーで次のスクリプトです。
    use master
    go
    exec sp_adddistributor  @distributor = @@SERVERNAME
    go
    exec sp_adddistributiondb  @database = 'distribution'
    go
    exec sp_adddistpublisher  @publisher = @@SERVERNAME, @distribution_db = 'distribution'
    go
    exec sp_replicationdboption pubdb, publish, false
    go
    exec sp_replicationdboption subdb, publish, false
    go
    if db_id('pubdb') is not null
        drop database pubdb
    go
    create database pubdb
    go
    if db_id('subdb') is not null
        drop database subdb 
    go
    create database subdb
    go
    exec sp_replicationdboption pubdb, publish, true
    go
    use pubdb
    go
    create table t(c1 int primary key, c2 int, c3 sysname null, c4 nchar(200) default 'a')
    go
    create unique index c2_idx on t(c2)
    go
    sp_addpublication @publication = 'p1', @status = 'active'
    go
    sp_addarticle @publication = 'p1', @article = 'a1', @source_table = 't', @schema_option = 0x00000000000300f3
    go
    sp_addsubscription @publication = 'p1', @article = 'all', @subscriber = @@servername, @destination_db = 'subdb'
    go
    
  2. 次のコマンドをバッチ ファイルとして保存し、実行データを挿入するファイルを指定します。
    c: pushd "c:\program files\microsoft sql server\90\com\" del dist.out
    call snapshot.exe -publisher %COMPUTERNAME% -publisherdb pubdb -distributor %COMPUTERNAME% -distributorsecuritymode 1 -publication p1
    call logread.exe -publisher %COMPUTERNAME% -publisherdb pubdb -distributor %COMPUTERNAME% -distributorsecuritymode 1 
    call distrib.exe -publisher %COMPUTERNAME% -publisherdb pubdb -distributor %COMPUTERNAME% -distributorsecuritymode 1 -publication p1 -subscriber %COMPUTERNAME% -subscriberdb subdb 
    start cmd.exe /s /k "logread.exe -publisher %COMPUTERNAME% -publisherdb pubdb -distributor %COMPUTERNAME% -distributorsecuritymode 1 -continuous"
    start cmd.exe /s /k "distrib.exe -publisher %COMPUTERNAME% -publisherdb pubdb -distributor %COMPUTERNAME% -distributorsecuritymode 1 -publication p1 -subscriber %COMPUTERNAME% -subscriberdb subdb -subscriptionstreams 8 -SkipErrors 2601:2627 -Output dist.out -OutputVerboseLevel 2 -continuous"
    popd
    osql -E -S[SQL_server] -Q"insert subdb..t (c1, c2) values (1000, 1000)"
    osql -E -S[SQL_server] -Q"insert subdb..t (c1, c2) values (2500, 1015)"
    osql -E -S[SQL_server] -Q"begin tran declare @v int select @v = 1 while (@v < 1020) begin insert pubdb..t (c1, c2) values (@v, @v) select @v = @v + 1 end commit tran"
    osql -E -S[SQL_server] -Q"declare @v int select @v = 3100 while (@v < 3500) begin insert pubdb..t (c1, c2) values (@v, @v) select @v = @v + 1 waitfor delay '0:0:0.10' end"
    
    メモ プレース ホルダー SQL_server 表すSQL Server のインスタンスの名前です。
  3. データに複製されていないことを確認、サブスクライバーに含まれる ◇

プロパティ

文書番号: 938671 - 最終更新日: 2011年7月19日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseinter kbmt KB938671 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:938671
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com