アドイン、ActiveX コントロール、COM アドインの機能が減少または機能は、Office 2003 Service Pack 3 をインストールした後にブロックされています。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 938814
重要です この資料でにはセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれます。特定の問題を回避するには、このような変更を行います。これらの変更を行う前に、使用している環境でこの回避策の実装に関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。この回避策を実装する場合は、コンピューターを保護するために、適切な追加手順を実行します。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office 2003 Service Pack 3 (SP3) をインストールします。Office 2003 プログラムを起動すると、アドイン、ActiveX コントロール、COM アドインの機能が削減されます。また、機能は一部のシナリオでブロックされます。

原因

一部のシナリオでは、Office 2003 ファイルのセキュリティを向上させるために、Office 2003 SP3 で、アドイン、ActiveX コントロール、および COM アドインの動作が変更されました。

Office 2003 SP3 を使用してプログラミングの COM コンポーネントのテストが実行されます、 QueryInterface() Office 2003 プログラムを起動したときの方法です。COM コンポーネントのほとんどは、テストが正常に渡されます。ただし、COM コンポーネントには、テストが失敗した場合は、いくつかのアドイン、ActiveX コントロール、または COM アドインの機能が制限されます。また、機能がブロックされることがあります。COM コンポーネント コンポーネント提供する間違った応答のシナリオでテストが失敗する可能性があります、 QueryInterface() メソッドです。

この Office 2003 SP3 の変更のために発生する問題があるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. イベント ビューアーを起動します。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ eventvwr.exe で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  2. クリックしてください。 アプリケーション.
  3. クリックして、 イベント イベント ID 番号で並べ替える列の見出し。
  4. イベント ID 21296 が発生したかどうかを確認します。イベント ID 21296 を検索する場合は、イベントを右クリックし、クリックしてください プロパティ.
  5. 存在する場合は、問題のある COM コンポーネントに関する次の情報を確認します。
    • クラス識別子 (CLSID)
    • モジュール名
    • モジュールのバージョン

解決方法

Office 2003 SP3 でこの現象を解決するには、アドイン、ActiveX、またはの COM アドインのプロバイダーに問い合わせてください。ので、コンポーネント プロバイダー コンポーネントを更新する必要があります、系、 QueryInterface() メソッドは、コンポーネントによって実装されるインターフェイスのインターフェイス ポインターだけを返します。

回避策

警告 この回避策は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性は、悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をことがあります。この回避策はお勧めしませんが、独自の判断でこの回避策を実装できるようにこの情報が提供されます。ご自身の責任でこの回避策を使用します。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法


ポリシーを使用すると Office 2003 SP3 でこの動作を回避するには、管理者の機能完全に無効にできます。また、管理者は、特定の CLSID の機能を無効にできます。

レジストリにこれを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

メモ 次の方法で設定されている値がコンピューターにインストールされているその他のバージョンの Microsoft Office があります。

方法 1: この機能を完全に無効にします。

  1. Office 2003 プログラムをすべて終了します。
  2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  3. 見つけて、次のレジストリ サブキーのいずれかをクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Security
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Security
    メモ ポリシーの値が存在する場合は、値が
    \Software\Policies\Microsoft\Security
    サブキーを使用します。ポリシーの値、レジストリ内の値でないかどうかは、
    \Software\Microsoft\Security
    サブキーがチェックされます。さらに、それが存在する場合、値が使用されます。
  4. 手順 3 で指定したサブキーをクリックすると、ポイントします。 新しい で、 編集 メニューのとクリック DWORD 値.
  5. 種類 CLSIDInterfaceTest、し、ENTER キーを押します。
  6. 右クリックします。 CLSIDInterfaceTest、し 変更.
  7. で、 [値のデータ ボックスの種類 1、し [OK].
  8. で、 ファイル メニューをクリックして 終了 レジストリ エディターを終了します。

方法 2: 特定の CLSID のこの機能を無効にします。

  1. Office 2003 プログラムをすべて終了します。
  2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  3. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\ {<com coclass="" guid="">}</com>
  4. 手順 3 で指定したサブキーをクリックすると、ポイントします。 新しい で、 編集 メニューのとクリック DWORD 値.
  5. 種類 InsecureQI、し、ENTER キーを押します。
  6. 右クリックします。 InsecureQI、し 変更.
  7. で、 [値のデータ ボックス、次の値のいずれかを入力しをクリックしてください [OK]:
    • 0: これは既定値です。この値は、CLSID でテストを実行、テストが完了すると、ランダムに存在しないインターフェイスを解放します。
    • 1: この値、CLSID でテストを実行しません。
    • 2: この値、CLSID でテストを実行しません。
    • 3: この値、CLSID でテストを実行しません。さらに、この値は、ランダムに存在しないインターフェイスを解放しません。Office アプリケーションは、実際にテストを実行せず、CLSID でテストを失敗したかのように機能します。
  8. で、 ファイル メニューをクリックして 終了 レジストリ エディターを終了します。

詳細

CLSID の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms691424.aspx
Office 2003 の最新の service pack を入手する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
870924Office 2003 の最新の service pack を入手する方法

プロパティ

文書番号: 938814 - 最終更新日: 2011年8月10日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbaddin kbprb kbcominterop kbpubtypekc kbupdateissue kbexpertisebeginner kbmt KB938814 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:938814
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com