Windows Server 2003 から Windows Server 2008 にアップグレードすると、プリンターを復元する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 938923 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Windows Server 2003 または Windows Server 2003 R2 には、Windows Server 2008 にアップグレードすると互換性のないプリンター キューが検出された場合は、アップグレード処理中にすべてのプリンター キューを削除可能性があります。

資料 938923 セットアップ互換性レポート中に参照されている場合は、サーバーに互換性のないプリンター キューがあります。この場合、プリンターがバックアップされるまでセットアップを続行しないでください。

この資料では、Windows Server 2008 にアップグレードする前に、プリンターのセットアップをバックアップする方法について説明します。アップグレード後に、プリンターを復元する方法についても説明します。

メモWindows Vista 機能のバックアップを作成して、印刷の管理スナップインで Microsoft 管理コンソール (MMC) でのプリント サーバーを復元するのには、最初のオペレーティング システムです。

詳細

Windows Vista では、印刷の管理スナップインを起動する方法をインストールするのには

  1. クリックしてください。 スタート
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    ] MMC 続いて 検索を開始します。 [ MMC 続いて プログラム リスト。
  2. で、 ファイル メニューをクリックして スナップインの追加と削除.
  3. で、 使用可能なスナップイン ボックスの一覧でクリックしてください 印刷の管理プロパティ 追加.追加するスナップインでは、数秒間待機する必要があります。
  4. で、 印刷の管理を構成します。 ウィンドウが、リモート プリント サーバーの名前を入力しをクリックして リストに追加します。.
  5. クリックしてください。 終了日.
  6. クリックしてください。 ].バックアップを作成プリンターは表示されます、 プリント サーバー コンソールの領域です。

印刷の管理スナップインでは、Windows Server 2008 または Windows Vista で使用して、プリンターのセットアップをバックアップする方法

Windows Server 2008

  1. クリックしてください。 スタート[ 管理ツール、し、ダブルクリック サーバー マネージャー.
  2. サーバー マネージャーで、右クリックします。 ロールプロパティ ロールを追加します。.
  3. オンにし、 印刷サービス チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 次へ.
  4. クリックしてください。 次へ 2 回をクリックし. インストール.
  5. インストール処理が完了したらをクリックします。 閉じる.
  6. クリックしてください。 スタート[ 管理ツールプロパティ 印刷の管理.
  7. で、 印刷の管理 ウィンドウを右クリックして 印刷の管理プロパティ プリンターを移行します。.
  8. 確認してください。 プリンター キューとプリンター ドライバーをファイルにエクスポートします。 選択されているしをクリックして 次へ.
  9. で、 プリント サーバーを選択します。 ウィンドウをクリックして ネットワーク上のプリント サーバー、リモート プリント サーバーの名前を入力し、をクリックして 次へ.
  10. で、 エクスポートする項目の一覧を確認します。 ウィンドウをクリックして 次へ.
  11. で、 ファイルの場所を選択します。 ウィンドウで、プリンターを作成する場所を入力します。たとえば、次の場所を入力します。
    system_drive: \backup\remoteservername.printerExport
  12. クリックしてください。 終了日.

Windows Vista

  1. 印刷の管理スナップインで、リモート サーバーを右クリックしをクリックしてください プリンターをファイルにエクスポートします。.
  2. で、 ファイルの場所を選択します。 ウィンドウ内のプリンターをバックアップする場所を入力、 プリンター データをエクスポートします。 フィールドです。たとえば、次の場所を入力します。
    system_drive: \backup\remoteservername.printerExport
    次に、クリックします。 次へ.
  3. クリックしてください。 終了日.

プリンターを Windows Server 2008 に復元する方法

  1. クリックしてください。 スタート[ 管理ツール、し、ダブルクリック サーバー マネージャー.
  2. サーバー マネージャーで、右クリックします。 ロールプロパティ ロールを追加します。.
  3. オンにし、 印刷サービス チェック ボックスをオンにしをクリックしてください 次へ.
  4. クリックしてください。 次へ 2 回をクリックし. インストール.
  5. インストール処理が完了したらをクリックします。 閉じる.
  6. クリックしてください。 スタート[ 管理ツールプロパティ 印刷の管理.
  7. で、 印刷の管理 ウィンドウ右クリックします。 印刷の管理プロパティ プリンターを移行します。.
  8. クリックしてください。 プリンター キューとプリンター ドライバーをファイルからインポートします。プロパティ 次へ.
  9. で、 ファイルの場所を選択します。 ウィンドウで、プリンターを復元する場所を入力します。たとえば、次の場所を入力します。
    system_drive: \backup\remoteservername.printerExport
  10. クリックしてください。 次へ 2 つの時刻。
  11. で、 プリント サーバーを選択します。 ウィンドウに表示されているプリント サーバーにプリンターをホストするプリント サーバーであるかどうかを確認しをクリックして 次へ.
  12. で、 インポート オプションの選択 ウィンドウをクリックして 次へ.
  13. クリックしてください。 終了日.

    その他のアクションが必要かどうかを判断する PrintBRM ソースがアプリケーションのイベントを確認することをお勧めします。復元されたプリンターでは、以前共有していたのと同じ方法で共有します。

Windows Server 2008 または Windows Vista でコマンド プロンプトを使用してプリンターを移行する方法

  1. 管理者特権のコマンド プロンプトを起動します。これを行うをクリックしてください。 スタート
    元に戻す画像を拡大する
     [スタート] ボタン
    ] cmd 続いて 検索を開始します。 ボックスで、右クリック cmd 続いて プログラム リストをクリックし. 管理者として実行します。.

    元に戻す画像を拡大する
     ユーザー アカウント制御の許可
    管理者のパスワードまたは確認されたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  2. リモート印刷バックアップを実行します。これを行うには、%WINDIR%\System32\Spool\Tools フォルダーには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    Printbrm s \\ソースまたは転送先コンピューターの汎用名前付け規則 (UNC) 名 b ・ f プリンター設定ファイルのファイル名 printerExport
  3. プリンターを復元します。これを行うには、%WINDIR%\System32\Spool\Tools フォルダーには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    Printbrm s \\セットアップ先のコンピューターの UNC 名 r ・ f プリンター設定ファイルのファイル名.printerExport
    このコマンドの完全な構文を表示するには、入力します。 Printbrm/しますか? コマンド プロンプトで。
プリンターの移行ウィザード (PrintMig.exe) を使用して、バックアップを作成することはお勧めできません。さらに、プリンターの移行ウィザードおよび Printbrm.exe ツールの移行ウィザードを使用して作成された .cab ファイルのバックアップをサポートしません。

インストール方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを表示するには、印刷の管理スナップインを使用して、組織内のすべてのプリンターを管理するを参照します。
http://technet.microsoft.com/en-us/windowsvista/aa905094.aspx
プリント サーバーを移行する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsVista/en/library/b030067b-effa-4e6b-a47d-d61debaf90621033.mspx?mfr=true

プロパティ

文書番号: 938923 - 最終更新日: 2012年11月30日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Ultimate
キーワード:?
kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbmt KB938923 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:938923
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com